ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

      2016/10/26

 - 美容・健康

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主に口の周りにできたりしますが、痛痒いしみっともないし、イヤですよね。しかも治ってもまた再発するし…なんとかならないの?ということで、当記事では食事によるヘルペスの対処法を調べてみました。

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱いのは遺伝子と関があり、訓練しても強くなることはありません。また、モンゴロイド特有の現象であることも確認されています。アルコールの分解酵素を日本人な半分は持っていないのです。自分の体質を知りましょう。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

お腹にガスがたまる!痛い時はどうしたらいい?

お腹にガスがたまる経験をしたことがある人は多いでしょう。お腹にガスがたまって、痛い場合はどうしたらいいのでしょうか?今回はお腹にガスがたまる原因と対処法について調べました。

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新しています。そのため熱中症で病院に運ばれる人の数も多くなっていますね。熱中症対策のグッズも数多く出ています。その中でも保冷剤は熱中症対策にいいようです。

太ももの筋肉をつけると脚は太くなる?細くなる?

太ももはいくつもの筋肉に囲まれています。普段一番使うのは前側の筋肉です。ここに筋肉をつけると脚は太くなります。女性がほっそり美しい脚にするためにつける筋肉は他のところです。筋肉をつけるのは、何が目的なのでしょう?

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようです。水でシャワーをするとダイエットだけでなくいろいろな効果もあるといいます。今回は朝に水でシャワーをする効果を調べました。

奥歯の歯茎に穴が!それって親知らずかも・・・

奥歯の歯茎に突然穴が空いてしまった!なんてことになったら不安になりますよね。痛くありませんか?白い歯が見えていませんか?もしかしたら、原因は親知らずかもしれません。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

排卵日とは?検査は病院でするべき?

排卵日とは女性に月に一度はあるもので、妊娠をしたい場合は重要な日になります。排卵日を調べるには自分でする方法と、病院で検査をする方法があります。その両方のやり方について調べました。

卵について

卵とは?

卵は一般的に良く食べられている食品であり日本では主に鶏の卵(鶏卵)の事を言う。

卵を食べる歴史はとても古く日本列島に伝わったのが弥生時代付近であり家畜化されたニワトリが伝来し養鶏文化や知識が流入した事により、鶏卵を食する事が始まったと言われている。

当時は鶏卵とは呼ばれず鶏子と呼ばれており現在は生物学的には卵、食材として玉子という表記が用いられている。

他にも食べられる卵としてカモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ、エミューなどがあげられるが日本ではあまり食する機会も無く、一般的に流通している卵と言えば鶏卵、うずらの卵程度である。

引用元-体調管理の改善方法

スポンサーリンク

  人気記事

卵はたんぱく質が豊富!栄養満点!

良質な動物性タンパク質が豊富で他の栄養も豊富

たんぱく質は三大栄養素の一つであり炭水化物と脂質と共に人間にとってとても重要な栄養素でもあります。

卵にはこのタンパク質が豊富に含まれておりタンパク質を構成するアミノ酸類も豊富にバランスよく含有されているのも注目すべき点でしょう。

筋肉増強や内臓の健全な活動、皮膚組織の形成などに役立つタンパク質をしっかりと取る事は生命上重要であり、卵は簡易的に摂取する事が出来る食材として親しまれている点も理にかなっているわけです。

動物性と植物性のタンパク質がありますが、卵に含まれるのは動物性の物であり大豆などには植物性のタンパク質が豊富に含まれて居ます。

引用元-体調管理の改善方法

卵の黄身と白身の栄養の違いは?

卵は誰でも手軽に手に入れることができて、体内で作ることが出来ない必須アミノ酸を全て含んだ完全栄養食ともいわれている食べ物です。

ちなみに卵の栄養構成はこのようになっています。

卵1個あたり
カロリー:約90kcal タンパク質:約7.5g 脂質:約6.0g 炭水化物:約0.1g

特に卵の白身は、ほぼタンパク質で構成されていて、吸収スピードも早く、よくボディービルダーなどが減量時に卵の白身だけ食べたりしています。

一方卵の黄身はどうなのか?と言うと、最近まで「卵自体は、良質なタンパク質を含んだ食べ物だけど、卵の黄身は食べ過ぎるとコレステロール値が上がりやすいからあまり食べ過ぎない方が良いですよ。」と言われていたんですね。

しかし、今年の2015年5月に日本動脈硬化学会が『元々コレステロール値が高い人ではない限り、コレストロールが多く含まれている食べ物をたくさん食べてもコレステロール値上昇には関係ないですよ』と発表しています。

引用元-“理想の体型”を手に入れる方法

トレーニングの後は黄身少な目で、良質のたんぱく質の摂取を!

サプリメントを必要十分に摂ろうとするとそれなりの出費がかかりますから、なかなか手が出ないという方も多いと思います。
ただ、筋肥大のためには十分なたんぱく質の摂取が基本中の基本です。
お金のかかるサプリメントではなく、日常の食事の中で工夫することで上手にたんぱく質を補給する手を考えましょう。

そこで、私が主に学生時代に実践していたたんぱく質摂取法をご紹介します。
それは、たんぱく源として卵を使うことです。
卵なら10個で200円程度と肉などに比べると安いですからね。
ということで、私は、しっかりとトレーニングした後の食事として、卵を4~5個使ったオムレツを冷凍のミックスベジタブルなどと合わせて作って食べていました。
ただし、黄身は2~3個分だけにとどめて。ここがポイントです。

当時から卵の食べすぎはコレステロールを上げてしまうという認識が一般化されていましたからね。
ただし、この常識は近年の様々な研究によって直接的な影響はなく、これらの認識は間違いであるということも判明してきているようですが。しかし、やはり黄身の食べすぎは良くないようです。

引用元-e-Fitness.jp

効果的に卵のたんぱく質を摂取するには

効果的に卵の栄養成分を摂取するには?

卵は栄養豊富なタンパク源ですが、肉や魚と比べると脂質の割合が多く、栄養バランスを取りながらうまく食べることが難しい食材です。

一食分で30gのタンパク質を摂取したい場合は、卵白だけで8個分の卵が必要です。全卵の場合は4個分で約30gのタンパク質が摂取できます。
卵白のみのカロリーはおよそ140キロカロリー、全卵の場合は320キロカロリーになります。

この様に低カロリーな卵白だけでタンパク質だけを摂取しようとすると、大量の黄身を処分しなければなりません。
黄身の部分にはビタミン、ミネラルその他の栄養素が豊富に含まれています。
効果的に卵の栄養成分を摂取する為には、黄身の部分も一緒に食べることが重要になってきます。

全卵を食べる場合には、その他の食材に含まれる脂質の割合を考慮して脂質を取りすぎないように注意しなければなりません。
タンパク質をすべて卵から摂取しようとすると、どうしても黄身を捨てることになったり、カロリーオーバーになってしまうので、鶏のささみや、ツナの水煮、おからなど他のタンパク源を一緒に摂取することでカロリーをコントロールできます。

引用元-アラサー男子が筋トレとダイエットで人生を変えた話

まとめ
卵の黄身も多めに摂取しても今は問題ないようですね。どうしても気になる人は黄身は少なめに摂取するといいでしょう。

twitterの反応

 - 美容・健康