ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

労働基準監督署とは?相談で電話する場合の注意点

      2016/10/06

 - 社会・政治・経済

労働基準監督署というところを知っていますか?もしも自分の職場で労働法に違反したことがあった場合はここで相談することできます。相談は電話でもすることができますが、その際の注意点を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

30歳で年収が200万!?ワーキンプアの実態とは

ワーキングプアという言葉をしっていますか?年収200万円未満の人のことを言い、非正規雇用の人が多いようです。30歳代で年収200万の場合、危機感を抱いていいる人も少なくないようです。今回は年収200万の実態について調べました。

退職の挨拶は長くなりすぎず短過ぎず、最適な一言は?

退職の理由は何でしょう?結婚や定年退職の場合はおめでたいので挨拶もしやすいでしょう。トラブルや不仲などで退職する場合もあります。そんな時も、『立つ鳥跡を濁さず』のことわざのように、見苦しくないような挨拶をしましょう。あくまでもネガティブにならない挨拶を一言伝えましょう。

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれの立場があります。お金を頂くことは大変なことです。仕事は楽なものではありません。仕事をさせていただけること自体が有り難いことなのです。入って最初の更新を断る理由は何でしょうか?契約期間が終了と割り切れるものなのでしょうか?今の仕事のシステムはそんなに簡単に雇ったり辞めたりできるのでしょうか?

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。その数も年々増えてきています。女性が警察官になろうと思った場合、心配なのは体力面ですよね。警察官にはどのくらいの体力が必要になるのでしょう? 調べてみました。

日本で行方不明になっている子供について

日本では行方不明になっている子供が5000人以上いるといわれています。そしてこの数は毎年増えていっているのが現状です。今回は日本で行方不明になっている子供たちについて調べました。

賃貸契約のキャンセルはいつまで大丈夫?入居前のキャンセルについて

賃貸の契約をしていざ新生活を始めようとしたら思わぬ理由でキャンセルに!といった事態が起こる場合もありますね。この場合キャンセルは受け付けてもらえるのでしょうか?また契約時に払ったお金などは返金してもらえるのでしょうか?

日本の農業~問題と解決策まとめ~

農業の将来性が不安視される中、今までの仕事を辞めて、新しく農業を始めようとする(就農)人々がいます。今、日本の農業にどのような問題が起こっているのでしょうか。その問題に対して、現在どのような解決策を出そうとしているのでしょうか。気になるポイントをまとめました。

ホテルのフロントのバイトはやりがいがある

ホテルの顔といえるフロントの仕事です。お客様からの様々なニーズにこたえなければなりません。観光のお客様はアクセスや意見を求められることも多々あるでしょう。内部の仕事以外に対応しているので、コミュニケーションスキルが磨かれることでしょう。

旅行会社への就職が人気!?旅行会社ってどんな仕事?

ここ最近の大学生が就職したい企業で人気があるのは旅行会社のようです。旅行会社へ就職した場合はどのような仕事が待っているのでしょうか?また旅行会社への就職に向いている人はどのような人なのでしょうか。

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作業の繰り返しになりがちです。そんな単調な作業こそ効率的に行いたいですね。今回は事務の仕事を効率的にするポイントを調べました。

採用の辞退を電話で行う為のルール

採用されるということはどのような意味合いがあるのでしょう。折角採用されたのにもかかわらず、第一志望でなかったということもありますね。保留にするのか受諾にするのか決めかねるでしょう。辞退をする場合は誠意をもって電話をしましょう。例題で内容を確認しましょう。

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありません。苗字を変えるには手続きをする必要があります。また再婚をした場合は、子供の苗字はどう変わるのでしょうか?今回は離婚・再婚時の子供の苗字について調べました。

株を始めるための口座開設♪審査が通らない理由は!

株をはじめようとお考えの方、まずは証券会社に口座を開設する必要があります。誰でも開設できるわけではなく、クレジットカードと同様に審査があるのですが、どのような人が審査に通らないのでしょうか?無職の人はどうなのでしょうか?まとめました。

現代の学校の問題点は何でしょう?

現代の学校の教育の問題点は、ゆとり教育と言いながら、体験できる事が少ないことです。詰め込みによる暗記は熟と同じで新たな発想を生み出しません。頭にインプットする前に受け入れられる心のゆとりや、思考する頭のスペースが必要でしょう。

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は男性の割合も増えてきているようです。なぜ介護の仕事につく男性は少ないのでしょうか?実際男性にとって、介護の仕事を長く続けるのは大変なようです。

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどのような仕事をしてるのでしょうか?また准教授になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は准教授の年齢と年収も調べましたので合わせて紹介します。

自動車の営業☆仕事内容はこうだ!

私たちは車を買う時、販売店に行き実際に見て、話を聞いて、試乗して決めますよね。販売店で働く営業の方々は、接客だけが仕事ではありません。私たちが知らないお仕事の内容とは?仕事内容や、実際に働いている方のお話をまとめました!

退職したら年金の支払いはどうなる?扶養に入る場合

結婚をすると女性は仕事を退職したりすることがありますね。夫の扶養に入る場合は年金の支払いはどうなるのでしょうか。今回は退職後に扶養に入った場合の年金の支払いについてしらべました。

親を自分の扶養に入れることができる年金額は?

親が年金をもらっている場合は、年金額によっては自分の扶養に入ってもらうことで、所得税や健康保険の面で節約できる場合があるようです。今回は親を扶養する場合の親の年金額について調べました。

人気の資格!簿記検定2級3級の合格率は?

簿記の資格は、就職・転職に活かせる資格として人気です。経理や総務の仕事だけでなく、会計士や税理士の仕事をする上では必須の知識だとも言われています。そんな資格検定の難易度や合格率などについてまとめました。

労働基準監督署とは?

労働基準監督署とは

もしも会社から不当な扱いを受けて、それが労働法違反だと判ったらどうすれば良いのでしょうか?
証拠集めや会社との交渉自体は自分自身で行う必要がありますが、やはり公的機関のバックアップは欲しいところです。

労働基準法に関する公的機関と言えば労働基準監督署。
泥棒の被害にあったら警察へ行くように、火事が起きたら消防署に行くように、労働法違反についての相談なら労働基準監督署へ相談に行きましょう。

労働基準監督署の役割

労働基準監督署とは、劣悪な条件での労働やサービス残業など、労働基準法が著しく守られていない会社を監視・指導するための公的機関、つまりは労働法に関する事柄を扱う警察みたいなもの、と考えるとイメージしやすいでしょうか。

この労働基準監督署の監督官は司法警察官の権限を持っていて、法律違反と判断した場合には是正のための指導や調査、悪質な場合は強制捜査や逮捕のを行うことも可能です。

引用元-労働基準法違反を許すな!

スポンサーリンク

  人気記事

労働基準監督署への相談方法は?

労働基準監督署への相談方法

大きくいえば、
・電話
・メール
・FAX
・訪問
といったような方法での相談の仕方があります。

ちょっと相談したいことがある、確認したいことがあるという程度であれば電話が一番おすすめです。
都市部の労働基準監督署では担当者も多いので取次がちょっと大変なこともありますが、用件さえしっかりと伝えることができれば担当者にすぐに取次してもらえます。

しかし深刻な相談や、違法が疑われるような調査も期待したいという場合には基本的に訪問しかないと思います。

労働基準監督署に一般の労働者の方であまり慣れているような方はいないと思いますし、私も今の仕事をしてはじめて労基署に行くようになりましたが、最初は勇気もいるものです。

引用元-労働問題相談室

電話などで相談する前に気を付けることは?

<1>相談内容が労働基準法に則して判断できるかどうか。

労働基準監督署は、先述のとおり労働基準法を著しく守れていない企業を監視・指導する機関。
つまり、労働基準法に則して判断できる内容でなければ、返答することは難しいのです。
「とりあえず相談してみよう」ではなく、相談したい内容が労働基準法の範疇かどうかを確認することが大切です。

<2>労働基準法を違反しているという明確な証拠があるかどうか。

労働基準監督署が労働基準法違反かどうかを判断するためには、明確な証拠が必要です。
時間外手当の件で相談した際に、まず自身で会社に請求することを依頼されるのも法律違反をしていると判断できるだけの明確な証拠がないからだといえるでしょう。
その場合は、「会社へ請求する⇒労働基準法で定められた賃金が支払われない⇒労働基準法違反」というフローをメール文面や音声データなどで記録しておくことが求められます。第三者が客観的に判断できるものが必要なのです。
もちろん、証拠がないと相談に乗ってもらえないというわけではありません。
どのような対応をすればいいのかわからないという場合は、的確なアドバイスをしてくれるはずです。
大事なのは、丸投げするのではなく、労働基準監督署が労働基準法を違反しているということを判断できるように下準備をするということ。

引用元-エン転職

労働基準監督署は労働基準法に書いてあること以外は口を出せない

労働基準監督署は労働基準法にハッキリ書いてあること以外は口出ししない

労働基準法にはっきり書いてあることとは何でしょうか?基本的なこととしてはざっくり次のようなものです。

・雇入れのときの労働条件の明示
・会社が働かせてもいい労働時間の上限(1日、1週)
・1日の労働の開始時刻と終了時刻
・会社が、その法律の上限を超えて働かせてもいいさらに上限の労働時間と手続き
・会社が与えなければいけない休日数(週1日または4週4日)
・会社が与えなければいけない休憩時間(6時間超えは45分、8時間超えは1時間)
・有給休暇の権利が発生する要件と日数
・労災保険給付などに使う平均賃金の計算の仕方
・労災申請で必要なもの(何があったほうがいいかは業務範囲外)
・賃金のルール(締日、支払日、計算期間、支払方法、全額支払う)
・法定外労働に対する割増賃金(法定時間外労働、深夜、法定休日に対する賃金)
・最低賃金
・解雇予告期間と解雇予告手当のルール
・年少者(未成年者、18歳未満、15歳要件)
・産前産後の就労
・安全衛生管理(健康診断、有害・危険な業務など)etc・・・・

以上のことについて労働基準監督署は、労働基準法に明確に書いているので、行政の立場から助言などができる、いわゆる労基署の業務裁量の範囲内の事項と考えられます。
しかし、業務裁量の範囲はさほど広くはないようです。
労基署は国です、つまり、国は民事不介入ですから、職務上の業務権限として介入できる範囲に限界があります。

引用元-埼玉労働問題相談所・春日部【労働者の労働相談】

ブラック企業に就職してしまったら

ブラック企業という言葉が浸透して、かなりの日が経ったが、以前のような搾取し続けたり、パワハラ・セクハラ当たり前のブラック企業は目立たなくなったと言われる。
代わりに、保険の未加入や賃金の巧妙なカット、試用期間で雇用した社員を解雇を繰り返すことで、人件費を削減しながら会社を維持させるなどといった、社会の批判の矢面には立ちにくい形で法令違反を繰り返す「隠れブラック企業」が増えている。

こういった企業に入ってしまった場合、労働基準監督署などに相談するのも一つの方法だが、退職を前提に会社と徹底的に闘う方法もある。
また、労働組合を使って、おかしなところを是正させて会社に居残る方法もある。

厚生労働省は、ブラック企業の疑いがある企業について厳しい捜査を行うことを明言した。
これからは、ブラック企業に対して、さらに厳しい対応が行われるようになるだろう。

とはいえ、もはや、1億総ブラック企業と言っても過言ではないような時代になりつつあるから、会社から不法に搾取されないことを意識するべきだ。
そして、快適に働く方法と環境づくりを自分たちで行えるように知識を蓄えることが、自衛のために不可欠になるのではないだろうか。

引用元-ガジェット通信

ほっとラインの開設で電話相談は無料で夜間休日も可能に

厚生労働省は2014年9月1日から、夜間や休日に電話で無料の労働相談を受け付ける「労働条件相談ほっとライン」を開設する。
違法な時間外労働・過重労働による健康障害・賃金不払い残業などの労働基準関係法令に関する問題について、弁護士や社会保険労務士など労働問題に詳しい相談員が対応し、法令・裁判例などの説明や各関係機関の紹介などを行う。

日中の相談受付は、各都道府県の労働基準監督署や労働局にある「総合労働相談コーナー」で行っているが、仕事が終わった夜間や土日にも窓口を設け、ブラック企業対策を充実させる狙いだ。
電話相談は、労働者・使用者にかかわらず誰でも無料で、全国どこからでも利用できるようになっている。

引用元-企業法務ナビ

まとめ
労働基準監督署は電話でも相談できるので職場がおかしいと思ったら相談してみるといいかもしれません。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済