ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

行く前に知っておこう台湾旅行で注意したいこと

   

 - 国際・海外

旅行先として人気の台湾。日本から近く、時差はわずかに1時間。占いやグルメが有名で、「千と千尋の神隠し」のモデルになった街もあり、何より新日の国です。東日本大震災では義援金だけで250億円以上という、世界一の支援をしてくれました。一度は行ってみたい!という人も多いのでは。行く前に知っておきたい、台湾旅行での注意点を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

台湾と日本は国交がないけれど交流は盛ん

何か矛盾いているけれど、台湾と日本は国交がないのです。日本の領土だった時代に日本人から受けた恩を大切に子孫に引き継いでいるのでしょう。学校や病院など、生活に密着した援助は素晴らしいものだったようです。

オーストラリアの旅行は現金は必要ないの?

オーストリアはクレジット社会です。クレジットカードは身分証明なのです。小さなお店でもクレジットカードが使えます。持っていなくて現金払いだと、保証金を取られる場合があります。現金主義でクレジットカードのない方は早目に申請してくおと良いでしょう。

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が違う場合は事前に調べていかないといけません。例えばイタリアに行くならどのような服装を用意していくのがいいのでしょうか?今回はイタリアに旅行に行く場合の服装について調べました。

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことをご存知でしょうか?海外に行き慣れない人は、電話のかけ方が気になりますね。ことばも問題がありますので、渡航前に調べておくのが良いでしょう。いくつか方法があります。自分にピッタリな方法を見つけて事前に準備をしておきましょう。

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験がある人もいるのではないでしょうか?海外でネットを利用するときに使用料金を安くするにはどうしたらいいのでしょうか?今回は海外でのネットの利用について調べました。

シンガポールのホテルではチップは必要?シンガポール旅行の注意点

シンガポールへの旅行は海外旅行初心者にもおすすめと聞きます。しかしシンガポールには厳しいルールもあるのでそこは知っておくといいでしょう。またアメリカなどでは当たり前のホテルなどへのチップはシンガポールでもした方がいいのでしょうか?

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになっているようです。そのため、中国のペット産業は世界でも1,2を争うほどに成長しています。今回は中国のペット事情について調べました。

HISのツアーのホテルのグレードは?Cクラスってどんなホテル?

ホテルにはそれぞれグレードがありますがツアーパンフレットに出ているものはそれぞれの旅行会社が独自に格付けしたものです。HISの場合のCクラスとはどんなホテルになるのでしょうか?

旅行者でも罰金!MRT(地下鉄)の中では飲食禁止!

台湾の地下鉄なのですが、車内は飲食禁止。ペットボトルの飲み物を飲んだり、ガムを噛んだり、アメを舐めたりすると、罰金1500元(約4500円)がかかってきます。外国人旅行者だろうと容赦はありません。

日本にいるときのような感覚で、飲食すると罰金なので、うっかり飲んだり、食べたりしないように注意しましょう。ペットボトルやガムなどはカバンに入れるなど対処が必要です。

引用元-初めての台湾旅行

スポンサーリンク

  人気記事

台湾のトイレは紙を流してはいけない!

ある意味危険情報(笑)。トイレは、まず紙を流さないタイプがあります。そういうタイプは張り紙が貼ってあってなんとなくそんなようなことが書いてあるので、トイレ脇のゴミ箱に捨てます。無視して流すと、詰まって本当に逆流してくることがあります!!
また、洋式の場合もできれば便座に腰かけない方が無難です。なぜなら、便座に靴であがって用を足す人がいるからで、正直衛生面が心配。在住的にはなるべく「外ではトイレに行かない」ようにしているのですが、それでも必要な時は
・デパート
・ホテル
・きれいめな飲食店に入ったときはそこのトイレ
・MRT

引用元-台湾ふたりぐらし

台湾のタクシー利用時の注意点

タクシー利用は注意!台湾人は親切ですが運転が荒い

台湾でタクシーやバスに乗ると「運転が荒いなぁっ」と思うことがよくあります。日本だと一時停止する場面も止まりません。とにかく飛ばします。のんびりした日本人からすると、けっこう無謀な運転をしているのでヒヤヒヤします。

タクシーや車で混雑している道もスレスレのところを運転していきます。ちょっとしたジェットコースターにのっているような気持ちです。初めて体験されるかたは、覚悟をしてご乗車ください(笑)

まぁ台湾人からするとゆっくり運転しているほうが危ないんでしょうね。

タクシーでは行き先はメモで渡すか、地図を用意する

台湾のドライバーさんは、片言の日本語が話せる人もいるのですが、日本語も英語も通じない人もいるので、行き先が分かる地図を用意するか、行き先を漢字で書いたメモを渡しましょう。

前の席に乗った場合は、シートベルトをお忘れなく。ドライバーさんに注意されてもシートベルトしてなくて警察に捕まった場合、自分で罰金を払うことになります。

台湾のタクシーは、日本のタクシーのようにドアは自動でしまりません。ドアは自分でしめましょう。降りた後も同様です。自分でしめましょう。

引用元-初めての台湾旅行

旅行者仰天! 台湾の交通事情

ほとんど危険らしい危険がなく身の危険を感じる機会はほぼないのですが、一点だけ身の危険を感じることがあります。

それはバイクや車が歩行者すれすれで通行することが結構あるということです。たとえば歩行者天国?になっているような観光道路であってもバイクが結構なスピードで人の群れの中を追い抜いていったり、横から飛び出してきて左から右へ抜けて言ったりします。ですので、バイクや車には常に注意したほうがベターですね。

歩道を走っているバイクも多いです(これは駐車するためですね)道路を渡るときや横断歩道を渡る時は気をつけてください、夜市や路地でもスクーターが突っ込んできます。止まってくれないかもしれないと考えた方が無難です。

引用元-台北駅・台湾まとめサイト

盗難・スリに注意!

特に九份では注意が必要!千と千尋の神隠しの舞台として知られている九份はとてもきれいで雰囲気があるのですが本当に人が多いです。スリ集団なんかもいるらしく実際わたしが行った時も財布を盗られた日本人夫婦を見かけました。

引用元-MERY

高温多湿の気候にも注意

とにかく想像以上に暑かった!この一言に尽きます。朝から晩まで気温が30度以上で、ちょっと歩くとすぐ汗だく、日焼け止めも帽子もサングラスも気休め程度にしかなりませんでした。なので冷たいものばっかりに食が偏り、せっかくの海外・せっかくの中華料理を満喫することはできなかったですね。

引用元-台湾旅行でのいろいろ。グルメとトラブル失敗談 | 台湾旅行に行ってきました。

まとめ
日本語も通じるところが多い台湾ですが、やはり外国ということで、危機意識を持って旅行にいった方が良さそうです。国が違えば習慣も違いますからね。人が暖かくて親切、食べ物もおいしい台湾、行ってみたいです!

twitterの反応

 - 国際・海外