ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

      2016/05/14

 - 美容・健康

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる?と思いますよね?運動しても、消費されるカロリーはとても少ないのです。それは摂取カロリーの問題です。大切なことは、筋肉量を減らさずに、脂肪を燃焼させること。運動だけでなく、食べるものを気を付けてください。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

アスペルガー症候群診断、子供は病院の何科を受診すればいいの?

アスペルガー症候群と聞くと不安になりますが、気になったら早めに相談をして理解を深めていくことも大切です。大人であれば、自分と周りが違うことに気が付くこともできますが、子供は「わがまま」や「自分勝手」など友達だけではなく学校の先生にまで誤解されてしまいます。では、アスペルガー症候群の診断は病院の何科ですればいいのでしょうか?ほかに相談できるところがあるのでしょうか?調べてみました。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

風邪を早く治すには?病院での点滴は効果あり?

風邪をひいたらできるだけ早く治したいものですね。風邪をひいた場合、病院で点滴をすると早く治すことができるのでしょうか?今回は風邪をひいたときの点滴の効果について調べました。

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

入院時の食事は痩せる?カロリーはどのくらい?

病院に入院した場合は食事は病院側から提供されます。入院時の食事はとても健康的なイメージですが、カロリーはどのくらいで作られているのでしょうか?また病院の食事は痩せるのでしょうか?

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンをよく利用するので目の疲れかな?と思っていたら実はとんでもない病気の場合もあるようです。今回は目の奥が痛いときの‌原因について調べました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

妊娠初期にお腹の張りが!その原因は?

妊娠初期には様々な症状が出るため、初めて妊娠した人は戸惑うかもしれません。妊娠初期にお腹の張りがある場合は何が原因なのでしょうか。今回は妊娠初期の症状について調べました。

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの思いで、縮毛矯正をしたものの、その後のケアは、あまりよくわからない人も多いかと思いますが、実は、セルフケア次第で、長持ちさせることができるんです。シャンプーを始め、ゴムで束ねる、ピン止め、耳にかけるのはいつから良いのか?縮毛矯正後の素朴な疑問に答えます。

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようです。水でシャワーをするとダイエットだけでなくいろいろな効果もあるといいます。今回は朝に水でシャワーをする効果を調べました。

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいですが、豆乳と牛乳って、似ているようで全く違うものなんです!牛乳と豆乳の違いから、カロリー、知って得する豆知識まで。調べてみました。

生理前のイライラの正体は

PMS(月経前症候群)とは

PMSとは“Premenstrual Syndrome”の略で、生理が始まる3~10日くらい前から起こります。イライラしたり、落ち込みやすくなるといった精神的な症状や、頭痛や眠気、乳房の張りなどの肉体的な症状がありますが、人によってさまざまです。生理が始まると消えたり、軽くなったりするのが特徴です。

PMSの原因は?

PMSの原因ははっきりとはわかっていませんが、妊娠を助ける「黄体ホルモン」(プロゲステロン)と女性らしさをつくる「卵胞ホルモン」(エストロゲン)のバランスが、排卵後急激に変化し、PMSを起こすと考えられています。

産後は特に、出産によってプロゲステロンとエストロゲンが大きく低下するなど、ホルモンバランスが大きく変化します。そのため、妊娠前よりPMSがひどくなったと感じる方も多いようです。

PMSの症状は?

自分がPMSなのかどうか、症状を知ってチェックしましょう。特に精神面が不調なとき、その原因がPMSだとわかるだけで、少し心が楽になります。

<精神面の症状>
・イライラする ・落ち込む、憂うつになる ・突然泣きたくなる ・集中力がなくなる ・無気力になる ・仕事ができなくなる

<肉体面の症状>
・身体がだるい ・頭痛 ・腰痛 ・むくみ ・乳房の張り ・吐き気 ・眠気 ・不眠 ・ニキビ

<産後PMSの症状>
AMOMAで出産経験をお持ちの女性100名に、月経に関してどのような悩みを経験したか聞いてみたところ、「イライラし子どもや家族にあたってしまう」(70.21%)や「感情の起伏が激しい」(60.64%)、「身体がだるい」(42.55%)など、PMSの症状の大きな傾向は産前も産後も変わらないようです。

引用元-AMOMA

スポンサーリンク

  人気記事

生理前のイライラの中の育児のつらさ

PMS期間の子育てはつらい。
息子のことは、暇をみつけては「好き好き好き」といいながら、食べんばかりにハグするくらい、大事にしている存在だ。けれども、息子が床に自ら作り出した「尿たまり」にダイブしたり、1時間かけて作った食事を星一徹ばりにひっくり返したとき、普段だったら人に話せる面白いネタができたと笑って済ますが、PMS期間中はコブシを握りしめつつ、涙を流しながら応対する。

筆者が独り身でサラリーマン生活の際、PMS期間は仕事をやすませてもらったり、よく休憩をとっていた。PMS専門外来の扉をたたき、点滴を打ってもらったときもあった。

確かに楽になるのだが、栄養ドリンクの効く期間が多少長くなった一時的なもの。お金もかかるし、何よりも、定期的に通うのがわずらわしくなって辞めてしまった。ピルも試したが、飲みはじめの不快感(吐き気やだるさ)が強く、こちらも合わなかった。

さて「PMS」「子育て」で検索してみる。多くの人が苦しんでいることはわかる。なかには、自分がPMSという症状をしらずに、一時的におとずれる「子育てがつらい」自分を長年責めてきたという人もいた。

PMS中の子育ての対処法として、「トイレに行って気分転換したり、可能であれば、一時保育に預けたり、パパに子どもを看てもらおう」とある。

トイレに行ってみた。が、息子は後ろからついてきた。意味がない。
というか、トイレに行ったくらいでこの鬱な気持ちはとれやしない。家の近くの一時保育は1ヵ月前までに予約が必要だ。すでに離婚している筆者としては、パパに頼むことはハードルが高すぎる。

引用元-MAMApicks

子供にあたらないように気を鎮める努力を

カッとなったら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせてみましょう

怒りがこみ上げてくるを抑えるのはとても難しいと思いますが、瞬間湯沸かし器のようにカッとなってしまったら、まずは深呼吸。ひと呼吸置くために、水を飲んだりするのもいいかもしれません。

もし、生理前で感情の起伏が激しいなと感じるたら、そのまま感情に任せて子供に当たるように怒るのではなく、一旦その場を離れたり、気を鎮めることが大切かもしれませんね。

気持ちを鎮める、”自分だけの何か”を見つけることも解決策のひとつ

生理前のイライラに限らず、ストレスを軽減させたり気持ちを落ち着かせるために、ハーブやアロマの好きな香りを嗅いで気分を和らげるのも良いでしょう。

引用元-ハピマミ

ストレスをためずに育児をすることが大事

1、抗おうとはしない

そもそも生理がなければ、子どもは産めません。生理のある女性が主に育児をするというのが自然の摂理なのですから、仕方ないといえば仕方ないこと。また、理性では抑えきれないほど精神を不安定にさせたり、便秘や肌荒れを起こす女性ホルモンですが、その量はとても微量とのこと。ほんの少しで人間の心身を大きく左右する威力を持っているのですね。女性ホルモンには勝てないですし、抗えないから仕方ないことだと予め知るのも大切です。

2、言うより言わない

普段待てることが待てない、普段気にならないことが気になるのが、PMS(月経前症候群)期です。「ダメ!」「何やってんの!」「も~」という、“意味はない怒りの声”が増える時期ですので、言いそうになったら抑えましよう。せめて溜息で逃し、言わないことを選んで。「こうすべき」という教えの言葉のみ抽出しましょう。

3、いつもの70%の家事育児を目指す

この時期はいつもの70%程度の育児を目指しましょう。家事育児が完璧なママより、笑顔のママを子どもは1番望んでいます。月に1回ですし、お惣菜が並んでも、部屋が汚くても、子どもが笑顔な方が大切です。

4、いつもの2倍ギュッとする

怒りの言葉を向けなくても、ママの怒りは子供に伝わります。子どもを不安にさせないためにも、いつもの2倍ギュッとしてあげましょう。寝る前やお風呂タイムでのスキンシップを増やすのも◎。母子ともに芯から落ち着くことができます。

5、子どもとTVを見る

子どもとTVを見ましょう。子育て中はゆっくりお茶を飲む時間もありませんよね。子供が昼寝中も家事があったり、なかなか休めません。唯一休めるのは、子供がTVに夢中になってる時間か、寝ている間ではありませんか?コツは子どもと必ず体を触れ合わせていること。ママはゆっくりお茶を飲んでも、雑誌を見ても大丈夫。自分でリフレッシュできることをしましょう。

抵抗がある方がいるかもしれませんが、根本的に大事なのはママがストレスをためずに子どもと接することです。特に1人で子育てしている場合、月に1度くらいこういう時期があって良いでしょう。心身ともに不安定なPMS期は、家事育児をするだけでも充分頑張っているのですから、そんな自分を認めてあげる、褒めてあげることも忘れないで下さいね。

引用元-Googirl

生理前のイライラを和らげる方法

バランスの取れた食事

■オススメの食材

大豆、納豆、豆乳、豆腐、きな粉、味噌、チーズ、ゴマ、アーモンド、大豆、小魚、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草(緑黄色野菜)

女性ホルモンに似た働きをする『イソフラボン』を含んだ大豆製品は、ホルモンバランスを整えます。また、カルシウム、マグネシウムを多く含む食材は症状を軽くするお手伝いを。

ストレスを溜めない

強いストレスは、PMSの症状を悪化させる原因に。 寝る前にはゆっくりとリラックスできるような、お気に入りの音楽やアロマオイルの香りで癒されるのも◎。ストレスは、その日のうちに解消しちゃいましょう♪また、ムリなダイエットもストレスの原因になるので、この時期はちょっぴり緩めなダイエットに切り替えるのをオススメします。

カラダを温める

カラダが冷えると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる原因に。冷やさないようにお風呂にゆっくりつかり温めるなど、できるだけカラダを冷やさないように。

適度な運動

普段からカラダを動かしてない人は、基礎代謝が低くカラダが冷えやすい傾向に。適度な運動をすることで、ストレスを発散させホルモンバランスを整え、PMSの症状も軽くなるお手伝いしてくれますよ。お家で始めるには、軽いストレッチやヨガがオススメです♪

よく寝る

夜遅くまで仕事をしていたり、寝不足が続くと、ホルモンバランスが乱れてきます。 良質な睡眠は美肌づくりにも欠かせないので、しっかりと睡眠をとりましょうね♪

引用元-PURELaBALI

まとめ
生理前でイライラするときはストレスをためないようにする事が大事なようです。そんな時は少し家事を休んでみてはいかがでしょうか。

twitterの反応

 - 美容・健康