ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

骨折したらどんな症状が出る?腕を骨折した場合

      2016/11/27

 - 美容・健康

骨折をするとギブスを使用したり、手術をしないといけません。もしも骨折をしてしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?今回は腕を骨折した場合について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ストレートアイロンはまっすぐにするだけでなく、前髪を流すようにセットすることもできます。今回はストレートアイロンでの前髪セットのコツを調べました。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には角質が充満しています。足や顔など全身にできる可能性があり、袋内部の腫瘍が大きくなり炎症を起こした場合などは手術が必要になります。今回は粉瘤の手術について調べました。

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようです。水でシャワーをするとダイエットだけでなくいろいろな効果もあるといいます。今回は朝に水でシャワーをする効果を調べました。

喉のイガイガが急に!対処法は?

乾燥する季節になると喉が急にイガイガしてくることが…。これって風邪の前兆なのだろうか。このイガイガなんとかしたいですよね。原因と対処法を調べてみました。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンをよく利用するので目の疲れかな?と思っていたら実はとんでもない病気の場合もあるようです。今回は目の奥が痛いときの‌原因について調べました。

肩の関節が鳴る原因

肩が凝ったなぁと思い、肩を回すと関節が鳴ることはありませんか?肩の関節が鳴るのは、痛みがある場合とない場合があります。問題があるのは痛みを伴う時。放っておくと、深刻な問題になることもあるのです。ここでは、肩の関節が鳴る原因から、ストレッチまでご紹介します。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

部屋の掃除をするとくしゃみが出ますか?

部屋の掃除をした時にくしゃみは出ますか?困ったことですが、くしゃみや鼻水は必要があって出るのです。体の機能が正常ということです。しかし、辛いですから防御したいですね。掃除の仕方を工夫して、症状を軽減させましょう。

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

夏風邪に子供がかかってしまった!食事はどうすればいい?

夏風邪は熱や嘔吐下痢などの症状が出て脱水症状に気を付けないといけません。特に子供は注意が必要です。夏風邪にかかった場合の食事はどのようなものがいいのでしょうか?今回は夏風邪の時の食事について調べました。

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

喘息の症状は息苦しいのが辛い

季節の変わり目になると咳や痰、息苦しいといった症状ががでてくる喘息。子供の病気だと思っている人も多いでしょう。ですが、成人してから急に発症するということがかなり多くなっています。そこで喘息の症状について調べてみました。

夕方に熱が上がるのはどんな病気?

子供は病気になると熱が上がったり下がったりすることがあります。朝下がって夕方上がることが多いですが、大人の場合でもそのような症状が出ることがあります。今回は熱が上がったり下がったりする病気について調べました。

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるには髪型を変える方法があります。その場合はどのような髪型がいいのでしょうか?今回は顔が小さく見える髪型について調べました。

骨折とは

骨折とは骨にひびが入ることや骨が折れることで、通常は周辺組織の損傷を伴います。

・骨折は痛みと腫れを引き起こします。
・合併症によって神経、血管、筋肉、そして内臓への障害を伴うこともあり、
 重篤となる場合があります。
・ほとんどの骨折はX線により診断されますが、時として7~10日間後にX線診
 断を繰り返したり、CT検査もしくはMRI(磁気共鳴画像)検査を必要とする
 ことがあります。
・治療法は軽度の行動制限から、ギプスの使用や手術までさまざまです。
・リハビリテーションはしばしば患部の可動範囲や筋力の増大に役立ちます。

骨折では、大きさ、重症度、必要な治療法もさまざまに異なります。足の骨の、容易に見落とすほど小さなひび割れから、骨盤骨折のように生命を脅かす重大な骨折まであります。骨折と同時に、皮膚、神経、血管、筋肉、臓器などに深刻な損傷を生じている場合もあります。これらの損傷は骨折の治療を難しくし、一時的な問題、恒久的な問題、もしくはその両方を引き起こします。

引用元-メルクマニュアル医学百科

スポンサーリンク

  人気記事

骨折と捻挫の症状の違いは?

捻挫と骨折の違いは問題が起っているのが「骨」なのか「関節」なのかで表せる。しかし重症度では骨折の方が高い。両方とも痛みや症状は身体の本能的な回復力によって時間がたてば改善してくる部分もあるが、骨折の場合はしっかりと整復しなければ骨折部位が新しい関節として「偽関節」を形成してしまうこともある。そうなると人間の構造的な問題へと発展してしまうのでより適切な処置が必要だとも言える。

引用元-ABC整体スタジオ

骨折を疑う症状とは

痛み

骨が折れている場所が痛みます。特に骨を押したときに強い痛みを感じます。ひびが入っただけでも強く痛みます。子どもの骨折に気付くためにも、痛みの訴えや泣き止まないといった異常はしっかり確認しましょう。強い痛み・押すことで強まる痛みのほか、「冷やしても治らない痛み」も特徴です。氷や湿布で冷やしても痛みが長く続く場合は骨折を疑いましょう。

変形・異常可動性

変形とは関節以外の部分で骨が曲がり、外から見ても「骨折している」とわかる状態です。変形がある場合は腫れや痛みも出ます。異常可動性とは、関節ではない場所・普段は曲がらない場所で骨が動いたり曲がったりする状態です。

内出血

骨が折れると出血します。骨によって出血量は異なり、骨盤などでは大量の出血があることもあります。さらに骨の周囲にある筋肉や腱などが傷ついて出血があることもあります。そのため、骨折してから数時間~数日ほどで内出血・あざが広範囲に出ます。

腫れ

骨折による出血や周囲の組織が傷ついたことによる炎症などで、骨折した部位の周辺が腫れます。これらの症状が出た時は、骨折が疑われます。しつこい痛みや腫れ・内出血などがあったら、変形がなくても骨折の可能性を考えましょう。

引用元-MARCH

腕を骨折した場合について

■上腕骨骨折

上腕でも肘に近い部分の骨折が多く、痛み、色が悪い、麻痺、脈が触れない、皮膚がヒリヒリして虫がはっている感覚があれば、血管と神経の損傷が疑われるので、すぐに整形外科を受診しましょう。
原因:手や肘をついてこける、肩を打つ
症状:上腕部分の腫れ、変形、触ると痛い
治療:包帯やギプスで固定。その上で、三角巾で動かないようにする

■前腕骨骨折

骨折と肘や手の脱臼を合併することがあります。橈骨(とうこつ)も尺骨(しゃくこつ)も骨折し、橈骨骨折に尺骨脱臼、尺骨骨折に橈骨脱臼を起こしやすいです。特に、尺骨だけ骨折する時は棒でたたかれたり、喧嘩の時に多いです。
治療:ギプスで固定しても、2本の骨の関係が大事なので、定期的にX線で位置を確認し、変形を起こさないようにする

引用元-AllAbout

スノーボードで腕を骨折する場所

上腕骨遠位部骨折

前腕の尺骨(しゃっこつ)と橈骨(とうこつ)とともに肘関節を形成し、上腕と前腕をつないで手のさまざまな機能を担っている上腕骨遠位部に起こる骨折です。交通事故、仕事中の事故、高所からの落下などが原因となります。若い人から中高年までに起こりやすく、近年ではスノーボードでの受傷が増加傾向にあります。特に骨粗鬆症の高齢女性には、ささいな転倒で起こりやすい骨折です。上腕骨遠位部骨折の多くは手術が必要で、ひじ関節が固まってしまわないよう、早期からリハビリも行わなければなりません。上腕骨顆上骨折では、関節包の外側に骨折線が入り、関節の中は無傷です。子供に起こりやすく、合併症がなければ保存療法で治療します。

引用元-ヘルスケア大学

腕を骨折した場合は治るのにどれくらいかかる?

治療期間は、人にもよると思うのですが、上腕骨が疲労骨折してしまった場合は、治癒するまでに大体6週間ほどかかるそうです。完全に骨折してしまっている場合は、成人した大人だと前腕が大体10週間から12週間、上腕骨骨幹部の下部だと大体8週間、上腕骨骨幹部だと大体8週間から12週間ほど回復するまでにかかるそうです。

小児の場合は成人した大人よりも少し回復が早いようです。完全に骨折した場合、前腕だと大体6週間から8週間、上腕骨骨幹部の下部だと大体6週間、上腕骨骨幹部だと大体6週間ほどで回復するそうです。小児のほうが成長期ということもあり、早く治ることができるのですね。

引用元-WELQ

まとめ
骨折した場合はすぐに病院で固定などの処置をしてもらいましょう。子供の場合は、注意深く症状を確認しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康