ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

オーストラリアの旅行は現金は必要ないの?

      2016/09/15

 - 国際・海外

オーストリアはクレジット社会です。クレジットカードは身分証明なのです。小さなお店でもクレジットカードが使えます。持っていなくて現金払いだと、保証金を取られる場合があります。現金主義でクレジットカードのない方は早目に申請してくおと良いでしょう。

スポンサーリンク

  関連記事

HISのツアーのホテルのグレードは?Cクラスってどんなホテル?

ホテルにはそれぞれグレードがありますがツアーパンフレットに出ているものはそれぞれの旅行会社が独自に格付けしたものです。HISの場合のCクラスとはどんなホテルになるのでしょうか?

台湾と日本は国交がないけれど交流は盛ん

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の領土だった時代に日本人から受けた恩を大切に子孫に引き継いでいるのでしょう。学校や病院など、生活に密着した援助は素晴らしいものだったようです。

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになっているようです。そのため、中国のペット産業は世界でも1,2を争うほどに成長しています。今回は中国のペット事情について調べました。

世界でも習得が難しい言葉とは?日本語はどう?

世界にはたくさんの言葉がありますが、習得するのが難しい言葉もたくさんあります。中でも日本語は世界でも習得が難しいと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?今回は習得が難しい世界の言葉について調べました。

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことをご存知でしょうか?海外に行き慣れない人は、電話のかけ方が気になりますね。ことばも問題がありますので、渡航前に調べておくのが良いでしょう。いくつか方法があります。自分にピッタリな方法を見つけて事前に準備をしておきましょう。

シンガポールのホテルではチップは必要?シンガポール旅行の注意点

シンガポールへの旅行は海外旅行初心者にもおすすめと聞きます。しかしシンガポールには厳しいルールもあるのでそこは知っておくといいでしょう。またアメリカなどでは当たり前のホテルなどへのチップはシンガポールでもした方がいいのでしょうか?

行く前に知っておこう台湾旅行で注意したいこと

旅行先として人気の台湾。日本から近く、時差はわずかに1時間。占いやグルメが有名で、「千と千尋の神隠し」のモデルになった街もあり、何より新日の国です。東日本大震災では義援金だけで250億円以上という、世界一の支援をしてくれました。一度は行ってみたい!という人も多いのでは。行く前に知っておきたい、台湾旅行での注意点を調べてみました。

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が違う場合は事前に調べていかないといけません。例えばイタリアに行くならどのような服装を用意していくのがいいのでしょうか?今回はイタリアに旅行に行く場合の服装について調べました。

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験がある人もいるのではないでしょうか?海外でネットを利用するときに使用料金を安くするにはどうしたらいいのでしょうか?今回は海外でのネットの利用について調べました。

オーストラリアの旅行に持っていく現金ーお金の種類

通貨の種類

紙幣

まずは紙幣から。100ドル、50ドル、20ドル、10ドル、5ドルの5種類あります。ポリマー製でハリがあり、とっても丈夫。カラフルでわかりやすいお札です。どれがどんな色をしていたかを把握しておけば、初めて手にしても見間違えることは少ないでしょう。100ドル札、50ドル札は使う場所を多少選ぶので、両替の際には20ドル札にしてもらうと使いやすいでしょう。

硬貨

次はコインです。2ドル、1ドル、50セント、20セント、10セント、5セントの6種類があります。写真の順だと、左から50セント、20セント、10セント、1ドル、2ドル、5セントと並んでいます。4ドルまではコインとなり、25セント硬貨ではなく20セント硬貨である点が米ドルと異なります。100セント= 1ドル。ここは米ドルと同じですね。コインはその価値と大きさは比例しておらず、2ドルは1ドルより小さく、50セントが一番大きなコインになります。この他に1セントと2セントのコインもあるのですが現在は造られていません。
引用元-【オーストラリア旅行】通貨の基本と安全な両替方法まとめ | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

スポンサーリンク

  人気記事

オーストラリアへ旅行する時の現金の交換の仕方

オーストラリアドル取得の方法は主に以下の通り。
A.日本国内の銀行でオーストラリアドルを購入
B.日本国内の空港でオーストラリアドルを購入
C.シドニー空港でオーストラリアドルを購入
D.シドニー市内の銀行でオーストラリアドルを購入
E.DFSでオーストラリアドルを購入
F.スターシティーのカジノ内でオーストラリアドルを購入
G.現地のATMでオーストラリアドル現金の引き出し
H.トラベラーズチェック
I.現地でクレジットカードを利用したカードキャッシング
以上の9種類が主な方法でしょう。

結論から言えば、「G」「現地のATMでオーストラリアドル現金の引き出し」が一番お得。さて一番お得な方法に関しては後述するとして、単純に換金率のみを比べた場合で、最もダメなものから順に紹介していきましょう。こんな感じに並べてみました。

引用元-M@gosido.com

オーストラリアへ5日間旅行するのに現金はあくら必要ですか?

私なら、T/C 2万円にします。現金0 出来るだけ早く現金に替えます。残りはクレジットカード。1昨年正月にゴールドコーストとレディエリオット島に家族4人で行ってきましたが、現金2万円を現地空港でオーストラリアドルに交換しただけでした。

皆さん、おっしゃっているようにカードが使えればカードが良いと思うので、現金を使うある必要の所は何かということです。大手スーパーも基本はカードが使えます。T/Cもスーパーとかで使えるとあったので、そこで交換すれば大分得です。安いのを買えば残りは現金でくれる。

バンタクシーはクレジットカードが使えました。レストラン、入場券は大体カードで払えます。みやげ物屋、レストラン等は基本は使えるでしょう。屋台とかは別ですが・・・・そんなに無いと思いますよ。

問題はゴールドコーストとかの空港からサーフバス等のバスに乗る時です。バスは現金しか使えません。空港の銀行はおそらく手数料を取られると思います。でも、スーパーで使えるならば空港の売店でも使えそうな気もしますが・・・・

アメリカだったらどこでも使えるんですが、オーストラリアは使えないところもあると思います。

引用元-教えてgoo!

オーストラリアの旅行にはクレジットカードの携帯が必須

・オーストラリアで滞在するにはクレジットカードが必須となる
・クレジットカードが無いと、とても不便!
・クレジットカードが無いとレンタカーを借りることが出来ない!
・クレジットカードが無いとホテルでは高額なデポジットが必要!
・アメリカと同様にクレジットカードが身分証明となる!

オーストラリアではアメリカと同様に、日本で「免許証や保険証」が身分証明証であるようにクレジットカードが身分証明証となっているのですよ。

日本ではクレジットカードを持っていなくてもその人のステータス性は問われませんが、オーストラリアではクレジットカードを持っていないと、ステータス性を疑われる国であることを知っておきましょう!特に外国人観光客にはクレジットカードの所持の有無が、重要になってくるのですよ。

引用元-クレジットカード大学

オーストラリアではクレジットカードが主流なので現金は少しで良い

オーストラリアではクレジットカード決済が主流。オーストラリア人はほとんど現金を持ち歩きしません。なので大抵のお店やレストランではクレジットカードの利用が可能です。ただし、オーストラリアではカード手数料を客側に請求してよいため、クレジットカードで支払いする場合、お店によっては手数料(1~3%程度でお店によっても異なる)を代金に上乗せして請求することがあり注意が必要です。

また紛失、盗難してしまったら再発行されない現金ではなく、トラベラーズチェック(T/C)も便利。ただしこれも、都市部のお店やお土産屋などであれば大抵使えますが、観光地以外では使えないこともあるので、やはり現金やクレジットカードも持っておきたいですね。

よって基本的なお買いものはクレジットカード、ジュースや交通費などの少額な支払いには現金、予備にトラベラーズチェックと分けて持っていき、うまく使い分けをして支払うのが賢い方法。また出発時にレートが悪くて全部をオーストラリアドルにしたくない場合は、日本円のトラベラーズチェックを持って行き、滞在中のレートがよいときにオーストラリアドルに交換するという方法も1つです。

引用元-AllAbout

まとめ
オーストラリアに旅行される方はクレジットカードがないと不便です。現金主義でも、申請をしておきましょう。

twitterの反応

 - 国際・海外