ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

マスターズ水泳とは?大会へ向けての練習について

      2016/08/13

 - スポーツ・アウトドア

マスターズ水泳とは何か知っていますか?主に水泳を通して健康やいろいろな人との交流を楽しむためにあり、国内でも毎年多くの大会が開催されているようです。そのマスターズの大会に参加するにはどのような練習をすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

バレーボール 女子 日本代表
バレーボール女子 日本代表としてリオで輝け!

先日リオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選で4大会連続五輪出場を果たしたバレーボール女子日本代表選手。東洋の魔女復活!としてぜひ金色のメダルを持ち帰ってもらいたい。今回の予選も頑張っていたが、真鍋監督はいくつか不安点を指摘しています。

バスケット ルール トラベリング
バスケットの基本ルール!トラベリングとは

バスケットのルールにはいろいろなものがあります。その一つにトラベリングというルールがあります。トラベリングとはどのようなルールなのでしょうか。今回はトラベリングについて調べました。

高校野球 コールド 条件
高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしていれば最終回を迎えることなくゲームが終了します。このコールドゲームは高校野球でもあるのでしょうか?今回は高校野球のコールドゲームについて調べました。

ヤクルト 選手 人気
ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チームです。その中で大活躍したのがトリプルスリーを達成した山田哲人選手です。今回はヤクルトスワローズの人気の秘密について調べました。

%e9%87%8e%e7%90%83%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%b8%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%80%e6%84%8f%e5%91%b3
野球のマジックとは?その意味と仕組み

プロ野球もシーズン終盤になるとマジック点灯といった言葉が出てきます。このマジックとはどんな意味なのでしょうか?マジックが点灯する時などのその仕組みはどうなっているのでしょうか?

バスケット ルール タイムアウト
バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプレーをしない人は何気なく観戦していることが多いですね。ルールを知ることで観戦が楽しくなります。自分なりに予想を立てて、試合運びがシンクロしたらワクワクするでしょう。煩雑なタイムアウトの事をもっと理解して楽しめるようになると良いですね。

%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%80%80%e9%87%a3%e3%82%8a%e3%80%80%e9%ae%ad
北海道で釣りがしたい!鮭を釣るときの注意点

北海道で釣りたい魚といえばやはり鮭ですね!北海道で鮭を釣るにはいつの時期がいいのでしょうか?また北海道では場所によって鮭の釣りが禁止されているところもあるので注意しましょう。今回は北海道での鮭釣りについて調べました。

ゴルフ シャフト 交換
ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャフトを選ぶことで飛距離などを大きく伸ばしたりできるようです。今回はゴルフのシャフトを交換するときのポイントを調べました。

水泳 肩 ストレッチ
水泳で肩が痛い!?お勧めのストレッチとは

水泳を始めて肩が痛くなっている人はいませんか?もしかしたら水泳肩になっているかもしれません。水泳肩になってしまうと病院などで治すしかありませんがストレッチを泳ぐ前にすることで予防はできるようなのでその方法を紹介します。

マスターズ 水泳 練習

マスターズ水泳とは?

「健康・友情・相互理解・競技」をモットーにして、幅広い年齢層の人達に水泳を通じて多くの仲間の人達と健康で明るい人生を楽しんで貰うためのものです。国際的には25才以上と規定していますが 日本では18才以上としており、18~24才、25才から5才ごとに区分した年齢別で競技を行っています。日本のマスターズ登録者は47,821人(2014年度)となり世界でもっとも多くのマスターズスイマーが活躍しています。国内で毎年80~90前後の公式・公認競技会が開催されており、のべ14万人を超える出場者となっています。年間で最も大きい大会は毎年7月に行われる「ジャパンマスターズ」(4日間開催)ですが、2014年は18才から100才までの5,835人の参加者でした。

引用元-日本マスターズ水泳協会

スポンサーリンク

  人気記事

マスターズ水泳での練習はどうやる?

無理は禁物

昔は簡単に出来たことが、今は出来なくなっているということがあることでしょう。マスターズ水泳でも同じように、昔はたくさん泳いでも全然疲れなかったのに今はすごく疲れると感じる方も多いですよね。これは単純に基礎体力が落ちているから起きることです。その状態で無理にトレーニングを積んでも、体力がつく前にへばってしまうことも考えられます。マスターズ水泳では、疲れ切ってしまう前にしっかりと休養を取ることが肝心です。あまりプールに通えないという方は、一度にたくさん泳ごうとすると思いますが決して無理はしないようにしましょう。

引用元-水泳が上達する練習メニュー | クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライのコツ

やみくもに練習するより練習の内容を見直そう

無理な練習がたたって、ケガや故障を抱え、痛みをごまかしながら練習を続ける選手というのは、プロアマ問わず少なくないもの。肉体的に完成しきっていない中学生・高校生だったら、(言葉は悪いけれど)たかが学校の部活程度でも疲労による故障で何ヶ月も休むことになってマネージャーもどきのまま引退してしまった、なんてケースを実際によく見ましたし、大人になったらなったで、ちょっとがんばるとすぐ腰に来たり肩に来たり。よくあることです。

ただ、それは「無理な練習がたたって」引き起こされたもの。

肩を痛めたのは「練習量が多すぎたから」というより、「肩が弱い自分に合った練習内容ではなかったから」と考えたほうがより正しいですよね。量自体は多かったとしても、負担の少ないドリルやフォーム練が中心だったり、1種目に偏りすぎないように泳いでいれば、防げた故障だったかもしれませんものね。

引用元-傾斜角10°

マスターズ水泳の大会で勝つ方法とは?

マスターズ水泳では練習メニューやトレーニング教材も多くありますが、人一倍練習をこなし、筋力強化をしても練習方法が間違っていれば、体のバランスが悪く、怪我をしやすい体になってしまいます。ですから思うように上達できず、悩む人も多いのです。色々な練習方法がありますが、実は効果的な練習はそんなに難しくありません。

大切なのは水の抵抗を小さくし、パワーを効率よくスピードに変える、加速時はスピードを維持する、指の使い方、キックの注意点、呼吸のタイミングを意識してトレーニングすることです。今まで辛い練習をしてきた方は信じられないかもしれませんが、このトレーニングを実践した人は100%タイムを上げることに成功しています。

またスイマーとしての理想的な体になることもできます。自己流のトレーニングで体を壊してしまうと、競泳人生も終わってしまいますのでオーバートレーニングは確実に間違っています。

引用元-マスターズ水泳や競泳で勝つ方法

大会に向けての練習内容

<形成期> 約2週間~2ヶ月間
この期間には、泳ぎの形を作ったり、矯正する時期です。この時にしっかりと形を作っておかないとハード期に移り、大量の練習に間違った形で泳ぐことになるので、練習の意味がなくなります。練習としては、ドリルをはじめ、基本的な練習(壁キックや、片手スイム、ヒィンスイムなど)

<ハード期> 約3週間~1週間

この時期はいわゆる泳ぎ込みです。ダッシュ、インターバル、遠泳など、力をつける練習をします。でも泳ぎが崩れるので、長期のハード練習の場合には、泳ぎを直す練習の日を混ぜるようにします期間の長さは、小学生なら1週間くらいでいいかもしれません。中高大生は、1ヶ月泳ぎこんでも死なないでしょう。でも体を壊さないように…食事は、肉類、ご飯をたくさん食べましょう。もりもりたくさん食べて力を蓄えます。

<調整期> 約10日~1週間

この時期はとても大切な時です。上手に過ごすことで自分の力を120%引き出せます。ハードな練習は避けて、崩れた泳ぎを直したり、ターンの練習をします。期間の長さは、ハード期間が長ければ、長く調整期間を取ります。でもあまり長くとりすぎると泳力が落ちる原因となりますので、気をつけるようにしましょう。食事も炭水化物中心のもので、試合が近ければ近いほど、パスタやスパゲッティのみにします。肉食は避けた方がいいでしょう。

引用元-サモエド先生の水泳教室

まとめ
マスターズ水泳は楽しく水泳をすることが目的なのでタイムが早くなくても大会は出れるようです。無理はしないように練習しましょう。

twitterの反応

 - スポーツ・アウトドア