ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

      2016/10/27

 - 美容・健康

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にとれるからといってパンを食べている人も多いのではないでしょうか?しかしダイエットをするならば朝食のパンは要注意のようです。

頭が重い、ふらふらする…原因は?

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケンジー氏 により考案されました。椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛治療に効果があります。また、、急性の腰痛にも効果があったという報告もあります。マッケンジ法は腰痛持ちの救世主です。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

部屋の掃除をするとくしゃみが出ますか?

部屋の掃除をした時にくしゃみは出ますか?困ったことですが、くしゃみや鼻水は必要があって出るのです。体の機能が正常ということです。しかし、辛いですから防御したいですね。掃除の仕方を工夫して、症状を軽減させましょう。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もいたのではないでしょうか。受験生のストレスの症状はどのようなものなのでしょうか。今回は受験生のストレスの症状とその対処法について調べました。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

子供の視力が低下?!スマホが視力に与える影響とは

今の時代はスマホを持っている人がほとんどですね。中には小学生でも持っている人はいるのではないでしょうか。そんなスマホが子供の視力を低下させているという話を知っていますか?今回はスマホが子供の視力に与える影響について調べました。

風疹は病院で予防接種できる?任意接種の場合

風疹がここ数年は毎年のように流行っていますね。風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに影響があるので注意が必要です。気になる人は病院で予防接種をしましょう。今回は病院で風疹の予防接種を任意で受ける場合を調べました。

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手術となります。胆嚢を摘出した場合の術後の食事などはどうなるのでしょうか?今回は胆石の治療について調べました。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ストレートアイロンはまっすぐにするだけでなく、前髪を流すようにセットすることもできます。今回はストレートアイロンでの前髪セットのコツを調べました。

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主に口の周りにできたりしますが、痛痒いしみっともないし、イヤですよね。しかも治ってもまた再発するし…なんとかならないの?ということで、当記事では食事によるヘルペスの対処法を調べてみました。

二重になりたい!アイプチでしわに?

一重がコンプレックスな女性って多いですね。二重に簡単になれるアイプチって使ったことがある人は結構多いでしょう。でもこのアイプチ、トラブルが多く長期間使っているとまぶたにたるみができたりしわになったりするらしいので調べてみました。

貧血の症状とは

貧血の症状

貧血とは、血液中に含まれる赤血球やヘモグロビンが正常値以下に減ったことによって、身体中に酸素を運搬できなくなり、体内が酸欠状態にあることを言います。

眩暈、動悸・息切れ、朝起きにくい、食欲不振・吐き気、倦怠感、疲労など低血圧と症状が似ている事や女性に多いことから、同一視されやすいものです。

貧血の中で、約90%が鉄不足による鉄欠乏性貧血と言われ、10代~20代の女性に多いと言われています。

その他には、ビタミンが不足することによる貧血や、白血球や血小板が減少することによる貧血、赤血球の寿命が短くなることによる貧血などもあります。
その場合には一般症状とともに、他の症状が伴います。

引用元-よく分かる低血圧

スポンサーリンク

  人気記事

低血圧は貧血の症状と似ている?

低血圧とは?

低血圧とは、ヘモグロビンは正常なものの、心臓が拡張・収縮するときに血管にかかる圧力が小さいために血流が弱くなっている状態を言います。

低血圧自体は病気扱いされず、治療法もありません。
しかし、あまりにも血圧が低いと立ちくらみやめまい、倦怠感、吐き気、頭痛などが起こり、生活に支障をきたしてしまいます。

低血圧の改善方法は、バランスの良い食事を毎日3回きちんと食べること、運動をすることです。
血管を収縮させる薬や自律神経を改善する薬などで治療することもありますが、リスクも伴うため、できるだけ生活習慣によって改善するのが理想です。

引用元-貧血まるわかり

貧血と血圧の関係は?

私たちの体は鉄を吸収するのが苦手!

低血圧になると脳に十分な血液を届けることができず、脳が酸素欠乏を起こす事で、立ちくらみやめまいなど、貧血と似た症状を起こすことがあります。
そのため、貧血と低血圧が混同されやすいともいえます。

低血圧と貧血の違いを確認するには、血液中のヘモグロビン濃度を測定すると一目瞭然です。貧血のほうが明らかに低く、低血圧では正常です。
むしろ貧血になる事で体に備わっている代償作用が働き、心拍数が高くなることで血圧が上がる事があります。

したがって、低血圧の人が貧血になりやすいということはありませんし、逆に貧血だから低血圧になるという事もありません。

引用元-わかりやすい貧血の知識

低血圧や高血圧でも起こりうる貧血とは

高血圧なのに貧血が起こる理由・・・・
それは色々と調べてみたところ「起立性低血圧」が非常に関与している可能性が高いことがわかりました。

「なるほど!・・・・・けど起立性低血圧って何????」っという方もいるかもしれませんので、説明すると、起立性低血圧とは、低血圧の一種で、寝ている状態や座っている状態から急に立ち上がったことがきっかけで、一時的に脳に回る血液の量が減ってしまい、その結果、脳の酸素が不足してしまうために起こる貧血なのです。

このことからも起立性低血圧は、普段の血圧が高血圧だろうが低血圧だろうが起こってしまう貧血なのです。

引用元-36歳医療従事者の高血圧@治療体験記

高血圧の治療薬と起立性低血圧の関係とは?

日本では「高血圧」と医者で診断されたほとんどの人はこの血圧を下げる薬(降圧剤)を処方されているのですが、現在、日本で一番多く出されている血圧の薬(降圧剤)がカルシウム拮抗剤(アムロジン、ノルバスク等)なことが起立性低血圧と非常に関係しているのです。

「え?なんでそれが関係しているの?」っとほとんどの人が思っていると思うので、説明しますと、このカルシウム拮抗剤(アムロジン、ノルバスク等)の効果が「血管拡張作用」だからです。
そもそもカルシウム拮抗剤の本来の目的は、高血圧の人は、血管の内圧が負荷がかかりすぎている状態で、それの状態を放置してしまうと、いずれ血管が限界を迎えて切れてしまうのでそれを防ぐためにカルシウム拮抗剤を飲んで、血管を切れることを防止しているのです。

ですが、人によってはこの効果が効き過ぎてしまって、血管を拡張しすぎてしまったりするのです。
その結果、通常の状態では大丈夫なのですが、いざ急に立ったりした場合に、血管が拡張しすぎていることからうまく心臓より上(主に脳に)血液を運ぶことができなくなってしまうのです。

引用元-36歳医療従事者の高血圧@治療体験記

まとめ
貧血の症状と低血圧の症状が似ているため、貧血と血圧が関係あると思われていますが、この二つは全く関係ないようですね。

twitterの反応

 - 美容・健康