ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

      2016/10/30

 - 美容・健康

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのような関係なのでしょうか?血圧が上がると脈拍には影響があるのでしょうか?今回は血圧と脈拍の関係とそのメカニズムについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこの部分に異常が起こるとどのような症状が出るのでしょうか?また、甲状腺が腫れたりした場合は咳が出たりするのでしょうか?今回は甲状腺について調べました。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

風疹は病院で予防接種できる?任意接種の場合

風疹がここ数年は毎年のように流行っていますね。風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに影響があるので注意が必要です。気になる人は病院で予防接種をしましょう。今回は病院で風疹の予防接種を任意で受ける場合を調べました。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

ヨーグルトと牛乳、どちらが高カロリー?健康に良いのは?

朝食として、デザートとして、手軽なおやつとして。毎日牛乳かヨーグルトを摂っている人も多いと思います。この二つ、どちらかカロリーが高いのでしょうか?また、健康のためにはどちらを摂るのが良いのでしょうか?

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニングをしている人が卵を摂取している姿はよく見かけます。ところで卵の黄身と白身では栄養に違いはあるのでしょうか?今回は卵の栄養について調べました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいですが、豆乳と牛乳って、似ているようで全く違うものなんです!牛乳と豆乳の違いから、カロリー、知って得する豆知識まで。調べてみました。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

脈拍とは

心臓のドキドキのこと

脈拍数とは心臓が収縮と拡張を繰り返す回数のことです。
いわゆる心臓がドキドキしている状態のことですね。
通常は1分間での回数を測定し、その回数を示していきます。
厚生労働省からは、成人の脈拍数の正常値は1分間に約60回から100回と発表されています。あなたの脈拍数はいかがでしょうか?

ただし、この脈拍数は年齢や健康状態によって差が出てくるといわれています。
生まれたての赤ちゃん、新生児が最も回数が多いと言われていて、年齢を重ねるごとに回数は少なくなっていきます。
まずは自分の普段の脈拍数を知っておく、ということが大切かもしれませんね。

脈拍数と心拍数は同じ意味

脈拍数と心拍数、どちらも似た言葉で意味も似ていますよね。何が違うのかな、とわからなくなってしまいそうです。脈拍数は全身の動脈に生じる脈動のことで、心拍数は心臓が血液を送り出す時の拍動のこと、という定義がされています。

ややこしいですが、同じ意味の言葉だととらえて問題ないでしょう。厳密に言えば違うことのようですが、実際には脈拍数と心拍数はほぼ同数値となるようです。一般的には意味は一致しているといえるでしょう。

引用元-WELQ

スポンサーリンク

  人気記事

血圧とは

血圧の働き

私たちのからだのなかには血管が網の目のように走っており、全身の隅々まで血液を送り届けています。
狭い血管のなかに血液を流し、全身の組織へと送り届けるためには、圧力をかける必要があります。

血圧とは、血液が血管内を流れるとき、血管の壁を押し広げようとする力をいいます。
ふつう、”血圧”といった場合には、動脈の血圧を表し、血圧測定では、その圧力により持ち上げられる水銀柱の高さ「mmHg」を単位として用います。

動脈の血圧は、心臓の拍動をエネルギー源としているため、心臓の収縮、拡張にともない上下します。
運動直後など心臓がドキドキとしているときは、平常のときよりも血圧は高くなります。

心臓が収縮するときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)といい、拡張するときを拡張期血圧(最低血圧)といいます。また収縮期と拡張期の血圧の差を脈圧といいます。

また、血圧はからだの部位によって数値が異なります。
心臓(左心室)→胸部大動脈→腹部大動脈と末梢へ進むに従い、最高血圧は上がり、脈圧は大きくなります。これは末梢の細動脈では圧力の波が反射して重なるためです。
さらに末梢に進むと、細動脈は直径が小さいため、血管の抵抗が大きくなり、血圧は急低下します。毛細血管の血圧は17mmHg程度です。

このように血圧はからだの部位によって数値が異なるため、血圧を測定するときは常に決まった部位で測る必要があります。

引用元-低血圧

生命維持に重要な脈拍のメカニズムとは

脈拍(心拍数)とは?

まず1分間に心臓が拍動する回数が心拍数です。
一方、手足の動脈が1分間に拍動する回数を脈拍数といいますが、健常な方では心拍数と一致します。成人の安静時の心拍数は大体60~90回/分位です。
また、一回の心臓拍動によって駆出される血液量を一回拍出量といい、安静時の正常成人では約70 ml。そのため、成人の安静心拍出量は毎分約5Lです。

そしてその血流は
脳:15%
心臓(冠状動脈):5%
腎臓:25%
肝臓(門脈,肝動脈の合計):25%
皮膚、骨、筋:30%
血流配分が臓器に流れます。
これは生命維持に不可欠な栄養と酸素を全身に運搬するために非常に重要なメカニズムです。

引用元-ナースのことわり。

血圧と脈拍の関係

血圧と脈拍は実はとても近い関係にあるのです。
脈が速ければ血圧が高くなっている可能性もあります。
高血圧の方は、自分の脈拍の平均値を知っておいた方が良いかも知れません。

心臓、血圧、そして脈拍が近しい関係なのはなんとなくわかりますよね。
血圧と言う物は、血液の圧迫、心臓から送り出される血液の量、血管の太さによって決まるのです。心拍出量が大きくなれば、血圧は上昇してしまうでしょう。

脈拍が多ければその分血圧は上がってしまいます。
その為、もともと高血圧の方の脈拍が上昇すれば更に高血圧になってしまい、危険な状態になってしまうかも知れないのです。
その為、脈拍が上がるような運動は高血圧の方にお勧めする事は余り出来ません。

例えば、無酸素運動です。ジョギングやウォーキングは有酸素運動として高血圧の方にお勧めされる運動方法でしょう。
例えばウェイトトレーニング等の重たいものを持ち上げる運動は、球に血圧が上がってしまう可能性があります。その為、高血圧の方は極力行わない方が良いでしょう。

また、人によっては病院等の空間で血圧測定をすると高血圧になってしまう方も居るのです。

引用元-血圧と脈拍の関係について

血圧と脈拍のメカニズム

血液は、血管を圧しながら流れています。血管を流れる血液の圧力が「血圧」です。
心臓から血液が押し出されるときの圧力が「上の血圧」で、正常値は130mmHg。心臓が血液をとりこむときの圧力が「下の血圧」で、85mmHgが正常値です。

心臓から血液が押し出されるとき、血管のどこかがつまっていて抵抗があれば、血圧は上がります。
つまっている一部分に血液が集中すると、体の別部分の血液は減っていきます。血流のバランスを保つために、心臓は心拍数を下げて、血圧の調整を行ないます。

この状態で血圧を測ると、血圧は高いのに脈は遅いという結果になります。
血圧が高いから脈も高いとは限らないということです。
脈拍が速くて低血圧というケースもあります。低血圧の場合、脳に向かって酸素を多く送り出す必要があるため、心臓のポンプ運動は速くなります。
低血圧の人の脈に触れると反応が弱く深く沈んでいて、それでいて速いのが特徴です。

血圧が高くて頻脈があり、しかも異常な発汗がある場合は、精密検査を受けましょう。
内分泌系の疾患、腎不全、あるいは褐色細胞腫の疑いがあります。
単純に、脈拍が上がると、血圧も上がります。脈拍に関係なく、寒さで血管が収縮しても、血圧は上がります。

引用元-脈拍と血圧の関係

まとめ
血圧と脈拍は互いに影響し合っているので、どちらかが高い場合は注意が必要ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康