ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

      2016/10/23

 - 美容・健康

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

顔が大きい事は女性のコンプレックス?

日本人は骨格の関係で、西洋人よりも顔が大きいです。女性は小顔に憧れますが、仕方がないとあきらめてはいませんか?実は顔が大きい原因は骨格だけではなさそうです。マッサージや顔の体操で小顔になるようです。ぜひ、試してみてください。

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

膝が痛い場合は病院の何科へいけばいい?

運動などをした後に膝が痛くなることがありますね。長引く場合は病院の何科へ行けばいいのでしょうか?また膝が痛い場合はどのような原因でなるのでしょうか?今回は膝の痛みについて調べました。

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思っていたら、70歳で80%の人に症状があるそうです。食生活が欧米化になり、発症が増えるらしいですが、本当の原因は不明です。しかし、予防方法はありますので、手術に至る前に、是非試されることをお勧めします。

筋トレ後にプロテインの摂取無しだと筋肉はどうなりますか?

筋トレにはプロテインが必要だと言われています。摂取無しだとどうなるのでしょう?筋肉は傷んでしまうのでしょうか。プロテインがどんな働きをするのかを知り、補助的でかつ有効的な摂取の仕方を学びましょう。あくまでも筋肉を作るのは基本的な食事の摂り方にあります。

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる?と思いますよね?運動しても、消費されるカロリーはとても少ないのです。それは摂取カロリーの問題です。大切なことは、筋肉量を減らさずに、脂肪を燃焼させること。運動だけでなく、食べるものを気を付けてください。

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのような関係なのでしょうか?血圧が上がると脈拍には影響があるのでしょうか?今回は血圧と脈拍の関係とそのメカニズムについて調べました。

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もいたのではないでしょうか。受験生のストレスの症状はどのようなものなのでしょうか。今回は受験生のストレスの症状とその対処法について調べました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

頭痛の種類とは

(1)一次性頭痛

代表的な一次性頭痛は、「緊張型頭痛」、「片頭痛」、「群発性頭痛」の3つです。

・緊張型頭痛
最も多く見られる一次性頭痛です。年齢や性別を問わず誰もが発症する可能性のある頭痛です。ストレスや長時間のデスクワークなどによって、同じ姿勢を続けたことで血行が悪くなり、首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こります。
後頭部を中心に頭全体が締めつけられるような重苦しい痛みが特徴です。

・片頭痛
何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起こります。血管が拡張することで周辺の三叉神経を刺激し、それによって発生する炎症物質がさらに血管を拡張して発症します。
寝過ぎや寝不足、女性ホルモンの変動、疲労、光や音などの強い刺激も片頭痛の誘因と考えられています。
ズキズキと脈を打つような強い痛みで、時に吐き気などを伴います。頭や身体を動かすと頭に響きさらにひどくなる傾向があります。

・群発性頭痛
20~40代男性に多く見られ、患者は現在約1,000人に1人とほかの頭痛に比べて多くはありませんが、その痛みは強烈といわれています。原因はまだ解明されていない部分もありますが、目の奥にある内頸動脈が何らかの原因で拡張して発症すると考えられています。
季節の変わり目に年1~2回程度、1~2カ月の間、毎日夜中から朝方にかけて片方の目の奥がえぐられるような激痛が15分~3時間程度も継続します。片頭痛とは違ってじっとしていられず、壁に頭を打ちつけたり、頭を殴りたくなるような衝動に駆られるなど、激しい行動を伴います。

引用元-頭痛.com

スポンサーリンク

  人気記事

頭痛の症状から病院の何科にかかるか考える

ケース1.突発的な激しい痛み

ある日突然、我慢できないほどの激しい痛みに襲われた場合は注意が必要です。
脳腫瘍や脳出血、クモ膜下出血などの命に関わる病気の可能性があります。

主な症状には以下のものがあります。
・今までに経験したことのないような激しい痛み
・手足の痺れ
・片側の麻痺
・言語障害

命に関わる病気なので、安全を確保した後すぐに救急車を呼んでください。一刻も早く治療を受ける必要があります。初
期段階でも軽い頭痛や痺れが現れるのでその段階で気づけるのが望ましいです。

ケース2.内科で検査しても原因が分からない頭痛

頭痛を始めとした諸症状や精神的な不安が続いていて、検査をしてもその原因が特定できない場合は「自律神経失調症」の可能性があります。
主な症状には以下のものがあります。
・軽い頭痛
・手足の痺れ
・動悸、息切れ
・不安感

自律神経失調症の症状に頭痛があることは意外と知られていないのではないでしょうか?原因不明の頭痛に加えて、体調不良や心の不安を感じている場合は注意が必要です。
まずは何か他の病気が隠れていないかチェックする為に内科を受診しましょう。
原因が特定できない場合は、次に心療内科等の受診をお勧めします。
最初に受診した内科で専門医や他の病院を紹介してくれる場合が多いと思います。

引用元-健康生活

病院の何科にかかればいいかわからない場合は

内科

まずは内科医、しかもかかりつけの病院をお勧めします。
あなたの病歴やいつもの状態記録のある医師がいるのなら診てもらいましょう。
風邪や体調不良なのか、何科なのか、他の専門医の紹介が必要なのか判断してもらえます。ここでは問診が主になってきます。

顔見知りの医師であれば気心も知れている場合が多く、白衣を見てストレスから更に頭痛がひどくなることはないと思います。

頭痛で苦しい時に新しい病院を探していくのも頭痛の種になります。
実際、白衣を見て血圧が上がることはよく知られています。
ただでさえ痛いときに一気に血流が上がると痛みは激増します。
安心して受診できる「かかりつけ医」に恵まれることは大きなメリットを生みます。

引用元-Hapila

神経内科や脳神経外科でもOK

神経内科・脳神経外科

近くに頭痛専門医も頭痛外来もないという人は、神経内科や脳神経外科に行くのをお勧めするわ。
頭痛外来ができるまでは、頭痛の治療を担当していたのは神経内科や脳神経外科だったの。だから、治療についての知識や技術は持っているわ。
神経内科や脳神経外科を受診して、必要に応じて他の科を紹介されることがあるわ。

たとえば、ストレスが原因になっている場合や、うつ病の症状で頭痛が現れている場合は精神科を紹介されることになるわ。
痛みがあまりにも強い時は、ペインクリニックを紹介されることもあるわね。

引用元-Dr.komakoのおんなのよろず診療所

頭痛専門の頭痛外来がある病院も

頭痛外来とは

多くの慢性頭痛をもった人は、1度も診察を受けたことがない・自己判断で鎮痛薬を使用している・服用量が多い・適切な治療が受けられていないといった実情があります。

そこで日本頭痛学会では2005年から頭痛専門医の認定を始め、頭痛外来が開設され始めました。

頭痛外来では、このような認定を受けた頭痛専門医が慢性頭痛に悩む人に対して、診察・検査・診断を行い、それがどのような頭痛なのか、どのような治療が適切かなどを判断し、薬の処方や様々な治療法、日常生活上の注意点などの改善・アドバイスなどの提供を行います。

引用元- いしゃまち

まとめ
頭痛は緊急性が高い病気の場合もあるので経験したことがない激しい痛みを感じたら速やかに受診しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康