ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

      2016/11/17

 - 美容・健康

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

二重になりたい!アイプチでしわに?

一重がコンプレックスな女性って多いですね。二重に簡単になれるアイプチって使ったことがある人は結構多いでしょう。でもこのアイプチ、トラブルが多く長期間使っているとまぶたにたるみができたりしわになったりするらしいので調べてみました。

寝る間にに体重は減る?

ダイエットをしている人はたくさんいると思います。けど、なかなか食事制限や運動・・・続かないですよね。ストレスにもなります。ところで、寝ている間に体重が減っているのは知っていますか?寝る間になぜ体重は減るのか、寝ててもダイエットすることができるのか、詳しく調べてみました。

女性の理想は身長160㎝で体重は何キロ?

女性にはなりたい体型というものがそれぞれありますね。身長160㎝の場合は理想の体重は何キロなのでしょうか?また、男性が理想に思う女性の体型はどのようなものなのでしょうか?今回は女性の理想の体型について調べました。

朝起きると体が硬い!原因と対処法は?

朝体が硬くてなかなか起きられないといったことを経験したことがある人は多いのではないでしょうか?しっかり寝たのに体が硬い原因とは何なのでしょうか?今回は朝、体が硬い時の原因と対処法を調べました。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいですが、豆乳と牛乳って、似ているようで全く違うものなんです!牛乳と豆乳の違いから、カロリー、知って得する豆知識まで。調べてみました。

頭が重い、ふらふらする…原因は?

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には角質が充満しています。足や顔など全身にできる可能性があり、袋内部の腫瘍が大きくなり炎症を起こした場合などは手術が必要になります。今回は粉瘤の手術について調べました。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手術となります。胆嚢を摘出した場合の術後の食事などはどうなるのでしょうか?今回は胆石の治療について調べました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

顔が大きい事は女性のコンプレックス?

日本人は骨格の関係で、西洋人よりも顔が大きいです。女性は小顔に憧れますが、仕方がないとあきらめてはいませんか?実は顔が大きい原因は骨格だけではなさそうです。マッサージや顔の体操で小顔になるようです。ぜひ、試してみてください。

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

髪のトリートメントの役割って知ってる?正しいやり方伝授します

洗い流すタイプや洗い流さないタイプ。最近香りや効果、使い方まで様々な髪のトリートメントを見かけます。ただなんとなく使ってしまったら、間違ったやり方で髪を逆に傷めてしまうかも!美人は髪から作られます。ぜひこの機会に正しいやり方を知っておきましょう。

妊娠中の風邪、その影響は?

妊娠中の時は少し免疫力が低くなっています。従いまして風邪をひくと悪化しやすいので、「風邪気味?」と感じたら早めに対処するのが好ましいです。免疫力が低くなっている理由は、母親と赤ちゃんとでは遺伝子が違うので、体としては赤ちゃんは異物になります。

通常の免疫力だと赤ちゃんを攻撃しかねないので、少し免疫を低くして攻撃しないようにしています。では風邪をひいたら胎児への影響があるのか、症状毎に見てみましょう。

①熱

通常の発熱であれば基本的には影響はないとされています。但し40度以上の高熱が3日以上続いてくると、胎児への影響が懸念されてきます。高熱が出た場合は、すぐにお医者さんに相談して何かしらの対処をする必要があります。ちなみに通常の発熱でも羊水の温度が上昇し、赤ちゃんの負担になっている可能性があるので、やはり早く治してあげたいものです。

②咳

咳も通常の咳では問題ないです。但し激しい咳の場合はお腹に力が入り、早産につながる可能性があります。従いまして、このような時は早めにお医者さんに相談しましょう。

③下痢

下痢もちょっとした下痢は問題ありません。1日に頻繁に下痢をしたり、何日も下痢が続いたりする場合は注意が必要です。腸の動きが活発過ぎるとお腹の張りに繋がり、それが更に子宮への刺激になります。

その刺激によって子宮口が開きやすくなり、早産に繋がる場合もあります。ちょっと下痢が酷いなと感じたら、早めにお医者さんに相談しましょう。

引用元-大阪の整体師が教える体や心の症状改善ブログ

スポンサーリンク

  人気記事

咳や鼻水にに効果的な食品

<大根>

大根には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用があります。特に、大根おろしには、消化を助ける酵素が含まれるので、風邪で弱った胃腸をサポートします。

<生姜>

生姜には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用がるだけでなく、体を温める作用もあります。体を温めることで、免疫力アップに繋がりますので、風邪の回復を早めるだけでなく、風邪予防にもなります。

<はちみつ>

はちみつには、殺菌効果があるので風邪の菌をやつけてくれるでしょう。また、はちみつは喉を潤してくれるので、咳の軽減に役立ちます。そのまま舐めてもいいですし、はちみつ大根を作ったり、生姜湯に入れるのも、お勧めです。

<ビタミンC>

ビタミンCは、免疫力を高めてくれますし、ビタミンAは喉や鼻の粘膜を保護する働きがあります。果物や緑黄色野菜を、意識して取るようにしましょう。

引用元-マタニティライフの情報ブログ

風邪をひかないように予防しよう

その1:人ごみの多い所への外出はさける

妊婦さんの場合、他の人よりも身体の抵抗力が弱っています。人ごみはいろんなウイルスがあり、感染しやすくなっています。なるべくこのような場所には近づかない、どうしても行く必要がある場合は、マスクなどをして予防することが必要です。

その2:うがい、手洗いなどをしっかりとする

うがいは、のどに入ったほこりやウイルスを洗い流してくれます。のどや鼻以外にも手すりなどを触った手にもウイルスがついている事があります。手洗いもしっかり行う事で予防になります。

その3:栄養のある食事と十分な睡眠をとる

栄養が偏った食事や、睡眠がとれていないと疲れやすくなったり、身体の抵抗力がよわってしまいます。妊婦の方は、栄養が胎児の方にいく為よりしっかりとして食事管理が必要になりますし、身体の抵抗力は普通の人より落ちています風邪にかかりやすくなっている身体という事を自覚して、規則正しい生活を送る事が大切です。

その4:身体を冷やさない

妊婦の方は特に体を冷やす事によって胎児にもよくない影響があるといいます。普通の状態でも身体を冷やすと血行が悪くなる、身体の抵抗力が落ちる、風邪をひきやすくなるので身体をひやす事は風邪をひきやすくなります。ご自身の身体と相談しながら、室内温度をコントロールして感染しにくい環境をつくる事も風邪を予防するのに大事です。

引用元-Healthy Lifestyle

辛い時は病院へ行こう

病院を受診する際には、また保険調剤をしてもらう際には、妊娠中であることを必ず告げましょう。妊娠については、医師や薬剤師から「妊娠中ですか?」と聞いてくれることはありません。

初診の際には、病院でも薬局でも細かな問診表やアンケートにて既往歴や症状を記入しますが、2回目以降は簡単な問診表に記入で終わることが多いです。しっかり、自分が妊娠していることを告げるのが前提です。

それによって、医師は妊婦に安全性の高い薬を処方します。念のため、薬の専門家である薬剤師に薬を調剤してもらう際にも「妊娠中ですが、これらの薬を服用しても赤ちゃんに影響は出ませんか?」と聞いてみましょう。

妊娠中でも安全性の高い薬であると回答があったら精神的に気持ちが安定しますが、症状がひどいときには安全性と有効性を比較して医師により症状緩和を優先する処方がなされる場合もあるようです。とにかく、医師にも薬剤師にも妊娠中であることをはっきりと告げるようにすることが大切です。

引用元-welq

病院で処方された薬を服用しよう

病院から処方される風邪薬には東洋医学の分野である葛根湯や小青竜湯などの漢方薬と、西洋医学の分野の総合感冒薬とがあります。総合風邪感冒薬でよく処方されるのは、「ピーエイ」という商品の薬です。

このピーエイは、風邪の感冒薬としてはとてもメジャーですが、妊婦や授乳中の患者さんへの投薬に関しては注意があります。

まず、
①妊婦(12週以内あるいは妊娠末期)又は妊娠している可能性のある婦人には, 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。理由は成分の中にあるサリチル酸製剤(アスピリン等)で,動物試験(ラット)で催奇形性作用が,またヒトでは妊娠末期のアスピリン投与により、患者とその新生児に出血異常が現れた報告があるからです。

②妊娠末期のラットにアセトアミノフェンを投与した試験では,弱い胎児の動脈管収縮が報告されました。

③授乳婦には長期連用を避けましょう。(カフェインが母乳中に移行します)

以上の観点から、医師とよく相談して服用するようにしましょう

引用元-welq

まとめ
妊娠中の咳、熱や鼻水といった風邪の症状、不安になりますよね。まずは免疫力が低下しているので予防が大事です。薬を飲む前には必ず病院で診察し相談しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康