ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

親に内緒で仕事を辞めたらどうなる?

      2016/04/30

 - 雑学

「両親に仕事を辞めたいと相談したら、きっと反対する」親の性格を考えて、打ち明ける方法に悩む人が多いようです。“石の上にも三年”という言葉がありますが、親も急に仕事を辞めると言われれば止めようとするのは当たり前。内緒のままにしておくのはおススメできません。大切なのは、その後自分がどうするのかというプランをきちんと示すことです。

スポンサーリンク

  関連記事

犬は散歩をしないとダメ?犬にとっての散歩とは?

犬を飼っているなら必ず散歩はしないといけないと聞きますが実際はどうなのでしょうか?犬にとって散歩とはどのような役割があるのでしょう?また散歩をするときにきを付けることはあるのでしょうか?今回は犬の散歩について調べました。

ブランド中古品をネットで買うメリットとは

ブランド中古品はネットオークションなどで安く購入できる場合があります。憧れのブランド品を安く購入できたらいいですね。しかしネットでは写真などでしか商品を確認できないので不安な人もいるのではないでしょうか?今回はネットでのブランド品のやり取りの注意点について調べました。

会社の役員の退職金はどう決まる?

会社の役員は一般の社員とは違う契約を会社としています。そのために役員の退職の額は一般社員とは違う方法で決められるようです。今回は会社役員の退職金について調べました。

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にとっても気になりますね。小学校の担任はどのように決まるのでしょうか?今回は小学校の担任の決め方について調べました。

国内線を利用する時は空港に何時間前につくべき?

飛行機を利用する際は色々な手続きがあるので、早めに空港に到着しておく必要があります。国内線を利用する場合は、出発の何時間前に到着しておくべきなのでしょうか?今回は国内線を利用する時に必要な時間について調べました。

郵便局のゆうちょ銀行と他の銀行の違いとは?

郵便局が民営化されて、ゆうちょ銀行が誕生ました。このゆうちょ銀行と一般的な銀行との違いはどこにあるのでしょうか?またどちらの銀行に口座を作るのがいいのでしょうか?

エアコンの修理の費用はどのくらい?

エアコンが突然動かなくなったら不便です。原因は何でしょか?故障なのか、何か問題があるのか、いくつかのチェック項目を確認してみましょう。もう一つ重大なことは、保証期間であるかどうかです。自費の場合は修理の費用がとても高くなります。買い替えを検討した方がよいこともあります。修理を依頼する場合は、型番と使用期間を伝えましょう。

ミスドの100円セールはいつ開催?カレンダーをチェック!

ミスドはドーナツを主に販売している人気のお店です。ミスドでは定期的に100円セールを行っているのでそこを狙って買いに来ている人も多いのではないでしょうか。今回は100円セールの時期について調べましたのでカレンダーをチェックしてみてください!

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです。右利きと左利きは脳の作用と関係があるのでしょうか?左利きの割合が1割。AB型も1割。左利きのAB型は希少価値ですね。100人に1人ですよ!!さて、どんな性格をしているのでしょうか?他人が冷静に眺めた場合と、本人の自己判断の両方を見て行きましょう。

iPodのイヤホンはワイヤレスで!ワイヤレスイヤホンのおすすめ

iPodで音楽を聴くならワイヤレスイヤホンが便利です!ワイヤレスイヤホンなら引っかかったりする心配もないのでジョギングなどの運動時にもいいですね。今回はおすすめのワイヤレスイヤホンを調べました。

東京山手線~内回りと外回りの判別法からミステリーまで

東京山手線と言えば、テレビなどでたまに見る、あの満員の電車ですね。なぜ上り下りではなく、内回りと外回りという表現なのか?そして、山手線にまつわるミステリーまで調べてみました。

バイクのヘッドライトの点灯は義務!?点灯してない場合は

バイクは車に比べて存在が確認されにくいため、ヘッドライトの常時点灯が常識となっております。それに伴ってバイクのヘッドライトの仕組みも変わってきているようです。今回はバイクのヘッドライトについて調べました。

冷蔵庫が冷えない原因は何?

冷蔵庫が何か変という時、どうなさいますか?すぐに電気屋さんを呼びますか?メーカーに電話しますか?冷蔵庫が冷えない原因は本当に故障でしょうか?意外とそういではないこともあります。使い方が間違っていることもあります。修理を依頼する前にいくつかチェックしてみてください。基本的な使い方を再確認しましょう。

新幹線に子供と一緒に乗りたい!気兼ねなく乗れるサービスとは

新幹線などの公共の乗り物に小さな子供と一緒に乗るときは騒いで迷惑をかけないか気になってしまいますね。そのために新幹線に乗るのを遠慮してしまう人もいるのではないでしょうか?今回はそんな子供連れ必見の新幹線のサービスを紹介します。

文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先は?

大学の学部で文系、理系と分かれると思いますが、文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先はどこなのか?気になりますよね!勝ち組とされる就職先について、調べてみました!参考にしてみてください!

道の駅で車中泊のトラブルが増加?トラブルにならないために

最近は道の駅で車中泊をする人が増えているようです。それに伴って道の駅でのトラブルも増加傾向のようです。道の駅で車中泊をするにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか?

お盆に海に入るのは危険!?プールはいい?

お盆の海には、あの世から帰ってきた霊がいて、引っ張られるので入ってはいけないという話はよく聞きます。実際お盆の海の事故は多いようです。ところで海がダメならプールはどうなのでしょうか?今回はお盆の海とプールについて調べました。

雷でテレビが故障!?雷が落ちた時の対処法

落雷が原因でテレビなどが故障する場合がある事を知っていますか?その為、雷が鳴っているときはテレビなどのコンセントを抜いた方がいいようです。もし雷が原因でテレビが故障した場合はどうしたらいいのでしょうか?

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?最近は太陽光発電の営業マンが自宅に来ることもあるようです。営業マンの中にはモニターになることを進めてくる人も多いようです。しかし中にはモニター商法という悪質なものもあるので注意が必要です。

文章を上手に書くには!?主語、述語、修飾語について

文章を書く上で主語と述語と修飾語は大事ですね。修飾語を使うときは文章に入れる場所を気を付けないと全然違う意味の文章になってしまうことがあります。今回は主語、述語、修飾語について調べました。

母親には言うが父親には内緒

転職。会社を辞めただけで頭ごなしに怒る親。 転職をする前の話です。
前職在籍中に次の職を決めたかったのですが思うように活動できず、結局辞めてから本格的に転職活動を始める事にしました。
退職の3ヶ月前、母に辞める事を報告したところ、父には言わないほうがいい・しかも次の職が決まってないならなおさら言わないほうが得策だと言われて、父には辞めた事は黙っていました。父の感覚ではこちらがどんなつもりであろうと、次のアテもないのに長年続けた正社員の仕事を辞めるという事は理解できないからです。

退職後は、朝は会社に行くフリ、夜は帰ってきたフリをしながら、なんとか就活をしていたのですが、次第に隠している事で疲れてきてしまい、また協力してくれてる母に対しても申し訳なく思うようになり、だんだんラクになりたいという気持ちが大きくなってきてしまいました。
ハナから「3ヶ月で職を決める」と目標にしていたので、早く決まるならと思っていたのですが、私も妥協したくなくて採用通知をもらっても別の気になる会社の結果が気になったりしてなかなか決められませんでした。最終的に、今の会社に決まったのが退職してから2か月後の事でしたが、入社はできたもののやりがい以外の待遇や環境は前職に劣るもので、結果的に転職は失敗に終わりました。

そして入社前を思い返して思うのは、父に正直に話し、何を言われても「3ヶ月で決めるつもり。ニートにはならない。信じて欲しい」と強い意志を持って転職活動するほうが良かったのではと思うのです。
隠れて活動してもプレッシャー、公言して活動してもプレッシャー、どちらにしろラクに就活できるなんてことはなかったのに・・・
もし公言したとしたら、父には「信じろと言っても、決まらなかったらどうするんだ」と言われそうな気がしています。そういう父の心配する気持ち頑固な気持ちに負けそうだったのと、母が父からいろいろ言われてしまうのを懸念して言いませんでした。
でも悪い事をしているわけじゃないのに。。

また転職を考えていますが、今度は父に言おうと思っています。でも迷いもあります。こういうタイプの親には言わないで結果が出た時にだけ報告するのがいいんでしょうか。父はいつも「あっちに(母親に)相談して。決まったら俺に言ってくれればいいから」と言います。無職の子供が家にいるだけでおそらくいろいろ言ってくる父だと思います。かと言ってまた同じような状況で就活する自信はありません。
前職は5年、現職は2年目です。今父に「辞めました」公言したら、コロコロ職を変えて!と思われて不利な気もします。

引用元-Good-bye.biz

スポンサーリンク

  人気記事

仕事を辞めた事を親には当日まで内緒

仕事って突然辞めるものではないですよね。最短でも一か月くらい前には辞めることを会社に伝えて、いろいろ引継ぎとかあってから辞めますよね。
つまり、辞める、と決めてから、実際に辞めるまで、期間があります。

私も、その間にちゃんと親に話さなきゃなーって思っていました。
実家暮らしだし、もし辞めたってことを言わなかったら、辞めた次の日からも朝同じ時間に出かけて、どこかで時間をつぶすなど、アリバイ作りをしなければなりません。
そんなのは大変ですよね。
それに、気持ち的にも本当はちゃんと言ったほうがいいんだってわかってはいました。

でも…。仕事を辞めるって言ったら

・親になんて言われるだろうか?
・心配をさせてしまうだろうか?
・怒られるだろうか…

などなどいろいろな不安があり、言い出せないんですよね。
仕事を辞めるまで、毎日言おう、言おうとは思っていました。
でもなかなか切り出せず、仕事を辞める日が来てしまいました。

私は、もうこれは逃げられないな、と思い、 家に着く前、会社を出た後に、親にメールしました。

「今日帰ったら話がある」と。送信ボタンを押したら、嫌でも話さなきゃいけない状況の出来上がりです。
そして家に帰ったら親のほうから「話って何?」と聞いてくれました。

反応は…びっくりされました。呆れられました。怒られもしました。
でも、言わないでずるずるするよりはずっと良いかなと思います。

引用元-My Favorite Things

仕事を辞めたらダメ人間!?

つい最近に仕事を辞めて転職した友人がこんな言葉を口にしていました。
「仕事を辞めるのはダメ人間なんじゃないのかと悩んだ」

実は、私も以前勤めていた会社を退職するときに同じことを思いました。 私や彼だけでなく、世の中の多くの人は、仕事を辞める=ダメ人間、転職が多い=ダメ人間のレッテルを貼られると思っているようです。

では、仕事を辞めるのは本当にダメ人間なのでしょうか?

それは辞める理由や、辞めた後の行動によると思います。 私が思うに、仕事を辞めた人でダメ人間だと思うのは、「少しの壁にぶつかっただけですぐに辞めてしまい、場当たり的に転職を繰り返す人、または、そのままニートになる人」だと思います。 その逆は、「現状の不満を改善したり、より高いステージを目指すために転職する人」でしょう。

前者のタイプの人がダメ人間のレッテルを貼られてしまうのが現実ですが、それもちょっと心ないというか、もうちょっと優しくしてあげてもいいんじゃないかと個人的には思います。 というのも、この日本社会において身体的に弱い人は大事にされるのに対して、精神的に弱い人はそうではないからです。 まあ残念ながら、それが我々の社会の価値観なのです。

引用元-仕事を辞めたい.com

仕事を辞めたい!けど“3年”は我慢すべき?

仕事や会社を知り、経験を積むための「3年間」?

上司や先輩に聞くと、このような答えが返ってくる場合が多いのではないかと思います。

「まずは3年間働いて仕事を覚えないと、その仕事のやりがいも楽しさもわからないから」

なるほど、確かに一理あります。業種や職種にもよると思いますが、まずは業務内容を覚えて、当たり前にできるようになってきて、そこから自分なりの工夫やアレンジをしていく中で、仕事の「おもしろさ」を知っていくようなこともあるでしょう。少なくとも、僕はそうでした。

しかし、ここでひとつ疑問が生まれます。先ほど“業種や職種にもよる”と書きましたが、これは何も業務内容を覚えるまでに限らず、仕事の面白さを知るまでの「期間」にも当てはまるのではないでしょうか。

もしかしたら、5年は続けないとその魅力に気づくことのできない仕事だってあるかもしれないし、1年で判断できてしまうような仕事があってもおかしくありません。さらに言えば、そのような判断基準には「個人差」もあることでしょう。

そう考えると、「とりあえず3年間」はあまりに雑すぎるようにも思うのです。人によって基準はさまざまであるにも関わらず、根拠もなく「3年間は耐えろ」という押し付け。それは、本当に正しいものなのでしょうか?

「3年」は長く、「とりあえず3年間」で思考停止するのは怖い

20代の「3年間」は、僕らが思っている以上に大きな意味を持つものです。23歳前後に大学を卒業し、企業に入社したとして、そこから3年間。仕事や組織に疑問を持ちつつも働き続け、気づけば20代後半です。その頃にはもう、その会社に染まりきってしまっているでしょうし、新しく仕事を探す気力もなくなっているかもしれません。

最悪なのは、「とりあえず3年間」を信じて働いた結果、何の知識も技術も身につけることができなかった場合です。業務自体が単調なルーチンワークであるとか、入社1年目からずっと同じことを続けてきたとか。たとえ技術や人脈が手に入ったとしても、それがその企業でしか通用しないものだったら、何の意味もありません。

だからこそ、「とりあえず3年間」を何も考えずに受け入れてしまうのは、自分の選択肢を狭めてしまうことだと僕は思います。せっかくいろいろと挑戦できる気力も体力もある若いうちに、その可能性を潰すような「3年間」は無駄でしかありません。もちろん、その仕事や会社が自分にとって満足のいく、楽しいものであるのなら話は別ですが。

3年間、耐え忍んで働くことで見えてくるものもあるのかもしれません。しかし、その「3年」の後はどうするのか。その企業でしか通用しない仕事を続け、気づいたら3年、5年が経ち、30代となってしまっては、転職も難しくなってくるのではないでしょうか。

引用元-ハナクロ

親は何がなんでも反対という訳ではない

その先のビジョンを聞く

子供が会社を辞めたいと言った場合、目先の仕事を否定する事よりも辞めた後のビジョンをしっかりと説明してもらいます。
そしてその説明次第では辞める事に賛成もしますし、反対もします。ただ仕事が合わないという理由だけではきっと反対ですし、嫌な事から逃げるだけの子にはなってもらいたくないのでギリギリまで頑張る様に説得します。

とりあえず話を聞いてみる

お茶でも飲みながらまずは子供の言い分を聞いてみます。出来るだけ否定も肯定もしないように。
その後は「もう少し頑張ってみてそれでも駄目なら辞めてもいいんじゃない」と言ってみると思います。苦労するのは本人なので。親がどんなに言っても本人が自分で苦労してみないとわからないこともあるかと思うからです。

引用元-たろろぐ

自立の良いタイミング

「仕事を辞めたいけど、親に反対されて辞めるに辞めれない…」ということですが、これはよく考えてみると、親から自立するいい機会なのかもしれません。

本来、親といえども人間です。分からないこともありますし、失敗もします。しかし、子供にとっての親はいわゆる「神」のような絶対的な存在です。(親がいなければ子供は生きることもできませんからね)

しかし、子供が成長するにつれてこのような事実に気づき、(精神的に)親離れするのが普通なのですが、たまに子供の感覚のまま、親と接してしまっている人がいます。それが今回の「親が反対するから仕事を辞めずらい…」と感じている人になります。

このままではいつまで経っても親から自立できませんし、何より親から自立しなければ一生、親からの呪縛を抱えて生きていかなければいきません。単純に、いつも親のことを気にして生きる人生ってなんだか疲れませんか?

恐らく誰もそんな人生は望んでいないでしょう。なので、ここでしっかりと自分の意見を親に伝え、たとえ親が反対したとしても「これが自分の考えだから!」と、自分の意見を貫き通すことが大切といえます。

引用元-仕事を辞めたい!?仕事を辞める時に考えるべきこと!

まとめ
社会人となれば立派な大人。意思をしっかり持ち、今後の生き方を自分で切り開くべきです。もちろん、親からの助言には耳を傾けた方がいいでしょう。内緒にしていても、いつかは必ずバレますよ。

twitterの反応

 - 雑学