ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

      2016/05/13

 - 日常・生活

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合は旦那さんの実家へ行くことが一般的ではないでしょうか。旦那さんの実家へ行くのが憂鬱だ…と思っている人のために旦那さんの実家での過ごし方を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないものですよね。限られた予算で限られたスペースにものを揃える作業は結構大変です。そんなときはリストを作ってみましょう。

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向かって下手なんて言えないし、とりあえず上手と言っておこう」と思ったことはありませんか?でも、これ実はあまり良くないんです。ここでは、子供の絵の感想を求められたときの対処法をご紹介します。

産後に旦那の実家へ!お世話になる時の注意点は?

出産後しばらくはあまり無理をしてはいけないので実家に里帰りする人は多いですね。中には旦那さんの実家へお世話になる人もいるでしょう。産後に旦那さんの実家でお世話になる場合はどのような事に気を付けたらいいのでしょうか。

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温、冷蔵庫、冷凍庫ではそれぞれどのくらい保存することが可能なのでしょうか?今回は煮物の保存方法について調べました。

銀行の窓口で預金を引き出しする方法

銀行に預けたお金を引き出す場合はATMを利用する人が多いと思います。しかしATMでは一度に引き出せる限度額が決まっていますね。そこで今回は窓口での預金の引き出しについて調べました。

社会保険のいろいろな申請の期間や受給の期間

社会人になると会社の社会保険に加入します。一番身近なのは健康保険でしょう。申請しても保険証が届く前に怪我をしたり病気になることもあるでしょう。また、長期間に療養が必要な場合はお給料が出なくて大変です。出産の場合も然り。制度を把握しておきましょう。

クーラーや扇風機は健康に悪い?正しい使い方とは

夏になるとクーラーや扇風機を利用する人がほとんどだと思います。しかしクーラーや扇風機は使い方次第で健康を損ねてしまうこともあります。今回はクーラーと扇風機の正しい使い方を調べました。

子供の部屋が片付かない!おもちゃを上手に片付けるには

子供が小さいころはなかなか部屋をきれいにするのが難しいですね。たくさんあるおもちゃをどうしたら上手に片付ける事ができるのでしょうか?今回は子供部屋のおもちゃを上手に片付ける方法を調べました。

ご飯は冷蔵庫で保存する?ベストな保存方法とは?

ご飯が余った場合はどう保存していますか?ご飯は冷蔵庫や冷凍庫で保存する人がほとんどだと思いますがどれがベストなのでしょうか?今回はご飯のベストな保存方法について調べました。

布団は掃除機でダニを吸おう!おすすめの布団専用ヘッド

布団にはたくさんのダニがいるので、アレルギーがある人は咳などの症状が出ることがあります。そのため、布団は掃除機でダニを吸うといいですね。今回は掃除機のおすすめ布団専用ヘッドについて調べました。

パンの消費期限と賞味期限の違いとは?何日までなら食べられる?

パンに表示してある、消費期限と賞味期限の違いとは何なのでしょうか?消費期限と賞味期限を過ぎた場合は何日までなら食べても大丈夫なのでしょうか?今回はパンの消費期限と賞味期限について調べました。

子供を夫婦二人で働いている場合の扶養はどちらが良い?

夫婦二人で共働きしている場合、子供の扶養はどちらがしましょう?悩んでいる夫婦は多く見うけられます。お子さんが二人の場合は一人ずつ分担して扶養するというご家庭もあると思います。しかし、会社によってはどちらか一人が複数の子供を扶養するルールを設けていることもあります。会社のルールが優先になります。

キャベツともやしはどちらが栄養がある?

キャベツの価格が高騰しているので、代用としてもやしを食べているとよく聞きます。
買いやすさと、使い勝手と、栄養価と総合的に比べてどちらが勝っているのでしょうか?どちらにしても、個々の特徴がある優れた食品であるので、勝ち負けを付けずに感謝していただきましょう。

うちの子が!?幼稚園の年中にあがった後仲間はずれに。。

子どもにとって年少から年中にあがるという変化は、大人が思っているより大きなもの。クラス替えや担任の先生が変わる他、中には年中から入園される子どももいるので、交友関係ががらっと変わることも。そんな環境では仲間はずれが起きてもおかしくないですよね。今回は子どもの悩みについてまとめました。

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しないといけません。一人暮らしの場合はどのくらいかかるのでしょうか?また光熱費の節約方法もあわせて紹介します。

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

子供に携帯を持たせるならどのようなものがいいでしょうか?年齢や目的によっても変わってきますね。また最近は携帯トラブルに巻き込まれる子供も増えているので要注意です。今回は子供の携帯の選び方を調べました。

賃貸の壁紙は張り替えてもいいの?

賃貸住宅の場合、退居するときには借りたときの現状に戻すという決まりがあります。しかし、借主は少しでもセンス良く自分好みの家にしたいと思うでしょう。退居時にトラブルにならないリフォームの仕方を知ると、敷金問題の回避にもつながります。ちょっとの工夫と知恵で賃貸ライフも楽しみましょう。

親子で楽しく遊ぼう!1歳の赤ちゃんにおすすめの遊び

赤ちゃんは成長するに従って動きも活発になり、できることが増えていきます。1歳くらいの赤ちゃんはどのような遊びが好きなのでしょうか?今回は1歳くらいの赤ちゃんにおすすめの遊びについて調べました。

新築の一戸建てを購入したのに騒音が!車などの騒音対策はどうする?

新築一戸建ての購入は人生の中でも一番高額な買い物といえますね。せっかく購入した一戸建てが車などの騒音でうるさかったらどうしますか?今回は一戸建てでの騒音対策について調べました。

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらいいのでしょうか?盗むことは当然いけないことなので子供にはしっかりと教えないといけませんがどのように教えたら効果的なのでしょうか?

見出し

正月は実家へ帰省する?

約半数の家庭では、実家に帰省する!

【質問】
定番の年末年始の過ごし方を教えてください!(複数回答可)

【回答数】
実家に帰省:51%
何もしない:31%
国内旅行:8%
海外旅行:0%
その他:19%

アンケートの結果、「実家に帰省する」と答えたかたがもっとも多いことがわかりました。
・祖父母が孫の顔を見るのを楽しみにしているし、おいしいおせち料理を用意してもらってのんびりできるので。(40代/女性/専業主婦)
・私の実家に帰省し、近くの小さな神社に初詣でに行き、みかんと甘酒をもらい、おみくじを引くのが定番になっています。(30代/女性/専業主婦)
・夫の実家から呼ばれるので断れなく毎年、帰省してます。(30代/女性/パートアルバイト)
・年末は主人の実家・年始は私の実家と定番になっています。年越しは家でゆっくり過ごします。(30代/女性/専業主婦)

約5割の人は、年末年始を実家で過ごすのが定番のようです。実家への帰省は祖父母と孫が出会える貴重な機会といえますね。また、おいしいおせち料理を用意してもらえるとの意見もありました。これも、実家で過ごす大きなメリットかもしれません。神社への初詣でに行くこともお正月ならではの風物詩ですよね。なかには、夫の実家への帰省を断れない人や、主人の実家と自分の実家の両方を訪れる人もいるようですが、どちらの実家で年末年始を過ごすかも大きな課題になるのかもしれませんね。

引用元-ベネッセ 教育情報サイト

スポンサーリンク

  人気記事

正月に実家へ帰るのは憂鬱?

■大晦日→元旦はどこで過ごす?

「年末年始は夫の実家と私の実家の両方に泊まりがけで帰りますが、大晦日から元旦にかけてをどちらの実家で過ごすかが問題。どちらの実家も『好きに決めていいよ』と言ってくれるけれど、内心は……。双方の兄弟姉妹と連絡を取って、様子を探り合うのが面倒といえば面倒」(30歳)

年末年始の中でも大晦日から元旦にかけてはやはり特別。昔は有無を言わせず嫁ぎ先に行くものだったのかもしれませんが、最近では慣習が薄れてきただけに迷うところなのかも。とはいえ、次のような意見も。

■スケジュールがなかなか見えない

「お正月は旦那の実家のスケジュールが優先。なのはいいけれど、そのスケジュールがなかなか出ないので直前まで予定が立てられないのがちょっとツラい」(29歳)

親世代とスケジュールを決めるタイミングのズレに戸惑うことも。さらに、自分の実家との距離感で悩むというのは次のような意見。

■実家でいい娘プレイ

「結婚前は自分の両親とそれほど連絡を取らなかったし、年末年始だからといって実家に帰ることもなかった。結婚後やりとりをせざるを得ないシチュエーションが増えたのが煩わしいです。結婚前はさくっとスルーできたことが、夫の立場を考えるとできなくなったり。今年の正月は『母親の味を覚えるいい娘プレイ』をしに実家に帰ります」(28歳)

引用元-THE HUFFINGTON POST

旦那の実家へ帰省するときの心構え

【1】「これは仕事」と思ってビジネスライクに割り切る

「『イヤミな姑はお局様、舅は頭の固い部長』と思えばいい。家に帰るまでのガマンなのは会社と同じ」(30代女性)というように、夫の実家を職場に見立てれば、何があっても「ここだけのこと」と気持ちを切り替えることができそうです。「小姑はワガママなAさんにソックリ」などと想像するのも息抜きになるかもしれません。

【2】「終わったら友達と遊びに行こう」など、自分へのご褒美を胸に秘める

「大好きなアーティストのライブチケットを用意。イラッときたら取り出して、自分をなだめます」(20代女性)というように、お正月を乗り越えたあとの「お楽しみ」を準備しておくのもよさそうです。ただし「家に買ってあるDVDを見る」などでは、余計に早く帰りたくなってしまうので気を付けましょう。

【3】「同居するよりマシ」と自分に言い聞かせる

「365日一緒に暮らすことを思えば、ほんの数日のガマンなんて何てことない」(40代女性)というように、年末年始の帰省だけですむことを「恵まれている」と考えて、気持ちを落ち着かせる人もいます。出かける前に、同居で毎日大変な友人のグチを聞いておくと、いっそう強く思い込むことができそうです。

【4】夫の家族に気に入られることを期待しない

「夫と子どもに好かれていればいい。『イイ嫁』でいたい、という気持ちをスッパリ捨てました」(30代女性)など、義父母に好かれることを第一にせず「自分の幸せ」を主体に考えると、肩の力が抜けてラクになれるようです。自然体で過ごすうちに、姑との付き合い方もいいほうへ変わるかもしれません。

【5】「家政婦役の女優」になったつもりで演じきる

「2、3日のことだし、猫をかぶるのはお手のもの。昼ドラの主人公になりきってやり過ごします」(30代女性)というように、「夫の実家」という舞台に合わせて「お嫁さん役をやる」と考えるのも面白そうです。姑にイビられたら、女優魂を発揮して、姑が慌てるくらい大げさに反応してみましょう。

【6】夫が何もしなくても「ここでは『大きな息子』だから仕方ない」と思うようにする

「義父母の家に上がった時点から、『夫』としての役割を期待しないようにする」(20代女性)というように、嫁としてあくせく動き回る自分に無関心な夫のことは、姑に世話を任せて突き放してしまうのもいいでしょう。「『妻』をやらなくてもいいんだ」と思えば、多少は気が休まるかもしれません。

【7】「義理の親に孝行する私ってエライ!」と自分を褒めてあげる

「義父母の前では笑顔で過ごしつつ『あぁ私、徳を積んでるなあ』と思うようにしてます」(40代女性)というように、夫の実家で過ごすことを「ご奉仕」と考えてみるのもありでしょう。「夫の実家で善行を施す私」と思えば、何かイヤなことがあっても大きな心で受け流せてしまえそうです。

【8】「しょせん赤の他人、よその家」と考えて、気負わない

「生まれも育ちも違う人たちと合わないのは当たり前。他人の家にお邪魔するつもりでいればいい」(30代女性)というように、夫の家族を身内だと思わないで接するのも、ひとつの方法です。「たまに会う近所のご夫婦」くらいに考えて、粗相のないように振る舞っておけば、義父母も文句は言わないでしょう。

【9】ここで頑張った分は「夫への『貸し』になる!」と考えておく

「一生懸命『イイ嫁』しておけば、私が自分の実家でしばらく過ごしても文句は言えないはず」というように、自分がやった分だけ見返りがあると思えば、前向きになれそうです。ただし、鈍い夫にわかってもらうには「今回の帰省が終わったら、私も実家に帰るから」と言っておく必要があるかもしれません。

引用元-オトメスゴレン

旦那の実家へ帰る前の注意点

年末年始は行事も多く、「家」によっては親戚への挨拶など、決まった予定が入っていることもあるでしょう。

結婚したならば、年末年始の行事に嫁として当然加わるべき!という考えの義実家の場合は、「帰省して当たり前」。

特に新婚の年は、「帰省が礼儀」ともとらえる義実家も多いかもしれません。そのようなパターンの場合は、「チケットは取れたの?」などと、催促されてしまう前に、交通機関を確保できたかなり早めの段階で連絡するのがよいかもしれません。

一方、それほど「家」に縛られない義実家もあるでしょう。家族行事のない義実家の場合は、あまり早くに帰省の連絡をすると、二人を受け入れる準備のために両親を悩ませてしまうかもしれません。

あるいは、義実家に寝泊まりすることが歓迎されないようならば、近くの宿泊施設に泊り、挨拶だけに義実家を訪れるということも考えられます。

そのような状況が想定される場合は、「帰省してもよいか」と確認してから帰省の段取りを組むようにしましょう。

いずれにしても、帰省をするかどうか、すべきかどうか、の連絡は、なるべく早めに入れておきましょう。

実際に帰省する日程については、仕事の休暇とチケット確保の状況をもとに、夫とよく相談して日程の調整をすることをおすすめします。

また、交通費の関係から毎年帰省することが難しいと予想される場合は、どの年が帰省するべきポイントの年なのか、夫を通して義実家と連絡を取り合ってもらうようにしましょう。

引用元-みんなのウェディング

相手のことを考えて手土産を持参しよう

食べ物や飲み物が無難ですが、何が必要なのか、どんな好みなのか、相手のことを考えてじっくり選んだということが伝わるようなものを贈ることが一番大切です。また渡す時にも「お義父これお好きでしたよね」「美味しいのでぜひ召し上がっていただきたくて」などと、思いが伝わるような言葉を添えて渡すことを心がけましょう。

自分の住んでいる土地の名産品や、評判のお取り寄せ品なども喜ばれます。食べ物の場合は、賞味期限に余裕があるものや、個包装のものを選びましょう。
金額は5000円くらいが手頃です。また到着後、勝手に仏壇にお供えすることは控えましょう。仏壇にお供えするかどうかは、自分ではなく相手が決めるものです。

引用元-マーミー

旦那の実家ではしっかりお手伝いを

正月となると、親戚の集まりがあったりしますよね?正月だけに限ったことではありませんが、お客さんじゃないので、妊婦さんとか、産後じゃない限り、手伝うことは、当たり前。

まずは、お義母さんに何を手伝えばいいのか、聞いてみましょう。集まりがあれば、女性は忙しくなるので、先に、手伝うことや、だいたいの流れを聞いておいた方がいいかもしれません。「何もしなくていい」と言われても、これも建前。他の女性が動いていたら、あなただけ座るわけにはいけません。

歳の近い女性がいれば、何をすればいいのか聞いてみたり、お酒やお茶など、コップが空いていたら、注いだり、ツマミは足りてるか?何か欲しがってないか?と、テーブルを回ってみたり、歳上の女性が皿洗いなどしていたら、代わったりして、とにかく、うまく出来なくても、周りの人のために動いていたり、何か手伝おうという意思が見られると、働き者でいい嫁、とアピールできます。

さらに、エプロン持参で行くと、ヤル気が見られて、好印象です。また、泊りだったら、毎回の食事もお世話になるわけなので、食事の後片付け、の他に、なるべく洗濯や掃除も手伝いたいですね。親だから甘えて当然ではなく、「正月ぐらいは、お義母さんもゆっくりしてね」と、親孝行するつもりで行きましょう。

引用元-大人の歩き方

これはしてはいけない!旦那の実家でのタブー

●無闇に台所へ立ち入る

主婦歴が長い姑だけに、台所には特別な思い入れを抱いている可能性もあります。「ここはいいから休んでいてね」といった姑の言葉は気遣いであると同時に、「嫁であれ、自らの持ち場を侵してほしくない」という意思表示かもしれません。いずれにせよ、台所に立ち入る際は「主」である姑にひと言ことわりを入れるのがマナーといえるでしょう。

●何も手伝わない、手伝うそぶりを見せない

「お客さんなんだから、ゆっくり休んでいてね」という姑の言葉。果たして本音なのか建前なのか、判断は難しいところです。しかし、たとえ本音だったとしても、少なくともサポートするそぶりを見せておいて損はありません。台所仕事に備えエプロンを持参しておくなど、姑が気軽に手伝いを頼める雰囲気にもっていくのも手です。

●姑の料理に口をつけない

はりきって作った料理に手を付けない。これは実際、「嫁を嫌いになった」そもそもの原因として、多くの姑が挙げるタブー行為です。好みの味付けでなくても、たとえまずくても「おいしい」といただくのが嫁、というより大人の良識。正直な感想を述べることは、お互いにとって何のプラスにもなりません。とはいえ、苦手な食材がある場合は正直に「これだけは苦手で…」と告白した方がいいでしょう。さもなくば、今後、帰省の度に我慢して食べる羽目になりかねません。

●何もしない夫を非難する。夫に不遜な態度をとる

男性の場合は特に、実家では気が抜け、堕落してしまう人も少なくありません。あまりの腑抜けぶりにイラついたとしても、姑にとっては我が子である夫を非難することは避けましょう。姑としては、育て方を批判されているような気持ちにもなってしまいます。仮に姑自身が息子に注意しても、嫁である自分もそれに乗っかり追い打ちをかけるべきではありません。我が家にもどってから、たっぷりお灸をすえてやればいいでしょう。

●「いい嫁」を演じようとする

アレコレとNG行為を紹介してきましたが、だからといって気張りすぎてしまうのも禁物。「いい嫁を演じよう」「気に入られよう」と思い詰めると、夫の実家への帰省が憂鬱になってしまいます。ネガティブなマインドが姑に伝染し、変にギクシャクした空気になるのは避けたいところでしょう。まずは最低限のマナーを守り、粗相のないよう努めることだけを意識し、基本的には家族で楽しく正月を過ごす気持ちを持つことが重要です。

引用元-R25

まとめ
旦那さんの実家へ行くのが憂鬱な人もいるようですね。しかし義両親とは長い付き合いになるので仲良く過ごせるようにしたいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活