ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

運動の効果はいつ実感できる?

      2016/07/12

 - 美容・健康

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる?と思いますよね?運動しても、消費されるカロリーはとても少ないのです。それは摂取カロリーの問題です。大切なことは、筋肉量を減らさずに、脂肪を燃焼させること。運動だけでなく、食べるものを気を付けてください。

スポンサーリンク

  関連記事

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

喘息の症状は息苦しいのが辛い

季節の変わり目になると咳や痰、息苦しいといった症状ががでてくる喘息。子供の病気だと思っている人も多いでしょう。ですが、成人してから急に発症するということがかなり多くなっています。そこで喘息の症状について調べてみました。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

夕方に熱が上がるのはどんな病気?

子供は病気になると熱が上がったり下がったりすることがあります。朝下がって夕方上がることが多いですが、大人の場合でもそのような症状が出ることがあります。今回は熱が上がったり下がったりする病気について調べました。

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にとれるからといってパンを食べている人も多いのではないでしょうか?しかしダイエットをするならば朝食のパンは要注意のようです。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

喉のイガイガが急に!対処法は?

乾燥する季節になると喉が急にイガイガしてくることが…。これって風邪の前兆なのだろうか。このイガイガなんとかしたいですよね。原因と対処法を調べてみました。

排卵日とは?検査は病院でするべき?

排卵日とは女性に月に一度はあるもので、妊娠をしたい場合は重要な日になります。排卵日を調べるには自分でする方法と、病院で検査をする方法があります。その両方のやり方について調べました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

運動の効果は炭水化物の量で変わる

私がお勧めする食事についてのポイントは、
・炭水化物・糖分の摂取時間を早い時間と運動直後に持ってくる。
・蛋白質の摂取量を体重の2倍程度(体重が50Kgならば、100g程度)にす
 る。
・炭水化物:蛋白質:脂肪=4:3:3の摂取比率にする。
・食事の回数を増やす
・ビタミンB群を多めに摂取する
・水を体重20Kg当り1リットル摂取する
になります。

また、Dietに適する運動のポイントは、
・会話が出来るくらいの強度で、楽に行なう。(220-年齢)×0.6ぐらい
 の心拍数)
・行なう時間は、30~40分間。
・朝食前、または夕食前の空腹時に行なう
・行なう頻度は、最高で”週3回”までに留める。
となります。

後は、単なるマイブームなのですが、乳酸菌製剤を一回に付き一日分の容量を摂取して下さい。下痢気味になるかもしれませんが、健康には問題ありませんので、試してみて下さい。

引用元-教て!goo

スポンサーリンク

  人気記事

運動の効果を求める前に、筋肉量の減少を防ぐ

筋肉は代謝の多くを占めるので、これを落としてしまうと体脂肪が落ちにくく太りやすい体質になります。筋肉を落としてしまうようなやり方ではまずダイエットの成功は難しいでしょう。しかも、この場合、体脂肪から得るはずの分を筋肉を分解して得たことになるので、筋肉が落ちてしまうダイエット法は、あまり痩せない上に太りやすい体質になるという二重苦です。

男性の場合も女性の場合も筋肉量が著しく低下してしまえばプロポーションの悪化、代謝低下によるリバウンドを免れません。筋肉により骨格を支えているので、骨格が歪んでしまい、姿勢が悪いだけでなく老化や病気、疲労の原因にもなります。

また、ダイエット中は筋肉が減少傾向にあり、たとえ筋トレを行ったとしても筋肉を増やすことは困難です。間違った食事管理や運動を行えば筋肉の減少を加速させてしまい、脂肪の減少をストップしてまうので、極端なダイエットは控えましょう。

引用元-筋トレ&ダイエット ホームボディージム

運動効果だけで体重を減らすのは大変

基本的に脂肪の増減は『摂取カロリー』と『消費カロリー』の収支で決まります。

簡単に説明すれば、“体を動かしたりするのに必要なエネルギー”が“食事で摂取したエネルギー”を上回れば、脂肪を分解してエネルギーに変換されます。

逆に必要以上にエネルギーを摂取してしまえば脂肪として溜め込んでしまうのです。

「では、1Kgの体脂肪を落とすのにどれくらいエネルギーを余計に消費しないといけないのでしょうか?」

体脂肪1Kg=脂肪800g+水分200g
脂肪1g当たりのカロリー:9Kcal/g
脂肪800g=800(g)×9(Kcal/g)=7200Kcal
⇒体脂肪1Kg=7200Kcal

摂取カロリーより余分に“7200Kcal”だけカロリーを消費すれば体脂肪を1Kg落とすことができます。あくまで単純計算ですけどね。

引用元-1Kgの体脂肪を落とすのに必要な時間!有酸素運動ランキング – 痩せTECH(ヤセテク)

運動の効果は体脂肪を減らすことで、体重を目安にしない

>皆さんはダイエットの効果は、いつ頃から感じられましたか?
1ヶ月です。運動習慣のない人の場合、4週間くらいは身体を痩せる体質に変える期間となり大きい減量は望めません。
その後、効果が数値で表れてきます。体重よりウエストや体脂肪で測定しましょう。

>日々体重が減っていかないのですが、気が早すぎるんでしょうか?
ウエストや体脂肪率も見てみましょう。体重やBMIは、体脂肪率が考慮されていません。筋肉が多くて重い(脂肪は筋肉より軽い)場合もありますし、これは当てにはなりません。

ちなみに欧米でよく用いられる方法にウエスト・ヒップ法と言うものがあります。これは、ウエスト(cm)÷ヒップ(cm)で求める両者の比率で判定する方法で、男性の場合が1.0以上、女性の場合が0.8以上で肥満と言う扱いになります。

太っているかどうか、肥満かどうか、これって外見の問題ですよね?身体の各部位の周囲径で決めるものですよね?外見で太っていることにコンプレックスを持っていて、その結果ダイエットするなら、身長と体重だけで考えない方がいいです。太っているかどうかって、重さではないですよね。「公園に立っている木はとても太いです」といいますが、
「公園に立っている木はとても重いです」とは言わない気がします。

肥満かそうでないか、それを判断するなら、体脂肪率を考慮しなければなりません。

引用元-YAHOO!知恵袋

運動と置き換えダイエットの両方で効果が表れる

有酸素運動の場合

自分が行ったのは2種類。時間は有酸素運動10分程度、筋トレ5分程度の全部で15分程度です。

運動時間は20分未満ですから、脂肪燃焼に至っていない可能性もあり、効果が出始めるのが遅かったかもしれません。それでも、2週間ぐらい続けていると、最初は膝の曲げ伸ばしがかなりきつかったのが楽になりました。それに、お腹まわりもすっきりしてきました。もしかしたら、20分以上やっていれば1週間程度で効果が出たのかもわかりません。

筋トレダイエットの場合

筋トレによるダイエットでは、3~6ヶ月程度で筋肉が入れ替わるとのこと。ダイエット効果が現れるのも、このぐらいの時間がかかるそうです。

しかし、3ヶ月はちょっと長いですよね・・。トレーニングをすることで、筋肉がついてくるのが実感しやすいのですが、ダイエットを目指すなら、かなり忍耐力が必要のようです。

引用元-Comfheni News

まとめ
運動だけで体重を減らすのは大変。食事の摂り方に配慮しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康