ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

シンガポールのホテルではチップは必要?シンガポール旅行の注意点

      2016/08/31

 - 国際・海外

シンガポールへの旅行は海外旅行初心者にもおすすめと聞きます。しかしシンガポールには厳しいルールもあるのでそこは知っておくといいでしょう。またアメリカなどでは当たり前のホテルなどへのチップはシンガポールでもした方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになっているようです。そのため、中国のペット産業は世界でも1,2を争うほどに成長しています。今回は中国のペット事情について調べました。

台湾と日本は国交がないけれど交流は盛ん

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の領土だった時代に日本人から受けた恩を大切に子孫に引き継いでいるのでしょう。学校や病院など、生活に密着した援助は素晴らしいものだったようです。

行く前に知っておこう台湾旅行で注意したいこと

旅行先として人気の台湾。日本から近く、時差はわずかに1時間。占いやグルメが有名で、「千と千尋の神隠し」のモデルになった街もあり、何より新日の国です。東日本大震災では義援金だけで250億円以上という、世界一の支援をしてくれました。一度は行ってみたい!という人も多いのでは。行く前に知っておきたい、台湾旅行での注意点を調べてみました。

HISのツアーのホテルのグレードは?Cクラスってどんなホテル?

ホテルにはそれぞれグレードがありますがツアーパンフレットに出ているものはそれぞれの旅行会社が独自に格付けしたものです。HISの場合のCクラスとはどんなホテルになるのでしょうか?

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が違う場合は事前に調べていかないといけません。例えばイタリアに行くならどのような服装を用意していくのがいいのでしょうか?今回はイタリアに旅行に行く場合の服装について調べました。

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことをご存知でしょうか?海外に行き慣れない人は、電話のかけ方が気になりますね。ことばも問題がありますので、渡航前に調べておくのが良いでしょう。いくつか方法があります。自分にピッタリな方法を見つけて事前に準備をしておきましょう。

オーストラリアの旅行は現金は必要ないの?

オーストリアはクレジット社会です。クレジットカードは身分証明なのです。小さなお店でもクレジットカードが使えます。持っていなくて現金払いだと、保証金を取られる場合があります。現金主義でクレジットカードのない方は早目に申請してくおと良いでしょう。

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験がある人もいるのではないでしょうか?海外でネットを利用するときに使用料金を安くするにはどうしたらいいのでしょうか?今回は海外でのネットの利用について調べました。

シンガポールの気候とは

シンガポール観光での服装(気温・天気)

シンガポールは赤道直下の国であるため、日本で夏を過ごすのと同じ服装を用意する必要があります。
シンガポールの気温は20℃以下になることはまずなく、年間で一番気温が下がる12月や1月でも平均気温は25℃以上となり、最高気温が35℃を超える日は珍しくありません。

シンガポールでは、10月頃から雨季に入り4月頃から乾季に入ります。
雨季は、雨が多くなるため多少気温が下がりますが、湿度が高く1日を通して晴れる日は少なめです。。
乾季は雨が少なくはなりますが、1~2時間程度の突然のスコールは頻繁にあるため、乾季であっても雨具は携帯しておいた方が無難です。
いずれにしても、毎日が日本の夏のような天気であるため、日焼け止め対策は必須です。

ただ、ホテルやお店などは、クーラーの設定温度がかなり低めであるため、外気温との室内の温度差でクーラー病(冷房病)にならないように、室内での温度調節用の服(ショールやカーディガンなど)も用意しておいた方が良いでしょう。

引用元-旬なトレンド 芸能ニュースの情報局

スポンサーリンク

  人気記事

シンガポールでもチップは必要?

海外に行くとなると、心配なのがそのお国柄ですよね。
特にチップに関しては、そもそも日本にあまりそういった概念がないせいで、過剰に支払ってしまったり、どうしていいかわからない、という不安を覚えている人もたくさんいます。

最初に覚えておいていただきたいのは、シンガポールは、国が観光客に対して、チップは不要です、という政策をとっていたこともある国である、ということです。
つまり、欧米諸国を旅行した際のように、ひとつ何かしてもらったら全てにチップが必要で、小銭をたくさん用意しておかなくてはいけない、ということはないということなんですね。

とはいえ、チップという習慣が全くないというわけではありません。
チップとは、そもそも、何かサービスを受けた際の感謝の気持ちを表すものです。
その意味で、特別気持ちのいいサービスを受けた場合にチップを渡すというのは自然な行為ですし、双方嬉しい気持ちになれますよね。

引用元-ホテル価格チェッカー

ホテルのベルボーイなどはその場でチップの対応を

ホテルのベルボーイに渡すのはアリ

シンガポールにはチップの習慣はなく、渡す義務なども一切ないのですが、5つ星ホテルなどのリゾートホテルなどの宿泊した際に、ベルボーイなどにとても良い対応をしてもらった時などはスッとチップを渡すとカッコ良いです。
これも、あくまでもチップを上げたくなった時だけで良いので、素晴らしい対応だな、と思った場合には渡してみるのも良い経験となります。
その際は、チップはコインではなくお札の2シンガポールドル以上を渡すとより良いです。(お札は2ドルからなので)

ただし、チャンギ国際空港ではチップは禁止されているため注意して下さい。禁止されている分、タクシーなどに乗った場合は3ドルが加算されることになっています。

引用元-シンガポール旅行観光.com

ホテルなどで渡すチップはどのくらいが相場?

シンガポールは基本チップ制度はありません。
チップは必要ありませんが、ホテルなどで気持ちの良いサービスを受けた場合は感謝の気持ちをこめてチップを渡してもよいでしょう。

【ホテル】
絶対チップが必要というわけではありませんが、重い荷物を運んでくれたポーターさんや、朝、外出する前に清掃の人へのチップを部屋に置いておくのも良いかもしれません。
それぞれ2-5ドル程度でよいでしょう。

【タクシー】
提示された料金のみの支払いで、チップを渡さなければならないことはありません。
でも、重い荷物を運んでくれたり親切にしてもらった時に、細かいお釣りをドライバーに渡してもよいでしょう。

【レストラン】
レストランでは、10%のサービス税を請求されますので、さらにチップを渡す必要はありません。
例えば、レストランなどで、「50ドル++」と表示されていれば、50ドルの他に10%のサービス税、 7%のGST(消費税)を請求されます。

いずれも規則としてチップが必要だということはありませんが、特別なサービスを受けた時などの気持ちとして渡せます。

引用元-SINGAPOREnavi

シンガポールに行く前に知っておきたいルール

シンガポール旅行の前に知っておきたいルールは?

その1 チューインガムの持ち込みは禁止!

随分と以前から、シンガポールでは、町をクリーンにしておくため、チューインガムの製造、販売、持ち込みが禁止されています。
ただ、薬局では医療用のガムが売っていて、それはOKだそうです。

その2 公共の場は基本的に禁煙!

MRTといった電車をはじめ、ホテルを除くビル内はほとんどすべて禁煙です。
ただし、バーやパブなどでは、喫煙スペースの席が設けられています。
もちろん、喫煙所もありますし、ビルの外、あるいは屋外に灰皿(なかにはゴミ箱ぐらいの大きさのものもあります)が置いてあるところでは喫煙OKです。
公共の灰皿の周りでは地元の人がタバコ吸っているのですぐに分かります。
もちろん、タバコのポイ捨てはもってのほか! 禁煙区域以外での喫煙は厳禁なのです。

その3 ドリアン持ち込み禁止!

フルーツの王様と呼ばれるドリアン。
バスや電車内へはドリアンの持ち込みも禁止されています。時にはホテル内への持ち込みもNGです。
その強烈な匂いにとても我慢ならないという日本人も多いものの、デパートやスーパー、市場でもよく見かけるドリアンはパック売りもしていて、「試しに買ってみよう」と思う旅行者も少なくないようです。その場合は、要注意です。

引用元-JTB

まとめ
シンガポールではチップは渡さなくていいようですが感謝の気持ちで渡すのがいいですね。ルールも日本と違って厳しいので気を付けましょう。

twitterの反応

 - 国際・海外