ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

      2016/11/18

 - 美容・健康

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

喉のイガイガが急に!対処法は?

乾燥する季節になると喉が急にイガイガしてくることが…。これって風邪の前兆なのだろうか。このイガイガなんとかしたいですよね。原因と対処法を調べてみました。

肩の関節が鳴る原因

肩が凝ったなぁと思い、肩を回すと関節が鳴ることはありませんか?肩の関節が鳴るのは、痛みがある場合とない場合があります。問題があるのは痛みを伴う時。放っておくと、深刻な問題になることもあるのです。ここでは、肩の関節が鳴る原因から、ストレッチまでご紹介します。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

手をマッサージする効果とは?ネイルサロンの場合

ネイルサロンに行くとネイルをする前に手にマッサージを施術してくれることがあります。この手へのマッサージにはどのような効果があるのでしょうか?ネイルサロンの場合はマッサージの効果よりも別の理由でしている場合があるようです。

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

アスペルガー症候群診断、子供は病院の何科を受診すればいいの?

アスペルガー症候群と聞くと不安になりますが、気になったら早めに相談をして理解を深めていくことも大切です。大人であれば、自分と周りが違うことに気が付くこともできますが、子供は「わがまま」や「自分勝手」など友達だけではなく学校の先生にまで誤解されてしまいます。では、アスペルガー症候群の診断は病院の何科ですればいいのでしょうか?ほかに相談できるところがあるのでしょうか?調べてみました。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

夜なかなか眠れない!寝れないのが怖い場合の対処法

夜疲れているのになかなか寝れない…といったことはありますね。中には寝ることが怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。なぜ怖いと感じてしまうのでしょう。今回は夜寝れないときの対処法を調べました。

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る病気と言われています。その一つの症状として独り言があります。その人の独り言の内容で病気かどうかを判断できることもあるようです。

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

脳に障害が起こると性格が変わることがあります

脳の障害は、事故や病気で起こります。医療の高度化により、助からないものが命を吹き返すという実例は多いようです。見かけは何の障害もないように見えるほど回復できることもあります。しかし、性格が発症前より怒りっぽくなったり、不安がったりというような変化もあるようです。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのような関係なのでしょうか?血圧が上がると脈拍には影響があるのでしょうか?今回は血圧と脈拍の関係とそのメカニズムについて調べました。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

胃がムカムカする!胃もたれの原因は?

「胃もたれ」は何らかの原因で胃の運動機能が低下したり、胃酸が出にくくなったりすることで食べたものがきちんと消化されず、胃の中に停滞してしまうことで起こります。その代表的な原因を見ていきましょう。

【食生活】

脂っこいものや刺激の強いものの食べ過ぎ、暴飲暴食、早食いなどをすると、胃に大きな負担がかかるので、一時的に胃の運動機能が低下し、胃もたれが起こりやすくなります。

【胃の働きの低下】

加齢や運動不足などによって、胃の働きが低下すると、食べたものを消化するのに時間がかかり、胃の中に長く留まってしまうので、胃もたれが起こりやすくなります。

【ストレス】

胃の働きをコントロールしているのは「自律神経」です。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、それぞれが交互にバランスよく働くことで、体のあらゆる機能を調整しています。

しかし、過度なストレスがかかると交感神経だけが活発になってしまい、自律神経のバランスが崩れます。すると胃の働きもおかしくなって、胃もたれが起こりやすくなるのです。

引用元-ヘルスケア大学

スポンサーリンク

  人気記事

胃のムカムカに吐き気が伴う主な場合

急性胃炎

ストレスや風邪などが原因で胃が荒れてしまい、胃の中の消化液(胃酸)が出過ぎる為に痛みや吐き気を伴います。

胃薬の服用などで症状は軽減しますが、定期的に続く場合は慢性胃炎(ずっと胃が痛む)の可能性が考えられますので、命に関わる病気ではありませんが、早めに医師の診断を受ける事が大切です。

逆流性食道炎

胃と食堂を繋ぐ部分(括約筋:かつやくきん)の機能が弱ってしまった為に、胃酸が出過ぎた際に逆流して食道に流れ込み、食道の粘膜が炎症を起こして痛みや胃のむかつきを引き起こす病気です。

これもストレスが原因などで起こりうる病気になります。出来るだけ規則正しい生活をするように心掛ける事が重要です。それでも回復しない場合は逆流性食道炎の治療の為のお薬なとがあります。病院で医師の診断を受ければ貰える薬なので、かかりつけ医に相談してみるのも良いかもしれません。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や腸に潰瘍が原因でムカムカしたり、吐き気が起こったりします。主にストレスやピロリ菌などが原因です。胃潰瘍も十二指腸潰瘍もみぞおちのあたりに痛みを伴います。

身体の内部の病気になるので、胃カメラなどの検査が必要になります。潰瘍から出血している場合もあるので、止血が必要です。服薬治療で痛みや症状は軽減します。

引用元-ヘルスケアPOCKET

胃のムカムカが続く!この症状はなに?

<原因>

機能性ディスペプシアは「几帳面な人」や「周りに気を遣う人」に多い傾向があり、ストレスがきっかけになるとも考えられています。その他ピロリ菌、食生活、胃酸も原因として考えられています。

<病態>

こうした原因により胃の運動が低下し、「胃が十分に膨らまない」「胃から食べ物がうまく排出されない」ことが病気のメカニズムとして考えられています。

詳細な診断基準は以下の通りです。
・6か月以上前から断続的に症状がある
・最近3か月に食後のもたれ感、早期飽満感、心窩部痛、心窩部灼熱感の内の
 1つ以上がある
・内視鏡検査をしても胃潰瘍や胃炎などといった症状の原因となる疾患がみら
 れない

引用元-いしゃまち

胃のムカムカが続く場合の検査

50歳以下の人では、次の警告症状がなければ内視鏡検査は不要です。50歳以上、あるいは警告症状がある、そしてどうしても検査を受けたいという人には内視鏡検査を行います。 (1)思い当たる節のない体重減少、(2)吐いたものや便に血が混じる、あるいは(3)真っ黒い便が出る、という症状を警告症状といいます。なぜならば、このような症状がある時には潰瘍やがんが疑われるからです。(4)以前に潰瘍やがんの治療を受けたことがある、(5)家族に潰瘍やがんになった人がいる、という条件も警告症状とみなします。
内視鏡検査、そして場合によっては腹部超音波検査も行って、症状の原因となる病気があるかどうかの確認をします。

引用元-gooヘルスケア

胃のムカムカを予防するには

胃もたれの予防法は3点です。
1)ストレスを溜めない
2)食生活に気を付ける
3)ライフスタイルを見直す事

胃は、とてもデリケートな臓器です。ストレスが溜まると、自律神経の乱れが生じますので、ストレスを溜めない事が大切です。思い当たる原因がある場合は、まずは改善を心がけ、なるべく毎日リラックスして過ごす様に心がけた方がいいでしょう。睡眠不足や不規則な生活が原因で、ストレスを溜めやすい環境を作ってしまっている事もありますので、ライフスタイルの改善を見直す事も重要です。胃に負担の掛かりにくい食事を心がけ、腹八分目を目安に食事を取る事も大切です。消化の悪い物は良く噛んで、大量のアルコールや煙草を避け、刺激物の取りすぎに注意しましょう。

引用元-Doctors Me

胃のムカムカは内科で診てもらおう

胃のムカムカの症状は「内科」であれば確実に診てもらう事が可能です。

しかしながら、受診後に治療を受けても症状が緩和しない場合は検査などが必要になりますので、その際は「胃腸科」「消化器科」「外科」などの胃などに特化して診察を受ける事が出来、ある程度の検査が受けられる病院をお勧めします。

症状がひどい場合には総合病院などの大きな検査が必要になる事もあります。

引用元-ヘルスケアPOCKET

まとめ
胃のムカムカが続く場合は慢性的な疾患の場合もあるので、まずは内科で診てもらいましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康