ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

      2016/11/08

 - 美容・健康

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの思いで、縮毛矯正をしたものの、その後のケアは、あまりよくわからない人も多いかと思いますが、実は、セルフケア次第で、長持ちさせることができるんです。シャンプーを始め、ゴムで束ねる、ピン止め、耳にかけるのはいつから良いのか?縮毛矯正後の素朴な疑問に答えます。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

風疹は病院で予防接種できる?任意接種の場合

風疹がここ数年は毎年のように流行っていますね。風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに影響があるので注意が必要です。気になる人は病院で予防接種をしましょう。今回は病院で風疹の予防接種を任意で受ける場合を調べました。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

腹筋を鍛えたい!効果はいつから?

割れてる腹筋って憧れますよね。でも、腹筋を鍛えるトレーニングはなかなか続かなかったりします。そこで、効果的で簡単な腹筋のやり方といつから効果がででくるのか調べてみました。

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思っていたら、70歳で80%の人に症状があるそうです。食生活が欧米化になり、発症が増えるらしいですが、本当の原因は不明です。しかし、予防方法はありますので、手術に至る前に、是非試されることをお勧めします。

肩の関節が鳴る原因

肩が凝ったなぁと思い、肩を回すと関節が鳴ることはありませんか?肩の関節が鳴るのは、痛みがある場合とない場合があります。問題があるのは痛みを伴う時。放っておくと、深刻な問題になることもあるのです。ここでは、肩の関節が鳴る原因から、ストレッチまでご紹介します。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

タバコを禁煙したい!半年吸わないとどうなる?

健康のためにタバコを禁煙したいと思っている人は多いのではないでしょうか。禁煙はなかなか成功しないこともあるようですが半年間吸わなかったら体に変化はあるのでしょうか?今回は禁煙について調べました。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

入院時の食事は痩せる?カロリーはどのくらい?

病院に入院した場合は食事は病院側から提供されます。入院時の食事はとても健康的なイメージですが、カロリーはどのくらいで作られているのでしょうか?また病院の食事は痩せるのでしょうか?

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。この半月板を損傷した場合は手術になることもあります。半月板損傷手術の場合は麻酔はどうなるのでしょうか?今回は半月板損傷の手術について調べました。

精神科に入院するのはどのような症状か

精神科と聞くとどのようなイメージを持っていますか?精神科に通院したり、精神科に入院する場合はどのような症状が出た時なのでしょうか。今回は精神科に入院する場合の症状について調べました。

肝臓に良い食品を食事で摂りましょう

■椎茸(しいたけ)

椎茸はアレルギー疾患などに効果があります。アレルギー体質といわれているのは、胸線の異常の働きによるものですし、その他ぜんそくなどの各種のアレルギー性疾患、ウィルス性肝炎、肝硬変、ネフローゼ、糸球体肝炎、甲状腺炎、関節リウマチ、内分泌系の諸疾患、カンジタ症ヘルパスなども同様です。椎茸菌糸体の免疫賦活作用は、これらも症状に対して直接胸線に働きかけ、免疫力を高め、強い温存作用も持ち合わせています。この場合は、椎茸菌系体の抽出液を飲むだけで効果があります。「茸源」「茸源神経」などの名前で市販されています。

■小豆(あずき)

薬物で、薬物肝炎または発疹などが出た場合は、漢方療法では赤小豆湯が効くとされています。

■レバー

レバーが肝臓病の予防・治療薬として効果効果的なことはよく知られています。それはレバーに含まれてた成分そのものが、全部といっていいほど肝臓に効果的な働きをするからです。

■もやし

もやしに含まれているビタミンB群は、糖質やタンパク質などをエネルギーに変えることができるので、肝臓病の予防と治療に有効です。ビタミンB群が不足すると、肝臓の機能が低下して、エネルギーの合成の働きも鈍くなり、肝臓障害が起こります。ですから、もやしを食べると良いでしょう。

■クコ

クコの果実、葉、根にすべて含まれているベタインという成分は、肝臓に脂肪がたまるのを防ぎ、肝臓の調子を整える働きをします。

引用元-大阪木津関連卸商組合

スポンサーリンク

  人気記事

食事で腎臓に良い主な食品

魚介、海藻類

かつおやブリ、牡蠣、昆布などの魚介・海藻類は腎臓に良いと言われています。とくに肝臓に良いことで有名なしじみに含まれるオルニチンは、腎臓にも良い影響を与えます。腎障害の改善に有用とされていて、さらにしじみは良質なタンパク質やミネラル、ビタミンなども含んでいるため、腎臓に良いとされています。

肉類

以外にも肉類は腎臓に良いと言われています。食べ過ぎはかえって負担をかけてしまうので注意が必要ですが、タンパク質を摂れるところが魅力です。牛肉に比べて、豚肉や鶏肉の方が適しています。

豆類、大豆食品

豆類も良質なタンパク質を摂れる食品です。利尿作用や解毒作用もあるので、体に良い食品として知られています。肉類もそうですが、食べ過ぎはタンパク質の過剰摂取を起こすことがあるので量には気を付けてください。

引用元-腎臓に良い食べ物・悪い食べ物

肝臓を回復させる主な食事

・イカ、貝類、魚

栄養ドリンクで必ずといっていいほどうたわれている「タウリン」は、肝臓の細胞の回復を促進します。イカ、貝類、魚には、このタウリンが自然の状態で豊富に含まれています。

・ささみ、魚、大豆

肝臓を修理する材料となる、良質なアミノ酸とタンパク質をとることができます。

・青魚、くるみ、えごま油

肝臓の負担になっているのが、コレステロール。青魚、くるみ、えごま油には、コレステロールを排出させる「オメガ3脂肪酸」が豊富に含まれています。このオメガ3脂肪酸は限られた食材にしか豊富には含まれず、常に不足しがちな栄養成分ですので、意識して摂取してみてください。

引用元-その疲れ、肝臓や腎臓が原因かも? 肝腎臓を回復させる食材

腎臓を回復させる主な食事

・果物、野菜

果物や野菜に含まれるカリウムが、身体の水分調整や老廃物の排出を手伝います。これからの季節では、スイカなどがカリウムを多く含む食材の代表格です。

・くるみ、ゴマ

中国医学で「腎精」(腎臓を元気にする)と称されるほど、腎臓の健康に役立つと言われています。腎臓は血液のろ過をする器官ですが、くるみやゴマは血液の流れを良くし、老廃物の排出を促すことで腎臓の回復力を高めます。

・山芋、自然薯、ごぼう、レンコン

根菜や芋類にはカリウムと食物繊維が多く含まれており、この2つの成分が動物性の老廃物を排出する手助けをしてくれます。ただし、腎臓病などでカリウムの摂取制限が必要な場合は、根菜や芋類は避けてください。

引用元-その疲れ、肝臓や腎臓が原因かも? 肝腎臓を回復させる食材

肝臓病の人が避けた方が良い食事

肝臓に良い食事は、肝臓の状態によって変わってきます。肝臓に良い食べ物だからといって、肝臓病の人が食べてしまうと、かえって悪化してしまう栄養素があります。それは「鉄分」です。

C型肝炎・NASHの人は、肝臓にたまった鉄が酸化することで、肝臓の炎症に伴い肝臓に鉄分が沈着しやすくなります。(=鉄過剰)鉄分が多く沈着すると炎症が強くなり、肝臓がんも発生しやすくなります。

例えば、「ウコン」は肝臓に良い食べ物として有名ですが、ウコンには鉄分が多く含まれており、食事の他に鉄を含むウコンを摂取すると摂取量を超えるおそれがあります。
※鉄分がほとんどふくまれていないウコン商品もありますが、鉄分表示をされていないものが多いようです。

引用元-肝臓に良い食べ物|肝臓病の人が避けたほうが良い食べ物

食事以外の腎臓病に良い習慣

腎臓病の予防と改善にはとにかく減塩する

腎臓は毛細血管の集まりですから、血圧が高い状態が続くほど毛細血管が傷み、腎臓の機能が低下します。とにかく減塩を心がけ、腎臓を傷めないようにすることが必要です。

そのためには、食品の成分表示などで記載されている食塩相当量やナトリウム量をもとにして摂取する食塩の量を把握することが大切です。ナトリウム表記の場合は、次の式によって食塩量に換算することができます。

食塩相当量(g)=ナトリウム量(mg)×2.54÷1000
例:ナトリウム量が400mgの場合
400×2.54÷1000=1.016 となりナトリウム400mgが食塩約1gに相当することが分かります。目安になるので覚えておきましょう。

とくに塩分の多い食品の場合、ナトリウム量を「mg」単位ではなく「g」で表記していることも多くみられます。1gのナトリウムは1000mgとなるので、食塩として考えるととても多い量になります。単位表記に気をつけて下さい。

引用元-健康+生活

まとめ
肝臓や腎臓は合併症が怖いですね。食事を管理して予防しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康