ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

夏風邪に子供がかかってしまった!食事はどうすればいい?

      2016/08/17

 - 美容・健康

夏風邪は熱や嘔吐下痢などの症状が出て脱水症状に気を付けないといけません。特に子供は注意が必要です。夏風邪にかかった場合の食事はどのようなものがいいのでしょうか?今回は夏風邪の時の食事について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

喉のイガイガが急に!対処法は?

乾燥する季節になると喉が急にイガイガしてくることが…。これって風邪の前兆なのだろうか。このイガイガなんとかしたいですよね。原因と対処法を調べてみました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

脳に障害が起こると性格が変わることがあります

脳の障害は、事故や病気で起こります。医療の高度化により、助からないものが命を吹き返すという実例は多いようです。見かけは何の障害もないように見えるほど回復できることもあります。しかし、性格が発症前より怒りっぽくなったり、不安がったりというような変化もあるようです。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ストレートアイロンはまっすぐにするだけでなく、前髪を流すようにセットすることもできます。今回はストレートアイロンでの前髪セットのコツを調べました。

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因の一つです。ただただ顔をマッサージするのではなく、リンパ腺の流れに合わせてマッサージを施すことにより解消できます。顔のリンパマッサージについて調べてみました。

筋トレ後にプロテインの摂取無しだと筋肉はどうなりますか?

筋トレにはプロテインが必要だと言われています。摂取無しだとどうなるのでしょう?筋肉は傷んでしまうのでしょうか。プロテインがどんな働きをするのかを知り、補助的でかつ有効的な摂取の仕方を学びましょう。あくまでも筋肉を作るのは基本的な食事の摂り方にあります。

頭が重い、ふらふらする…原因は?

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。この半月板を損傷した場合は手術になることもあります。半月板損傷手術の場合は麻酔はどうなるのでしょうか?今回は半月板損傷の手術について調べました。

寝る間にに体重は減る?

ダイエットをしている人はたくさんいると思います。けど、なかなか食事制限や運動・・・続かないですよね。ストレスにもなります。ところで、寝ている間に体重が減っているのは知っていますか?寝る間になぜ体重は減るのか、寝ててもダイエットすることができるのか、詳しく調べてみました。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケンジー氏 により考案されました。椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛治療に効果があります。また、、急性の腰痛にも効果があったという報告もあります。マッケンジ法は腰痛持ちの救世主です。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

夏風邪の症状とは?

ヘルパンギーナというウイルスが犯人。
夏風邪は、一般的に5月から患者が増え始めます。6月の梅雨に入る頃に急増することで知られています。普通は名もないウイルスが原因で、それほど伝染性はありません。ところが夏風邪の原因は、感染力があるヘルパンギーナというウイルス。感染力はインフルエンザウイルスほどではありませんが、油断すると深刻な症状を引き起こす要注意すべき病気です。

注意したい症状

ヘルパンギーナだけではありませんが、症状は多岐にわたるので注意してください。
・初期は体がだるくなります。(全身倦怠感)
・40度にもなる高熱。
・喉の痛み(咽頭痛)
・吐き気、何度も嘔吐を繰り返し、脱水症状になる恐れも。
・胃腸の調子が悪く食欲が無くなります。
・下痢が続き、こちらも脱水症状も。
・手や足に痛み(四肢痛)
ちょっと鼻水とか咳が出る風邪レベルよりも、症状は幅広いのでやっかいです。

引用元-trend-neta.com

スポンサーリンク

  人気記事

夏風邪のヘルパンギーナは子供がかかりやすい

子供が急に発熱すると、とても心配になりますよね。夏の暑い時期ですと、ヘルパンギーナなどが疑われます。急に発熱して喉が赤くなり、しばらくすると喉の奥に小さな水泡が見られるようになります。

軽症の場合も多いですが、稀に髄膜炎などを合併することもありますし、喉の奥の水泡が破れて潰瘍となる為、食べ物を取るのが困難になるので、早めに病院で診察してもらってください。

引用元-ヘルパンギーナの6つの症状!子供の夏風邪?間違えやすい3つの疾患も紹介!|welq [ウェルク]

熱があるときの子供の食事は?

熱がある時の食事の基本

熱が出て弱っている子供にとって大事なものは何でしょうか?
それは、
◇睡眠・水分・栄養

特に、病気、疲労、ビタミンB1不足、ビタミンA、ビタミンDの過剰摂取などでも子供の食欲不振を招き、抵抗力を弱らせてしまいます。発熱は病気と戦っている証拠です。少しでも子供にとって、負担のない食事を用意してあげたいですよね。
熱がある時の食事の基本は・・・

Point
◎ 熱と戦っている子供のエネルギーを、消耗しないようにしてあげる
◎ 水分を補給し、脱水症状を防ぐ

少しづつでもいいのでこまめに水を飲ませ、消化のしやすい食事を考えるようにしましょう。

引用元-ほっとニュース

熱が下がってきたときの食事

解熱期/おかゆ、うどん

おかゆやうどんは、体のエネルギー源となる炭水化物です。消化吸収がよく、胃腸に負担をかけずに素早く体力の回復を促してくれます。 また、解熱時は体から熱が放出するため、体が冷える傾向にあります。そんな時に、温かいおかゆやうどんを食べて体を内側から温めることも重要なポイントです。

回復期/野菜、溶き卵の煮込みうどん、白身魚

野菜にはビタミンやミネラルが豊富です。風邪を引いている最中は、体に侵入したウイルスに打ち勝つため免疫細胞が活発に働きます。その際、多くのビタミンCが失われてしまいます。胃腸が徐々に回復してきたタイミングで野菜を摂取し、失われたビタミンをたっぷり補給しましょう。にんじんやかぼちゃ、ほうれんそうなどの緑黄色野菜を蒸して食べるのがおすすめです。

引用元-macaroni

子供が夏風邪にかかったときは消化の良い食事を

子供の胃腸に優しい献立は、消化吸収しやすい食材を使うことでできます。りんごとはちみつには整腸作用があり、白身魚には便を固める作用があります。米粉は小麦粉よりも消化がいいので、お菓子を作る際に米粉を使うのもいいですよ。油っぽいものや、チョコレートなどの刺激物、生野菜、固形物が多いもの、冷えたものは避けます。赤みの魚や肉は脂肪分が多く消化吸収が悪いので、鶏のササミなど脂肪分の少ないものがおすすめです。

引用元-あなたのはてな

夏風邪の原因と予防法

夏かぜの場合には、気温が高く、体温の調節が難しいことから発症してから治るまで時間がかかることが多いです。できる限り夏かぜをひかないように、生活の中で親がしっかりと子供を見守るようにしましょう。

夏かぜをひいてしまう原因としては、5月~6月の頃から発症する子供が多くなることを考えると、気温差が激しい時期でもあります。昼間が暖かいからと薄着をしていて、夕方から少し冷え込んでしまっても厚着をせずにそのままの状態でいると体が冷えてしまい、かぜをひきやすいこともあります。また、7月以降になると徐々に気温が高くなり、昼間など外で遊んだりすることで、体力をかなり消耗することにもなります。汗をかき水分も失われやすい状態にあるため脱水症状などにもなりやすく、熱中症などにも注意をしておく必要がでてきます。体力の消耗が激しいため、ちょっとしたことで疲労が溜まり食欲などが減退してしまうと、体に必要な栄養が不足してしまい、免疫力が落ちてしまいます。その結果、夏かぜにかかりやすくなり、寝込んでしまう場合があります。

夏にかぜをひかないようにするためには、体力が落ちないように休息をとることや、食事で栄養をきちんと摂ること、気温差に対応した服装をさせることなど、しっかりと親が心がけてあげるようにしましょう。

引用元-ワクワクたいむ

まとめ
子供が夏風邪にかかったら水分補給をして脱水症状を引き起こさないようにすることが大事です。食べられるようなら消化のいいものを食べさせましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康