ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

小1の子供が学校に行きたくない!親はどう対応する?

      2016/09/08

 - 日常・生活

小1になって学校に通い始めると慣れないうちは学校に行きたくないと言い出す子供もいるかもしれません。そんな時は親としてはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供が学校に行きたくないと言った場合の対処法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

コバエの駆除に蚊取り線香は使える?

夏になるとコバエが台所に飛んでいるのを見かけることがあります。身体が小さいので、ちょっとした隙間から侵入してきます。匂いのあるものに卵を産みつけると、すぐに成虫になりますよ。また、果物や野菜に付いてきてしまうこともあります。コバエの駆除には、蚊取り線香が使えます。

風呂とシャワーはどっちがお得?水道代の比較

一人暮らしの場合は光熱費をなるべく節約したいですね。お風呂のお湯をためるのとシャワーで済ますのはどちらの水道代が得なのでしょうか?今回はお風呂とシャワーの水道代はどっちが得かを調べました。

賃貸の壁紙は張り替えてもいいの?

賃貸住宅の場合、退居するときには借りたときの現状に戻すという決まりがあります。しかし、借主は少しでもセンス良く自分好みの家にしたいと思うでしょう。退居時にトラブルにならないリフォームの仕方を知ると、敷金問題の回避にもつながります。ちょっとの工夫と知恵で賃貸ライフも楽しみましょう。

枝豆のお手軽な茹で方!レンジを使って時短調理

夏になると無性に家でも食べたくなる枝豆。でも、塩もみして鍋にお湯を沸かしてなんて面倒でできない…でも大丈夫。レンジでできる簡単・便利な茹で方がありますよ。しかも栄養素もアップして一石二鳥なのです。

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っていませんか?実は受信料の家族割引があるんです。もしかしたら、あなたの家庭にも家族割引が適用されるかもしれません。

親子で楽しく遊ぼう!1歳の赤ちゃんにおすすめの遊び

赤ちゃんは成長するに従って動きも活発になり、できることが増えていきます。1歳くらいの赤ちゃんはどのような遊びが好きなのでしょうか?今回は1歳くらいの赤ちゃんにおすすめの遊びについて調べました。

トイレの換気扇の掃除はやったことがありますか?

意外と掃除することを忘れている人は多いのではないでしょうか?換気扇のタイプはいくつかあります。従来のものなら、簡単に外して掃除ができます。問題はシロッコファンタイプのものです。奥まで掃除ををするには道具が必要です。自分ではできないと思われる方は、ご掃除業者さんに頼みましょう。

ビッケの自転車は駐輪場選びに注意?

今、子供を前や後ろに乗せて移動するのに大人気なのがチャイルドシート付自転車です。街中でもママさんが子供を乗せて保育園や幼稚園の送り迎えをしていたり、買い物に行っているのをよく見かけますね。みなさんいろいろなデザイン、種類の自転車に乗っていますが、その中でも人気なビッケの自転車について調べてみました。

子供を夫婦二人で働いている場合の扶養はどちらが良い?

夫婦二人で共働きしている場合、子供の扶養はどちらがしましょう?悩んでいる夫婦は多く見うけられます。お子さんが二人の場合は一人ずつ分担して扶養するというご家庭もあると思います。しかし、会社によってはどちらか一人が複数の子供を扶養するルールを設けていることもあります。会社のルールが優先になります。

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向かって下手なんて言えないし、とりあえず上手と言っておこう」と思ったことはありませんか?でも、これ実はあまり良くないんです。ここでは、子供の絵の感想を求められたときの対処法をご紹介します。

畳にカビで緑に!カビを綺麗にする方法とは

見出し1 畳にカビが発生する原因は?2 畳のカビで起こる影響とは2.1 畳のカビ …

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かすのも電気給湯器が設置されています。お風呂に入るときにお湯が足らないといった話を耳にしたことがありますが実際はどうなのでしょうか?今回は電気給湯器について調べました。

銀行口座の名義変更は必要!?結婚後の手続き

結婚して苗字が変わった場合はいろいろな名義変更をしないといけません。銀行口座の場合は名義変更は必要なのでしょうか?今回は結婚後の銀行口座の名義変更について調べました。

風呂のシャワーが水漏れ!水漏れの原因と対策は?

お風呂のシャワーから水を止めているのに水漏れしている場合は何が原因なのでしょうか?この水漏れも早く直さないと水道代がもったいないですね。今回はお風呂のシャワーから水漏れする場合の原因と対処法について調べました。

ご飯は冷蔵庫で保存する?ベストな保存方法とは?

ご飯が余った場合はどう保存していますか?ご飯は冷蔵庫や冷凍庫で保存する人がほとんどだと思いますがどれがベストなのでしょうか?今回はご飯のベストな保存方法について調べました。

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべき点が多々あります。今から新築を購入する人は問題がないと思いますが、すでに購入してから築年数が経っている方や中古物件をお探しの場合は、検討することが沢山あります。しかし、簡単に建て替えや住み替えはできません。大きな問題を解決できると良いですね。

赤ちゃんの成長が遅いのが心配

育児の本に載っている成長の目安を自分の赤ちゃんの成長と比べて遅いと心配するママは多いです。赤ちゃんの成長には個人差があります。お医者さんに異常がないと言われたのなら、その子の成長を楽しみましょう。同じ親から生まれた子でも個人差があり、それが個性や性格なのです。

布団とマットレスの使い方について

あなたは寝るときに使う寝具は布団ですか?ベットですか?最近の住居はフローリングが増えたために、ベットを使用する人が多くなりました。ベット使用時の必需品と言えばマットレス。中にはフローリングに直にマットレスを敷いて、その上に布団を敷いてる方もいるのではないでしょうか?今回は布団とマットレスの使い方について調べてみました。

部屋のドアに鍵 問題は難しい

部屋のドアに鍵を付けたいと言っても、目的は何なのかを考えてしまいます。子どもの安全、老人な俳諧防止、防犯、プライバシー保護・・・鍵があったことで、かえって危ないことになる例もありますね。簡単に自分で取り付けることもできるようですが、鍵をつけるかどうかの判断は慎重に行いましょう。

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決まっています。遮光のレベルは1級が一番優れていますが、2級とはどのくらい違うのでしょうか?今回はカーテンの遮光について調べました。

小1の子供が学校に行きたくない理由は?

学校に行きたくないと行き渋りを見せるのは小学校1年生が多く、2年生、3年生になるにつれて全体の数は減っていく傾向にあります。個人的にはこれらの行き渋りと不登校はちょっとニュアンスが違う印象です。

解決は十分可能という前提に立って、私が知っている範囲ではありますが、小学生の低学年ではこのような特徴があると思っています。

・学校に行かなければいけないのは本人も理解している
・前日の夜は行く気でいるが、当日の朝になると行けない
・お腹が痛い、頭が痛いなどの不調を登校前に訴える
・学校が怖い
・先生が怖い、嫌い

本人としては学校に行かなければいけないことを自覚していますが、その一方で体調不良も嘘ではありません。子供自身も学校に行けない理由がいまいちわからないこともあります。

引用元-不登校ナビ

スポンサーリンク

  人気記事

小1の子供が学校に行きたくない理由は取るに足らない事の場合も

小さなころを思い返せば思い当たる節がある方もあるかもしれませんが、小学生の特に小さな子の場合、今日の給食の献立が嫌いだとか、先生が怖いであるとか、ある科目をやりたくないだとか、登校準備が遅れてしまったといったような、大人の視点からすると「そんなことで?」ということが原因で、学校に行きたくない、と思ってしまうものです。

要するに、子どもの「登校したくない」は言わば取るに足らないことなのかもしれないのです。それなのに、親が大げさに取りすぎてしまって深刻がったり困ったりしてしまうと、今度は子ども本人が「実はこれはすごくたいへんなことなのでは」と思い込んでしまうかもしれません。ここはあまり大げさに捉えずに、子どもがどうして登校したくないと感じているのかを聞き出しましょう。なお、ここで焦ったり苛立ったりして声を荒げるような態度を取ってはいけません。その上で、どうすれば行けるようになるのかの解決策を子どもといっしょに考えてみましょう。

引用元-子育ての達人

学校を長く休むと行きたくなくなることも

夏休み明けや連休明けなどにはこうしたお子さんが出てきます。入学したてより多いかもしれません。学校生活に慣れてきた反面学校生活も本格的になってきて苦痛とかんじることが増えてくることも事実です。離れたくない理由がわかれば一番ですが、まだまだうまく伝えられないのがこう言う形で出てきているのだと思います。欠席明けからということで私の推測は学習内容が進んでいて、わからないことがあっていやな思いをした・・・
仲良しだったお友達が違うお友達と新しい遊びをしていた・・・
休んだ分の学習をまとめてやった・・・
休んでいる間に起こった出来事をみんなが楽しそうに話していた・・・
小さなことですが不安になったりします。

親の不安は子どもに伝わります。大丈夫なんとかなる、というきもちでお子さんを送り出して下さい。先生方にお任せして良いと思います。何人もいろんな子ども達を相手に奮闘しています。先生も保護者の方からの家庭での様子などを頭に入れて対応して行きますので大丈夫です。

無理に笑わせたりするとかえって子どもは敏感に感じ取ります。今までと同じように・・・

引用元-小学一年生の長男ですが、朝起きると学校へ行きたくないと泣いてしまいます。 – … – Yahoo!知恵袋

行きたくない原因は学校ではない場合も

よく言われるのが「母子分離不安」から起きているのでは… ということです。そのあたりは、教育心理の専門家の分野のお話だと思いますので、私からは、小学校担任の立場からお話しさせていただきます。ご相談の方は、「特に原因が思い当たらない」とのことですが、そういうこともあります。

しかし、困るのは次のような場合です。子どもなりに、学校に行きたくない理由をいろいろと考えるものでして、例えば、よくあるのが、「〇〇君にいじめられている」「先生がこわい」などと、行きたくない理由を(まことしやかに)お母さんに言ったりする場合です。特にお仕事をお持ちのお母さんなどは、子どもが学校を休むのはとても困ることなので、学校に相談にこられるわけです。

「うちの子は、いじめられているようなんです」
「先生がこわいと言っています」
などと…。

そのようなとき、「〇〇君と遊んでいるときは、楽しそうですよ」とか、「担任としてきびしい指導もしますが、お子さんとは普通にコミュニケーションをとっていると思うのですが」などと答えるしかない場合があります。つまり、登校しぶりについて学校生活では思い当たる原因がない場合です。

お母さんは、「うちの子がうそを言っているということですか?」と、次第にイライラしてくる。担任は自分の学級経営を疑われて疑心暗鬼になる。そして子どもは学校に来たがらないし、理由は相変わらずはっきりしない… という悪循環に陥ります。

引用元-ママノート

子供が学校に行きたくない場合は

子どもが登校拒否を始めたときには
・学校に行きたくないのか
・学校に行けないのか
を見極めることが大切です。

「なんとなくめんどくさい」「お母さんと一緒に居たい」「勉強が嫌だ」などが理由で「学校に行きたくない」場合と、いじめがあったり、先生との関係がうまく行っていないなどの「学校に行けない」場合では対処法が変わっていきます。

まずは子どもと向き合い、どんなことでもいいのでたくさんお話しをしてください。ストレートに質問するのではなく、他愛のないことからで構いません。たくさんお話をしていくうちに、何か糸口がつかめるかもしれません。

もし原因がわかったならば、担任の先生やスクールカウンセラーにも相談して、学校に行きやすい環境を整えてあげましょう。原因が「学校に行きたくない」という自分本位なものであれば、しっかりと説明をして納得させることが大切です。

引用元-なるべく小さな幸せブログ

子供の話の聞き方も大事

自分の考えは、何も言わず、ひたすら 耳を傾けることに集中しています。
すると、何が起こっているのかわかりますか?
「安全な場所」 ができるのです。
何を言っても大丈夫。自分の弱い部分、ブラックなところだって、全てをさらけ出してもいいって思える

安全な場所
これが、ありのままで良いと受容されるということ。アドバイスしないことで 100%の信頼って伝わるんです

これが、すっごく大切
お母さんは、自分の考えを言わないことで、「この状況を抜け出させてあげよう」「私がこの子を立ち直らせてあげなくちゃ」という、大人の立場でなく、対等な人として信頼していることが、子どもに伝わります。
お母さんが「あなたを信じてる」って思っていることを子どもが感じられる!

大好きなお母さんが、自分を信頼しているってことが、実感としてバッシーーーーンと胸に届いた時、本当に子どもの 「自尊心」 を高めます
すると、心の中にあったモヤモヤが、自分で整理できて、自分から色んなことに気づいたり、発想が湧いてきたりします。

引用元-子どもの心がすごく元気に育つ親の関わり方教室♪愛されおかん塾(西宮-生瀬)

学校に行ってみたら大丈夫だと思えるように

子供が学校へ行きたがらない時の対処法=厳しく叱るのが正解~☆
。。。という事ではありません。子供には悲しい思いをさせてしまいますから、最終手段ですよね。

その子その子の性格や置かれている状況。体調などによって対処法はそれぞれ違うと思います。同じ目線で悩み、考え。。「うん。頑張るよ。」そんな気持ちを持ってくれるのが理想ですよね。はたまた、親がジタバタしなくても。。子供は自分の力で解決していく事もできるのかもしれませんね。

今回の次女のように、いじめなどの決定的な理由がないけれど。。
どうしても甘えや拒否反応が出てしまう場合。「行ってみたら意外と大丈夫だった♪楽しく過ごせた♪」この気持ちを繰り返し経験する事が一番の解決策なのかな?と感じます。

引用元-ただ今子育て(られ)真っ最中

まとめ
小1のころは不安から特に理由が無くても行きたくないと思うことがあります。そんな時はじっくり話を聞いてあげて不安を取り除いてあげるといいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活