ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

      2016/05/10

 - 日常・生活

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通ってやっとマイホームを手にいれても、月々の返済はずっと計画的にいくとは限らないですよね。もし住宅ローンの返済が苦しくなったらどうしたらいいのか、どうなるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

クーラーや扇風機は健康に悪い?正しい使い方とは

夏になるとクーラーや扇風機を利用する人がほとんどだと思います。しかしクーラーや扇風機は使い方次第で健康を損ねてしまうこともあります。今回はクーラーと扇風機の正しい使い方を調べました。

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

子供に携帯を持たせるならどのようなものがいいでしょうか?年齢や目的によっても変わってきますね。また最近は携帯トラブルに巻き込まれる子供も増えているので要注意です。今回は子供の携帯の選び方を調べました。

水道の蛇口の水漏れの原因は?シングルレバー混合栓の場合

最近のキッチンの水道の蛇口にはシングルレバー混合栓を設置している家庭が多いですね。このキッチンの水道の蛇口から水漏れした場合はどうしたらいいのでしょうか?原因と対策を調べました。

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かすのも電気給湯器が設置されています。お風呂に入るときにお湯が足らないといった話を耳にしたことがありますが実際はどうなのでしょうか?今回は電気給湯器について調べました。

銀行の窓口で引き出しをすることは本人以外でもできますか?

犯罪防止のため、たとえ本人でも銀行窓口で現金の引き出しの場合は、本人確認の証明が必要になります。代理でおろす場合は委任状や双方の確認書類が必要となります。ATMの場合は限度額まで下せるので、カードを紛失したり、暗証番号を忘れたりしないようにしましょう。

パンの消費期限と賞味期限の違いとは?何日までなら食べられる?

パンに表示してある、消費期限と賞味期限の違いとは何なのでしょうか?消費期限と賞味期限を過ぎた場合は何日までなら食べても大丈夫なのでしょうか?今回はパンの消費期限と賞味期限について調べました。

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべき点が多々あります。今から新築を購入する人は問題がないと思いますが、すでに購入してから築年数が経っている方や中古物件をお探しの場合は、検討することが沢山あります。しかし、簡単に建て替えや住み替えはできません。大きな問題を解決できると良いですね。

あったかいカレーをお弁当で食べたい!保温弁当箱を使ってみよう

保温弁当箱は、朝作ったお弁当を昼間であたたかいまま保ってくれる弁当箱です。この保温弁当箱ならカレーもお弁当として持っていくことができそうですね
!今回はカレーにおすすめの保温弁当箱について調べました。

風呂とシャワーはどっちがお得?水道代の比較

一人暮らしの場合は光熱費をなるべく節約したいですね。お風呂のお湯をためるのとシャワーで済ますのはどちらの水道代が得なのでしょうか?今回はお風呂とシャワーの水道代はどっちが得かを調べました。

新築の方必見!キッチンのゴミ箱置き場を決めるポイント

新築の際、大きい家具の設置に気をとられてゴミ箱をキッチンのどこに置くかは意外に忘れられがちです。ゴミ箱を隠したい派の人も、隠さなくて良い派の人も、設置する上で考えておきたいポイントをご紹介します。

布団は掃除機でダニを吸おう!おすすめの布団専用ヘッド

布団にはたくさんのダニがいるので、アレルギーがある人は咳などの症状が出ることがあります。そのため、布団は掃除機でダニを吸うといいですね。今回は掃除機のおすすめ布団専用ヘッドについて調べました。

自動車の車検のシールについて知ろう!!

自動車のフロントガラスによくシールが貼ってありますよね。そのシールの意味や見方、扱い方などは知っているでしょうか?自動車の車検シールについて調べてみました。

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温、冷蔵庫、冷凍庫ではそれぞれどのくらい保存することが可能なのでしょうか?今回は煮物の保存方法について調べました。

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます。清潔感も感じます。ワックスがはがれやキズがついてしまう前に定期的にメンテナンスをしたいですね。メンテナンスのコツを調べてみました。

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。少額な掛け金で、何十年後かにはまとまったお金が受け取れます。金額も期間も自分で設定できます。家族構成や家計の状況が考慮できて良いです。民間の保険会社、郵便局から自分に合ったものを探してみましょう。

車道を走れと言うけれど…自転車の歩道運転マナー

自転車に乗っているとき、歩道をついつい走ってしまっていませんか?あなたの歩道の自転車マナー、知らないうちに「危険運転」になってしまっているかもしれません。2015年の道路交通法改正により、取り締まられてしまう可能性があります。

一人暮らしの男性におすすめの食事とは?節約と栄養を考えよう!

一人暮らしだとついつい外食ばかりになっていませんか?外食ばかりだと食事の栄養が偏りがちですね。節約もできて栄養もとるにはやはり自炊をするのが一番です。今回は男性にもおすすめの食事のレシピを調べましたので紹介します。

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いのデザイナーズハウス的にしたいですか?それとも日本的な色調の和の空間を求めますか?色の使い方によって広く見えたり狭く見えたりもします。色だけでなく素材でも見た目が変わります。良く検討をしましょう。

親子で楽しく遊ぼう!1歳の赤ちゃんにおすすめの遊び

赤ちゃんは成長するに従って動きも活発になり、できることが増えていきます。1歳くらいの赤ちゃんはどのような遊びが好きなのでしょうか?今回は1歳くらいの赤ちゃんにおすすめの遊びについて調べました。

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのではないでしょうか?ところでゆうちょ銀行の通帳は何冊まで作ることが可能なのでしょうか?今回はゆうちょ銀行の通帳について調べました。

住宅ローンが払えなくなる人はどのくらいいるのか

住宅ローン破綻の割合はどれくらいなのか

住宅を購入するときには多くの人がローンを借りる。住宅金融支援機構の統計によれば、毎年20兆円前後の新規貸出があり、2014年3月末時点の貸出残高は180兆円あまりにのぼるようだ。また、総務省統計局による「全国消費実態調査」(2009年)では、住宅ローンを借りている世帯が約1,104万世帯で、全世帯の22%を占める。それでは、このうち返済ができなくなった、いわゆる「住宅ローン破綻」世帯はどれくらいあるのだろうか。

残念ながらそれを明確に示す調査資料やデータは存在していないが、住宅金融支援機構の広報誌である「季報『住宅金融』2012年度冬号」に掲載された「家計から見た日本の住宅ローン市場の状況」によれば、3ケ月以上の返済遅延があるのは9万8,694世帯であり、債務者全体に占める比率は0.89%だ。ちなみにこれは住宅金融支援機構だけでなく、すべての金融機関について推計をしたものである。

また、株式会社三菱総合研究所による調査(25機関が対象)では、2002年度から2012年度の融資実行案件のうち2012年3月末時点までに代位弁済されたのが約2,500件とされている。代位弁済は、保証会社に債権が移行した状態であり、簡単にいえば不動産競売または任意売却前の段階になったものだ。資料の中では「平均デフォルト率」が示されていないものの、正常先の約47万件と比較して計算をすれば約0.53%である。3ケ月以上の返済遅延があっても破綻を回避できるケースや、借入後10年を超えてから破綻する例が多いことなどを考えれば、住宅金融支援機構の広報誌に示された数字と矛盾はない。

したがって、住宅ローン破綻をする世帯の割合は0.5%〜0.8%程度、経済環境が悪化した時期でも1%を少し超える程度だろうと推定される。住宅ローンの債務者200人のうちで、1人〜2人といった割合だ。「借りたお金は必ず返さなければ……」という責任感が強くて真面目だといわれる日本人の破綻率の低さが、金融機関の超低金利による貸出競争を支えているともいえる。

しかし、100人に1人以下だからといって決して他人事ではない。住宅ローン破綻を避けるために苦しい家計を必死でやり繰りしながら、何とか生活を続けている世帯はその数倍になるだろう。住宅を手放したくないために無理を重ねつつ、ギリギリの生活で「破綻予備軍」となっている世帯も多いのだ。高額所得者の破綻も意外に多いという。借入金額が大きくなりがちなうえ、経済環境が変化したときに以前の所得水準を維持することが難しい側面もあるのだろう。

ちなみに、2009年12月4日から2013年3月31日まで適用された「中小企業金融円滑化法」(いわゆる、モラトリアム法)により、住宅ローン返済条件などの見直しや変更が実行された人は26万7,669人にのぼっている。

引用元-HOME’s PRESS

スポンサーリンク

  人気記事

住宅ローンの返済が苦しくなると、夫婦関係も悪くなる?

住宅ローン返済中の方は、夫婦の仲を確認してみよう

セミナーで聞いた話ですので、1部の人の偏った思想かもしれません。でも同じ主婦として非常に気持ちがわかる(?)ことでしたで、たぶん多くの方は同じ状況に陥った時に、このような悪魔の気持ちが湧いてくるのかもしれません。私も家を売って多額の借金を背負った時に、やっぱりお金の事で夫婦仲がおかしくなりましたから、お金は夫婦仲まで壊す可能性をふんだんに秘めていると思います。住宅ローンって1度借りると、完済するまで非常に長い期間つきまといます。お金の面でも夫婦の精神的な支えは、非常に大切になってくる要素です。完済するまでにライフイベントなんて刻々と変わりますから、どんな状況に陥ってもそれに耐えうるリスクをしっかりとシミュレーションして話し合っておくことってとても大切です。

住宅ローンを借りている旦那さんは、まずは奥様との仲を確認してみましょう。最近ごはんが脂っぽいものが増えたな。しょっぱいおかずばかりになったな。何か殺気を感じる気配があったら、要注意です。住宅ローンを借りて幸せになれる家を買ったなら、お金の返済だけではなく夫婦仲も幸せに保っていきたいですね。

家計管理は人生の幸せ管理。家の中が楽しくなかったら、せっかく高いおうちを買った意味がありません。楽しく夫婦仲を保ちながら、一緒に住宅ローン完済に向けて頑張りましょう!もし本気で住宅ローンの支払いがキツくなったなと感じてきたら、借り換えという方法もあります。

引用元-ももねいろ

住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンを2ヶ月滞納すると・・・

住宅ローンの滞納を2ヶ月続けてしまうと、まず住宅金融支援機構や銀行から、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。

「貴殿の滞納は現在2回になっています。・・・・・・催告書の期日までに延滞の解消が無い場合は、期限の利益が喪失され・・・・・・」
という風に、少々難しい言葉で書かれたこの文書ですが、簡単に要約すると

「あなたは現在住宅ローンの支払を2ヶ月滞納しています。このまま支払いを滞納して3ヶ月になると、銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続きに入ります。保証会社はあなたのマイホームを競売に掛けて銀行に返済したお金を回収します。競売に掛けられるのがイヤなら全額一括返済してください。」
ということになります。

つまり、このまま滞納し続けたら、住宅ローンの残金を一括で返済してもらいますよ。一括返済がムリなら競売にかけますよ。と言ってきているわけです。

住宅ローンを3ヶ月滞納すると・・・

そして滞納を続けたまま3ヶ月経つと、「代位弁済手続き開始」という通知が送られてきます。

「貴殿が借り入れた住宅ローンについて・・・・・・当社が連帯保証・・・当社は銀行から請求を受け、債務者の変わりに代位弁済金を支払いました。・・・・・・代位弁済金及び、年14%の遅延損害金を一括で支払って下さい。今後の法的手続きを含めた回収手続き・・・・・・」
今度もこのような難しい文書なのですが、要約すると

「銀行から請求を受けて、あなたのローンを一括返済しました。ですから、当社(保証会社)に利息をプラスしてローンを速やかに一括で返済してください。返済しない場合は、あなたの住宅を競売に掛けます。」
ということ。

いよいよ、今すぐローンを一括返済しないなら競売にかけますよ。
と最後の警告をしてきたのです。

このように、住宅ローンは滞納を3ヶ月続けると、住宅金融支援機構や銀行の「保証会社」からローンを一括返済するよう求められます。もしもローンを一括返済できなければあなたのマイホームは競売に掛けられてしまうのです。これはあらかじめ決められたルールですから、とても事務的に進められます。

引用元-住宅ローンが返済不能になった方必見!任意売却で解決できます

住宅ローンの返済が苦しい・できないときの対処

住宅ローン返済が厳しい・できない場合の解決策

上のように住宅ローンの返済が厳しい、返済できない場合であっても、道が全く無いというわけではありません。銀行だって住宅ローンがみすみす返済不能となってしまうよりも、返済できる建設的な道を探す方が得な場合もありますので、相談にのってくれます。
以下では、住宅ローンの返済が厳しい・返済できない場合の解決方法とされるものです。ぜひ参考にしてみてください。それぞれに特徴があるので、あなたが返済できない状況・条件に合わせて選択するべきです。

下記は、住宅ローン返済が難しくなってきたときに個人でとることができる対策の一例です。原則的に、上に書いてあるものほど利用者にとって有利なチョイスとなります。逆に下に行くほど、家を失うなどのリスクが高くなってきます。
ちなみに、住宅ローンの返済が厳しい時、銀行に相談しても対応してくれないというケースが昔は多かったのですが、2009年のモラトリアム法案を受けて対応は大きく変わっています。

モラトリアム法自体は2013年3月末に終了していますが、金融庁は同様の対応を銀行に対して望むという態度を示しており、相談にのってくれる可能性は少なからずあります。
こうした対応は、遅くなるほど解決が困難になっていうものですので、住宅ローンの返済が厳しい・苦しいという状況になった時はできるだけ早く行動するべきです。

→住宅ローンの返済期間の延長を申請する

月々の返済額負担が収入減少や費用負担の増加などにより厳しくなってきた場合。月々の返済額が多少でも減れば、今後も返済が可能という方。返済期間を延長することで金利負担は増加しますが、月々の返済額が小さくなります。

→一定期間住宅ローン返済額を軽減してもらう

家族の入院などで一時的な費用がかさみ住宅ローンの返済が厳しい。ただ、厳しいのは一定期間だけでその後はまた収入(費用)が元に戻るので、一定期間だけでも負担を軽くしたいという方。銀行側にとってはマイナスとなる相談ですが、交渉次第ではOKがでることがあります。

→個人再生手続きで自宅を守る

仕事はあり、安定した収入はあるが、多少の住宅ローンの減額などでは対応できないほど厳しい状態。抜本的な借入の見直しが必要になるが、有効な対策が無い方。ただし、返済の意思はあり、住宅自体を手放したくない方向けの対策が「個人再生手続き」です。

→任意売却を検討する

将来の見通しが立たず、無職または収入が不安定。多少の住宅ローン額の減額などでは対応できない。住宅ローン計画自体がすでに破綻状態にある方向け。返済が滞り銀行から競売にかけられてしまう前に、任意売却することで少しでも有利な価格で住宅を売って、再生することができます。

→自己破産をする

対応としては最終的なものになります。借金の返済が困難であり、任意売却等を行っても状況が改善しない場合は自己破産という方法が最良となるケースがあります。返済能力にもよりますので、弁護士などの専門家にご相談いただくというのが一番です。

引用元-住宅ローン比較マニュアル

住宅ローンの破綻を避けるためには?

住宅ローン破綻をすればマイホームを手放さなければならないが……

住宅ローンの返済ができなくなって延滞をすれば、当然ながら金融機関から支払いの催促を受ける。遅れながらでも継続して支払っていけば、家を失うことはないだろう。しかし、金融機関が定めた期間(3ケ月〜6ケ月程度)の延滞が続けば、住宅ローン残金のすべてを一括で返済するように迫られる。だが、毎月の返済ができないなかで残金をまとめて支払うことができるはずもなく、ほとんどの場合は不動産競売に向けた手続きが始まるのだ。

この過程で住宅を売却して借入残高のすべてを返済できれば、生活を立て直すことも比較的容易だろう。ところが、ほとんどの場合は売却をしても住宅ローンを完済できず、不動産競売にかけられても借金が残るのだ。この残った借金は、自己破産しないかぎり免除されることはない。さらに、競売による落札者が決まった後は、引越し先の事情などは考慮されずに立ち退きを迫られることも多い。

不動産競売は住宅を処分するための最終手段だが、債権者側との合意に基づいて競売の前に一般中古住宅市場での売却を試みるのが「任意売却」だ。不動産競売よりも高く、通常の相場に近い水準の価格で売却できれば、残る借金を減らすことができる。また、残った借金の返済について毎月1万円〜3万円程度(生活再建に支障のない範囲)にしてもらうことや、明渡しの時期などについて、話し合いにより柔軟な対応をしてもらえるケースが多いのも任意売却の強みである。

任意売却は不動産の仲介業務として、制度の上ではどの不動産会社でも取り扱うことができるものの、債権者側との交渉などは専門的なスキルも求められる。任意売却を専門に取り扱うなど、住宅ローン破綻者の生活再建を念頭において、しっかりと交渉にあたってくれる不動産会社に依頼をしないと、思うように進まないこともあるだろう。
なお、住宅ローン破綻をしたとき、不動産会社へ相談をすれば任意売却を勧められ、弁護士へ相談をすれば自己破産を勧められることも多い。どちらもそれが収入の手段になるためである。実際にどちらが良いのかはケースバイケースで、個人の考え方次第の面も強い。それぞれのメリットとデメリットをよく聞いたうえで、冷静に判断をすることも必要だ。

住宅ローン破綻を避けるためには早めの対策が欠かせない

収入が減少するなどして住宅ローンの支払いが苦しくなってきたら、少しでも早く対策を考えることが欠かせない。家計を見直して支出を抑えることや、収入を増やすための手段も考えなければならない。ここで絶対にやってはいけないのが、消費者金融などから高利のお金を借りて住宅ローンの支払いに充てることだ。翌月には間違いなく収入が回復するという確証がある場合ならともかく、たいていは破綻を早め、その後の生活再建をより困難にするだけである。

住宅ローンの借換えで毎月の負担を減らす、金融機関との間で返済条件の変更を交渉するなどの対策は、できるかぎり住宅ローンの延滞が始まる前に実行しておきたい。とくに、借換えのときは延滞があると思いどおりにいかないことも多いだろう。

住宅ローン以外の借金(カードローン、信販ローン、消費者金融など)があるときは、個人民事再生も選択肢になる。住宅ローンはそのまま残るものの、他の借金は5分の4程度(債務額により異なる)が免除され、残りの5分の1程度を3年ぐらいで返済することになるだろう。それによって住宅ローンの返済をこれまでどおりに続けられるのであれば、家を失わずに済むのだ。「住宅ローン特則」が適用されれば、月々の支払い額を減らすこともできる。ただし、個人民事再生のための弁護士費用もそれなりにかかるため、手持ち資金が枯渇してからでは難しい面もある。この場合でも、早めに決断をすることが欠かせないのだ。

引用元-HOME’s PRESS

まとめ
住宅ローンの支払いが苦しくなる人はたくさんいるみたいですね。そうなってしまった場合は対処法もあり、早めに対応することが大切のようですね。

twitterの反応

 - 日常・生活