ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

      2016/07/08

 - 美容・健康

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

ヨーグルトと牛乳、どちらが高カロリー?健康に良いのは?

朝食として、デザートとして、手軽なおやつとして。毎日牛乳かヨーグルトを摂っている人も多いと思います。この二つ、どちらかカロリーが高いのでしょうか?また、健康のためにはどちらを摂るのが良いのでしょうか?

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

お腹にガスがたまる!痛い時はどうしたらいい?

お腹にガスがたまる経験をしたことがある人は多いでしょう。お腹にガスがたまって、痛い場合はどうしたらいいのでしょうか?今回はお腹にガスがたまる原因と対処法について調べました。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

女性の理想は身長160㎝で体重は何キロ?

女性にはなりたい体型というものがそれぞれありますね。身長160㎝の場合は理想の体重は何キロなのでしょうか?また、男性が理想に思う女性の体型はどのようなものなのでしょうか?今回は女性の理想の体型について調べました。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

パソコン起動時のパスワードを忘れた!解除方法は?

パソコンを起動したときにはパスワードを入力するように求められますね。これはセキュリティ上は仕方がないことですが少し面倒です。うっかり忘れてしまって起動できない!そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

偏頭痛の原因はストレス!?心療内科を受診するべき理由

偏頭痛持ちの方、多いですよね。ふとした瞬間に痛み始め、薬を飲んでもイマイチ効かない…。ストレスが原因かも?という方、心療内科を受診したことはありますか?その頭痛、心療内科で治してもらえるかもしれません。偏頭痛と心療内科の関係について調べてみました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

腹筋を鍛えたい!効果はいつから?

割れてる腹筋って憧れますよね。でも、腹筋を鍛えるトレーニングはなかなか続かなかったりします。そこで、効果的で簡単な腹筋のやり方といつから効果がででくるのか調べてみました。

筋トレ後にプロテインの摂取無しだと筋肉はどうなりますか?

筋トレにはプロテインが必要だと言われています。摂取無しだとどうなるのでしょう?筋肉は傷んでしまうのでしょうか。プロテインがどんな働きをするのかを知り、補助的でかつ有効的な摂取の仕方を学びましょう。あくまでも筋肉を作るのは基本的な食事の摂り方にあります。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

脂肪1kgを燃焼するために必要なカロリーは1日あたり約240Kcal

体内に貯蔵されている脂肪1kg(1,000g)を消費するにはどれだけのカロリーが必要になるのでしょうか?脂肪1gは9kcalなので、1kgの脂肪を消費するには9000kcalのカロリーが必要かといえばそうではありません。人間の脂肪は「脂肪細胞」として蓄えられているので、全てが純粋な脂肪というわけではありません。脂肪細胞の約8割は脂質(あぶらの塊)ですが、残り2割ほどは水分や細胞を形成するさまざまな物質で構成されています。

これを踏まえて計算すると脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギー(カロリー)は、9kcal×1000g×80%=約7200kcal 程になります。 つまり、1カ月で1kgの脂肪を減らすために消費すべきエネルギーは、7200÷30=240kcalとなり1日あたり240kcalになります。毎日240kcal分のエネルギーを多く消費する、もしくは摂取を抑えられれば1カ月で1kgの脂肪を減らすことが出来るのです。

ちなみに240kcalは、食べ物では「どら焼き1個」や、「発泡酒ロング缶(500ml)1つ」程度。生ビールなら「中ジョッキ1.2杯」くらいです。

引用元-タニタ

スポンサーリンク

  人気記事

カロリー消費=脂肪燃焼ではない!

エネルギーの消費量のことを、消費カロリーといいます。人体には2種類のエネルギーが貯蔵されています。1つは筋肉に蓄えられているグリコーゲンで、もう1つは、内臓脂肪や皮下脂肪に蓄えられている脂肪の2つです。

人体はこの2つのエネルギー源を運動強度に応じて使い分けています。たとえば、ウォーキングをすると、人体は筋グリコーゲンと脂肪がだいたい半々の割合で燃焼して歩きます。ところが、筋トレのような運動強度の強い運動をすると、筋肉は筋グリコーゲンを燃やしてパワーを出します。運動強度に応じて使い分ける理由は、脂肪は人体に膨大な量が貯蔵されているのに対して、筋グリコーゲンはわずか300gしか貯蔵されていないからです。

ですから、消費カロリーが同じ100Kcalでも、ウォーキングの場合はグリコーゲン50Kcalと脂肪50Kcalが燃焼しますが、筋トレの場合は、グリコーゲンが100Kcal消費されて、脂肪はほとんど燃焼されません。だから、消費カロリーが同じでも、運動の強度によって脂肪の燃焼量に違いが出るのです。

引用元-yahoo!知恵袋

効率的な脂肪燃焼のカギは「有酸素運動」

激しい運動時には身体の糖質が燃え、ゆっくり運動している時には身体の脂肪が燃焼しやすくなります。 つまり有酸素運動→脂肪燃焼率高いということです。私たちの体のあらゆる活動を支えるエネルギーの原料は糖や脂肪です。 この脂肪が原料として使われる場合には、必ず酸素が必要となります。 運動開始時は筋肉中のエネルギーが使われますが、一定時間が経過すると脂肪がエネルギーとして使われるようになります。

気をつけたいのは、運動が激しくなりすぎること。激しく動けばそれだけ脂肪もたくさん燃焼するだろうと考えがちですが、運動強度が一定限度を越えて高くなるとエネルギー効率が脂肪よりも良い糖が使われてしまい脂肪の消費率は減ってしまいます。どの程度の運動が適正か、激しいかは人によって違い、心拍数によって判断します。 細かく計算する方法もありますが、成人の人であれば、簡単に
180-年齢
でおよその有酸素運動時の心拍数が求められます。

引用元-脂肪燃焼しよう

一日の有酸素運動の例

脈拍125~155の継続した運動で10倍の効果をだすにはどうしたら良いか、具体例を書いておきます。

①10分~15分 ウォーキング(早歩き)をしてください。
この時脈拍は100以下くらいなのですが、この脈拍数で継続運動すると血中にどんどん脂肪が流れてきます。

②20分から40分 脈拍125~155で継続的な有酸素運動(ウォーキングと同じくらいの速さのジョギングか踏み台昇降、階段の上り下り、坂道のウォーキング)この時は血中の脂肪だけ燃焼される

③10分くらい普通に歩く(クールダウン)疲れの元となる「ピルビン酸」自体が、10分歩くことでエネルギーに使われ、結果疲れが残らない。

このようにやると、あら不思議、運動しても疲れも残らず、逆に元気になっちゃうし、脂肪がじゃんじゃん燃焼されちゃいます。実質30分くらいの運動です。

引用元-ちょいちょいさーち

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると意味が無い

もちろん、そのとおりです。せっかく運動しても、食べ過ぎればたちまち元にもどります。カラダはエネルギーが少しでも余れば、せっせと体脂肪に蓄えこむ仕組みになっていますから。

引用元-教えて!goo

極端なカロリー制限は絶対にダメ!

ダイエットを行う上で1ヶ月10kg落とすなど極端なダイエットを行う人がいますが。これは絶対にやってはいけません。このダイエットは結論から言えば極端な食事制限をして体重を落としているのです。 どう言う事かというと、 食事回数を1食などにしてカロリー摂取を避けているのです。

確かにカロリーを減らせば体重は落ちます。しかしこれでは必要な栄養摂取ができていないので、基礎代謝も低下し筋肉量がおちているため「体重」がおちても「体脂肪」はほとんど落ちていないのです。

ようは筋肉がおちて体重が減ってしまっているのです。これはダイエットとはいえません。このやり方をしてしまうと必ずと言っていいほど、リバウンドしてしまいます。

引用元-極端なカロリー制限は失敗の原因|ダイエット&フィットネス

まとめ
運動+食事、よく聞くフレーズですが、ダイエットに近道なしということですね。

twitterの反応

 - 美容・健康