ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

      2016/11/17

 - 美容・健康

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には角質が充満しています。足や顔など全身にできる可能性があり、袋内部の腫瘍が大きくなり炎症を起こした場合などは手術が必要になります。今回は粉瘤の手術について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にとれるからといってパンを食べている人も多いのではないでしょうか?しかしダイエットをするならば朝食のパンは要注意のようです。

お腹にガスがたまる!痛い時はどうしたらいい?

お腹にガスがたまる経験をしたことがある人は多いでしょう。お腹にガスがたまって、痛い場合はどうしたらいいのでしょうか?今回はお腹にガスがたまる原因と対処法について調べました。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

夜なかなか眠れない!寝れないのが怖い場合の対処法

夜疲れているのになかなか寝れない…といったことはありますね。中には寝ることが怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。なぜ怖いと感じてしまうのでしょう。今回は夜寝れないときの対処法を調べました。

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もいたのではないでしょうか。受験生のストレスの症状はどのようなものなのでしょうか。今回は受験生のストレスの症状とその対処法について調べました。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

腹筋を鍛えたい!効果はいつから?

割れてる腹筋って憧れますよね。でも、腹筋を鍛えるトレーニングはなかなか続かなかったりします。そこで、効果的で簡単な腹筋のやり方といつから効果がででくるのか調べてみました。

喉のイガイガが急に!対処法は?

乾燥する季節になると喉が急にイガイガしてくることが…。これって風邪の前兆なのだろうか。このイガイガなんとかしたいですよね。原因と対処法を調べてみました。

朝起きると体が硬い!原因と対処法は?

朝体が硬くてなかなか起きられないといったことを経験したことがある人は多いのではないでしょうか?しっかり寝たのに体が硬い原因とは何なのでしょうか?今回は朝、体が硬い時の原因と対処法を調べました。

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこの部分に異常が起こるとどのような症状が出るのでしょうか?また、甲状腺が腫れたりした場合は咳が出たりするのでしょうか?今回は甲状腺について調べました。

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思っていたら、70歳で80%の人に症状があるそうです。食生活が欧米化になり、発症が増えるらしいですが、本当の原因は不明です。しかし、予防方法はありますので、手術に至る前に、是非試されることをお勧めします。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

デコルテをきれいに見せたい!毛穴のケアはどうする?

デコルテは夏など薄着になる季節には綺麗に見せたいですね。それなのにデコルテの毛穴が目立つ場合はどうケアしたらいいのでしょうか?今回はデコルテのケアの仕方について調べました。

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱いのは遺伝子と関があり、訓練しても強くなることはありません。また、モンゴロイド特有の現象であることも確認されています。アルコールの分解酵素を日本人な半分は持っていないのです。自分の体質を知りましょう。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

粉瘤とは?

粉瘤は、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)やアテロームと呼ばれることもある、ドーム状に盛り上がる半球状の腫瘍のことを言います。
中央に黒い点状の開口部があり、強く押すとその穴から臭くてドロドロとした物質が出てくることもあります。

粉瘤は表皮(皮膚の下)に袋状の構造物(嚢腫)が出来て、その中に垢(古い角質)が溜まることにより生じます。
一般的に良性の腫瘍であるため、炎症がなければ放置しておいても特に問題はありません。

ただ、放置しておくと炎症を起こしたり肥大化したりすることもあるため、手術により粉瘤の切除手術を勧める医師も少なくありません。

引用元-WELQ

スポンサーリンク

  人気記事

粉瘤ができる原因とは?

粉瘤の原因

原因は今でもはっきりとは分かっていないのですが、毛穴の上方部分(毛漏斗部)で、何らかの刺激により皮膚がめくりかえって皮膚の下に袋状構造物ができることがきっかけになると考えられています。

出来初めは小さな袋ですが、袋に内部に脱落した角質(あか)、脂質が貯留されて、徐々に大きくなっていきます。

手のひらや足の裏の場合は、外傷などにより表皮の成分が傷の中に埋没してそこで袋状の構造を作るために粉瘤ができてしまう、というメカニズムが考えられています.ウイルスの感染が関与しているという説もあります。

粉瘤は今のところ、どういう人がなりやすいのか、という事は分かっていません。
ただ体質的に粉瘤が沢山できてしまう、という方がおられるようです。

引用元-はなふさ皮膚科

足の付け根にもできることが!

足の付け根にしこりができて痛いという方はいませんか。

数年前から今度は足の付け根にできはじめた粉瘤。
場所が場所なんで、パンツのゴムとか足閉じたりとかで、常に刺激されてる状態だから化膿しやすい。ひどいときは、足の付け根のくぼみがなくなるくらい腫れる。
このような場合、仕事や日常生活に支障が出てしまいますね。

「毛穴のつまり」(脂性肌など肌質によることが多い)。手足などでは外傷や虫刺されなどが原因となることもあります。

基本的にすべての粉瘤の治療法は手術です。
皮膚科、形成外科以外の科の医師で手術を勧めない方もいらっしゃいますが、これは大きな間違いです。

場所が場所だけに 悩むところですが、灼熱感やかゆみがなければそんなに心配はないと思います。
恥ずかしいとは思いますが、お近くの皮膚科で一度粉瘤かどうかを判断してもらうと良いと思います。

引用元-粉瘤・アテローム【症状・原因・対策まとめ】

粉瘤の手術の方法

粉瘤(アテローム)の手術方法

基本的に、粉瘤を治療するにはすべての場合で手術が必要になります。
手術には以下のような方法があります。

小切開摘出術(切除術)

できるだけ小さく皮膚を切開し、そこから嚢腫を引っ張り出して除去後、皮膚を縫合する方法です。一般的な手順は次の通りです。

1.皮膚の上に、粉瘤のサイズや切除予定部をペンでマーキング。
※ヘソ(黒い開口部)も一緒に取り除くため、切除予定部はヘソを中心にした紡錘形(レモンのような形)になります。

2.局所麻酔の注射をします。

3.マーキングした切開線に沿って切開します。

4.嚢胞を周囲から剥離しながら、ピンセットでつまんで袋ごと引っ張り出します。
※炎症を起こしていない場合は、中身が詰まったままの嚢胞をきれいに取り出しやすくなります。炎症を起こすとこの袋が弱く、破れやすくなります。

5.嚢胞を取り出した後、皮膚を縫合して終了。ここまで所要時間は15~30分ほど。

6.約1週間後に抜糸。

引用元-ヘルスケア大学

実際に足の裏にできた粉瘤を手術した人の話

麻酔が痛い!そして手術開始!

皮膚科と同じ時期に歯医者にも通っていたんですが、よく麻酔を使って治療していたんですね。
もちろん痛いけれど我慢できないほどの痛みではなかったので甘く見ていました。
・・・すごく痛いの(涙)。

粉瘤の周りにブスブスとやっていくわけですよ。
うなるような感じでした。それでなくても炎症を起こしていたので声にならない状態。
足の裏って神経多いんだろうからきっと余計なんだろうなぁ。
早く終われ!って思いながらなんとか麻酔終了。それだけでもう心臓ばくばく。

今から切るのかー・・・麻酔効いてなかったらとんでもない痛みだろうなぁ。
なんて思っていたら聞こえてくるメスとか鉗子とかの音。うわっ。切られてる!!

その瞬間なんだかどんどん力が抜けてきました。元々貧血気味ってこともあるんですが、腕に力が入らなくなってきてしまい、手から血の気がどんどん引いていきます。
やばい!貧血だ!!そう思ってじっと大人しくしていました。
結局その貧血の症状は手術が終わって車に戻るまで治まらず、車で少し休憩してから帰ることになりました。

手術自体は10分程度で終了しました。
先生と話していて、痛みが治まっていたのは粉瘤の袋が破けていたからであるとのこと。
でも結局元に戻るので手術しておいて良かったと思います。と仰ってました。
傷口に頑丈にガーゼを当ててテープで留めてその日は終了です。翌日消毒の予約をしました。

引用元-マッチ箱のような家

粉瘤手術の予後が悪い時について

粉瘤手術の予後が悪い場合とは?

粉瘤は体中の至る所に出来ますので、出来る部位や大きさによっては予後が悪くなる事もあります。

特に、粘膜組織やその周囲、関節などの柔らかい部位に粉瘤が出来た場合は、予後も悪くなりがちです。
関節部分では、裏側の良く動く部位が折り曲げた時に皺が出来やすく、こうした部位は粉瘤が出来やすいため注意しましょう。

また、臀部も座りっぱなしを長時間続けていると、予後の悪い粉瘤が出来やすい部位ですので、粉瘤予防のためにも、入浴時には軽くマッサージするように洗浄をして、角質を残さないようにすることが重要となります。

引用元-手術の総合情報サイト

まとめ
ほとんどは経過観察で治るようですが、ひどく痛んだりする場合は早めに病院で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康