ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

シングルマザーの実態は?夜に仕事の時は子供はどうする?

      2016/06/03

 - 日常・生活

近年離婚の数は増加傾向にあります。離婚以外にも死別などでシングルマザーとなった人の生活の実態はどのようなものなのでしょうか。実際にシングルマザーの生活は苦しく、夜の仕事を掛け持ちしないと生活できないという話もあるようです。

スポンサーリンク

  関連記事

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。そのため子供に勉強を教える時にイライラしてついつい怒っていませんか?今回上手な勉強の教え方について調べました。

子供に持たせるならこれ!携帯の選び方

子供に携帯を持たせるならどのようなものがいいでしょうか?年齢や目的によっても変わってきますね。また最近は携帯トラブルに巻き込まれる子供も増えているので要注意です。今回は子供の携帯の選び方を調べました。

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさんあります。「幼稚園に希望する教育は何でしょうか?」「家庭での教育方針を教えてください」そのような質問に対して、どのように書いて良いか悩みますね。良い方法を探ってみましょう。

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないものですよね。限られた予算で限られたスペースにものを揃える作業は結構大変です。そんなときはリストを作ってみましょう。

育児休業から仕事にスムーズに復帰するには!?

仕事をしている女性は出産後も働きたい場合は育児休業をとる必要があります。育児休業をいざとってみて、職場に復帰するときはなるべくスムーズに復帰したいですね。今回は育児休業からスムーズに職場復帰する方法を調べました。

風呂とシャワーはどっちがお得?水道代の比較

一人暮らしの場合は光熱費をなるべく節約したいですね。お風呂のお湯をためるのとシャワーで済ますのはどちらの水道代が得なのでしょうか?今回はお風呂とシャワーの水道代はどっちが得かを調べました。

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべき点が多々あります。今から新築を購入する人は問題がないと思いますが、すでに購入してから築年数が経っている方や中古物件をお探しの場合は、検討することが沢山あります。しかし、簡単に建て替えや住み替えはできません。大きな問題を解決できると良いですね。

社会保険のいろいろな申請の期間や受給の期間

社会人になると会社の社会保険に加入します。一番身近なのは健康保険でしょう。申請しても保険証が届く前に怪我をしたり病気になることもあるでしょう。また、長期間に療養が必要な場合はお給料が出なくて大変です。出産の場合も然り。制度を把握しておきましょう。

仕事の休みが少ないあなたに!休日の過ごし方の極意教えます

日本人はとにかく仕事の休みが少ない、労働時間が長いと言われます。休日は一日寝て終わり・・・なんてことはありませんか?もちろん疲れていたら体を休めるのが最優先ですが、たまには自分らしい「有意義な休日」を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

夫は、嫁の実家には行きたくないもの?

結婚後、夫婦の実家もそれぞれ家族になりますよね。夫が、嫁の実家に行きたくない、行きにくいと感じている人も少なくないようです。あなたの家庭はどうですか?もちろん、一生関わらずに生きていくなんて難しいですよね。夫が嫁の実家にいきたくない場合、原因は何なのか、どうしたらいいのか、調べてみました。

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのような言葉をかけたら良いのでしょうか。その方との間柄によって、挨拶の言葉は変わりますね。そして、タブーの言葉もあります。また、参列出来なかった場合のメールの打ち方にも配慮が必要です。

うちの子が!?幼稚園の年中にあがった後仲間はずれに。。

子どもにとって年少から年中にあがるという変化は、大人が思っているより大きなもの。クラス替えや担任の先生が変わる他、中には年中から入園される子どももいるので、交友関係ががらっと変わることも。そんな環境では仲間はずれが起きてもおかしくないですよね。今回は子どもの悩みについてまとめました。

旦那が仕事で帰りが遅い!イライラの解消法

毎日仕事で頑張っている旦那さんには感謝ですね!しかし帰りが遅い場合、感謝をはしていても少しイライラしてしまうこともあります。今回は旦那さんが仕事で帰りが遅いときはどうすればいいか調べました。

虫が嫌いな原因とは!?克服する方法

最近は虫が嫌い!という子どもが多いようです。子どもが虫が嫌いな原因は親の影響を受けている場合があるようです。そんな子ども達はどのようにしたら虫嫌いを克服できるのでしょうか?

贈与税がかかる?子供名義の貯金について

子供の将来を考えて子供名義の口座に貯金をしている人もいるのではないでしょうか。しかし気を付けないと贈与税がかかる場合があります。今回は子供名義の貯金にかかる贈与税について調べました。

食器洗いに洗剤は使わない!?いらない!?その理由と方法

食器洗い用のアクリルたわしなど、洗剤はなくてもOK!っていう商品がありますが、アレって本当に使えるの?汚れ落ちるの?そもそも食器洗い用の洗剤って、食器に残ってたらマズイもの?体への影響は?必需品と思っていた食器用洗剤がいらないなら、家計も助かる!ということで、調べてみました。

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険ですが、特に車検がない250cc以下のバイクはうっかり期限切れにしてしまう方が多いようです。期限ギリギリや切れてしまった後に焦らなくて済むように、自賠責保険についてきちんと知っておきませんか?

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合は旦那さんの実家へ行くことが一般的ではないでしょうか。旦那さんの実家へ行くのが憂鬱だ…と思っている人のために旦那さんの実家での過ごし方を調べました。

畳にカビで緑に!カビを綺麗にする方法とは

見出し1 畳にカビが発生する原因は?2 畳のカビで起こる影響とは2.1 畳のカビ …

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向かって下手なんて言えないし、とりあえず上手と言っておこう」と思ったことはありませんか?でも、これ実はあまり良くないんです。ここでは、子供の絵の感想を求められたときの対処法をご紹介します。

シングルマザーが自立して生活することは大変

母子家庭ときいて皆さんは楽でいいなと思いますか?
私は離婚直後にお友達に言われました。「これで母子手当ても出るし、そしたら働かなくても十分お金あるんでしょ?楽でいいよね~」っと・・・
顔は笑ってましたが、正直この子馬鹿なのかな?と思いました。内心怒り心頭でしたね。
楽なわけないでしょ!母子家庭が楽なら皆、離婚するんでは?
なんで旦那の愚痴を毎日いって、離婚したいとか叫びながらも一緒にいるんですか?

母子扶養手当(いわゆる母子手当て)は子供一人47000円。
二人目+5000円、合計52000円。*99000円ではないですよ!!
家賃分にすらならないです。
他には医療費が安くなることと、保育料が安くなるくらいしかメリットありません!!
それにもいろいろ問題があります。
普通、専業主婦の方が離婚された際は実家に帰りますよね?
でも実家に帰ると両親と同居ということで、手当て出ません。
何故かというと、両親に経済的な援助を受けていると見なされるからです。
さらにご両親が働いていた場合は、保育料もご両親(さらには同居のご兄弟)の所得税で算定されるので高いままです。
そうなると、医療費が安くなる「一人親家庭医療証」も発行してもらえません。
結局のところ実家に帰ると母子家庭で受けられる恩恵は何もないということです。

では、どうすればいいのか。
離婚したら、自分で部屋を借りて、仕事を探し保育所に入れて・・・です。
でもここで問題なのが、保育所は待機でそのせいで仕事が見つからない、
収入がないから自分で部屋なんて借りれない→親に援助してもらうしかない=市からの援助はない。

分かっていただけるでしょうか?
母子家庭の母親が自立できるようにしている政策が逆に、私達母子家庭の親を苦しめているのです。
悪循環にはまり込んで身動きが取れずに泣いているお母さんたくさんいます。
母子家庭決して楽ではないです。偏見もまだまだすごくあります。
第一声はいつも「子供が可哀相」。だから、もし離婚を考えている方がいたら絶対にこの情報を先に知っていてもらいたい。支援があるから大丈夫だと安易に考えないで欲しい。
これを知らないと離婚直後から毎日泣いてばかりの日々になってしまいます。どうしたらいいのか解決策が見えずに苦しみます。

引用元-幸せな離婚、自由な生き方を手に入れたFamilyコンサルタントによる、素敵な人生の送り方~

スポンサーリンク

  人気記事

シングルマザーの仕事は決まりにくい

シングルマザー仕事決まらない

何時から何時までと、働ける時間は決まっている場合は中々仕事は決まらないですね。
シングルマザーは仕事は決まらないと言う理由は>働ける時間帯が限られていると言う事です。
ここは何とかしたいところです。協力してくれる人を探す!ここに尽きるような気がします。
せっかく、色々資格を持っていても「お子さんが熱を出したらどうするのですか?」と、面接で言われるそうです。
もし、仕事を休んでもみんなに迷惑をかけない内容の仕事だったら行けると思います。
そのあたりから仕事を決めると良いですね。

引用元-シングルマザーの仕事の見つけ方、子供が病気になったらどうする?

生活のために夜の仕事を掛け持ちしないといけない現実

パート勤めの44歳のシングルマザーが、生活に困窮して家賃を滞納し、県営住宅の立ち退き期限の当日、中学2年の娘を殺害して懲役7年の判決を受けたのは、2015年6月のことだ。毎月のパート収入が4~8万円しかなかったという母親は、役所に生活保護の相談もしていたようだが、利用することができなかったという。
「死ねって、言ってるようなものですね」
そうため息をつくのは、北関東の町に住む同じ40歳代のシングルマザーのA子さん。
学校に通う2人の娘を育てるため、昼間はフランチャイズ系の弁当店の店長として切り盛りし、深夜になるとファーストフード店のパートに出かける。
弁当店は自営のため、開店時間である午前9時から午後9時頃までの12時間以上、拘束され、正月以外休みはない。
午後9時30分過ぎに、一旦帰宅するものの、洗濯などの家事に追われ、慌ただしく今度はファーストフード店に出かけていく。
パートは深夜の1時から5時までの4時間。明け方の5時半頃に帰宅すると、そのままバタッと寝床に倒れ込む。
学校に通う子供たちが起きたら、「行ってらっしゃい」と見送って、また眠る。
そして、朝の8時頃には起床。シャワーを浴び、サッと化粧して、8時30分には再び家を出る。
睡眠時間は「実質、3時間弱」。まさに、身を削って、ギリギリの家計で家賃等の生活費を払い続ける。好きなビールも、飲んだら寝入ってしまうので我慢する。
「クセになっちゃっているから、変にリズムが崩れるとつらいけど。まあ、つらくはないというとウソだけど、いつも同じリズムだから、そんなに大変ではないのかもしれない」
家賃は、月に7万円。4.5畳2間と台所の小さなアパートに、子供2人と暮らす。水道光熱費や社会保険料を加えると、月に10万円は必要だ。
弁当店は、20万円くらいの収入になることもあったが、0円という月も少なくない。そうなると、家賃すら払えなくなる。
「売り上げのない月は、人件費も使えないから、アルバイトの子を休ませて、自分1人で切り盛りするのですが、それでも赤字になることはしょっちゅうでした」
それをカバーするために始めたのが、ファーストフード店のパートだ。
午後10時を過ぎると、深夜手当が付く。だから、そんな深夜の時間帯で仕事を探していた。
ファーストフード店では、深夜手当を付けても時給千円ほど。休憩時間を取らなくてもいいように、4~5時間働いて月に12万円余りになる。
「やることがそれなりにあったから、あっという間だった」
A子さんが受け取れる母子手当は、3カ月で10万円余り。

引用元-HUFF POST SOCIETY

夜仕事の場合に子供を預けることができる場所

土日祝日利用できる子供の預け先

上記の一覧の中で、土日祝日利用が出来る施設は、
・ファミリーサポートセンター
・ベビーホテル
・ベビーシッター
です。
施設によっては平日のみのところもあるので、事前に確認しておきましょう。

夜間利用できる子供の預け先

上記の一覧の中で、夜間利用ができる施設は、

・ベビーホテル
・ベビーシッター
です。
泊りになると料金は高額になり子供も不安になるので、最終手段に取っておきましょう。
子供を連れて仕事には行けません。
だから預け先を探すのですが、どこに子供を預けるとしても必ず自分の目で確認して、相手を確かめてからにしましょう。

引用元-シングルマザーのリアルなブログ。

シングルマザーが仕事を掛け持ちするには

<コツ1>子どもの預け先を確保!

シングルマザーが仕事を掛け持ちするために優先して行いたいのは、仕事中の子どもの預け先を見つけることです。実家で親と同居している方や、近くに頼れる人がいる方なら安心して子どもを預けることができますが、そうでない場合は子どもを預けられる場所を確保しなければいけません。

夜に仕事をする場合は夜間の預け先も考える

朝から夕方まで仕事をする場合は、幼児なら保育園、小学生なら放課後児童クラブを利用すれば安心です。
しかし、掛け持ちで夜間に働く場合は子どもだけを家に置いていくわけにはいかないので、夜間託児所の利用やベビーシッターの確保が必要になります。

<コツ2>家事の効率をアップ!

仕事に育児と、ただでさえ忙しいシングルマザーが仕事の掛け持ちまで始めたら、家事にまで手が回らなくなってしまうことも。
子どもの生活にも影響が出てしまうので、効率よく家事をこなすことが大事です。

料理

料理の基本的な下処理に電子レンジを活用することで、時短ができるうえにガス代もお得になります。電子レンジでも使えるシリコン素材の蒸し器(スチーマー)を使えば、蒸し料理だけでなく、レンジでチンするパスタやラーメンも簡単に作れます。
また、圧力鍋を使って煮物やシチューを時短で作っておくのもおすすめ。時間があるときに冷凍や冷蔵で保存食を作っておくと、子どもの食事を豊かにしつつ、手早く食事を出すことができます。

洗濯

洗濯物はためこまず、夜に洗濯をしておくと効率が良いですね。部屋干し用の洗剤や漂白剤を活用して洗い、抗菌の柔軟剤を使うと洗濯物の嫌な臭いが防げるのでおすすめです。乾燥機があれば良いのですが、ない場合はなるべく換気できる場所に干すのがベスト。
エアコンの除湿機能や扇風機を使うと、比較的早く乾かすことができます。

掃除・片づけ

シングルマザーは忙しく、なかなか掃除や片づけまで手が回らないという方もいると思います。物が増えると部屋が散らかりやすくなるので、あまり無駄な物は増やさないようにしましょう。片づけの基本は、使い終わったら所定の場所に戻すこと。
いらない物・いる物の選別も重要です。

家事は子どもと一緒に

シングルマザーはどうしても子どもと関わる時間が少ないもの。家事をするときは、子どもにお手伝いをしてもらうのもおすすめです。一緒に話しながら洗濯物たたみや掃除のお手伝いをしてもらうことで、コミュニケーションが取れますよ。

<コツ3>しっかりと体調管理をする

掛け持ちをすると、体にも心にも疲れがたまってしまう……

シングルマザーの場合、一番大切なのが体調管理です。
親の援助が得られない方は仕事も家事も子育ても一人でこなさないといけないので、仕事を掛け持ちすると体への負担が大きくなります。
栄養のある食事を取ることも大切ですが、掛け持ちで夜間に働いたりするとまとまった睡眠が取りにくくなります。精神的な疲れも解消されず、イライラしたり集中力がなくなったりして仕事に影響が出ることも。ひどいと、うつ病になってしまう恐れもあるのです……。

活動時間を変えるのも手

少ない時間の中からまとまった睡眠時間を作るのは容易ではないと思いますが、たまには食事や掃除などを手抜きして、子どもと同じ時間に寝てしまうのも手です。その分、早朝から家事をするなど活動時間を変えることで気持ちもリフレッシュ。また、週に一回はぐっすりと眠れる日を作るのもいいですね。ママが体調を崩してしまっては、子どもも悲しむはず。しっかりと体調管理をしてくださいね。

<コツ4>掛け持ちしやすい職場や職種を選ぶ

シングルマザーに理解がある職場を探す

仕事選びで重要なのが、シングルマザーに対して理解を持ってくれる職場を探すことです。残業せず定時で帰ることができなければ、子どもの世話や家事が終わらず、仕事の掛け持ちが難しくなります。また、子どもが体調を崩したときに快く早退・休日がもらえるかどうかも大切です。

規則に反さないように注意!

正規雇用の場合、仕事の掛け持ち(副業)が禁止されていることがあります。
規則に反すると問題になってしまうので、掛け持ちを始める前に会社の就業規則を確認するようにしましょう。

自宅でできる仕事をする

夜に子どもを家に置いて働けない方は、自宅でパソコンを使ってできる仕事をするのも手です。仕事はインターネットで探すことができ、デザインや記事の制作といった専門的なものから、データの打ち込みなど簡単なものまであります。比較的自分のペースで仕事ができるのもポイントですね。

引用元-ママモワ

シングルマザーの自立には社会全体の意識の改革が必要

未来を担う子どものために

さて、そんな母子家庭を支援するために厚生労働省はさまざまな策を打ち出しています。たとえば「自立支援教育訓練給付金事業」。
これは、指定教育講座を受けて資格をとった場合に、かかった費用の2割を支給するというものです。また、看護師のように、資格を取る際に2年以上の時間がかかるものについて毎月10万3000円(12カ月上限・最後の3分の1の期間のみ)を支給する「高等技能訓練促進費事業」なども挙げられます。
これらは、自治体によってはまだまだばらつきがあるものの、昨年度の各都道府県の実施率は、前者については80%以上、後者についても60%以上になり、必要要件を満たして受給することができれば、シングルマザーの大きな味方となることは間違いありません。
シングルマザーは、理想的には制度に頼らず、男性と同等レベルの収入を得られる仕事を持って、自立した母子家庭を営むことを目指すべきなのでしょう。
しかしそれを現実にするためには、男性の育児に対する意識の変革を進めることや、男女の賃金格差の問題をクリアしていくことなど、社会全体として〝変わってもらわなくてはならない〞まだまだ多くの課題が残されていると思います。
離婚件数の増加に伴い、片親の家庭は右肩上がりに増加しつつあります。未来を担う大切な子どもたちのためにも、困っている家庭を社会全体で支援していくという意識の改革が今、求められています。

引用元-ZENSEIKYO

まとめ
いかがでしたか?シングルマザーが自立して生活するにはかなり厳しいのが現実のようですね。

twitterの反応

 - 日常・生活