ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

頭が重い、ふらふらする…原因は?

      2016/11/06

 - 美容・健康

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる?と思いますよね?運動しても、消費されるカロリーはとても少ないのです。それは摂取カロリーの問題です。大切なことは、筋肉量を減らさずに、脂肪を燃焼させること。運動だけでなく、食べるものを気を付けてください。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

部屋の掃除をするとくしゃみが出ますか?

部屋の掃除をした時にくしゃみは出ますか?困ったことですが、くしゃみや鼻水は必要があって出るのです。体の機能が正常ということです。しかし、辛いですから防御したいですね。掃除の仕方を工夫して、症状を軽減させましょう。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケンジー氏 により考案されました。椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛治療に効果があります。また、、急性の腰痛にも効果があったという報告もあります。マッケンジ法は腰痛持ちの救世主です。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

女性の理想は身長160㎝で体重は何キロ?

女性にはなりたい体型というものがそれぞれありますね。身長160㎝の場合は理想の体重は何キロなのでしょうか?また、男性が理想に思う女性の体型はどのようなものなのでしょうか?今回は女性の理想の体型について調べました。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

入院時の食事は痩せる?カロリーはどのくらい?

病院に入院した場合は食事は病院側から提供されます。入院時の食事はとても健康的なイメージですが、カロリーはどのくらいで作られているのでしょうか?また病院の食事は痩せるのでしょうか?

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

夏風邪に子供がかかってしまった!食事はどうすればいい?

夏風邪は熱や嘔吐下痢などの症状が出て脱水症状に気を付けないといけません。特に子供は注意が必要です。夏風邪にかかった場合の食事はどのようなものがいいのでしょうか?今回は夏風邪の時の食事について調べました。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

寝る間にに体重は減る?

ダイエットをしている人はたくさんいると思います。けど、なかなか食事制限や運動・・・続かないですよね。ストレスにもなります。ところで、寝ている間に体重が減っているのは知っていますか?寝る間になぜ体重は減るのか、寝ててもダイエットすることができるのか、詳しく調べてみました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

頭が重い原因は睡眠不足?

頭重感をもたらす原因の中でよく見られるのは、睡眠が不足していることです。必要な睡眠時間や最適な睡眠時間は個人によって異なるために一概には言えませんが、1日に眠る時間が5時間や4時間であったりすると、確実に異常が生じてきます。

眠りは肉体に疲労を軽減してリセットするために重要な行為であり、不足すると体に疲労がたまったままになります。疲労がたまれば筋肉が硬直して血管や神経を圧迫し、結果として頭重感という形で症状が現れてきます。眠たくなかったりあくびが出なかったりしても、体の方が睡眠を求めているサインです。

睡眠不足による症状は頭痛薬を飲んでも解決にはならないので、ちゃんと睡眠をとるようにしなければいけません。さらに、1回良く寝ただけでは意味がないので、生活リズムを改善して7時間程度の睡眠をとれるように調整を行うことを意識しましょう。

引用元-ヘルスケアPCKET

スポンサーリンク

  人気記事

眼精疲労のせい?

眼精疲労とは、眼を使う仕事を続けることで、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状が生じた状態のことです。眼の症状だけでなく、頭痛・肩こり・吐き気なども出現します。眼疲れと違い、休息や睡眠をとっても十分に回復せず、日常生活の中でもずっと続くようになります。

目からくる疲労が全身に伝播している場合もありますが、逆に頭重感を生じさせるような原因が目にも異常を生じさせている可能性も考えられます。

いずれにしても目を休ませた方が良いので、パソコン作業では1時間ごとに10分程度の休憩を取ったり、ブルーライトを遮断するフィルムや眼鏡を使用したりするように工夫しましょう。

引用元-ヘルスケアPCKET

頭がふらふらはめまい?

めまいは、大きく分けて二つのタイプがあります。一つは、自分自身がグルグル回っているように感じる「回転性めまい」で、水平方向に回転しているように感じる場合が大半です。エレベーターに乗ったときのように、すーっと下がっていく感じを訴える患者さんもいますが、これは垂直方向への回転性めまいと考えられています。もう一つは「フラフラする」か「グラグラする」タイプの「非回転性めまい」です。

どちらのめまいであっても、同時に吐き気、嘔吐があることも少なくありません。吐き気や嘔吐はめまいにつきものの症状なのです。

専門的には回転性めまいを『めまい』、非回転性めまいを『めまい感』と呼んで、両方を区別しています。しかし『めまい』と『めまい感』では混乱し、話がわかりにくくなるおそれがあります。そこでここでは、めまいを「回転性めまい」、めまい感の方を「フラフラ感」と呼ぶことにします。

回転性めまいは、突然起こって、ある一定期間だけ持続し、その後はまったく消えてしまうのが普通です。

一方、フラフラ感には、回転性めまいと同じように突然起こり一定期間だけ続いた後に完全に消えるタイプと、いつの間にかフラフラするようになって、それが何か月も、何年も続くタイプがあります。

引用元-循環器病情報サービス

首こりからくる場合も

なぜ首こりで頭痛が発生する?

首こりにより頭痛が発生する際のメカニズムは、以下の通りです。
1.首がこる
2.首の筋肉が緊張・収縮する
3.筋肉の中を通っている血管も収縮する
4.血流が悪くなる
5.血管内が酸素不足になり、老廃物が発生
6.さらに血流が悪化し、頭痛が起こる

このように、首の筋肉に凝りが生じることで、首の血流が悪化し、結果的に脳血管の血流も悪化することで緊張型頭痛が引き起こされます。さらに血流が悪化すると、血流障害が起こります。そうなると、血液中の血小板から片頭痛の引き金となるセロトニンが大量に分泌され、片頭痛を引き起こすことになります。

首こりから頭痛が発生していますが、実際は
首こり→(脳の)血管が異常→頭痛になった
という理解で間違いありません。

引用元-頭痛解消の法則

憂鬱症候群の可能性も

頭が重いほか、朝起きるのがつらい、仕事や勉強をやる気がおきないなどのいわゆる無気力状態にあるときは、憂鬱症候群かもしれません。憂鬱症候群は、うつ病ほどひどくはないけれど、一時的なものではない憂鬱な気分がつづくものです。うつ病の初期症状といってもいいでしょう。ココロの風邪といわれるほど、だれもがなるものです。症状は、これといって特定できないカラダとココロの不調としてあらわれます。こんな症状のときは、とにかく疲労をためることはいけません。じゅうぶん休養しましょう。憂鬱症候群から、より症状の重いうつ病への移行には、はっきりとした境界がありません。早めに精神科か心療内科を受診することをおすすめします。

気になる症状については、一人で判断をせず、お近くのクリニックまたは病院で検査をして下さい。専門家の意見や判断をあおぐことをおすすめします。

引用元-健康Salad

薬を飲まずにストレッチ

片頭痛や緊張型頭痛などの慢性頭痛は、肩・首周りの血行不良による肩こりや首筋のコリを伴っていることが多くあります。不自然な姿勢や長時間の同一姿勢、デスクワークや長時間の携帯・ゲームの使用はこのような肩こり・首筋のコリを招く原因となります。そのため、ストレッチやマッサージ、体操などでそのコリをほぐし、肩・首周りの血行不良を改善させるとよいでしょう。

日本頭痛学会では、首周りの筋肉の疲れやコリを体操によって軽減する目的の「頭痛体操」も有効だと述べています。

また、普段から長時間の同一姿勢をとらないよう注意したり、デスクワークなどで疲労がたまりやすい場合は30分に1度ストレッチなどを取り入れるなどの工夫をしてみましょう。

引用元-いしゃまち

まとめ
頭が重い、ふらふらする…という症状はよく起こる人も少なくないですね。ここでは主な原因のみを載せましたが、他にも原因があります。あまりにも酷い場合は総合病院で診療しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康