ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

      2016/07/20

 - スポーツ・アウトドア

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャフトを選ぶことで飛距離などを大きく伸ばしたりできるようです。今回はゴルフのシャフトを交換するときのポイントを調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

北海道で釣りがしたい!鮭を釣るときの注意点

北海道で釣りたい魚といえばやはり鮭ですね!北海道で鮭を釣るにはいつの時期がいいのでしょうか?また北海道では場所によって鮭の釣りが禁止されているところもあるので注意しましょう。今回は北海道での鮭釣りについて調べました。

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプレーをしない人は何気なく観戦していることが多いですね。ルールを知ることで観戦が楽しくなります。自分なりに予想を立てて、試合運びがシンクロしたらワクワクするでしょう。煩雑なタイムアウトの事をもっと理解して楽しめるようになると良いですね。

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしていれば最終回を迎えることなくゲームが終了します。このコールドゲームは高校野球でもあるのでしょうか?今回は高校野球のコールドゲームについて調べました。

バスケットの基本ルール!トラベリングとは

バスケットのルールにはいろいろなものがあります。その一つにトラベリングというルールがあります。トラベリングとはどのようなルールなのでしょうか。今回はトラベリングについて調べました。

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チームです。その中で大活躍したのがトリプルスリーを達成した山田哲人選手です。今回はヤクルトスワローズの人気の秘密について調べました。

バレーボール女子 日本代表としてリオで輝け!

先日リオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選で4大会連続五輪出場を果たしたバレーボール女子日本代表選手。東洋の魔女復活!としてぜひ金色のメダルを持ち帰ってもらいたい。今回の予選も頑張っていたが、真鍋監督はいくつか不安点を指摘しています。

水泳で肩が痛い!?お勧めのストレッチとは

水泳を始めて肩が痛くなっている人はいませんか?もしかしたら水泳肩になっているかもしれません。水泳肩になってしまうと病院などで治すしかありませんがストレッチを泳ぐ前にすることで予防はできるようなのでその方法を紹介します。

野球のマジックとは?その意味と仕組み

プロ野球もシーズン終盤になるとマジック点灯といった言葉が出てきます。このマジックとはどんな意味なのでしょうか?マジックが点灯する時などのその仕組みはどうなっているのでしょうか?

マスターズ水泳とは?大会へ向けての練習について

マスターズ水泳とは何か知っていますか?主に水泳を通して健康やいろいろな人との交流を楽しむためにあり、国内でも毎年多くの大会が開催されているようです。そのマスターズの大会に参加するにはどのような練習をすればいいのでしょうか?

ゴルフのシャフト選びの注意点

アイアンのシャフトを選択するときに、最も大切なのは素材です。スチールとカーボン、この2つの中から、自分のスイングスタイルや力量に合ったものを選択する必要があります。

そして、素材と同じくらい大切なのがシャフトの硬さ、フレックスです。自分の力量に見合わない硬さのものを使ってしまうと、弾道が乱れてしまいます。

引用元-たった3つ!絶対に失敗しないアイアンのシャフトの選び方

スポンサーリンク

  人気記事

ゴルフのシャフトの長さについて

シャフトの長さはドライバーが一番長くウェッジが一番短く(パターは中尺や長尺があるので除きます)なっており一般的な特徴で長いクラブほど遠くに飛ぶようになっています。またゴルフクラブはパターを除いて18インチ以上48インチ未満とルールで決まっています。だったら48インチのドライバーを選び使えばいいかと言えばそうでもないです。長いクラブの方が飛ぶのは間違いなですがやはりシャフトが長くなる分ミートさせるのが難しくなるからです。プロなども48インチのドライバーを選び使う人はほとんどいません。それぐらい長くすると芯に当てることが難しいと言うことです。

引用元-ゴルフ初心者のための正しい練習方法

ゴルフのシャフトを交換する効果とは

形状や体積などが大きく変わってきたクラブヘッドの部分にくらべると、シャフト部分の進化は見た目だけではなかなかわかりにくいところ。しかし、実際には劇的な技術革新が行われており、その構造は以前のものに比べて大きく異なります。

特に、複数方向に織り上げたカーボンシートを使用した3軸シャフト・4軸シャフトと呼ばれるカーボンシャフトは、復元力や安定性が高く、飛距離性能や方向性に優れ、現在の主流となっています。

また加工がしやすいカーボンシャフトの特性を生かして、重量のラインナップを増やしたり、シャフトのしなり具合の特性を変化させたりして、よりゴルファーにマッチしたシャフトが選択できるようになっています。

引用元-AllAbout

シャフトを交換する場合の重さの選び方

自分のクラブの重さを測って重さのズレが見つかった場合、重さを調整する時は重いクラブを基準にするといいよ。

重量が合わなかった場合にはクラブそのものを変える、っていうのも一つの答えだけど、ヘッドがお気に入りの場合にはシャフトを重めのものに交換することでも全体重量を調整できるよ。

そこまでお金をかけるのは…っていう人には、鉛を貼るのがオススメ。ゴルフのグッズには、重さを調整するためのクラブに貼る用の鉛があるんだ。これを使えば、軽いクラブを重くすることは簡単にできるよ。

でも、もともと重いものを軽くするのはとっても大変。シャフト交換以外の手段では、ヘッドを削ったりしなければならないから手間もお金もかかっちゃう。もちろん、基準にする重いクラブが振れないくらい重かったらダメだけど、重いクラブを基準にして、他のを重めに合わせる方が調整はしやすいんだ。

引用元-中古 ゴルフクラブ|ゴルフ・ドゥ|豆知識:ゴルフギアの選び方

自分でシャフトを交換する場合は

まずリシャフトで一番の注意しないといけない点はドライバーのホーゼル径とシャフトのチップ径のサイズです。日本仕様のクラブはホーゼルの径のサイズが335チップのものが多いようですがUS仕様は350が多いようですから用意するシャフトの先端のサイズ、チップ径を合わせる必要がありますよね。当然のことながらホーゼル径335にはシャフトチップ径も335、350には350のチップ径のシャフトを使います。仮に335チップ径のヘッドに350のシャフトは挿せませんが、場合によっては、ヘッドのホーゼルの内側を削って、350のシャフトを挿すようです。時にシャフト先端を335程度まで削って挿入する場合もあるようですが強度や性能低下の危険がありますので避けたほうが良いでしょうね。また350のヘッドに335のシャフトを挿す場合は隙間をアルミ管スペーサーで埋めてシャフトを挿せばOK。

引用元-ゴルフクラブは自分でリシャフトしちゃえ!ギア改造でナイスショット!

まとめ
いかがでしたか?シャフトの交換は自分でもできるようですが、専門店で自分に合ったシャフトを選んでもらうといいですね。

twitterの反応

 - スポーツ・アウトドア