ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

      2016/10/25

 - 美容・健康

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思っていたら、70歳で80%の人に症状があるそうです。食生活が欧米化になり、発症が増えるらしいですが、本当の原因は不明です。しかし、予防方法はありますので、手術に至る前に、是非試されることをお勧めします。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主に口の周りにできたりしますが、痛痒いしみっともないし、イヤですよね。しかも治ってもまた再発するし…なんとかならないの?ということで、当記事では食事によるヘルペスの対処法を調べてみました。

排卵日とは?検査は病院でするべき?

排卵日とは女性に月に一度はあるもので、妊娠をしたい場合は重要な日になります。排卵日を調べるには自分でする方法と、病院で検査をする方法があります。その両方のやり方について調べました。

胃痛に加えて吐き気まで!病院へはいくべき?

ストレスなどで胃痛を起こした経験がある人は多いのではないでしょうか?胃痛に加えて吐き気がある場合はどのような病気なのでしょうか?また病院へはすぐに行った方がいいのでしょうか?今回は胃痛と吐き気がある場合について調べました。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

喘息の症状は息苦しいのが辛い

季節の変わり目になると咳や痰、息苦しいといった症状ががでてくる喘息。子供の病気だと思っている人も多いでしょう。ですが、成人してから急に発症するということがかなり多くなっています。そこで喘息の症状について調べてみました。

部屋の掃除をするとくしゃみが出ますか?

部屋の掃除をした時にくしゃみは出ますか?困ったことですが、くしゃみや鼻水は必要があって出るのです。体の機能が正常ということです。しかし、辛いですから防御したいですね。掃除の仕方を工夫して、症状を軽減させましょう。

寝る間にに体重は減る?

ダイエットをしている人はたくさんいると思います。けど、なかなか食事制限や運動・・・続かないですよね。ストレスにもなります。ところで、寝ている間に体重が減っているのは知っていますか?寝る間になぜ体重は減るのか、寝ててもダイエットすることができるのか、詳しく調べてみました。

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

食べ物と健康と美容

食べ物は私たちの健康に密接に関係しています。それは単純に私たちの体は、私たちが食べたものからできているからです。さらに私たちの体はミネラルやビタミンなどの栄養素によって、体の機能を動かして生きているのです。体はアミノ酸を材料にタンパク質が合成されます。その際にもミネラルやビタミンの働きが必要です。(タンパク質を摂取してもそのままタンパク質にはなりません)

体内の細胞膜やホルモンには油分が必要です。ですから、栄養のバランスが崩れると、私たちの体はきちんと作られません。きちんと働いてくれません。だから健康に影響するのです。栄養が足りない、栄養バランスが悪いという事は、体がきちんと作られない、体の機能がきひんと働かないという事です。これは健康だけではなく、美容、勉強、スポーツにも影響してくることです。肌のトラブルでお悩みの方、勉強やスポーツでよりよい結果を残したい方は、体が健康であることがとても大切です。また、女性の場合、お母さんの栄養状態が子供に影響しますので、赤ちゃんの健康のためにはお母さんの栄養バランスがとても大切です。

引用元-ナチュラルウェブ

スポンサーリンク

  人気記事

まずはバランスの取れた食事を

バランスのとれた食事

栄養バランスのとれた食事とは、ごはんなど穀類の「主食」を基本に、肉や魚、卵、大豆などのたんぱく質主体のメーンのおかず「主菜」、たっぷりの野菜、きのこ、海藻などの「副菜」、そして「汁物」を組み合わせた和定食が理想的です。そして、一日の必要摂取量を意識して、カロリーをとりすぎない工夫をすれば、ほぼ完璧です。

バランスを揃えるポイント

理想のバランスに揃える簡単なコツとして、まず、食卓に3色の食材を揃えるようにしてみましょう。3色とは、
・ごはん、パン、麺類などの主食となる、糖質中心の「黄」
・肉、魚、卵、大豆などメーンのおかずとなる、たんぱく質中心の「赤」
・野菜、きのこ、海藻などの副菜となる「緑」とまずは簡単に覚えましょう。

引用元-TANITA健康の作り方

知ってますか「まごわやさしい」

健康によい食事は「まごわやさしい」と言われます。杏林予防医学研究所の山田豊文先生の提案したものです。まごわやさしいとは下記のような食事です。

ま 大豆、あずきなど豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取に
ご ゴマ ナッツ クルミ アーモンドのこと。不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取に
わ わかめ コンブ のりなどのこと。ヨード、カルシウムの摂取に
や 野菜、根菜のこと。ベータカロチン、ビタミンCの摂取に
さ 魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取に
し しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取に
い じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取に

まごわやさしい食事は体に必要な栄養をバランスよく、体に負担をかけずに摂取できます。肌荒れや乾燥肌の方にもお勧めです。肌の形成にもさまざまな栄養素がバランスよく必要だからです。

引用元-ナチュラルウェブ

摂りすぎに注意するものは

脂質は、とりすぎると肥満、メタボリックシンドローム、糖尿病などの生活習慣病の原因になります。特に不飽和脂肪酸は冠動脈疾患のリスクを増加させることが懸念されています。 揚げ物や脂っこいものばかり食べない、サラダ油やバター、マーガリンなどの「見えるあぶら」だけでなく、お菓子、肉、魚などに含まれる「見えないあぶら」もとりすぎないなど、注意しましょう。また、脂質同様に注意したいのが食塩でとりすぎると、高血圧になりやすくなることが知られています。一日にとる量は、成人の男性は8グラム未満、女性は7グラム未満がよいといわれています。塩辛い食品を控える、麺類の汁を残す、味付けに香辛料や酢、かんきつ類などを上手に利用するなど、塩分をとりすぎないよう工夫してみましょう。

引用元-食と健康の総合サイト

旬の野菜が効率のいい食べ物

春の野菜
アスパラガス、新タマネギなど。デトックス効果が高く、冬の季節に溜め込んだ毒素を排出する働きがあります。

夏の野菜
トマト、キュウリなど。身体を冷やす効果があり、ほてった身体を冷ませてくれます。とても理にかなっています。

秋の野菜
さつまいも、カボチャなど。甘味と旨味を多く含みます。

冬の野菜
大根、カブなど。根菜類が多く、身体を温めてくれます。

引用元-暮らしを彩るふかよい話

健康にも美容にもいい食べ物は納豆

①血栓溶解作用が高い!

血の塊のことを血栓というのですが、血液の粘性がアップすると血栓ができやすくなります。血栓が原因で、脳梗塞が起こることも多いです。納豆に含まれているナットウキナーゼには、血液をサラサラにしてくれる効果があります。薬にすると月額2万円分の効果を、納豆を食べることで得られるのです。

②美肌効果も高い!

納豆には、さまざまなビタミン類が含まれており、中でも美肌づくりに重要な役割を果たすビタミンBが豊富です。このビタミンBが肌の代謝を助けるとともに、ビタミンKは骨粗しょう症の予防に力を発揮してくれます。亜鉛は肌細胞を活性化、イソフラボンは女性ホルモンを安定させ、コンドロイチンが肌のきめを整え、サポニンがナットウキナーゼとともに血液をサラサラにし、タンパク質が筋肉や髪・爪を美しくし、マグネシウムが頭痛やイライラを予防し、ムチンがプルプル肌づくりに一役買うなど、あらゆる美肌効果を期待できるのです!

③いま話題の酵素も豊富!

近年、ダイエットに酵素が役立つとブームを巻き起こしていますが、これも納豆に含まれています。酵素が豊富な納豆を食べることで、美肌作りや健康、ダイエットにも役立つのです。

④便通も改善!

便秘症に悩む女性も多いと思いますが、納豆は食物繊維がたくさん含まれているので、腸内をキレイにしてくれます。結果的に、便秘が改善されるのです。

このように、普通に食べるだけでも、納豆にはさまざまな美容や健康の効果があります。

引用元-ビューティーブログ

まとめ
健康や美容のための食べ物を調べるとたくさんの情報がでてきます。特に食べてはいけないもの、食べた方が良いものを調べるときりがないでしょう。なので基本的なことだけでも意識していくと少しづつ体にいい影響がでてくるのではないでしょうか。

twitterの反応

 - 美容・健康