ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

      2016/09/16

 - 美容・健康

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

スポンサーリンク

  関連記事

風邪をひいてしまった!薬は何が処方される?

風邪をひくと熱や咳や鼻水などの症状が出ます。病院へ行くと薬を処方されますが、その薬はどのようなものなのでしょうか。市販薬とは違いが何なのでしょうか。今回は風邪の時に処方される薬について調べました。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

髪のトリートメントの役割って知ってる?正しいやり方伝授します

洗い流すタイプや洗い流さないタイプ。最近香りや効果、使い方まで様々な髪のトリートメントを見かけます。ただなんとなく使ってしまったら、間違ったやり方で髪を逆に傷めてしまうかも!美人は髪から作られます。ぜひこの機会に正しいやり方を知っておきましょう。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

夜なかなか眠れない!寝れないのが怖い場合の対処法

夜疲れているのになかなか寝れない…といったことはありますね。中には寝ることが怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。なぜ怖いと感じてしまうのでしょう。今回は夜寝れないときの対処法を調べました。

脳に障害が起こると性格が変わることがあります

脳の障害は、事故や病気で起こります。医療の高度化により、助からないものが命を吹き返すという実例は多いようです。見かけは何の障害もないように見えるほど回復できることもあります。しかし、性格が発症前より怒りっぽくなったり、不安がったりというような変化もあるようです。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

部屋の掃除をするとくしゃみが出ますか?

部屋の掃除をした時にくしゃみは出ますか?困ったことですが、くしゃみや鼻水は必要があって出るのです。体の機能が正常ということです。しかし、辛いですから防御したいですね。掃除の仕方を工夫して、症状を軽減させましょう。

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。この半月板を損傷した場合は手術になることもあります。半月板損傷手術の場合は麻酔はどうなるのでしょうか?今回は半月板損傷の手術について調べました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

朝起きると体が硬い!原因と対処法は?

朝体が硬くてなかなか起きられないといったことを経験したことがある人は多いのではないでしょうか?しっかり寝たのに体が硬い原因とは何なのでしょうか?今回は朝、体が硬い時の原因と対処法を調べました。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

顔が大きい事は女性のコンプレックス?

日本人は骨格の関係で、西洋人よりも顔が大きいです。女性は小顔に憧れますが、仕方がないとあきらめてはいませんか?実は顔が大きい原因は骨格だけではなさそうです。マッサージや顔の体操で小顔になるようです。ぜひ、試してみてください。

更年期障害の症状で微熱の続く事がある

一般的に、閉経を迎える約50歳の前後10年間が更年期で、この時期には卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量も減少します。その影響で自律神経も乱れて、自律神経失調症に似た症状を起こしやすくなります。

自律神経は、循環器や消化器、呼吸器などを正常に働かせる調整役という役割があり、体温をコントロールするのも自律神経の大切な働きのひとつです。そのため、自律神経が乱れると体温調節が上手くいかず、微熱が続くことがあります。

微熱が続く原因は他にもいろいろありますが、40歳を過ぎて、微熱のほかにも月経不順や頭痛、肩こり、イライラや不安感といった症状が出ている場合は、更年期障害の可能性が高くなります。

引用元-ヘルスケア大学

スポンサーリンク

  人気記事

微熱の症状は更年期障害なのか?

女性は40代、50代の更年期になると女性ホルモンが減少します。それに伴って自律神経にも影響を与えることから、体全体に色々な不調をもたらせます。この不調の数々が『更年期障害』と呼ばれ、個人差はありますが、様々な症状がでてきます。そのような状態の中で高熱や微熱が出るというのは、血管の収縮や拡張がうまく行われなくなった事で、体温コントロールが出来なくなり、皮膚の温度が異常に上がることが原因だとも言われています。風邪などが原因でない発熱であれば、更年期障害の症状が疑われます。

引用元-更年期女性の歩き方

更年期障害以外で微熱の症状が続病気

自律神経失調症

女性ホルモン・男性ホルモンの分泌量が減ることで脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼし自律神経失調症が起こることはすでに述べていますが自律神経失調症を引き起こす原因はその他にも、ストレスや生活習慣の乱れによって起こることがあります。

自律神経は、緊張状態の時に優位に働く交感神経とリラックス状態の時に優位に働く副交感神経の2つから成り立っています。

仕事や人間関係で精神的なストレスを受け続けると常に交感神経が優位に働き自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自律神経は、血管や内臓などの働きをコントロールしているので自律神経失調症になれば様々な体の不調があらわれます。体がほてって微熱が続くこともあります。

引用元-微熱が続く病気は?(女性・だるい・咳・頭痛・下痢)原因となる風邪に似た病気とは? | ヘルシーメモ

ストレスでも微熱の症状が出る

これは意外に思う方も多いかもしれませんが、ストレスが原因となって微熱が発生することがあります。正式には、「心因性発熱」といわれます。

人間の体はストレスを感じると、熱があがります。一時的にストレスを感じた時は、誰しもが体温が上昇しています。一時的であればストレスの負担がなくなった時に、体温も平熱へと戻ります。

しかしストレスを感じ続けて体に負担が絶えずかかってしまうと、熱が下がらなくなってしまうことで微熱が続く状態になってしまうのです。毎日仕事でストレスを感じており、家に帰っても家庭のことでストレスを感じているなどの生活を送っている人は注意しましょう。

ストレスが原因の場合は、自覚しにくいのが特徴です。ちょっとした風邪だと思い込んで解熱剤を使用しても、熱は下がりません。ストレスを解消しない限りは微熱が治まることはないので、何をしても微熱が治らない場合はリラックスすることを心がける必要があります。

また、自分がストレスを感じていると自覚することで、微熱が続くのを予防することができます。

引用元-Hapila

疲れが溜まっていても微熱が続く事がある

【慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん)】

6か月以上にわたって強い疲労感が現れる病気です。血液検査でも異常が見つからず、原因は不明です。頭痛・喉の痛み・記憶力の低下・筋肉痛・睡眠障害・精神障害など様々な不調が併用して現れます。

引用元-くらし辞典

まとめ
更年期障害はホルモンのバランスが崩れていろいろな症状が出ます。それ以外の病気のことも考慮しながら対処しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康