ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

水は沸騰を2回させると病気になる?

      2016/07/25

 - 雑学

同じ記事があちらこちらにひとり歩きをしています。元々の報道はイギリスです。ヨーロッパ等では、水が硬質のため水道水をそのまま飲むとお腹を壊します。ミネラルウォーターを飲む理由がこれです。日本の水は軟質です。世界中で水道水がそのまま飲める国です。

スポンサーリンク

  関連記事

風呂の給湯器に灯油はお得なのでしょうか?

風呂の給湯器が壊れた時、バスルームをリフォームする時、家を改築する時は、給湯システムは何が良いか迷いますね。寒冷地では、大きな灯油タンクがあり、灯油給湯器や暖房機が主流のようです。都市ガスが引かれている地域はガス給湯器にお得なプランがあります。プロパンガスはガス代が少し高めです。新しく開発された地域はオール電化が多いようです。ですから、何の給湯器が良いかは、ご自分のお住まいの環境によるようです。

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。いつもはたくさんの商品であふれるコンビニも地震や災害時には売り切れになってしまします。そんな過去の地震を教訓にしたコンビニの災害時の取り組みについて紹介します。

文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先は?

大学の学部で文系、理系と分かれると思いますが、文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先はどこなのか?気になりますよね!勝ち組とされる就職先について、調べてみました!参考にしてみてください!

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。少額な掛け金で、何十年後かにはまとまったお金が受け取れます。金額も期間も自分で設定できます。家族構成や家計の状況が考慮できて良いです。民間の保険会社、郵便局から自分に合ったものを探してみましょう。

大学のテストでやる気を出すためにできること

大学とっても楽しいですよね。けど、必ずテストというものがありますよね。でもなかなかやる気が出ない・・・なぜか部屋の片づけや今しなくていいことばかりしてしまったり・・・テスト勉強のやる気を出すためにはどうしたらいいのか?調べてみました。

大学を中退したけれど再入学はできますか?

2014年に文部科学省が大学中退者の実態を公表しました。年間中退者は8万人です。経済的理由が20%、学業不振15%、学校生活不適応4%、その他19%、そのうち再入学した人は15%います。同じ大学だったり、違う大学だったりします。退学した人は、就職のことが一番気になるようです。

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしないといけないのでなかなか難しい場合があります。そんな子持ち主婦が深夜のコンビニやファミレスで働いていることは珍しくないようです。今回は主婦の仕事について調べました。

車のタイヤがパンクしまった事を考えてみましょう

車を運転いている時、自分がいくら気を付けていても避けられないことがあります。突然にタイヤがパンクしたという話をよく聞きますね。そんな時、あたふたせずに自分の場合はどうしたら良いのか、日ごろから考えておくと良いでしょう。

一番人気のミラコスタを予約したい!その裏技とは?

東京ディズニーシーの中にあるホテルミラコスタはナンバー1の人気で予約もなかなか取れません。それでも泊まってみたい!という人のためにミラコスタを予約するための裏技を調べました。

ブランド中古品をネットで買うメリットとは

ブランド中古品はネットオークションなどで安く購入できる場合があります。憧れのブランド品を安く購入できたらいいですね。しかしネットでは写真などでしか商品を確認できないので不安な人もいるのではないでしょうか?今回はネットでのブランド品のやり取りの注意点について調べました。

警察に相談するべき?ご近所の騒音トラブル

ご近所トラブルで多いのは騒音によるトラブルではないでしょうか?騒音トラブルにはどう対処するのが一番いいのでしょうか?警察に相談するのはトラブル解決にはいいのでしょうか?今回は騒音トラブルの対処法を調べました。

犬がライオンに変身するCMが人気に!

このCMはほのぼのとしています。犬の表情は超ベテラン俳優さながらです。赤ちゃんは演技などできませんから、自然と心から沸き上がった表情が印象的です。お父さんがピ~ンと閃いてスマホでたてがみを購入しました。プライム会員の特典をうたっているCCMですが自然で嫌味が無くて良いですね。

クワガタにダニが繁殖!?駆除するにはどうする?

クワガタやカブトムシを飼育することが好きな人は多いですね。そんなクワガタやカブトムシにダニが湧くことがあるって知っていましたか?今回はクワガタなどに繁殖したダニを駆除する方法を調べました。

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜひ応えたいですね!そこでカブトムシの採集に効果絶大なトラップを紹介します。これさえあればカブトムシを捕まえることができるかも知れません。

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはどうしたって梅雨があるから、その時期は連日雨だし、ずっとお散歩を休んだらストレスとか心配…。そもそもうちの子、お散歩に行かないとトイレしないんだけど…。飼い主が知っておきたい、雨の日のお散歩の注意点を調べてみました。

コンビニのATMでできることは?通帳の記帳は可能?

最近はコンビニにもATMが設置されていて、24時間お金の引き出しや預け入れが可能になりましたね。このコンビニのATMでは通帳の記帳はできるのでしょうか?今回はコンビニのATMについて調べました。

猫のトイレ 臭い対策は何が良い?

猫好きが犬好きよりも多くなっているようです。散歩をしなくても良いし、世話がかからないし、お留守番もできます。猫自体は臭わないし、とてもきれい好きです。そんな猫ですが、問題はトイレの臭いです。強烈な臭いに鼻が曲がりそうです。ペット商品と家庭にあるものを組み合わせて、ベストな環境を作りましょう。

車の燃費を向上!?グッズの効果はあるのか

最近燃費のいい車がどんどん発売されていますが実際はどうなのでしょうか?燃費は車の状態や走り方などでも変わってきますね。燃費を向上させるグッズなども出ていますが効果はあるのでしょうか?今回は車の燃費について調べました。

新入社員の研修は厳しい!?新入社員研修の実態とは

厳しい就職活動を乗り越えて、次に待っているのは新入社員研修ですね。新入社員研修は厳しいという話をよく聞くのですが実際はどうなのでしょうか。今回は新入社員研修について調べました。

ディズニーランドに電車行くには!混雑を回避する方法

東京ディズニーランドは国内最大のテーマパークですね。しかしディズニーランドはとにかく混みます!どうすれば混雑を回避することができるのでしょうか。今回は電車で行く場合の混雑を回避する方法を調べました。

水を2回沸騰させてはいけない?

水が沸騰すると何が生じるか、よく見てみましょう。気泡と湯気が出てきますが、化学物質のレベルでもあることが起こっています。同じ水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化し、潜在的な危険性を持つ物質が蓄積されていきます。この変化はお茶を淹れるとわかります。新しい水で淹れたお茶は、再利用された水で淹れたお茶よりもずっと美味しいはずです。

水を沸騰させるのはバクテリアを殺す良い方法ですが、水を何度も何度も沸騰させていると、化学構造変化の結果として、ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる可能性があります。フッ化物が神経と脳に与える悪影響については多くの研究で証明されています。

こうした過程を経ると、ただの水を飲んでいるというわけではなくなってきます。カルシウムのような体に良いミネラルも問題を生じ、腎臓結石の原因になる可能性があります。

これが、同じ水を2回沸騰させてはいけない理由です。もちろん水量が多ければより有害です。お茶一杯の少量では大したことはありませんが、いつも飲んでいる再沸騰させた水をご家庭の植物にもあげ始めると、すぐに影響が出てくるでしょう

引用元-水を2回沸騰させてはいけないという理由がここに!

スポンサーリンク

  人気記事

水を2回沸騰させて実験をしてみたら・・・

確かに2度、3度沸かし直すとお湯の味が違ってくるのは経験上知っているが科学的根拠が欲しい。水自体に興味をもった私は水に溶け込んでいる「溶解固形分(TDS)」を測定する器具を購入 し様々な実験をしてみた。

TDS値(気温21℃ 湿度81%)
原水 1回目 2回目 3回目
117ppm 122ppm 140ppm 196ppm

この表はアルミ製ヤカンを使用して完全沸騰を3分おこなった、沸かす度にTDS値が増加して行く様子を示したものであるが見事に増加していく 様子が数値に現れている。つまり水に含まれる不純物の量が沸かす度に多くなっていくのである。
これはヤカンのアルミが溶け出したり、100℃で沸かす事により空気中の不純物を水が取り込んでいくこ とで増加するものと思われる。

また、電気ポットは温度が下がれば自動的に加熱する方法を取っているため何度も沸かした状態になり不純物を 取り込んでしまう、ある機種を調べてみたがやはりTDS値は増加して行く、ただし電気ポットは100℃までは 上がらないため対流が少なく、ガスで沸かした時よりもTDS値は低く抑えられている事もわかった。

引用元-ochakin

水を2回沸騰させてはいけないとは誤訳?

残念ながら、どこにも「酸素の構造が変化」して、「ヒ素や硝酸塩、フッ化物などの危険性のあるガスや毒性物質が生じる」とは書いていません。可能性があるとするならば、「reboiled water can actually alter the chemical compound for the worst.」の部分でしょうか。「再沸騰させた水は実際化合物を最悪のものに変えてしまう」と読めます。しかし、そのすぐ次の文で「arsenic, flouride and nitrates」のような化合物の濃度を上げる、とあるので、「alter」は、「化学変化」という意味で使っているわけではないのでしょう。

いずれにせよ、英語記事の流れとしては、再沸騰することで水の中に予め存在するヒ素などの化学物質の濃度を上げてしまうからよくないよ、というものなので、「酸素の構造が変化」とか、そういう話ではなさそうです。誤訳も誤訳ですな。

引用元-水は2回沸騰させてはいけないのか、「科学者」以前の彼らのように – ネットロアをめぐる冒険

『水を2回沸騰させてはいけない』の落とし穴

沸騰させることで、残留塩素を追い出し、より「おいしい水」にし、トリハロメタンのような揮発性の発ガン物質を追い出し、より「安全な水」にする。これは間違ってはいない。しかし、落とし穴があったんです。水道水には殺菌性をもたせておくために、必ず残留塩素が入れてあります。そして、水道水には微量の有機物も含まれています。たとえば、やかんで沸騰させるために加熱をはじめますと、残留塩素と有機物が化合しはじめ、トリハロメタンのような発ガン物質がどんどん出来てきます。沸騰直前で最高になるわけです
沸騰はつづけること、これが大事です。やかんのフタを少しずらして、火力を落とし、せめて三分ぐらいは沸騰をつづけてください。このときにこそ追い出すことができるんです。

引用元-関西の水を知る 水に学ぶ

水は沸騰させると塩素が抜けて腐りやすくなる

「塩素がきついですけど飲んでも大丈夫ですよ」というのは、「水道水の残留塩素濃度は規定の範囲内にあるものの、上限値に近いのでカルキくさいです」と言うことです。

さて、この水を沸騰させるとどうなるでしょうか。水中から塩素が空中に飛んでいってなくなってしまいます。沸騰してすぐならば完全にはなくなりませんが、数分間沸騰させっぱなしにしておくと、完全に塩素は抜けます。最近の電子ポットなどにあるカルキ抜きの方法も同じことです。

水から塩素が抜けると、その水には殺菌作用がなくなりますから、放置しておくと雑菌が増殖してきます。いわゆる「水が腐る」というやつです。このような殺菌力のない水は、俗に言う「外国の生水は危ない」というのと同じで、体に良くありません。「沸かして飲んだらダメです」というのは、「沸かしたてやポットでの高温保存、あるいは冷蔵庫にしまったり氷にしたりするなど、雑菌が繁殖しない状態なら安心ですが、室温で放置したものを飲んではいけないですよ。」と言うことだと考えられます。生ものと一緒です。

ところで、浄水器は基本的に塩素を除去しますので、浄水器を通した水というのも沸かしてカルキをとばした水と同様に殺菌作用がありませんから、浄水器からくんだ水をほったらかしておくと蛇口から直にくんだ水に比べて早く痛んでしまいます。すなわち、浄水器の水も沸かしてさました湯冷ましの水も、腐りやすさから言うと似たり寄ったりです。

引用元-水道水を沸かすとダメ・・・? – 掃除・洗濯・家事全般 解決済 | 教えて!goo

まとめ
水を2回沸騰させてはいけないのはイギリスの発表です。元々、硬水なので水道水をそのまま飲めません。

twitterの反応

 - 雑学