ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

喘息の症状は息苦しいのが辛い

      2016/10/23

 - 美容・健康

季節の変わり目になると咳や痰、息苦しいといった症状ががでてくる喘息。子供の病気だと思っている人も多いでしょう。ですが、成人してから急に発症するということがかなり多くなっています。そこで喘息の症状について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。この半月板を損傷した場合は手術になることもあります。半月板損傷手術の場合は麻酔はどうなるのでしょうか?今回は半月板損傷の手術について調べました。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンをよく利用するので目の疲れかな?と思っていたら実はとんでもない病気の場合もあるようです。今回は目の奥が痛いときの‌原因について調べました。

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

頭が重い、ふらふらする…原因は?

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

太ももの筋肉をつけると脚は太くなる?細くなる?

太ももはいくつもの筋肉に囲まれています。普段一番使うのは前側の筋肉です。ここに筋肉をつけると脚は太くなります。女性がほっそり美しい脚にするためにつける筋肉は他のところです。筋肉をつけるのは、何が目的なのでしょう?

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

アスペルガー症候群診断、子供は病院の何科を受診すればいいの?

アスペルガー症候群と聞くと不安になりますが、気になったら早めに相談をして理解を深めていくことも大切です。大人であれば、自分と周りが違うことに気が付くこともできますが、子供は「わがまま」や「自分勝手」など友達だけではなく学校の先生にまで誤解されてしまいます。では、アスペルガー症候群の診断は病院の何科ですればいいのでしょうか?ほかに相談できるところがあるのでしょうか?調べてみました。

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの思いで、縮毛矯正をしたものの、その後のケアは、あまりよくわからない人も多いかと思いますが、実は、セルフケア次第で、長持ちさせることができるんです。シャンプーを始め、ゴムで束ねる、ピン止め、耳にかけるのはいつから良いのか?縮毛矯正後の素朴な疑問に答えます。

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新しています。そのため熱中症で病院に運ばれる人の数も多くなっていますね。熱中症対策のグッズも数多く出ています。その中でも保冷剤は熱中症対策にいいようです。

デコルテをきれいに見せたい!毛穴のケアはどうする?

デコルテは夏など薄着になる季節には綺麗に見せたいですね。それなのにデコルテの毛穴が目立つ場合はどうケアしたらいいのでしょうか?今回はデコルテのケアの仕方について調べました。

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

朝起きると体が硬い!原因と対処法は?

朝体が硬くてなかなか起きられないといったことを経験したことがある人は多いのではないでしょうか?しっかり寝たのに体が硬い原因とは何なのでしょうか?今回は朝、体が硬い時の原因と対処法を調べました。

喘息の特徴的な症状は咳、痰、息苦しい

要チェックの喘息症状

・呼吸が苦しい、特に息を吐くときが苦しい
・激しく咳き込む
・喉や胸から「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」と音がする
・粘り気のある痰が出る
・痰が大量に出る
・胸が痛む、胸苦しい
・息切れがする
・喉や胸の辺りに不快感や違和感がある
・?息をすると喉や鎖骨のあたりがへこむ
・就寝時に息苦しさ、胸苦しさを感じることがある

引用元-喘息と喉痛.COM

スポンサーリンク

  人気記事

喘息発作の原因

喘息の方の気道は炎症により敏感になっているため、わずかな刺激でも発作がおこります。 刺激となるもの(誘因)は、ダニやホコリなど吸い込むとアレルギー反応をおこす「アレルゲン」と、タバコの煙などのアレルゲン以外のものがあり、さまざまです。実際にはどれかひとつではなく、いくつかの誘因が絡み合って発作がおこります。これらの誘因をできるだけ遠ざけることが発作の予防になります。

引用元-チェンジ喘息!

喘息を悪化させないためには

増悪因子を取り除き、しっかりと自己管理を例え発作が起きていなくても、日ごろからピークフローを用いて自分の気道の状態を知るようにしたり、薬を続けて良好な状態を保つようなコントロールが必要です。生活環境や生活習慣も次のような点に気をつけましょう。

●床はほこりを取り除きやすいフローリングが好ましく、こまめに掃除機をかけ、3~4日に1回は、一畳あたり30秒ほどかけて丁寧に拭き掃除をする。
●ダニなどが発生しやすいカーペットや布製のソファ、ぬいぐるみなどは避ける。
●寝具は、ダニが通過できない高密度繊維のカバーやシーツで覆うのが効果的。それができない場合には1週間に1回、カバーをはずして寝具の両面に丁寧に掃除機をかける。
●枕は洗える素材のものを選び、カバー、シーツ、タオルケット、毛布など、こまめに洗濯。
●室内ではペットを飼わない。それができない場合は、ペットのシャンプーと十分な掃除や換気を行う。
●かぜをひかないように、人混みを避け、うがいや手洗いをし、予防接種を受ける。
●過労やストレスを軽減するために十分な睡眠と休養をとる。
●禁煙する。患者はもちろん、周りの人も同じ室内では吸わないなどの配慮を。ぜんそくは、種々の増悪因子や症状があるので、病気の特徴と治療の意味を患者自身がよく理解し、長い将来を考えて治療を頑張っていくことが大切です。

引用元-佐野虎ノ門クリニック

喘息症状の息苦しさをやわらげる工夫

楽な姿勢で休もう

発作が軽いときには、我慢や無理をするのではなく、ちょっと休憩を取りながら薬を使って様子をみていきます。休むときには、仰向けの姿勢ではかえって呼吸が苦しくなり、咳き込んでしまうことがあります。上体はやや起こすようにして、えり元や下着などをゆるめると呼吸が楽になります。

水分をとる

痰が増えてくると、気道が狭くなって呼吸も苦しくなります。痰をきれやすくするためには、水分を多めにとるように心がけましょう。水の他にも、お茶でも大丈夫です。子どもの場合は、飲みやすいジュースなどでもかまいません。ただし、冷たすぎる飲み物や、コーラ、サイダーなどの刺激の強い炭酸飲料は避けるようにしましょう。かえってのどの粘膜を痛めることがあります。

引用元-ぜんそくでの息苦しさをやわらげる工夫

喘息に似た症状の主な病気

急性細気管支炎

細気管支炎は、「RSウイルス」を主とする急性ウイルスが、気道に感染することで起こります。生まれて1年半未満の乳児が感染し、呼吸困難や喘鳴など喘息症状に似た症状が出ます。治療法は、酸素や水分を十分に補給することで、ほとんどの場合治まります。

アトピー咳嗽(あとぴーがいそう)

咳喘息と同様、痰や呼吸困難、喘鳴がなく、咳が長時間続く病気です。のどや気管に掻痒感をともないます。咳喘息との違いは、気管支拡張薬は効果がない一方で、抗ヒスタミン剤が効果的であることです。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

この病気の主な原因は喫煙であるといわれており、気道の炎症、または肺胞(肺の中の袋状の組織)が壊されることが原因で呼吸がスムーズに行えなくなる病気です。喘息は安静時にも発作が起こりますが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合、身体を動かしたときに息が苦しくなります。

引用元-ヘルスケア大学

まとめ
喘息の主な症状である、咳、痰、息苦しい。ほっておくとどんどん悪化します。喘息は発症するとなかなか治らないようです。風邪や花粉症から発症することがあるので、咳が長引いているようでしたら、早めに専門家のいる病院で検査しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康