ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

会社ってなぜ合併するの?メリット・デメリットって?

      2016/05/07

 - 社会・政治・経済

「○○保険会社と▲▲保険会社が合併して▲▲○○保険会社が誕生しました!」テレビなどを見ていると、合併のニュースを目にすることがあります。中には、合併した会社名が長すぎてなぜその名前にしたのだろうかという時もありますが、合併するメリット・デメリットは何なのでしょうか?まとめました。

スポンサーリンク

  関連記事

自動車の営業☆仕事内容はこうだ!

私たちは車を買う時、販売店に行き実際に見て、話を聞いて、試乗して決めますよね。販売店で働く営業の方々は、接客だけが仕事ではありません。私たちが知らないお仕事の内容とは?仕事内容や、実際に働いている方のお話をまとめました!

30歳で年収が200万!?ワーキンプアの実態とは

ワーキングプアという言葉をしっていますか?年収200万円未満の人のことを言い、非正規雇用の人が多いようです。30歳代で年収200万の場合、危機感を抱いていいる人も少なくないようです。今回は年収200万の実態について調べました。

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続きや医療スタッフの補助などを行う重要な役割となるクラークという仕事があります。クラークになるためにはどうしたらいいのか?資格はいるのか?クラークという職業について調べてみました。

内定先への質問のメールはどのようにするのですか?

内定されると提出書類や採用条件など不明な点が多々出てくると思います。そんな時どうしますか?内定先に電話で質問しますか?メールをしますか?それとも、何もせず自分の判断だけで済ませますか?会社が一番困るのは間違って理解されることです。きちんとしたメールの書き方を習得しましょう。

宅建は独学で合格を目指そう・ 初心者編

宅建の初心者が独学で頑張る人は多いです。勉強法が大事です。教材も大事です。過去問を解くのも大事です。一発合格を目指すにはどうしたら良いのでしょう?ゲームで学習もせきますよ。合格した人の例を参考に、挑戦してみてください。

確定申告はどこの住所でする?居所が住民票と違う場合

確定申告は現在の住所地でするのが一般的です。しかし中には住民票を移動させずに生活をしている単身赴任などの人もいますね。そのような人は確定申告はどこでするのでしょうか?

現代の学校の問題点は何でしょう?

現代の学校の教育の問題点は、ゆとり教育と言いながら、体験できる事が少ないことです。詰め込みによる暗記は熟と同じで新たな発想を生み出しません。頭にインプットする前に受け入れられる心のゆとりや、思考する頭のスペースが必要でしょう。

会社の経費はどこまで計上できる?経費の原則とは

会社で使った経費はどこまで計上することができるのでしょうか?会社を経営している場合は経費は節税のためにも大事です。しかし、どんなものでも経費として計上できるわけではないようです。今回は会社の経費について調べました。

労働基準監督署とは?相談で電話する場合の注意点

労働基準監督署というところを知っていますか?もしも自分の職場で労働法に違反したことがあった場合はここで相談することできます。相談は電話でもすることができますが、その際の注意点を調べましたので紹介します。

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバーの提出を求められる時があります。この場合は通知カードのコピーを提出しても問題ないのでしょうか?今回はマイナンバーを職場に提出するときについて調べました。

東京へ転職したい!その理由?

地方でずっと働くよりも東京で働きたいと、転職する人は多いようです。なぜ東京での転職を選ぶのでしょうか?今回は東京で転職したい理由と、そのメリット・デメリットを調べました。

電話の取次ぎを覚えよう!会社の内線について

会社ではビジネスホンという自宅用の電話とは違う電話を使用していることが多いです。ビジネスホンでは内線を使って会社内の様々な部署の人を連絡を取ることができます。今回は会社の電話の取次ぎについて調べました。

ホテルのフロントのバイトはやりがいがある

ホテルの顔といえるフロントの仕事です。お客様からの様々なニーズにこたえなければなりません。観光のお客様はアクセスや意見を求められることも多々あるでしょう。内部の仕事以外に対応しているので、コミュニケーションスキルが磨かれることでしょう。

主婦がパートを辞めたいと思う時は!?円満に辞める方法

主婦の方の中にはパートに出て働いている人も多いと思います。そんな主婦の皆さんがパートを辞めたいと思うのはどんな時なのでしょうか。パートを円満に辞める方法も調べましたので紹介します。

あなたの障害者手帳は何色?

障害者の方が、様々な福祉サービスを受けるのに必要な障害者手帳。でも引っ越し先で手続きしたら、色が今までと違う!なんて経験ありませんか?手帳の色って、住む地域によって違うの?何色があるの?気になったので、調べてみました。

日本の農業~問題と解決策まとめ~

農業の将来性が不安視される中、今までの仕事を辞めて、新しく農業を始めようとする(就農)人々がいます。今、日本の農業にどのような問題が起こっているのでしょうか。その問題に対して、現在どのような解決策を出そうとしているのでしょうか。気になるポイントをまとめました。

吉野家とすき家で明暗!?牛すき鍋がもたらした影響とは

吉野家とすき家はどちらも牛丼がメインの外食チェーン店です。この二つの店で牛すき鍋というメニューを出したのですが見事に明暗がわかれる出来事がおきてしまいました。今回は吉野家とすき家の牛すき鍋対決について調べました。

事務の仕事をしたい!パートの場合の志望動機

パートで事務の仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。事務の仕事とはどのようなものなのでしょうか。今回は事務の仕事に応募するときの志望動機をどう書けばいいのか調べましたので紹介します。

電話は会社の内線をマスターしましょう

会社の電話は機能がたくさんあり覚えるのが難しいです。外線電話を内線に転送したり保留したりする方法を早く覚えましょう。電話の出方も会社によって決まりごとがあ場合もあります。会社の電話にでることが苦にならないように、しっかりとマスターしましょう。

二次会の会費の相場は!?ビンゴの景品の代金はどうする?

結婚式の二次会で幹事になった場合、二次会の会費をいくらにすればいいのか悩みますね。大体の相場はどのくらいなのでしょうか。また二次会のビンゴの景品代はどうすればいいのでしょうか。今回は二次会の会費の決め方を調べました。

会社の合併には2つの種類がある

合併の概要

組織再編の1つの形態である合併とは、2つ以上の会社が1つの会社になることをいい、「吸収合併」と「新設合併」とに分かれます。
 それぞれの定義について会社法の条文を引用しますと以下のように表現されます。

【吸収合併】

会社が他の会社とする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併後存続する会社に承継させるもの

【新設合併】

2以上の会社がする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併により設立する会社に承継させるもの

引用元-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

スポンサーリンク

  人気記事

買う&売る会社のメリットとデメリット

買い手企業のメリット

まずは、買い手企業のメリットから見ていきたいと思います。

●事業規模拡大

 M&Aを行うことによって、売手企業の既存経営資源を活用することが可能になるので、買手企業は事業規模拡大を図ることができます。

●新規事業への参入

 新規事業には基本的にリスクがついてまわるものですが、既にその事業領域で実績を上げている企業を買収すれば、新規事業へのリスクを軽減できます。一気に多岐にわたる事業展開を行えるのです。

●スキルギャップの解消

 買い手企業はM&Aで売手企業の持つ技術を優れた取り込むことで、自社の資本力、営業力などを活用しながら更なる収益を上げることが可能になります。

 買い手企業は、コストをかけずに事業規模を拡大していけたり、今まで参入できていなかった市場に参入することができたりと会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。

売り手企業のメリット

●資金調達力の向上

 買い手企業の信用力が高い場合M&Aをし、買い手企業の子会社になることで金融機関または買い手企業からの資金調達がしやすくなります。

●創業者利潤の確保

 M&Aにより会社を売却することで売り手企業の創業者は事業の現金化を行うことができ、それが投資資本額を上回る場合には創業者利潤を得ることができます。

 売り手企業側は、買い手企業の信用力を基に資金繰りがやりやすくなったり、また創業者は潤沢な資金を手に入れることができたりと「資金」という面においては大きなメリットがあります。

買い手企業のデメリット

次に買い手企業のデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

●売り手企業との融合

 買い手側はM&Aすることによって、売り手企業の従業員も抱えることになるので、今まで培ってきた社風や従業員の待遇を上手く融合するのが難しいところです。ここの配慮を怠ると、社内の雰囲気が悪くなってしまいます。

●事業計画通りに進まない

 
 事業計画書を練り、経営をしている企業は多いですが、元々、別々の2つの会社を事業計画通りに動かすのは至難の業です。M&Aを行った後に、事業計画書を見直し対策を立てる必要があるでしょう。

売り手企業のデメリット

●買い手企業との融合

 こちらも買い手企業と同じく、M&Aをした後に社風や従業員の待遇などの面で買手企業との融合が難しいところです。

●経営者、労働条件の変更

 M&Aを行うということは、従業員にとっては突然経営者や労働条件が変わることになるので、動揺する人も出てくるでしょう。従業員がどう思っているのかについては、気を配っておく必要があります。

引用元-U-NOTE

グループ会社吸収合併のメリット・デメリット

当然のことながら、子会社の損益がどうなっていたのかによって親会社の損得が違うし(たとえば、親会社が上場企業であるなしにかかわらず、親会社の株価の評価に直結する)、もともと100%子会社だったのか、それともそうではなかった会社を他の株主から株を買い取ることで吸収できたのかでも、事情に違いがでてくると思いますが、そういうことを別にすれば、次のようなことが考えられるのでは。

[メリット]
1)親会社の、子会社を吸収した決算期の売上高や利益、資産の絶対金額を大きくなったと見せかけることができる。
2)子会社が知的財産権(特許その他)をもっていた場合、それを所有できるようになる。
3)子会社が行っていた事業に関して、もともと親会社の意向が強く反映されていたような場合には、意志決定を速やかに行うことができるようになる。
4)親会社の事業と、子会社の事業とが連携していた場合、それをスムーズに行えるようになる。(たとえば、川上と川下の関係があったとしたら、事業一貫化ができるようになる)
5)少なくとも管理部門は、両社それぞれ別にあったときよりも効率化されるはずなので、この部分では事務所スペースや人員、光熱費、事務機器およびそのメンテナンス費用などの合理化ができる。
6)子会社の事業将来性が有望であった場合、それに資金調達力のある親会社からの資本を手続き的に注ぎ込みやすくなる。
7)子会社がしていた事業を、たいていの場合は子会社より知名度がある親会社の名義で行うことができるようになり、社名と事業のいずれについても世間一般に周知・浸透しやすくなる。

[デメリット]
1)親会社の、子会社を吸収した決算期の固定資産や負債の絶対金額が大きくなったようにみえてしまう。
2)子会社が行っていた事業に関して、もともと子会社独自の判断がひろく許されていた場合、意志決定がかえって遅くなる可能性がなくもない。
3)一般的には、子会社の給与体系は、親会社の給与体系より低い(子会社の社員全員が、親会社からの出向社員だとかそういう場合には例外もあろうが)ので、吸収することにより、もともと子会社の社員だった人の処遇(給与その他)を引き上げることで人件費がアップする。あるいは、すぐにそうしないのであれば、ひとつの会社に2つの人事大系を抱え込むことになる。この場合、子会社出身社員のモチベーションが低下するリスクがある。
4)子会社とはいえ、多少企業文化が違うということはあり得る。この場合も、おそらく社内で少数派になるであろう子会社出身社員に疎外感が生まれる可能性がある。いずれにしても、子会社出身社員ともともとからの親会社社員との融和をどうするかという課題を抱え込むことになる。
5)社員のみならず、子会社の役員だった人(親会社の役員を兼任していた人は除く)の処遇にもそれなりの配慮が必要。
6)子会社の業績が格別よかった場合は別だが、可もなし不可もなし程度だった場合には、結果として親会社の事業多角化となるので、「選択と集中」をよしとする昨今の風潮からいうと、時代に逆行することになる。
7)事業が移管されたことに伴う取引先その他への各種通知に、コストと手間がかかる。
8)子会社と親会社とで違うシステム(コンピュータその他)を使っていた場合、統合にコストと手間がかかる。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

合併した会社の企業文化の問題も

文化は実体のない概念です。人々に対して暗黙的に影響を与える要素の集合体であり、完全かつ正確に説明することが困難といえます。一方、合併前のデューデリジェンスにおいては、多くのケースにおいて財務的な観点に焦点が絞られ、測定可能な事柄についてのみ調査が行われがちです。

企業風土調査や測定ツールの活用によって企業文化を調査することはできますが、これらの取り組みには長い時間が必要であるとともに、そもそもディールを成立させるということに重点が置かれることから、あえて企業文化の調査に踏み込むケースは多くありません。また、もしデューデリジェンスにおいて企業文化の調査が行われ、双方の企業の文化は相容れないという結果が出たとしても、提案されているディールが中止に追い込まれてしまうことはほとんどないように思われます。

企業文化の問題があるか否かに関わらずディール自体は実行されてしまう以上、企業文化を原因として統合の成果が損なわれしまうことのないように必要な対策を講じることが、統合を推進する担当者にとって重要な責務であるといえます。企業文化への対応策のうち最も一般的なアプローチのひとつとして、当該案件において望ましい文化(顧客志向、創造的・革新的、企業家精神、決断力があること、チームワーク、他人の尊重)を明確化し、従業員に対して日々の実践を促すという方法が考えられます。

引用元-Deloitte.

新社名の決め方

合併後の新社名から見える2つのパターン

さて、合併・買収が盛んとなった日本ですが、その際に問題の1つとなるのが、合併・買収後の社名です。社名の付け方には大きく分けて2つの方法があるようです。(1)旧社名をつなぎ合わせるパターン、(2)旧社名を残さず、全く新しい社名を付けるパターンの2つです。

(1)は、愛着のある社名を残したいとするお互いの考えを尊重した結果といえるでしょう。消費者にとっても、継続性があるのでわかりやすいかもしれません。しかし、つなぎあわせるために長々とした社名になることもしばしば。言いにくかったり、新鮮味がなかったりすることもあるかもしれません。

(2)は、合併を機会に心機一転、新しく一歩を踏み出すイメージを重視した戦略といえます。しかし、全く違うイメージを打ち出すことはそれなりのリスクも伴います。こうしてみると(1)にも(2)にもそれぞれ一長一短があるようです。

引用元-TRIBECK

まとめ
業務の効率化であったり、さらなるサービスの向上を目的として合併がなされると思いますが、デメリットや懸念点も多いので、逆に衰退してしまわないように会社は慎重に進める必要がありそうです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済