ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

      2016/08/09

 - 美容・健康

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの思いで、縮毛矯正をしたものの、その後のケアは、あまりよくわからない人も多いかと思いますが、実は、セルフケア次第で、長持ちさせることができるんです。シャンプーを始め、ゴムで束ねる、ピン止め、耳にかけるのはいつから良いのか?縮毛矯正後の素朴な疑問に答えます。

脳に障害が起こると性格が変わることがあります

脳の障害は、事故や病気で起こります。医療の高度化により、助からないものが命を吹き返すという実例は多いようです。見かけは何の障害もないように見えるほど回復できることもあります。しかし、性格が発症前より怒りっぽくなったり、不安がったりというような変化もあるようです。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

顔が大きい事は女性のコンプレックス?

日本人は骨格の関係で、西洋人よりも顔が大きいです。女性は小顔に憧れますが、仕方がないとあきらめてはいませんか?実は顔が大きい原因は骨格だけではなさそうです。マッサージや顔の体操で小顔になるようです。ぜひ、試してみてください。

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ストレートアイロンはまっすぐにするだけでなく、前髪を流すようにセットすることもできます。今回はストレートアイロンでの前髪セットのコツを調べました。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手術となります。胆嚢を摘出した場合の術後の食事などはどうなるのでしょうか?今回は胆石の治療について調べました。

筋トレ後にプロテインの摂取無しだと筋肉はどうなりますか?

筋トレにはプロテインが必要だと言われています。摂取無しだとどうなるのでしょう?筋肉は傷んでしまうのでしょうか。プロテインがどんな働きをするのかを知り、補助的でかつ有効的な摂取の仕方を学びましょう。あくまでも筋肉を作るのは基本的な食事の摂り方にあります。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

デコルテをきれいに見せたい!毛穴のケアはどうする?

デコルテは夏など薄着になる季節には綺麗に見せたいですね。それなのにデコルテの毛穴が目立つ場合はどうケアしたらいいのでしょうか?今回はデコルテのケアの仕方について調べました。

寝る間にに体重は減る?

ダイエットをしている人はたくさんいると思います。けど、なかなか食事制限や運動・・・続かないですよね。ストレスにもなります。ところで、寝ている間に体重が減っているのは知っていますか?寝る間になぜ体重は減るのか、寝ててもダイエットすることができるのか、詳しく調べてみました。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

リンパ節へ転移しやすい癌

主に再発しやすいがん種として、「肝臓がん・膵臓がん・食道がん・膀胱がん・直腸がん」があげられ、転移しやすい臓器に関しては、発がん箇所にもよるが「肺・肝臓・骨・リンパ節」が多くあげられる。

また、転移・再発の種類によっては、治療しやすいもの・しにくいものがあり、その見極めはとても重要になるのだ。それを間違えると、いくら治療をしても全く効果もなく無駄になり兼ねないため、転移・再発箇所と、最初に発見された原発巣との関係は非常に重要だと言えよう。

とはいえ、現代の医療技術の飛躍的な進歩を遂げている最中だ。がん治療の世界では日々、新治療法・新薬などが研究・開発を繰り返され、実際に「重粒子線治療、分子標的薬、ペプチド・ワクチン、免疫療法」などが実用化されている。

引用元-転移しやすい、がんの特徴 | findMed|がん治療をだれにでも分かりやすく

スポンサーリンク

  人気記事

乳癌はリンパ節への転移が無ければ予後を改善

乳がんは他の癌と比較すると予後の良いがんで、ステージ2期までの5年生存率は90%以上ですが、病期(ステージ)が進行するとともに5年生存率は徐々に下がります。転移が拡がっているステージ4の場合には状況は厳しく、5年生存率は31.5%に落ちてしまいます。乳癌治療の成績をみて良い成績だと考えるか、悪い成績だと考えるかは意見の分かれるところかもしれませんが、決して手放しで喜べる治療成績ではないと思われるのが多くの方の意見だと思います。

手術後の予後を改善するために

乳癌は他の癌に比べて比較的手術後の生存率が高い(つまり治りやすい)がんですが、進行した乳癌では再発率も高くなります。また、早期の乳癌温存術後も再発の不安にさいなまされる方も少なくありません。

引用元-乳癌のステージと生存率・余命 【無料相談-鈴木医院】

すい臓がんリンパ節へ転移している場合の余命は?

現在、リンパ節に複数の転移があるとのことですが。大きさや、腹水の有無、肝臓や肺への転移の有無についての情報がはっきりとしませんが、2cm程度のリンパ節転移が5から6個程度あり、腹水、肝臓や肺への転移がないとの条件ですと、平均的な余命は6か月から1年程度と考えられます。ただし、かなり個人差があること、抗がん剤の効果のあった場合や転移がリンパ節にのみにとどまって、肝臓や肺への転移が起こらず、腹水の出現もない場合には、余命はこれより伸びることになります。
引用元-再発転移がん治療情報

大腸がんから転移したがんの治療は

大腸がんでは、他の臓器に転移したがんをすべて手術で取りきることができれば、約40%の人はがんから治ることができます。残念ながら現時点では、抗がん剤だけで他の臓器に転移した大腸がんを完全に治すことは非常に難しく、「手術で取りきれる」かどうかは、転移・再発を起こした大腸がんの治療における最も重要なポイントとなります(図1)。

転移・再発が一つの臓器にとどまっており、また手術で取りきれると判断された場合には、手術を行います。転移・再発が二つ以上の臓器にあった場合(例えば肝臓と肺)でも、それぞれの転移・再発が切除できると判断された場合には、手術を行うこともあります。大腸がんの転移・再発では、積極的に手術を行うことで、患者さんの生存期間を延ばすことができるということがわかっています。

がんが完全には切除できないと考えられた場合、または、患者さんが手術に耐えられないだろうと判断された場合などには、がんの増殖を抑えるために、抗がん剤を使った化学療法や放射線療法などが選択されます。

引用元-転移・再発を起こした大腸がんの治療法:がんナビ

胸部に転移したがんの自家がんワクチン接種の効果で余命は伸びる?

胸部に大型骨転移があり、ホルモン療法も効かないトリプルネガティブの乳がんで、自家がんワクチン接種(2006.08)後の免疫反応(DTH-2反応)テストは陰性だった。放射線・化学療法を併用、1年後には縮小、さらに3年後(2010.12)には骨転移が消失、全く再発の傾向なく(それまで、まだまだ「治った」とは言えないと抵抗していた放射線科の先生がついに「もういいよ」と言ってくれた)術後5年目に完全寛解と判定。

乳がんの骨転移の治療法については、専門医が叡智を結集して作成した医師向けの「乳癌診療ガイドライン-2013年版」があります。しかし、その中には 「骨吸収抑制剤(ゾメタやデノスマブ)は、生存には寄与しないものの、骨関連事象の頻度を減らし、その発症も遅らせる」、「外科的切除は勧められない」、「骨転移による疼痛緩和に放射線療法は有用である」とは書いてありますが、根治可能とはどこにも書いてありません。治せる方法がないからです。

引用元-がん種ごとの症例 – がん治療の専門医も驚いた症例の数々 | 臨床効果 | がん免疫療法 – 自家がんワクチン

まとめ
様々ながんがあり、手術をしても転移したり、治療は大変ですね。余命宣告され、よりよく生きる精神状態を保ちたいものです。

twitterの反応

 - 美容・健康