ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

会社の経費はどこまで計上できる?経費の原則とは

      2016/11/26

 - 社会・政治・経済

会社で使った経費はどこまで計上することができるのでしょうか?会社を経営している場合は経費は節税のためにも大事です。しかし、どんなものでも経費として計上できるわけではないようです。今回は会社の経費について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

郵便局のゆうちょ銀行と他の銀行の違いとは?

郵便局が民営化されて、ゆうちょ銀行が誕生ました。このゆうちょ銀行と一般的な銀行との違いはどこにあるのでしょうか?またどちらの銀行に口座を作るのがいいのでしょうか?

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。その数も年々増えてきています。女性が警察官になろうと思った場合、心配なのは体力面ですよね。警察官にはどのくらいの体力が必要になるのでしょう? 調べてみました。

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどのような仕事をしてるのでしょうか?また准教授になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は准教授の年齢と年収も調べましたので合わせて紹介します。

労災の仕組みとは?医療費の負担はある?

仕事中や通勤の途中にケガをした場合は、労災保険制度が適応されます。労災となった場合の医療費の負担はどのくらいなのでしょうか?また労災の対象なのに健康保険を使う事はできるのでしょうか?今回は労災の医療費の負担について調べました。

住民税が非課税になる条件とは?年金受給者の場合

国民年金や厚生年金を受給している場合でも一定の額を超えると税金がかかります。住民税は公的年金から自動的に引き落とされるようですがこの税金が非課税になる条件とはどのようなものなのでしょうか?

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれの立場があります。お金を頂くことは大変なことです。仕事は楽なものではありません。仕事をさせていただけること自体が有り難いことなのです。入って最初の更新を断る理由は何でしょうか?契約期間が終了と割り切れるものなのでしょうか?今の仕事のシステムはそんなに簡単に雇ったり辞めたりできるのでしょうか?

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と農協は預けているお金の呼び方が違うようですがなぜなのでしょうか?今回は農協と銀行の違いについて調べました。

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に上司に話しますか?多くの人は退職をするときは円満に退職するために本当の理由は言わないようです。今回は会社を円満に退職するための理由について調べました。

自動車の営業☆仕事内容はこうだ!

私たちは車を買う時、販売店に行き実際に見て、話を聞いて、試乗して決めますよね。販売店で働く営業の方々は、接客だけが仕事ではありません。私たちが知らないお仕事の内容とは?仕事内容や、実際に働いている方のお話をまとめました!

仕事を辞めたい!20代の教員が辞めたいと思う理由

小学校、中学校、高校などの教員の離職率はワースト1位になるほど仕事を辞める人が多いようです。その中でも20代の高校教師は年間1000人近く辞めています。20代の教員が仕事を辞めたいと思う理由はどのようなものなのでしょうか。

高齢者の運転をやめさせる事を考えたらみるまとめ

電車やバスなど公共交通機関が整っている場所であれば、車がなくてもさほど不自由を感じることはないかもしれませんが、田舎となればそうはいきません。今、高齢者の運転による事故が増えていることにつけ、周りがどうやって高齢者に運転をやめさせるかという問題が起きています。あなたはどうやって説得しますか?

二次会の会費の相場は!?ビンゴの景品の代金はどうする?

結婚式の二次会で幹事になった場合、二次会の会費をいくらにすればいいのか悩みますね。大体の相場はどのくらいなのでしょうか。また二次会のビンゴの景品代はどうすればいいのでしょうか。今回は二次会の会費の決め方を調べました。

高校の体育の先生になるには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があります。大学で高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得します。身分は公務員なので多方面で民間より優遇されています。残業手当はありません。部活顧問にも給料は支払われません。学校選びとそれに合った学力を身に付けて挑戦してください。

問題だらけの東京オリンピック、中止はあり得る?

東京でオリンピックが開催される事が決まった時は日本中が喜びましたね。しかしその後様々な問題が出てきて東京オリンピック開催に暗雲が立ち込めています。東京オリンピックが中止になることは果たしてあるのでしょうか。

労働基準監督署とは?相談で電話する場合の注意点

労働基準監督署というところを知っていますか?もしも自分の職場で労働法に違反したことがあった場合はここで相談することできます。相談は電話でもすることができますが、その際の注意点を調べましたので紹介します。

大学の先生になるにはどうすればいい!?

大学の先生といえば専門職で安定した仕事といったイメージですね。ところで大学の先生になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は大学の先生になる方法について調べました。

社会保険の知っとこ!扶養家族が就職したら見るまとめ

「内定ゲット☆就職します!」というお子さん。「今まで子育てを頑張ってきたけど、落ち着いたしこれからはしっかり働きたい!」という奥さん。こういった場合、ご主人またはご両親の扶養から外す手続きが必要になります。その手続きの仕方とともに、注意点やそもそも扶養家族とはどういう条件なのか、平成28年10月の改定についてもまとめました。

専門学校へ進学したい…学費が払えない場合はどうする?

大学や専門学校へ進学しようと思ったら入学金や学費が当然かかってきます。進学が決まっているのに肝心の学費が払えない…となったらどうしたらいいのでしょうか。今回は学費が払えない場合にどうするべきか調べました。

日本の入国審査は厳しい!?その現状とは

海外の人が日本へ入国しようとしたら事前にビザを申請しないといけません。その時の入国審査が日本は厳しいといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。今回は日本の入国審査について調べました。

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は男性の割合も増えてきているようです。なぜ介護の仕事につく男性は少ないのでしょうか?実際男性にとって、介護の仕事を長く続けるのは大変なようです。

会社の経費のボーダーラインはどこまで?

原則は仕事に関連するもの

経費に計上できる範囲の原則は「仕事に関連する出費」です。しかし実際にはいくらでも抜け道があり、多くの中小企業の経営者は自分にプライベートな出費まで会社の経費として計上してしまうケースが多いです。あとで紹介するようにあまりに経費への計上が多いと様々なデメリットが生じますが、常識の範囲で経費に多く計上することは、節税対策の基本です。

例えばプライベートメインで使う車でも、ときどき仕事でも使うのであれば経費に計上することができます。また個人的に使うパソコンも、仕事でも使うということにしてしまえば経費に計上できます。おおざっぱに言うと仕事に関連することを証明できるものならば、なんでも経費にできるのです。経営者が経費で落とせる範囲は、以下のポイントが原則です。
・仕事に使うことが証明・説明できる
・会社の売上に関係する出費である
・妥当な範囲での出費である

引用元-anywher

スポンサーリンク

  人気記事

法人は個人事業主より経費の範囲が広い!?

「法人は個人事業よりも経費にすることができる範囲が広い」。皆さんは、こんな話を聞いたことがあるかもしれません。法人の場合、事業活動に関連する支出は、原則すべてを経費にすることができるとされており、個人事業よりも経費にできるものが幅広くなっているのです。個人事業から法人にされた社長ならば、事業活動に関わる出費を経費にできると感じている方も多いかもしれません。

しかし、あらゆる出費を無制限に経費に計上できるわけではありません。たとえば、お子さんや奥さんに対するプレゼント代、家族皆で飲み食いした飲食代、家族で行った個人的な旅行を交通費や宿泊費を経費に含めることはできません。経費として計上できるのは、あくまでも「事業活動に関連している支出」の場合です。ですので、前述したような事例のように、明らかに事業活動に関連していない支出を「これは経費です」と主張しても税務署は認めてはもらえないのです。

引用元-inQUP

個人事業主の場合はどこまで経費にできる?

◇交際費って使い放題なの?

取引先の人を接待したり、仕事仲間と情報交換したり・・・は交際費でいけるらしい。接待ゴルフももちろんOK!キャバクラやスナックも大丈夫!!!!って常識の範囲で・・・(汗)
取引先の退職祝い、そのほかのお祝い、お香典も交際費で。領収書がなければ「支払証明書」「出金伝票」で伝票処理で計上すれば大丈夫です。

◇「旅費交通費」は事実上、領収書がいらない
一般的に公共交通機関の場合だと移動したした区間で交通費がわかるので「領収書はいらない」ということになっています。ですが念のため領収書はとっておいたほうがいいらいい。もちろんタクシーは100%経費!一番の個人事業主やフリーランスの特権は「視察旅行」「事業に関する出張」は仕事上必要な経費ですよね。

引用元-ぶっちゃけどこまで経費でつかえるの?税金っていくらまで取り戻せるの? | 東京都・埼玉県で貸し倉庫 賃貸倉庫の事ならロジパーク

◇車のランニングコストの7割は「車両関係費」

自家用車を営業に使うと過程する。勘定科目は「車両関係費」と「減価償却費」。車を維持するために使う「ガソリン代」「駐車場代」「保険代」「車両代」「税金」も割合をきめれば経費としてOK!接待ゴルフや市場調査に車で行くこともありますしね!ここでちょっとおススメの節税対策は新車よりも4年落ちの中古車が節税率が高いですよ!中古車の耐用年数は法定耐用年数を超えたものはすべて2年ときまっており、定率法で計算すると1年(月割)でほぼすべて経費にできるからです。

引用元-ぶっちゃけどこまで経費でつかえるの?税金っていくらまで取り戻せるの? | 東京都・埼玉県で貸し倉庫 賃貸倉庫の事ならロジパーク

友達との食事は経費にできない!

取引先との飲み代は交際費として必要経費に計上できますが、友達との飲み代を交際費に計上できません。ただし…、友達がたまたま仕事関係の人だった、仕事の相談をした、仕事の紹介を受けたなど、仕事に関係あるものであれば、友人との飲み代も費用計上可能でしょう。また、取引先と昼食をとりながら会議を行った場合などの費用は会議費となりますので、必ず経費に落としましょう。職人の方であれば、コーヒーなどをおごることもあるのでは。そのような場合もいつ、だれと、何のためのものかをメモにしっかり残していれば費用に計上できます。ただし、いつも同じ人と飲み会をするようなときは、交際費とは認められない可能性も高いため、ご注意を。そういう場合は、持ち回りで費用の負担するのも1つの手ではないでしょうか……。

引用元-スモビバ!

経費として認めてもらうために

領収書があれば経費で落ちるからと、何でもかんでも領収書を集めたとします。仕事で使ったかどうかあいまいなものも、「まあいいか」とすべて経費に計上する……。これはよくありません。税務署に何を言われても反証できる根拠が必要になるのです。

例えば領収書のない交通費であれば、何日に、どこへ、どんな用件で行ったか、運賃はいくらか、などを一覧表にしておく必要があります。「渋谷―池袋」のような短距離の交通費までは領収書を取れませんので、このような一覧表を作成しておくわけです。手間は掛かりますが、こういう「汗」をかかないと、経費とは認めてくれません。

もちろん、長距離の交通費は領収書が出ます。航空券はチケットレスになりつつありますが、搭乗券は残りますので、それを保存しておけばいいでしょう。会食なども、明らかに仕事関係者と行ったことが分かるようにしておかないと、「ご夫婦でお食事されたのではないですか」と突っ込まれます。この場合は、スケジュール帳を見せられる状態にしておくなどの工夫が必要です。打ち合せをしたのであれば「会議録」のようなものを作っておくのもいいでしょう。

引用元-ITmedia エンタープライズ

会社の経費を計上し過ぎるとどうなる?

デメリット①社員のモチベーションの低下

中小企業にありがちなのが、社長やその親族が自分たちの生活費や個人的な買い物を会社のお金で行なって経費にしてしまうというケースです。これは節税対策という面では会社にとって必要なこととも考えられますが、働いている社員からすると、会社のお金を私的なものに使うことはよく思われません。社長にとっては当たり前の節税対策でも、社員にとってはモチベーションの低下要因になり得るのです。

デメリット②税務調査で指摘される可能性

経営者が自宅用に購入した家電や車などが税務調査時に否認されると、それが給与と修正されることがあります。中小企業の経費の問題はグレーゾーンなところがあり、実際に調査が入るケースは少ないですが、節税の範囲を超えるようなものならば、税務署も気付くかもしれません。経費に計上していた一部が給与にされてしまうと、法人税・消費税が増えて、さらに税金に延滞税などがプラスされてしまいます。トータルで見て損してしまうのです。

デメリット③銀行の融資が厳しくなってしまう

借入の必要がない企業や個人事業主ならば心配ありませんが、節税のために赤字経営にしていると、銀行からの融資は厳しくなります。赤字経営でなくとも、経営の規模に対して経営者が使っている経費が不自然に大きかった場合、金融機関は不信感を持ちます。融資が断られる可能性もあります。

引用元-anywher

まとめ
経費として計上できるのはあくまで仕事で使ったお金なので注意しましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済