ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

      2016/11/17

 - 美容・健康

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

美容室でトリートメントはする?トリートメントの効果とは

美容室に行くとトリートメントをお願いする人も多いのではないのでしょうか。しかし実際にこのトリートメントにはどのような効果があるのでしょうか?今回は美容室のトリートメントの効果について調べました。

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンをよく利用するので目の疲れかな?と思っていたら実はとんでもない病気の場合もあるようです。今回は目の奥が痛いときの‌原因について調べました。

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因の一つです。ただただ顔をマッサージするのではなく、リンパ腺の流れに合わせてマッサージを施すことにより解消できます。顔のリンパマッサージについて調べてみました。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

ヨーグルトと牛乳、どちらが高カロリー?健康に良いのは?

朝食として、デザートとして、手軽なおやつとして。毎日牛乳かヨーグルトを摂っている人も多いと思います。この二つ、どちらかカロリーが高いのでしょうか?また、健康のためにはどちらを摂るのが良いのでしょうか?

デコルテをきれいに見せたい!毛穴のケアはどうする?

デコルテは夏など薄着になる季節には綺麗に見せたいですね。それなのにデコルテの毛穴が目立つ場合はどうケアしたらいいのでしょうか?今回はデコルテのケアの仕方について調べました。

パソコン起動時のパスワードを忘れた!解除方法は?

パソコンを起動したときにはパスワードを入力するように求められますね。これはセキュリティ上は仕方がないことですが少し面倒です。うっかり忘れてしまって起動できない!そんな時はどうしたらいいのでしょうか。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

喘息の症状は息苦しいのが辛い

季節の変わり目になると咳や痰、息苦しいといった症状ががでてくる喘息。子供の病気だと思っている人も多いでしょう。ですが、成人してから急に発症するということがかなり多くなっています。そこで喘息の症状について調べてみました。

更年期障害の症状に気付くのは微熱から?

更年期障害は主に中高年の症状です。ホルモンのバランスが崩れると、微熱やほてりや頭痛の症状になりまし。時期が経過すれば自然と治ると誰しも思うことでしょう。しかし、微熱を伴う病気は他にもいろいろあります。自分の体をよく知ることが大事です。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱いのは遺伝子と関があり、訓練しても強くなることはありません。また、モンゴロイド特有の現象であることも確認されています。アルコールの分解酵素を日本人な半分は持っていないのです。自分の体質を知りましょう。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

妊娠中の風邪、その影響は?

妊娠中の時は少し免疫力が低くなっています。従いまして風邪をひくと悪化しやすいので、「風邪気味?」と感じたら早めに対処するのが好ましいです。免疫力が低くなっている理由は、母親と赤ちゃんとでは遺伝子が違うので、体としては赤ちゃんは異物になります。

通常の免疫力だと赤ちゃんを攻撃しかねないので、少し免疫を低くして攻撃しないようにしています。では風邪をひいたら胎児への影響があるのか、症状毎に見てみましょう。

①熱

通常の発熱であれば基本的には影響はないとされています。但し40度以上の高熱が3日以上続いてくると、胎児への影響が懸念されてきます。高熱が出た場合は、すぐにお医者さんに相談して何かしらの対処をする必要があります。ちなみに通常の発熱でも羊水の温度が上昇し、赤ちゃんの負担になっている可能性があるので、やはり早く治してあげたいものです。

②咳

咳も通常の咳では問題ないです。但し激しい咳の場合はお腹に力が入り、早産につながる可能性があります。従いまして、このような時は早めにお医者さんに相談しましょう。

③下痢

下痢もちょっとした下痢は問題ありません。1日に頻繁に下痢をしたり、何日も下痢が続いたりする場合は注意が必要です。腸の動きが活発過ぎるとお腹の張りに繋がり、それが更に子宮への刺激になります。

その刺激によって子宮口が開きやすくなり、早産に繋がる場合もあります。ちょっと下痢が酷いなと感じたら、早めにお医者さんに相談しましょう。

引用元-大阪の整体師が教える体や心の症状改善ブログ

スポンサーリンク

  人気記事

咳や鼻水にに効果的な食品

<大根>

大根には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用があります。特に、大根おろしには、消化を助ける酵素が含まれるので、風邪で弱った胃腸をサポートします。

<生姜>

生姜には、咳止め、痰切り、殺菌作用、炎症を抑える作用がるだけでなく、体を温める作用もあります。体を温めることで、免疫力アップに繋がりますので、風邪の回復を早めるだけでなく、風邪予防にもなります。

<はちみつ>

はちみつには、殺菌効果があるので風邪の菌をやつけてくれるでしょう。また、はちみつは喉を潤してくれるので、咳の軽減に役立ちます。そのまま舐めてもいいですし、はちみつ大根を作ったり、生姜湯に入れるのも、お勧めです。

<ビタミンC>

ビタミンCは、免疫力を高めてくれますし、ビタミンAは喉や鼻の粘膜を保護する働きがあります。果物や緑黄色野菜を、意識して取るようにしましょう。

引用元-マタニティライフの情報ブログ

風邪をひかないように予防しよう

その1:人ごみの多い所への外出はさける

妊婦さんの場合、他の人よりも身体の抵抗力が弱っています。人ごみはいろんなウイルスがあり、感染しやすくなっています。なるべくこのような場所には近づかない、どうしても行く必要がある場合は、マスクなどをして予防することが必要です。

その2:うがい、手洗いなどをしっかりとする

うがいは、のどに入ったほこりやウイルスを洗い流してくれます。のどや鼻以外にも手すりなどを触った手にもウイルスがついている事があります。手洗いもしっかり行う事で予防になります。

その3:栄養のある食事と十分な睡眠をとる

栄養が偏った食事や、睡眠がとれていないと疲れやすくなったり、身体の抵抗力がよわってしまいます。妊婦の方は、栄養が胎児の方にいく為よりしっかりとして食事管理が必要になりますし、身体の抵抗力は普通の人より落ちています風邪にかかりやすくなっている身体という事を自覚して、規則正しい生活を送る事が大切です。

その4:身体を冷やさない

妊婦の方は特に体を冷やす事によって胎児にもよくない影響があるといいます。普通の状態でも身体を冷やすと血行が悪くなる、身体の抵抗力が落ちる、風邪をひきやすくなるので身体をひやす事は風邪をひきやすくなります。ご自身の身体と相談しながら、室内温度をコントロールして感染しにくい環境をつくる事も風邪を予防するのに大事です。

引用元-Healthy Lifestyle

辛い時は病院へ行こう

病院を受診する際には、また保険調剤をしてもらう際には、妊娠中であることを必ず告げましょう。妊娠については、医師や薬剤師から「妊娠中ですか?」と聞いてくれることはありません。

初診の際には、病院でも薬局でも細かな問診表やアンケートにて既往歴や症状を記入しますが、2回目以降は簡単な問診表に記入で終わることが多いです。しっかり、自分が妊娠していることを告げるのが前提です。

それによって、医師は妊婦に安全性の高い薬を処方します。念のため、薬の専門家である薬剤師に薬を調剤してもらう際にも「妊娠中ですが、これらの薬を服用しても赤ちゃんに影響は出ませんか?」と聞いてみましょう。

妊娠中でも安全性の高い薬であると回答があったら精神的に気持ちが安定しますが、症状がひどいときには安全性と有効性を比較して医師により症状緩和を優先する処方がなされる場合もあるようです。とにかく、医師にも薬剤師にも妊娠中であることをはっきりと告げるようにすることが大切です。

引用元-welq

病院で処方された薬を服用しよう

病院から処方される風邪薬には東洋医学の分野である葛根湯や小青竜湯などの漢方薬と、西洋医学の分野の総合感冒薬とがあります。総合風邪感冒薬でよく処方されるのは、「ピーエイ」という商品の薬です。

このピーエイは、風邪の感冒薬としてはとてもメジャーですが、妊婦や授乳中の患者さんへの投薬に関しては注意があります。

まず、
①妊婦(12週以内あるいは妊娠末期)又は妊娠している可能性のある婦人には, 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。理由は成分の中にあるサリチル酸製剤(アスピリン等)で,動物試験(ラット)で催奇形性作用が,またヒトでは妊娠末期のアスピリン投与により、患者とその新生児に出血異常が現れた報告があるからです。

②妊娠末期のラットにアセトアミノフェンを投与した試験では,弱い胎児の動脈管収縮が報告されました。

③授乳婦には長期連用を避けましょう。(カフェインが母乳中に移行します)

以上の観点から、医師とよく相談して服用するようにしましょう

引用元-welq

まとめ
妊娠中の咳、熱や鼻水といった風邪の症状、不安になりますよね。まずは免疫力が低下しているので予防が大事です。薬を飲む前には必ず病院で診察し相談しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康