ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

夜なかなか眠れない!寝れないのが怖い場合の対処法

      2016/05/17

 - 美容・健康

夜疲れているのになかなか寝れない…といったことはありますね。中には寝ることが怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。なぜ怖いと感じてしまうのでしょう。今回は夜寝れないときの対処法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には角質が充満しています。足や顔など全身にできる可能性があり、袋内部の腫瘍が大きくなり炎症を起こした場合などは手術が必要になります。今回は粉瘤の手術について調べました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

今更聞けない!脂肪燃焼とカロリー消費とダイエットの関係

現代日本でダイエットブームは衰えるところを知りません。必ず出てくるキーワードは「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。しかしこの両者の違いは結局何なのでしょうか?どのようなダイエットをすれば効率的に脂肪燃焼ができるのでしょうか?

二重になりたい!アイプチでしわに?

一重がコンプレックスな女性って多いですね。二重に簡単になれるアイプチって使ったことがある人は結構多いでしょう。でもこのアイプチ、トラブルが多く長期間使っているとまぶたにたるみができたりしわになったりするらしいので調べてみました。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

太ももの筋肉をつけると脚は太くなる?細くなる?

太ももはいくつもの筋肉に囲まれています。普段一番使うのは前側の筋肉です。ここに筋肉をつけると脚は太くなります。女性がほっそり美しい脚にするためにつける筋肉は他のところです。筋肉をつけるのは、何が目的なのでしょう?

風疹は病院で予防接種できる?任意接種の場合

風疹がここ数年は毎年のように流行っていますね。風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに影響があるので注意が必要です。気になる人は病院で予防接種をしましょう。今回は病院で風疹の予防接種を任意で受ける場合を調べました。

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新しています。そのため熱中症で病院に運ばれる人の数も多くなっていますね。熱中症対策のグッズも数多く出ています。その中でも保冷剤は熱中症対策にいいようです。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因の一つです。ただただ顔をマッサージするのではなく、リンパ腺の流れに合わせてマッサージを施すことにより解消できます。顔のリンパマッサージについて調べてみました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

アスペルガー症候群診断、子供は病院の何科を受診すればいいの?

アスペルガー症候群と聞くと不安になりますが、気になったら早めに相談をして理解を深めていくことも大切です。大人であれば、自分と周りが違うことに気が付くこともできますが、子供は「わがまま」や「自分勝手」など友達だけではなく学校の先生にまで誤解されてしまいます。では、アスペルガー症候群の診断は病院の何科ですればいいのでしょうか?ほかに相談できるところがあるのでしょうか?調べてみました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでしょうか?また貧血にはどのような人がなりやすいのでしょうか?今回は貧血と血圧の関係について調べました。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

夜寝るのが怖いために寝れないのは睡眠恐怖症?

睡眠恐怖症の症状について

睡眠恐怖症は、眠ることに恐怖を覚える病気です。恐怖を感じる理由は様々ですが、少し例を挙げると…

・夜 電気を消すと、その暗闇に何かがいる気がする
・幽霊が出るのではないかと思ってしまう
・金縛りにあった経験から、眠るとまた会うのではないかと怖い
・悪夢を見てしまい、眠るとまた見るのではないかと怖い
・眠ると直ぐに明日の朝になってしまうのが怖い
・夜に目を瞑るのが怖い
・過去の辛い体験を思い出してしまい、眠れない
・夜や明け方に、なんだか暗い。ネガティブな気持ちになってしまう

などなど…。
そしてこれらの結果、

・胸が苦しくなる
・パニックを起こす
・大量の汗をかく
・不整脈になる
・涙がでて、泣いてしまう

など、体にまで影響をあたえることがあります。実は私も、金縛りと悪夢が怖くて眠れなくなってしまった経験があります。特に金縛りは連続で起こるものですから、「寝てもまたすぐに――」と考えてしまい朝まで眠れなかった経験もあります(;´д`)

引用元-眠る方法大辞典

スポンサーリンク

  人気記事

寝るのが怖いために寝れない原因は

「寝るのが怖い」から眠れないという『現代型不眠症』が日本にはあるそうです。現代社会では6人に1人がこの現代型不眠症になっていて、眠るのが怖いと感じているとのこと。

「本当は眠いのに眠りたくない」と思ったり、「明日のことを考えると夜寝るのが怖い」となっているのが、主な症状です。

原因は色々あるのですが、夜勤や交代勤務などできちんとした体内リズムや睡眠スケジュールを続けることが困難な人に多いです。

例えば、夜勤だと夜に活動したり、帰ってきて昼間に寝たりします。ものすごいスケジュールなら夜勤が終わって帰ってきて、またその日の夕方から出勤なんてものもあるみたいです。そうなってくるとまともな生活もできませんし、心身ともに疲れきってしまってもおかしくない。

そして、疲れや眠れないのがピークで遅刻してしまったことがあるとしましょう。遅刻してものすごく怒られたことで、「遅刻しちゃいけない」と強迫観念みたいになり、それが不安や圧力になって、本当の不眠症になってしまうそうです。

確かに私も大事な取引先や会議の日や大きなイベントの時は「遅刻したら終わる・・」と思いますが、それが毎日続くのは想像以上に辛い気がしますね。でも、それ以外の日なら多少遅刻してもそこまで怒られることはないと思いますけど。事前に電話なりしておけば。

まぁ、ただ職場や業種にもよるかもしれませんね。電車や飛行機みたいな交通インフラだったり、お店の開店作業をする立場なら、遅刻はできませんし。その辺はなかなか難しいですね。

引用元-不眠克服メソッド 快適睡眠サプリメントランキング

夜寝れないときに自分でできる対処法

自分でできる不眠対策を教えてください。

野崎先生 次に紹介する10の方法のうち、自分の環境に合うものを選んで実践してください。震災に関する緊急度が高いのは1です。

1 不安の原因に対して備える
地震への不安が強くて不眠が続く人は、まず、「不眠の原因がはっきりしている」ということを自覚することです。
そのうえで、自分の生活に直接的にかかわることへの備えをしてください。たとえば、自宅から避難場所までや職場から自宅までの経路を確認する、食料や水などの非常用物品の備蓄をするなど、「備えあれば憂いなし」という言葉通り、憂いを断つために備えをするようにして、昼間に動いておくのです。

不安感が強いと行動力が鈍ります。余計に何もできなくなって、夜になると怖いという感覚に襲われます。小さな備えでも、たとえカバンに携帯用の懐中電灯を入れておくだけでも、「自分で何か動くことができた」という安心感が夜の恐怖感を取り除くことがあります。

2 友人や知人など、同じ不安感を持つ人と話をする
一人で考え込むことが一番よくありません。同じ境遇の人たちと話をすることでストレスを発散し、不安を解消することにもつながることがあります。

3 睡眠日誌をつける
「眠る前の日中の状態」、「睡眠時間」、「入眠までのおおよその時間」、「途中で目覚めた回数」、「目覚めの良さ」、「寝る2時間前に飲酒やタバコ、コーヒーなどカフェインを摂取したか」などをまずは2週間~1カ月ほど記録します。記録をしていくうちに、「不眠だと思い込んでいただけ」と気づく場合があります。また、医師に相談する場合に持参するという点でも役に立ちます。

4 毎日、同じ時刻に起床する
就寝も同じ時刻にするほうがいいのですが、そう規則正しくばかりは難しいでしょう。ですので、「起床時刻だけは毎日同じ時刻にする」と心がけてください。「2時間遅く寝たから2時間遅く起きる」では睡眠リズムが乱れて、改善が望めません。眠りにつけなかった翌朝も、休日も、いつもと同じ時刻に起床しましょう。

5 就寝前の入眠儀式をつくる
毎晩、寝る前に決まった行動を習慣づけると睡眠が誘発されることが分かっています。歯磨き、洗顔、着替え、軽いストレッチ、トイレに行くなど、単純作業をすることで脳に「眠りに入るよ」と働きかけることができます。これは意外に効果があります。

6 手足を温める
特に冷え性の人は、手足が冷たいと血行が悪いのですから脳も体も休まらず、眠りにくくなります。就寝前に足湯や手湯をする、腹巻きや靴下、手袋をするなど工夫してください。

7 寝室は別にするほうがよい
可能な限り、テレビやパソコン、食べ物があるなど覚醒時に活動している部屋と寝室は分けてください。寝室に入ると、全身が睡眠に向かうことになります。ワンルームマンションなどでそうもいかない場合は、カーテンなどを使い、寝るスペースを区切るなど、ちょっとした工夫をして寝るための環境をつくってください。

8 寝酒、寝タバコ、カフェインは厳禁
寝る前の大量のお酒、コーヒー・紅茶などのカフェイン、タバコなど刺激物は心地よい眠りの大敵です。お酒はたまに少量(ワインをグラスで2杯までなど)を飲むのであれば入眠を促しますが、大量に飲むと夜中や明け方に目が覚め、睡眠障害を起こしやすくなります。

9 就寝前1~2時間はリラックスをする
軽いストレッチ、ヨガ、ピラティスなどをする、ハーブティを飲む、消化吸収がよいホットミルクを飲む、足湯・手湯をする、アロマなど香りを試す、お気に入りの音楽を聴く、読書をするなどリラックスをする時間を設けましょう。ただし、寝る直前までネットサーフィンやテレビ、ビデオなどを見ていると光の刺激で脳が休まらず、入眠の妨げになるので避けてください。

10 昼にウォーキングをする
ウォーキングを習慣にすると、自然な入眠を促すことがあります。歩数や、いつどのぐらい歩けばいいのかなどは気にせずに、通勤や通学の時間を利用するなどして、日光のもと、1日20分以上を歩くことをお勧めします。

引用元-マイナビニュース

基本的な習慣の改善をしてみよう

悪循環から脱却する方法

基本的な習慣の改善

まずは、眠れなくなるような習慣を改善することが基本です。散々聞いたような話かもしれませんが、少しでも眠れなくなる要素を排除することは重要です。

・カフェイン、アルコール、タバコなどの刺激物を避ける
・寝る前はスマホなどの液晶画面を見ない
・お風呂は眠る2〜3時間前に入るのが有効
・お風呂と同様、就寝2〜3時間前の有酸素運動は効果的
・眠る前はできるだけリラックスできる環境を作る
・カモミールティーなど、リラックス効果のあるものを利用する
・リラックスできる音楽を聴く

などの対策は、それなりに効果が期待できます。刺激物を避けたり、スマホを見ないようにする、といった基本的なものはできるだけやっておきましょう。

その他の項目は、無理なく生活に取り入れられるものからはじめてみると
良いと思います。

眠れないというイメージを変える

先程も説明したように、脳は場所と行動をセットにして記憶します。そのため、寝室が眠れない場所だと脳が思っている可能性があります。

それを改善するためには、寝室に入ったらすぐに寝るということが大切になります。しかしながら、それができないから困っているのだと思います。ではどうすべきかというと、15分経っても眠ることが出来ない場合には、寝室を離れてしまうのです。

そして、リラックスできるような活動を別の場所でやった後に、眠れそうだなと感じたら寝室に戻ります。眠れるまでこれを繰り返すことで、だんだんと脳の関連付けが変わっていって自然と眠れるようになる、という理屈です。しかし、それをやっても全然寝付けない!という人もいるでしょう。簡単なテクニックではどうにもならない、と感じる場合には、次の方法がおすすめです。

睡眠サプリを使う

睡眠サプリは、睡眠薬ほど副作用もなく、効き目が高い方法として非常におすすめです。

色々試したけど眠れない、という場合には試してみる価値はあります。最後の手段として、睡眠薬を使うのも場合によっては必要だと思います。眠れない不安を払拭するために、最も直接的な方法です。しかし、できれば睡眠薬を使いたくない、と思っている人も多いです。そんな場合には睡眠サプリをおすすめしたいです。

引用元-不眠症ハザードマップ

怖さを取り除く脳内物質

また、脳内物質であるセロトニンの分泌は、不安や恐怖感の抑制に効果的です。セロトニンは、神経伝達物質と呼ばれるもので、極度の不安や緊張を適度に抑えてくれるのです。このため、うつ病や不安神経症の改善にも効果があるとされています。

また、セロトニンは、睡眠を促すための成分である、メラトニンを作り出す原料となります。メラトニンは、睡眠ホルモンとも呼ばれている物質です。夜の時間帯にこの物質が分泌されることによって、眠くなるだけでなく、睡眠のリズムが正常に保たれるようになるのです。

引用元-不眠症を改善する「セロトニン」とは?

まとめ
夜寝れないときは無理に寝ようとせずに気分を変えた方がいいようですね。サプリなどに頼るのも時には必要かもしれません。

twitterの反応

 - 美容・健康