ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

夫は、嫁の実家には行きたくないもの?

      2016/06/02

 - 日常・生活

結婚後、夫婦の実家もそれぞれ家族になりますよね。夫が、嫁の実家に行きたくない、行きにくいと感じている人も少なくないようです。あなたの家庭はどうですか?もちろん、一生関わらずに生きていくなんて難しいですよね。夫が嫁の実家にいきたくない場合、原因は何なのか、どうしたらいいのか、調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

離婚後、子供の養育費はどうなる?

子供はいるけど、どうしても離婚する必要があり、離婚が決まりそう。けど、離婚後の子供の養育費はいったいどうなるのか?

一人でいきなり子供を育てていくには、経済的にも不安は大きいですよね。そこで、離婚後の子供の養育費について調べてみました。

パンの消費期限と賞味期限の違いとは?何日までなら食べられる?

パンに表示してある、消費期限と賞味期限の違いとは何なのでしょうか?消費期限と賞味期限を過ぎた場合は何日までなら食べても大丈夫なのでしょうか?今回はパンの消費期限と賞味期限について調べました。

銀行の窓口で預金を引き出しする方法

銀行に預けたお金を引き出す場合はATMを利用する人が多いと思います。しかしATMでは一度に引き出せる限度額が決まっていますね。そこで今回は窓口での預金の引き出しについて調べました。

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさんあります。「幼稚園に希望する教育は何でしょうか?」「家庭での教育方針を教えてください」そのような質問に対して、どのように書いて良いか悩みますね。良い方法を探ってみましょう。

布団とマットレスの使い方について

あなたは寝るときに使う寝具は布団ですか?ベットですか?最近の住居はフローリングが増えたために、ベットを使用する人が多くなりました。ベット使用時の必需品と言えばマットレス。中にはフローリングに直にマットレスを敷いて、その上に布団を敷いてる方もいるのではないでしょうか?今回は布団とマットレスの使い方について調べてみました。

布団は掃除機でダニを吸おう!おすすめの布団専用ヘッド

布団にはたくさんのダニがいるので、アレルギーがある人は咳などの症状が出ることがあります。そのため、布団は掃除機でダニを吸うといいですね。今回は掃除機のおすすめ布団専用ヘッドについて調べました。

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのではないでしょうか?ところでゆうちょ銀行の通帳は何冊まで作ることが可能なのでしょうか?今回はゆうちょ銀行の通帳について調べました。

新築の一戸建てを購入したのに騒音が!車などの騒音対策はどうする?

新築一戸建ての購入は人生の中でも一番高額な買い物といえますね。せっかく購入した一戸建てが車などの騒音でうるさかったらどうしますか?今回は一戸建てでの騒音対策について調べました。

虫が嫌いな原因とは!?克服する方法

最近は虫が嫌い!という子どもが多いようです。子どもが虫が嫌いな原因は親の影響を受けている場合があるようです。そんな子ども達はどのようにしたら虫嫌いを克服できるのでしょうか?

子供が食事を食べないのは何が原因?

子供が食事を食べない原因な何なのでしょう?一般的にはたくさん遊んで楽しく過ごせたらお腹がすくはずですね。お母さんは笑顔でお子さんに接していますか?食事を楽しめるように工夫していますか?色とりどりの食材・形・香り・味など五感で楽しみ、「おいしいね~」と子供と笑顔が交わせると良いですね。

子供を夫婦二人で働いている場合の扶養はどちらが良い?

夫婦二人で共働きしている場合、子供の扶養はどちらがしましょう?悩んでいる夫婦は多く見うけられます。お子さんが二人の場合は一人ずつ分担して扶養するというご家庭もあると思います。しかし、会社によってはどちらか一人が複数の子供を扶養するルールを設けていることもあります。会社のルールが優先になります。

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸しになったり、水道代がかかってしまうので困りますよね。トイレのウォシュレットは家電製品なので、操作にも注意が必要です。水漏れが起こったらどうすればいいのかまとめました。

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れはどんどんたまっていってしまいます。効率的に掃除をするにはどうしたらいいのでしょうか。今回は上手に掃除をする手順を調べました。

風呂とシャワーはどっちがお得?水道代の比較

一人暮らしの場合は光熱費をなるべく節約したいですね。お風呂のお湯をためるのとシャワーで済ますのはどちらの水道代が得なのでしょうか?今回はお風呂とシャワーの水道代はどっちが得かを調べました。

シングルマザーの実態は?夜に仕事の時は子供はどうする?

近年離婚の数は増加傾向にあります。離婚以外にも死別などでシングルマザーとなった人の生活の実態はどのようなものなのでしょうか。実際にシングルマザーの生活は苦しく、夜の仕事を掛け持ちしないと生活できないという話もあるようです。

キャベツともやしはどちらが栄養がある?

キャベツの価格が高騰しているので、代用としてもやしを食べているとよく聞きます。
買いやすさと、使い勝手と、栄養価と総合的に比べてどちらが勝っているのでしょうか?どちらにしても、個々の特徴がある優れた食品であるので、勝ち負けを付けずに感謝していただきましょう。

枝豆のお手軽な茹で方!レンジを使って時短調理

夏になると無性に家でも食べたくなる枝豆。でも、塩もみして鍋にお湯を沸かしてなんて面倒でできない…でも大丈夫。レンジでできる簡単・便利な茹で方がありますよ。しかも栄養素もアップして一石二鳥なのです。

賃貸の壁紙は張り替えてもいいの?

賃貸住宅の場合、退居するときには借りたときの現状に戻すという決まりがあります。しかし、借主は少しでもセンス良く自分好みの家にしたいと思うでしょう。退居時にトラブルにならないリフォームの仕方を知ると、敷金問題の回避にもつながります。ちょっとの工夫と知恵で賃貸ライフも楽しみましょう。

ビッケの自転車は駐輪場選びに注意?

今、子供を前や後ろに乗せて移動するのに大人気なのがチャイルドシート付自転車です。街中でもママさんが子供を乗せて保育園や幼稚園の送り迎えをしていたり、買い物に行っているのをよく見かけますね。みなさんいろいろなデザイン、種類の自転車に乗っていますが、その中でも人気なビッケの自転車について調べてみました。

新築の一戸建てを購入したのに騒音が!車などの騒音対策はどうする?

新築一戸建ての購入は人生の中でも一番高額な買い物といえますね。せっかく購入した一戸建てが車などの騒音でうるさかったらどうしますか?今回は一戸建てでの騒音対策について調べました。

母娘関係が良すぎるのが問題?

過度の仲良し母娘関係がトラブルの元に

嫁姑問題というのは、語りつくされることのない永遠のテーマですが、最近は「婿姑問題」でお悩みの旦那様も増えています。その原因として挙げられるのが、最近の母娘仲良し親子関係の増加。「一度嫁に行ったら、どんなつらいことがあっても、実家の敷居をまたぐな」と娘を嫁に出したのは昔の話。

今は「何かあったらいつでも戻っておいで」という妻と実家の関係が多く、実母と一緒に出かける、子どもの面倒を見てもらう、洋服やアクセサリーの貸し借りをするなど、結婚後も独身時代と変わりなく、母娘の密着度合いの高い親子が増えています。

女性にとっては特に違和感のないこの仲良し母娘。でも男性の場合は、あまり母と息子はふたりきりで出かけたり、物の貸し借りをしたりはしません。同性同士である父と息子も、母娘ほどまで密着度は高くありません。

したがって妻の実家への密着は、多くの夫にとっては理解を超える世界。時には「親離れができていない」「自分の実家ばかり大事にして、夫の実家には冷たい」など妻への非難にもつながります。もちろん、親孝行の一環として、母娘が仲良くするのはいいことですが、過度の実家依存は、旦那様の反発や非難を招く元。何でも実家に頼るのではなく、適度な距離をおくようにしましょう。

そんな母娘密着が最も悪い形で現れる危険性があるのが、妻の実家への帰省。本当ならただひとり、血のつながらない人間である旦那様が孤立してしまわないよう、たとえ夫の方が100%間違っていたとしても、自分の親ではなく夫の味方をするのが、妻の役目です。

ところが母娘の密着度が高いため、妻は実母の応援にまわり、旦那様ひとりが孤立してしまうことになりがちです。妻が夫の実家に行った時に「旦那様が自分の味方になってくれない」と不満を持つ奥様も多いですが、全く同じことを自分が実家で行っているケースがあります。ですから妻の実家で夫が居心地よく過ごすには、まずは妻自身の心構えがとても大事です。

引用元-ALL about 暮らし

スポンサーリンク

  人気記事

夫が義実家で注意しなければならないこと

KY夫は要注意

一方、旦那様の方も、お客様という立場に甘えるのではなく、妻の実家で気持ちよく過ごすための気配りが必要です。まずは自分がちやほやされているのはあくまでも「婿」という立場で、お客様として特別扱いされているからだ、ということを忘れずに、常に謙虚でいましょう。くれぐれも自分の実家の自慢などは避け、妻の良いところをなるべくたくさん褒めてあげましょう。

そして、あまり自分で話しすぎないこともポイント。熟年女性は聞くより話すことが得意ですから、できるだけ義母に話をさせてあげて、自分は聞き役に回ることが、上手に場を盛り上げるコツです。

また、妻が夫の実家に行った場合は、座りっぱなしでなく、台所の手伝いなど「働く」ことが必要なのは言うまでもありません。しかし、夫の場合は、気をきかせたつもりで妻の実家で過度に動き回ると、かえって義母の拒絶反応を招き、逆効果になります。

特にシニア世代は「台所は女性の城」という意識が高く、男性、ましてや客である婿がそこに入ってくることなどは想定していない場合が多いです。そのような場合、旦那様としては気をきかせて、台所までお皿を運んだつもりでも、義母にとっては「台所を見られるのが不愉快」と感じる可能性が大きいです。このあたりの家事への参加度は、義父の行動をよく見ることがポイント。

義父が積極的に料理をするような家庭の場合は、さっきとは逆で、旦那様も居間にどっかりと座り続けるのではなく「お義父さん、私もお手伝いします。今日は女性たちにゆっくりしていただきましょうか」などと積極的に立ち働き、フットワークのよさを見せるようにしましょう。場の空気を適切に読むことを心がけてくださいね。

引用元-allabout 暮らし

嫁の実家に行きたくない夫の話。何が嫌なのか?

離婚する2年前くらいから旦那は私の実家へ寄り付かなくなった。妻の実家なんてうっとおしいと思っていたのかもしれないが最低限正月の挨拶くらいには行くのが普通なのではないだろうか?しかし、旦那はそれすらも拒否するようになった。

「なんで?」
「なんか色々言われそうでうっとおしい。それにお前のおかん、色々料理作りすぎ。腹いっぱいになっても無理して食うのが辛い」

えーっと…突っ込んで良いかな?確かに私の母は、旦那の一連の行為に腹立たしさを感じてはいたようだがそれを旦那に言うことは一度もなかった。むしろ、旦那が気を悪くしないように気を使ってさえいた。母が旦那に何か言うことで機嫌を損ねるようなことがあったら家でまた私が嫌な思いをするだろう。それは避けたいと言う親心であった。また、料理に関しても「?」である。確かに母はいつも料理をたくさん作る。でもそれは旦那をもてなしたいからであって無理やり食べさせるためではない。

食べられないのなら残せばいいのである。それなのにわざわざおかわりまでして食べているのは誰でもない旦那である。なんでわざわざおかわりするかなぁ?食べられないならおかわりなんかしなければいいのに。旦那は「おかわりしないと悪いから」と言っていたが後で文句を言われるくらいならおかわりしてまで食べて欲しいと思わない。

そんな訳で、仕方ないので実家へはいつもミラと二人で行っていた。旦那が帰りに迎えに来てくれることもあったのだがその時も家までは来たがらなかった。

実家から100m離れたところに車を止めてそこで私たちが来るのを待っているのである。母に持たされた食材やらミラのおもちゃやらが多くて一人で持てなかった時に車まで母が荷物を一緒に運んでくれたことがあった。「裕己くん、久しぶりやね。元気やった?仕事忙しいんやと思うけど良かったらまた遊びにおいでね」と、母が言うと旦那はニコニコしながら「あ、はい。ありがとうございます。またゆっくり来させてもらいます」と、好感度満点の挨拶。さすが外面キングである。手を振り見送ってくれる母の姿が見えなくなった頃に旦那はこう言った。「何で車まで連れてくんねん。そう言うことをするなってゆうてるやろっ。俺はお前んとこのおかんと会いたないねん。何度も言わすな」そう言って眉間にぎゅっとしわを寄せる。

「だって…荷物多くて一人で持ちきれへんかってんもん」
「ほんならそんなもん貰ってくんな!ほんまにむかつくなお前は」一瞬こちらをぎろりと睨みつける旦那。
「…ごめんなさい」

謝る必要があるとも思えないのだが、すっかり条件反射になっていた。私が謝れば丸く収まるのだ。謝ったからと言って何も損する事はない…
そんな風に考えていたんだと思う。

一度だけ旦那にこう言った事があった。「旦那はうちの実家に行きたくないから行けへんって言うやんか?ほんなら私も旦那の実家に行きたくないって言ったら行かんでええの?」

返ってきた答えはこれである。「あほか。お前は俺の嫁やねんから俺の実家へ行くのはあたりまえやろ。行きたくないなんて自分勝手なこと言うな」
想像通りの答えである。

相変わらず期待を裏切らない人だこと…。

引用元-ameba

実際に、嫁の実家に行きたくない夫の声

この時期になると夫の実家に帰省したくないという女性たちのトピックを見るようになりますが、妻の実家に帰省したくない旦那さんだっていますよね。かくいう私も妻の実家に帰省したくない一人です。

私の実家と妻の実家は車で30分ほどの距離しかないので、正月などの長期休暇時は平等に半分の日数をそれぞれの実家で過ごすようにしています。昨年は私の実家で三泊、妻の実家で三泊という具合です。今度の年末年始も長い連休ですので、前回同様に三泊ずつの滞在が計画されているのですが、正直、妻の実家には行きたくありません。年末の妻の実家には妻の妹一家も来ます。ここには小学校低学年の子供が三人います。我が家には娘が一人なので、合計4人の子供が集まるのです。賑やか過ぎて心身共に疲れ果てます。妻の両親は、気を使わずにゆっくりして、なんて言ってくれますが他人の家で気を使わずに過ごすことなんて無理です。私の実家に行けば妻も同じことを感じるでしょう。

そこで、今度の年末は妻の実家に妻と娘を送り届け、私はそのまま退散。四日目に娘を迎えに行って私と娘だけで私の実家で過ごす、というプランを考えています。妻の実家で二人が過ごしている間は、私は一人で温泉にでも行って、日ごろの疲れを癒そうかと思っています。

でも、このプランを妻に言うと反対されることは必至と思います。うまく妻を納得させる方法をご教示頂けませんでしょうか。

引用元-大手小町

嫁の実家に行きたくない理由と、夫にしてあげられること

汚い、間が持たない、心配される、が行きたくない三大理由

夫が妻の実家に行きたがらない。“夫婦あるある”と言ってもいいくらいよく聞く話です。妻の実家に行きたがらない夫も、自分の実家には一緒に来てほしいなんて言うんだから、本当に男っていうのは勝手だなあと思います。

結婚している男性に妻の実家に行きたくない理由を聞くと、こんなことがあがりました。

●妻の両親と話すことがない
●妻の実家が汚い、不潔
●仕事は大丈夫か、給料は上がるのかと、いろいろ詮索される
●お腹が空いても遠慮して言い出せない
●自分に話をふってこない。邪魔にされているようで居心地が悪い
●子供のことなど、いろいろ口を出してくる
●義理の母が自分の陰口を言う

う~ん。妻が夫の実家に行くと、何十倍も大変なのに、このくらい我慢してよ!と思っちゃいますよね。しかし、そんなことを言っていても夫の重い腰が上がるわけでもありませんので、ここはひとつ前向きに対処法を考えていきましょう。

「親がほめていた」と伝えると行く気になる

<妻の実家に行きたがらない夫への対処法>

1、両親がほめていたと伝える
夫にとって、妻の両親から「仕事は大丈夫なのか」と心配されることはかなりの屈辱。男のプライドが傷つくような場所にわざわざ出かけたくないと思うのが夫の本音でしょう。その不安を払しょくするために、事前に「うちの両親があなたのことすごくほめていたのよ。いい旦那さんで本当に良かったって喜んでたわ」と、両親が夫に好意的であることを伝えましょう。実家に着いたら「本当に頼りがいのある人なの」と両親の前でほめることも忘れずに。決して親の前で夫をけなしてはダメですよ。一回でもあるとたちまち夫は妻の家に寄り付かなくなります。

2、夫より先に行って、実家を掃除する
自分の実家は汚くても平気だけど、妻の実家が汚いと気になる、という男性は意外といます。先に行って夫を通す部屋だけでもささっと片づけておきましょう。

3、カニを食べさせる
会話が持たないときのお助けメニュー、それは「カニ」です。黙々と身をつついていれば、会話がなくても何とか持ちます。カニが苦手なら、しゃぶしゃぶや焼き肉など、食べる時にアクションが多いものがおすすめです。

4、共通の話題になりそうな写真を持っていく
最近はスマホでいろんな写真を撮っていますよね。家族で旅行に行った際の写真とか、結婚記念日に食べた夕食の写真とか、飼っているペットの写真とか、最近買った家具の写真とか、幸せをアピールできる写真をプリントアウトして親に持っていってあげると喜ばれます。その写真を見ながら食事をすれば、会話ももつので一石二鳥です。

5、夫の好物で釣る
誰でも好物が用意されているとうれしいものです。霜降り肉や限定の日本酒など、普段食べられないような贅沢なもので夫をおびき寄せちゃいましょう。お母さんに用意してもらうのは難しいでしょうから、夫には内緒で奥さんが事前に注文して実家に送っておいてあげたらいいと思います。

そこまでしなくてもいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、夫婦そろって顔を見せてあげることはとってもいい親孝行になりますから、少々時間とお金がかかってもやってあげる価値大です。

クイズの答え、わかりますか? スミセイが2012年に行った男女2000人アンケートの結果です。「あなたにとっての一番の親孝行とは何ですか?」という問いに対して、1位は「心配させないこと」でした。離婚する夫婦が多い中、夫婦そろった顔を見られることは親にとって最大の安心です。手間がかかっても、やってよかったと思えますよ。大丈夫、大丈夫。

引用元-リビング お仕事ネット

まとめ
夫が嫁の実家に行きたくない理由はざまざまなようですね。そんな夫に嫁ができることもあるみたいなので、是非してみるといかもしれませんね!

twitterの反応

 - 日常・生活