ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

      2016/10/02

 - 日常・生活

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が大きくなって来ると子供連れで出かける用事も多くなります。保育園や幼稚園の送り迎えやお稽古ごとの送り迎えにも自転車が大活躍します。ところで、子供は何歳から自転車に乗せられるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

車道を走れと言うけれど…自転車の歩道運転マナー

自転車に乗っているとき、歩道をついつい走ってしまっていませんか?あなたの歩道の自転車マナー、知らないうちに「危険運転」になってしまっているかもしれません。2015年の道路交通法改正により、取り締まられてしまう可能性があります。

旦那が仕事で帰りが遅い!イライラの解消法

毎日仕事で頑張っている旦那さんには感謝ですね!しかし帰りが遅い場合、感謝をはしていても少しイライラしてしまうこともあります。今回は旦那さんが仕事で帰りが遅いときはどうすればいいか調べました。

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っていませんか?実は受信料の家族割引があるんです。もしかしたら、あなたの家庭にも家族割引が適用されるかもしれません。

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのではないでしょうか?ところでゆうちょ銀行の通帳は何冊まで作ることが可能なのでしょうか?今回はゆうちょ銀行の通帳について調べました。

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらいいのでしょうか?盗むことは当然いけないことなので子供にはしっかりと教えないといけませんがどのように教えたら効果的なのでしょうか?

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさんあります。「幼稚園に希望する教育は何でしょうか?」「家庭での教育方針を教えてください」そのような質問に対して、どのように書いて良いか悩みますね。良い方法を探ってみましょう。

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。そのため子供に勉強を教える時にイライラしてついつい怒っていませんか?今回上手な勉強の教え方について調べました。

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

子供に携帯を持たせるならどのようなものがいいでしょうか?年齢や目的によっても変わってきますね。また最近は携帯トラブルに巻き込まれる子供も増えているので要注意です。今回は子供の携帯の選び方を調べました。

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。少額な掛け金で、何十年後かにはまとまったお金が受け取れます。金額も期間も自分で設定できます。家族構成や家計の状況が考慮できて良いです。民間の保険会社、郵便局から自分に合ったものを探してみましょう。

コバエの駆除に蚊取り線香は使える?

夏になるとコバエが台所に飛んでいるのを見かけることがあります。身体が小さいので、ちょっとした隙間から侵入してきます。匂いのあるものに卵を産みつけると、すぐに成虫になりますよ。また、果物や野菜に付いてきてしまうこともあります。コバエの駆除には、蚊取り線香が使えます。

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸しになったり、水道代がかかってしまうので困りますよね。トイレのウォシュレットは家電製品なので、操作にも注意が必要です。水漏れが起こったらどうすればいいのかまとめました。

9ヶ月の子供が離乳食を食べないときはどうしたらいい?

育児の中でも、5,6か月ごろから始める離乳食。特に1人目を育てる新米ママさんにとっては、難関のイベントですよね!!教科書やインターネットで調べて、勉強し、開始していくと思います。なかなか食べてくれなくて悩んでるママさんも多いのではないでしょうか。ここでは、9か月の子供が離乳食を食べない時、どうしたらいいのか?調べてみました。

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制になることがあります。スタッドレスタイヤはチェーンをいちいちつける必要がないので便利ですが、速度はどのくらいまで出せるのでしょうか。今回はスタッドレスタイヤについて調べました。

月極駐車場を契約する時の注意点とは?

車を購入しても自宅に駐車場がなければ意味がありません。その場合は月極で駐車場を借りる必要があります。月極駐車場を契約するときはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?今回は月極駐車場を契約するときの注意点を調べました。

一人暮らしの男性におすすめの食事とは?節約と栄養を考えよう!

一人暮らしだとついつい外食ばかりになっていませんか?外食ばかりだと食事の栄養が偏りがちですね。節約もできて栄養もとるにはやはり自炊をするのが一番です。今回は男性にもおすすめの食事のレシピを調べましたので紹介します。

贈与税がかかる?子供名義の貯金について

子供の将来を考えて子供名義の口座に貯金をしている人もいるのではないでしょうか。しかし気を付けないと贈与税がかかる場合があります。今回は子供名義の貯金にかかる贈与税について調べました。

クーラーや扇風機は健康に悪い?正しい使い方とは

夏になるとクーラーや扇風機を利用する人がほとんどだと思います。しかしクーラーや扇風機は使い方次第で健康を損ねてしまうこともあります。今回はクーラーと扇風機の正しい使い方を調べました。

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れはどんどんたまっていってしまいます。効率的に掃除をするにはどうしたらいいのでしょうか。今回は上手に掃除をする手順を調べました。

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決まっています。遮光のレベルは1級が一番優れていますが、2級とはどのくらい違うのでしょうか?今回はカーテンの遮光について調べました。

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かすのも電気給湯器が設置されています。お風呂に入るときにお湯が足らないといった話を耳にしたことがありますが実際はどうなのでしょうか?今回は電気給湯器について調べました。

自転車に子供を乗せられるのは何歳からでしょうか?

法律で定められている年齢の下限はありません。これは、子供さんの発育状況で判断します。

判断基準は、首と、腰がすわってからとなります。個人差はありますが、10ケ月以降ではないでしょうか。一人座りができて、頭も安定してくれば、乗せてもいいでしょう。

前乗せに関しては、いつから乗せられるかよりも、いつまで乗せられるか?のほうが大事です。

法律では、6歳未満までは乗せることができます。しかし、これは後ろに乗せる場合と考えてください。前の場合は、年齢ではなく、子供さんの体の大きさで決まります。具体的な、数値は以下となります。

身 長  100cmまで
体 重  15kgまで

身長については、100cmを超えてくると、お母さんの前方視界の妨げになってきます。体重は15kg以上になると、ハンドル操作が急激に難しくなります。また、子供乗せや自転車への物理的な負担が増え、壊れやすくなり危険です。

子供さんの年齢にすれば、早い子供さんで2歳くらいから、遅くても、3歳半くらいまでには、この基準に到達するはずです。この基準となる数値以上の子供さんは、後ろに乗せることになりますので、早目に、後ろの子供乗せのほうも、準備しておきましょう。

引用元-彩 on your world

スポンサーリンク

  人気記事

子ども乗せ自転車に子供2人乗せたい

最初から前後にチャイルドシートがついているモデルはないので、子供を2人乗せる場合は、追加でチャイルドシートを購入する必要があります。ネットで購入する場合は、同時に購入して取り付けてもらった上で、配送してもらいます。あとから買うと工賃がかかる場合もありますが、後ろ乗せチャイルドシートは自分で取り付け可能なものが多いです。

引用元-子ども載せ電動アシスト自転車購入ガイド

子供を乗せる時に選ぶ自転車

電動アシスト自転車は20%、普通自転車が80%と圧倒的に普通自転車の利用率が多いことが分かりました。電動アシスト自転車が普及していますが、意外にもまだまだ普通自転車の割合の方が多いという結果でした。一昔前に比べると、最近は街中で電動アシスト自転車に子どもを乗せたパパママの姿を目にする機会が増えてきています。電動アシスト自転車の普及による事故のニュースも増えており、安全に利用したいですね。

引用元-cozre

子供を自転車に載せられる年齢、前と後ろ

1歳頃から対応できる「前乗せ」タイプ

特徴
お子様が座れるようになる1歳頃から。
親から見える位置なので、安心感がある。
使わなくなったら買い物かごとしても使える。
前に乗せられるのは2〜3歳(体重15kg程度)まで。
風が前から直接あたるので、冬は防寒対策を。

2歳から6歳まで乗せられる「後ろ乗せ」タイプ

特徴
2歳頃〜6歳未満まで、長期間乗せられる。
目は届きづらいが、走行時の安定性が高い。
大人しく乗っていられるようになる年齢から。
通常の自転車に後付けしやすいものが多い。(ただし、基準を満たしている必要あり)
子供乗せ自転車の気になる疑問。何歳から何歳まで使えるの?

前乗せタイプであれば1歳頃からが一つの基準ですが、10か月頃から乗せられる方も見えます。お子様が一人で座れるようになることが一つの目安です。後ろ乗せタイプについては、安全性を考えると2歳頃からが推奨年齢です。

引用元-cyma

赤ちゃんを自転車に乗せるにはおんぶをしましょう

自転車に乗るときは抱っこ紐でおんぶして安全運転を

新生児期の首が据わっていない時期はやはり自転車に乗るのやめましょう。赤ちゃんの首がきちんと据わった5ヵ月~7ヵ月頃での自転車デビューがおすすめですが、首据わり時期には個人差があるのできちんと首が据わっているかを確認しましょう。首据わりがきちんとできていない状態でのおんぶは大変危険です。

首が据わったばかりの赤ちゃんはまだ腰が据わっていないので抱っこ紐でしっかりと固定して運転しましょう。まずは、天気がよくそれほど気温も高くない日に短時間の試乗から始めてみましょう!

抱っこ紐で自転車に乗れるのは子供が何歳まで?

抱っこ紐の対象年齢にもよりますが、2歳(36ヵ月)までと定めているメーカーが多いようです。2歳という年齢はあくまで目安です。

おんぶしている子供の足が運転の妨げになったり、抱っこ紐から抜け出せる大きさになってしまうようでは自転車走行はとても危険です。

その場合は2歳以前でも抱っこ紐の使用は中止し自転車用チャイルドシートの使用をおすすめします。

引用元-mamari

まとめ
ベビーカーでは行かれる範囲が限定されますが、安全に子供と一緒に移動できる自転車は重宝しますね。

twitterの反応

 - 日常・生活