ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

精神科に入院するのはどのような症状か

      2016/05/26

 - 美容・健康

精神科と聞くとどのようなイメージを持っていますか?精神科に通院したり、精神科に入院する場合はどのような症状が出た時なのでしょうか。今回は精神科に入院する場合の症状について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気になるのが頬の毛穴のようですが、どのようにすればなくすことができるのでしょうか。今回は頬の毛穴をなくす方法を調べました。

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

何となく顔が黒いと感じたら~くすみ対策はじめよう~

朝起きたら、何となく顔が黒いなぁって思うこと、たまにありますよね?それは、肌のくすみによるものかもしれません。実は、くすみは、生活習慣、洗顔、食事で改善できます!!くすみに悩んでいる方、ぜひお試しください。

足の指にできる頑固なタコ。自宅で治療はできる?

足の指にカタいところがある…触れば触るほど気になってしまう、タコや魚の目。とりあえずカミソリで削る方も多いと思いますが、何ができたのかを知って適切な処置をするのが、完治の第一歩に繋がるかもしれません。

髪のトリートメントの役割って知ってる?正しいやり方伝授します

洗い流すタイプや洗い流さないタイプ。最近香りや効果、使い方まで様々な髪のトリートメントを見かけます。ただなんとなく使ってしまったら、間違ったやり方で髪を逆に傷めてしまうかも!美人は髪から作られます。ぜひこの機会に正しいやり方を知っておきましょう。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

排卵日とは?検査は病院でするべき?

排卵日とは女性に月に一度はあるもので、妊娠をしたい場合は重要な日になります。排卵日を調べるには自分でする方法と、病院で検査をする方法があります。その両方のやり方について調べました。

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新しています。そのため熱中症で病院に運ばれる人の数も多くなっていますね。熱中症対策のグッズも数多く出ています。その中でも保冷剤は熱中症対策にいいようです。

肝臓や腎臓の健康を保つのには食事が大切

肝臓と腎臓は関連性があります。肝臓治療や予防に良い食品は、腎臓治療や予防に良いのです。痛みを感じない臓器ですので、普段から食事に気を配ると良いですね。免疫力、自然治癒力をあげて、健康な体を保ちましょう。

膝が痛い場合は病院の何科へいけばいい?

運動などをした後に膝が痛くなることがありますね。長引く場合は病院の何科へ行けばいいのでしょうか?また膝が痛い場合はどのような原因でなるのでしょうか?今回は膝の痛みについて調べました。

顔が大きい事は女性のコンプレックス?

日本人は骨格の関係で、西洋人よりも顔が大きいです。女性は小顔に憧れますが、仕方がないとあきらめてはいませんか?実は顔が大きい原因は骨格だけではなさそうです。マッサージや顔の体操で小顔になるようです。ぜひ、試してみてください。

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようです。水でシャワーをするとダイエットだけでなくいろいろな効果もあるといいます。今回は朝に水でシャワーをする効果を調べました。

脳の血管の痛みはどんな病気?

頭の痛みには大きく分けて2種類あります。脳の病気による場合は脳の血管が痛みます。しかし、ほとんどの場合は脳ではなくて、頭蓋骨の外側の血管や筋肉の痛みのようです。

偏頭痛の原因はストレス!?心療内科を受診するべき理由

偏頭痛持ちの方、多いですよね。ふとした瞬間に痛み始め、薬を飲んでもイマイチ効かない…。ストレスが原因かも?という方、心療内科を受診したことはありますか?その頭痛、心療内科で治してもらえるかもしれません。偏頭痛と心療内科の関係について調べてみました。

精神科を受診している人はほんの一部

過去12ヶ月間に何らかの気分、不安、物質使用障害を経験した方は8.8%、うつ病を経験した方だけでも2.9%みられること、過去12ヶ月間のうつ病の経験者のうち、精神科医に受診した人は14%、心理職に相談した人は14%、一般医に相談した人は9%であり、7割強の人は医療機関に相談していないことがわかりました。

上記の数字を、率でなく、実数で表現すると、日本の人口が1億2千万人なので、過去一年間に、1000万人以上の方が精神疾患に罹患し、うつ病は、380万人以上が罹患していることになります。280万人のうつ病の方が、いまだ、どこの医療機関にも通院されていないことを意味しています。

最近よく話題になる「引きこもり」は、1人以上の子供のいる主婦4134人からの面接調査では、その0.5%の方の子供にひきこもりの経験があるという結果になっており、おそらく、350-400人に1人のお子さんが、引きこもりである可能性が示唆されています。

引用元-ハートクリニック

スポンサーリンク

  人気記事

精神科の治療とは

精神科の治療にはどのようなものがあるの?
精神科の治療は、精神科医が薬物療法を行いながら、併せて、面接を通して人間関係の改善や社会適応能力の向上を図るための指示や助言等を行うのが一般的です。

薬物療法と精神科医との面接に並行して、同じような病状の方のグループで行う集団精神療法、家族が相談する家族療法、デイ・ケアなどの特別な治療プログラムを受けることもできます。

また、面接で行う治療の中で特別なものとして、精神分析や森田療法、認知行動療法などを行う医療機関があります。

症状が重くて、外来治療では治療効果があがらないとき、十分な休養が必要なとき、自殺などの危険があるときには、入院治療が必要になります。

引用元-みんなのメンタルヘルス総合サイト

精神疾患の症状の原因は

精神科疾患の原因は、未だ十分に解明されていません。私は、心の発達不全が基底に存在する状態で、生育史上の問題(両親との関係、トラウマ)、コンプレックス、人間関係のストレス、過労、睡眠不足など悪条件が重なった時に、精神科疾患が発病すると考えています。発病時には、たいてい「不安がマイナス思考を招き、マイナス思考が不安を増悪させる」というような悪循環が存在します。

 完璧な精神状態の人は存在せず、誰でも、多かれ少なかれ心の問題を抱えています。誰でも、欠点や弱点があり、誰もが心の一部に未発達な部分を抱えています。ですから、悪条件が重なれば、誰でも精神科疾患を発病する可能性があります。精神科疾患にかかる患者さんが特別であるというわけではありません。誰でもかかる可能性がある病気です。

引用元-How To Keep Mental Health

身体の症状から精神科を紹介されることも

精神科以外の身体科の先生方の中には,器質的な異常がなければ不快感も存在しないはずだと頭から思い込んでいて,検査で異常がなければ即「精神的なものだ」と診断してよく説明もしないまま精神科へ紹介してしまう先生もおられます。また患者さん自身も同様の思い込みをしていて,「検査で異常が見つからないのは検査が足りないからだ」「検査の種類が違うからだ」「検査の技術が悪いだけだ」と,「異常値」「異常所見」を探し求めて病院めぐり・医者めぐりをする方もおられます。

検査でみつかるような病気が何も存在しなくても,精神的な要因だけで強い痛みなどの不快感を感じることはあり得ます。「精神的なもの」というのはあなたの痛みが「ウソだ」というのとイコールではありません(少なくとも精神科医にとっては)。決してあなたの症状を疑っているわけではないのです。またそのような症状があるということを恥じる必要もありません。これは誰にでもあり得る病態です。

誰でも自分の精神面に何らかの問題を認めることは辛く,難しいことです。しかし精神的な要因を否定し続け,ひたすら「病気」や「異常値」を求めて病院をさすらうのもまた辛いことであるはずです。精神科医や心療内科医はあなたの症状を疑わずに扱うことができます。軽いおクスリが著効する場合もありますし,難しく長い治療になる場合もありますが,どうか怒らずに精神科を受診してみて下さい。

引用元-精神科ってどんなとこ? ~精神科 Q&A~

精神科へ入院になるのはどのような症状?

入院した方がよいかどうかは症状だけで決めるわけではなく、家や御家族の状況、そして患者さん本人の態度も含めて考え決定します。ですから見た目には同じような症状・状態でも通院で治療する人と入院で治療する人に分かれることがあります。

もちろん入院するかどうかは患者さん本人の意志が重要ではありますが、患者さん自身に病気であるという自覚がなく、服薬や療養の指示が守れずに、その結果患者さん自身に不利益が生じるにも関わらず、それを理解できないと認められる場合には、たとえ患者さん本人が希望されなくても御家族の同意を得た上で、専門医(精神保健指定医と言います)の判断で入院治療を行うことがあります。これを医療保護入院と言い、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」によってその運用を定めています。そして更に病気の症状が原因で、患者さんが自分自身を傷つけたり周囲の人に危害を加えたりするおそれがある場合には、精神保健指定医2名の判断によって都道府県の知事(政令指定都市の場合は市長)がその人を指定する病院に入院させることができる、措置入院という制度もあります。

それに対して患者さん自身が入院治療に同意し、治療契約を結ぶことができる場合を「任意入院」と呼びます。

引用元-千葉県

精神科での入院の流れ

精神科病院に入院中ってどんな過ごし方になるのでしょうか。ここでは主に「うつ病」の方の入院生活について紹介していきます。うつ病で入院するのは、「うつの程度が重症」「自宅で安静加療ができない」などの場合です。入院病棟には主に「開放病棟(自由に出入りできる)」「閉鎖病棟(病棟の入り口に鍵がかかっている)」の2つがあります。どちらに入院するかは重症度や症状によって決まります。原則は開放病棟への入院になります。しかし、自殺したい気持ちがどうしても出てしまうなどの場合は閉鎖病棟に入っていただく事もあります。開放病棟の場合、本人がその気になれば、夜中にこっそり病院から抜け出す事ができてしまうからです。強制的に閉鎖病棟に閉じ込めるという事ではありません。閉鎖病棟への入院は、本人から同意を頂いた上で行います。本人の理解度が病気によって低下していて、なおかつ閉鎖病棟への入院の必要があれば本人の同意が得られなくても保護者の同意や知事の同意を頂いて閉鎖病棟に入って頂くこともありますが、この場合も制限は最小限になるよう配慮されます。また、お部屋は4~6人くらいの患者さんが同室になる大部屋と個室の2つがあり、これも希望で選んでいただきます(個室は個室料がかかる事があります)。

うつ病の場合、入院直後はまずはひたすら休んでもらう事が治療になります。特に何もしなくて構いませんが、生活リズムが乱れると気分も不安定になるため、生活リズムだけは規則正しくしていただきます。

朝はしっかり起きて、日中はひたすらゆっくりし、夜はちゃんと寝る。ごはんは必ず3食食べる。また、昼寝は生活リズムの乱れにつながるため、ゆっくりはしていただきますが、日中はなるべく寝ないようにしていただきます。この間、必要に応じて抗うつ剤などのおくすりの調整も行われます。

このような生活を数日~数週間続けると少しずつうつ状態が改善していき、少しずつ前向きになったりやる気が出てきたりします。そうなると、今度は少しずつ活動をしてもらいます。活動の内容は人それぞれです。自分のペースで散歩や外出する方もいるし、病院でやっている作業療法などに参加する事もあります。活動はじめはつい活動しすぎてしまって疲れてしまう事が多いので、慎重に少しずつ活動量を増やしていく事が大切です。また、人によってはカウンセリングなどを開始し、これまでの自分を見直したり、同じように悪化しないためにはどうしたらいいのかをカウンセラーと一緒に考えていくこともあります。ケースワーカーとともに再発させないよう、自分に必要な医療・福祉サービスを再検討することもあります。

ある程度の活動ができるようになったら、退院も視野に入ってきます。一度自宅に帰ってみたり、自宅に一泊してみたりします。それでも問題なければ退院となります。

引用元-せせらぎメンタルクリニック|精神科・心療内科

日本では1年以上の長期入院が20万人以上いる

日本では、ひとたび精神科病院に入院すると、退院して社会復帰するのが困難な時代がありました。今、この時点でも、症状がよくなっているのに病院の他に居場所がなく、長期入院を続けざるを得ないという人たちがいるのです。いわゆる「社会的入院」と呼ばれる実態です。ここで一つ、驚くべき事実を紹介します。先進諸国では、精神科の在院日数は平均20日程度。症状が落ち着くと、社会に戻り、コミュニティーの一員として、普通に地域で働き暮らすことが当たり前となっています。しかし―日本では、精神科病院に入院してそのまま退院できず、1年以上の長期入院を続けている人が、20万人以上もいるのです。

この20万人以上の人たちが、本当に入院が必要なのか、どんな“治療”が行われているのか、「ブラックボックス」でわからない状態が続いてきたのです。こうした実態は世界的に見ても異常であるとして、1980年代には、国際法律家委員会(ICJ)と国際保健専門職委員会(ICHP)との合同調査団が日本に派遣され、WHOの報告書では、“人権保護や治療の観点からきわめて不十分”と指摘されていました。しかし、状況はすぐには改善されませんでした。いま、国は、消費税の増税分で確保した904億円を使って、「精神科長期療養患者の地域移行」を考えています。地域移行の具体的方策について、専門家や有識者からなる検討会が開かれ、6月17日には、今後の方針が定められる予定です。しかし、その方針をめぐり、論争が巻き起こっています。国や病院側は、「社会的入院」を解消するために、新たに「病棟転換型居住系施設」をつくり、ここで、退院とスムーズな「地域移行」を促すとしています。一方、精神疾患の当事者たちや、地域で当たり前に暮らせる「地域移行」を目指してきた関係者たちは、病棟を住居に転換した施設では、単なる“カンバンの掛け替え”に過ぎず、これまでの精神科病院のあり方の、根本的な改善にはならないと危惧を抱いています。今年、「障害者権利条約」の批准国となった日本。本人の意思を置き去りにした「社会的入院」は、権利条約違反です。これからの日本で、誰もが人として当たり前の暮らしができる社会を、いかにしっかりと作り出していけるか。世界も注目しています。

引用元-ハートネット

まとめ
日本には受診していないだけで精神疾患を抱えている人がたくさんいるようです。やはり精神科へ行くのはなかなか勇気がいる事のようですね。

twitterの反応

 - 美容・健康