ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

      2016/05/01

 - 美容・健康

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新しています。そのため熱中症で病院に運ばれる人の数も多くなっていますね。熱中症対策のグッズも数多く出ています。その中でも保冷剤は熱中症対策にいいようです。

デコルテをきれいに見せたい!毛穴のケアはどうする?

デコルテは夏など薄着になる季節には綺麗に見せたいですね。それなのにデコルテの毛穴が目立つ場合はどうケアしたらいいのでしょうか?今回はデコルテのケアの仕方について調べました。

二重になりたい!アイプチでしわに?

一重がコンプレックスな女性って多いですね。二重に簡単になれるアイプチって使ったことがある人は結構多いでしょう。でもこのアイプチ、トラブルが多く長期間使っているとまぶたにたるみができたりしわになったりするらしいので調べてみました。

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

髪はヘアアイロンで傷む?髪が傷みにくい使い方

ヘアアイロンは自宅でも髪のアレンジができて便利ですが、気を付けないと髪が傷んでしまうようです。ヘアアイロンで髪が傷みにくい使い方は、どのようしたらいいのでしょうか?今回はヘアアイロンの使い方を調べました。

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

ヨーグルトと牛乳、どちらが高カロリー?健康に良いのは?

朝食として、デザートとして、手軽なおやつとして。毎日牛乳かヨーグルトを摂っている人も多いと思います。この二つ、どちらかカロリーが高いのでしょうか?また、健康のためにはどちらを摂るのが良いのでしょうか?

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

夏風邪に子供がかかってしまった!食事はどうすればいい?

夏風邪は熱や嘔吐下痢などの症状が出て脱水症状に気を付けないといけません。特に子供は注意が必要です。夏風邪にかかった場合の食事はどのようなものがいいのでしょうか?今回は夏風邪の時の食事について調べました。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にとれるからといってパンを食べている人も多いのではないでしょうか?しかしダイエットをするならば朝食のパンは要注意のようです。

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいですが、豆乳と牛乳って、似ているようで全く違うものなんです!牛乳と豆乳の違いから、カロリー、知って得する豆知識まで。調べてみました。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

妊娠初期に出る症状とは

妊娠超初期の腹痛、腰痛

生理通のようなお腹や腰の痛みや、下腹部にチクチクとした痛み、足の付け根が痛いなど、お腹周辺に痛みを感じることがあります。

妊娠超初期の出血

生理予定日より前、もしくは生理予定日前後に稀に出血することがあります。これは受精卵が子宮に着床するときに子宮壁を傷つけて出血するものです。痛みはチクチクとした痛みがあったり、特に痛みは感じなかったりと人それぞれです。出血は少量のことがほとんどですが、ごく稀に数日間出血するということもあるようです。

妊娠超初期にはおりものに変化がある

おりものの量や匂い・色に変化が現れることがあります。おりものの量が増えたり、匂いや色がいつもと違うという人もいます。

妊娠超初期には微熱が出る、風邪のような症状

妊期に熱っぽさや風邪を引いたような症状を感じるという人も多くいます。排卵するとホルモンの影響で体温が上がるのですが、妊娠していない場合は2週間ほどで体温は下がります。そして、微熱が出ることによって体がだるくなったり、頭痛がしたり、食欲がなくなったり、風邪と間違えてしまうような症状がでる場合もあるようです。妊娠中は自己判断での薬の服用はリスクがあるので、少しでも妊娠の可能性があるときは病院で妊娠の可能性があることを伝えたうえで薬を処方してもらうのが無難です。

妊娠超初期の肩こり、腰痛

ホルモンバランスが崩れて血行が悪くなり肩こりや腰痛が起こることがあります。また肩こりが悪化して頭痛や目の疲れも併発する可能性もあります。体が痛いと湿布薬を使いたくなりますが、妊娠中は使用しない方がいいものもあるので、注意してください。

妊娠超初期にはつわりが始まる

つわりが始まる時期は一般的には妊娠4〜6週頃と言われていますが、稀に3週以前から始まったという人もいるようです。妊娠3週以前というとまだ生理予定日にもなっていない頃なので心の準備も整っていない時かもしれません。つわりの症状は人それぞれなので、気分が悪くなるということだけではありません。妊娠の可能性があり、体調に異変があったらそれは妊娠のサインかもしれませんね。

引用元-妊娠初期のころに先輩ママが気になったこと

スポンサーリンク

  人気記事

お腹の張りとは

おなかの赤ちゃんを守る子宮は筋肉で出来ています。普段ママがリラックスしているとき、この筋肉はやわらかくゆるんでいますが、動いたり何らかの刺激によって、筋肉が緊張して、「キュッ」とかたくなることがあります。これを医学的には子宮収縮といい、一般 的には「おなかの張り」といっています。でも、おなかの張りってどんな感じかよくわからないという方も多いでしょう。

おなかが張るってどんな感じ?

おなかが張っているときの状態を聞くと、いろいろな言葉が返ってきます。妊娠初期のひとでは、「おなかがパンパン」「中で炭酸がふくらんでいるよう」「下腹部が重い」「便秘が1週間続いたようにかたい」。妊娠中期では、「子宮がキューとかたくなって、手で触ると子宮の形がわかる」「ふだんはフニャフニャなのに、バレーボールくらいのかたさになる」「風船がふくらんだみたい」「何かがきゅーっとしぼんでいく」。後期になると、「おなががカチカチ」「おなががピキーンと張りさけそう」「スイカのようにかたい」「石のようにカチンコチン」など。一言でおなかの張りといっても、張ったときの感じ方はさまざまです。

おなかが張るということ

おなかの張りや痛みは程度の差はあるものの、妊娠中誰でもが何らかの形で感じるものです。心配ない場合がほとんどですが、切迫流産・早産の危険信号の場合もありますから注意が必要です。

引用元-佐藤クリニック

妊娠初期にお腹の張りがある場合は

妊娠0~15週の妊娠初期に感じるお腹の張りは、妊娠した子宮の筋肉が増えて、伸び、子宮への血流量を増やすために起こります。また、子宮を支えている靱帯や子宮広間膜が引っ張られるために、痛みを感じることもあります。その他にも緊張、お腹の冷え、疲れ、便秘や締めつけによりお腹が張る場合もあります。妊娠初期に感じるお腹の張りは、体が変化しているという生理的なサインのため、特に心配することはありません。ただし、お腹の張りではなく消化器系の病気の場合や、切迫早産や絨毛膜羊膜炎の兆候としておなかが張っている場合もあるので、お腹の張りを感じたら少し横になって治まるのを待ちましょう。

引用元-こそだてハック

妊娠中は便秘予防をしてお腹の張りを防ごう

便秘になってしまう原因はいろいろあります。ストレスが多い社会。不規則な生活やアンバランスな食事、運動不足により便秘になりやすいのが日常です。特に女性はダイエットや便意を我慢したりして便秘になりやすい人が多いのですが、便秘症でない女性でも妊娠中は便秘になりやすくなります。それは、妊娠により増えた黄体ホルモンの作用や、大きくなった子宮に腸が圧迫されることで腸の動きが悪くなり、便の回数が減少傾向になるからです。さらに、大腸では水分と電解質の吸収が増えることで便が硬くなりやすくなります。これらのことにより、ほとんどの妊婦は便秘傾向になるようです。そして、便秘傾向になることによってお腹が張りやすくなったり、排便時にいきむことで痔核などにもなりやすいので、日常の生活から気をつけていきましょう。
予防法としましては、

・規則正しい生活を心がけましょう。
・バランスのよい食事をとりましょう。
(三食きちんと食事をしましょう。特に食物繊維、ミネラルの適量摂取に心がけましょう。食物繊維は野菜だけではなく穀物にもたくさん含まれていますよ)玄米・胚芽米・小豆・ごま・寒天・きなこ・大豆・いんげんまめ・昆布・わかめ・ごぼう・さつまいも・かぼちゃ・こんにゃく・ドライフルーツなど
・適度な運動をしましょう(妊婦体操やウォーキングなどがよいでしょう)。
・緩下剤の服用について医師に相談しましょう(勝手に市販の下剤を服用するのは避け、産科の医師に相談し処方してもらいましょう)。

便秘は妊娠中だけでなく産後にも起こりやすいものです。自分にあった予防法で快適な毎日をお過ごしください。

引用元-鈴木産婦人科

注意!こんな症状がある場合はすぐに病院へ

全く感じない人もいますが、ずっと立ちっぱなしだったり、仕事をしていたりする人は張りを感じやすい傾向にあります。また、重いものを持ち上げたりするようなお腹に力を入れる動作をしたときなどに感じたりします。少し横になって休んで5分くらいしたらおさまってきたという場合はあまり心配の必要はありません。

以下の場合は切迫流産の可能性もありますので、すぐに診察を受けましょう。

・横になって体を休めていても一向に張りが治まらない。
・便秘のときとはちょっと違う感じの下腹部の違和感や張り。
・出血を伴うお腹の張り。12週未満の場合の出血は珍しくありませんが張りを伴う場合は要注意です。
・おりものの色又は匂いがいつもと違うのとお腹の張り。感染症の場合もあります。
・性器付近から下腹部までぴりぴりと痛む。切迫流産の可能性があります。

上記以外でも、初めての妊娠の場合は、「張り」が本当に安心なものかどうか自分で判断することは難しい場合があるので、いつもと違うなと感じたら迷わず診察を受けましょう。心拍を確認できたら安心しますしね。

引用元-妊娠&出産.com

まとめ
妊娠初期には無理は禁物です。異変を感じたら病院へ行くのがいいですね。

twitterの反応

 - 美容・健康