ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

車道を走れと言うけれど…自転車の歩道運転マナー

      2016/06/08

 - 日常・生活

自転車に乗っているとき、歩道をついつい走ってしまっていませんか?あなたの歩道の自転車マナー、知らないうちに「危険運転」になってしまっているかもしれません。2015年の道路交通法改正により、取り締まられてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

  関連記事

仕事の休みが少ないあなたに!休日の過ごし方の極意教えます

日本人はとにかく仕事の休みが少ない、労働時間が長いと言われます。休日は一日寝て終わり・・・なんてことはありませんか?もちろん疲れていたら体を休めるのが最優先ですが、たまには自分らしい「有意義な休日」を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

シングルマザーの実態は?夜に仕事の時は子供はどうする?

近年離婚の数は増加傾向にあります。離婚以外にも死別などでシングルマザーとなった人の生活の実態はどのようなものなのでしょうか。実際にシングルマザーの生活は苦しく、夜の仕事を掛け持ちしないと生活できないという話もあるようです。

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのではないでしょうか?ところでゆうちょ銀行の通帳は何冊まで作ることが可能なのでしょうか?今回はゆうちょ銀行の通帳について調べました。

自転車の修理をDIYでやってみよう!

自転車のタイヤがパンクしたときはどうしていますか?自転車屋さんに頼むのもいいのですが、DIYでやってみてはいかがでしょうか。パンクの修理は意外と簡単にできるようなので紹介します。

月極駐車場を契約する時の注意点とは?

車を購入しても自宅に駐車場がなければ意味がありません。その場合は月極で駐車場を借りる必要があります。月極駐車場を契約するときはどんなことに気を付ければいいのでしょうか?今回は月極駐車場を契約するときの注意点を調べました。

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温、冷蔵庫、冷凍庫ではそれぞれどのくらい保存することが可能なのでしょうか?今回は煮物の保存方法について調べました。

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらいいのでしょうか?盗むことは当然いけないことなので子供にはしっかりと教えないといけませんがどのように教えたら効果的なのでしょうか?

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関などから家に侵入した場合は退治するのも一苦労です。そこで今回は玄関から侵入する蚊への対策について調べました。

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべき点が多々あります。今から新築を購入する人は問題がないと思いますが、すでに購入してから築年数が経っている方や中古物件をお探しの場合は、検討することが沢山あります。しかし、簡単に建て替えや住み替えはできません。大きな問題を解決できると良いですね。

社会保険のいろいろな申請の期間や受給の期間

社会人になると会社の社会保険に加入します。一番身近なのは健康保険でしょう。申請しても保険証が届く前に怪我をしたり病気になることもあるでしょう。また、長期間に療養が必要な場合はお給料が出なくて大変です。出産の場合も然り。制度を把握しておきましょう。

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのような言葉をかけたら良いのでしょうか。その方との間柄によって、挨拶の言葉は変わりますね。そして、タブーの言葉もあります。また、参列出来なかった場合のメールの打ち方にも配慮が必要です。

ビッケの自転車は駐輪場選びに注意?

今、子供を前や後ろに乗せて移動するのに大人気なのがチャイルドシート付自転車です。街中でもママさんが子供を乗せて保育園や幼稚園の送り迎えをしていたり、買い物に行っているのをよく見かけますね。みなさんいろいろなデザイン、種類の自転車に乗っていますが、その中でも人気なビッケの自転車について調べてみました。

銀行の窓口で預金を引き出しする方法

銀行に預けたお金を引き出す場合はATMを利用する人が多いと思います。しかしATMでは一度に引き出せる限度額が決まっていますね。そこで今回は窓口での預金の引き出しについて調べました。

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向かって下手なんて言えないし、とりあえず上手と言っておこう」と思ったことはありませんか?でも、これ実はあまり良くないんです。ここでは、子供の絵の感想を求められたときの対処法をご紹介します。

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が大きくなって来ると子供連れで出かける用事も多くなります。保育園や幼稚園の送り迎えやお稽古ごとの送り迎えにも自転車が大活躍します。ところで、子供は何歳から自転車に乗せられるのでしょうか?

部屋のドアに鍵 問題は難しい

部屋のドアに鍵を付けたいと言っても、目的は何なのかを考えてしまいます。子どもの安全、老人な俳諧防止、防犯、プライバシー保護・・・鍵があったことで、かえって危ないことになる例もありますね。簡単に自分で取り付けることもできるようですが、鍵をつけるかどうかの判断は慎重に行いましょう。

洗濯機が脱水エラーで止まる!原因と対処法

洗い・すすぎが終わって排水して、さぁあとは脱水だけ…という時に、ピーッピーッピーッとエラー音が鳴って止まるなんて。慌てて駆けつけて洗濯機の中を見ると、脱水されずにびちゃびちゃのままの洗濯物が…なんて経験、ありませんか?洗濯機の故障? それともただのエラー? 原因は何?修理の依頼をする前に、できることはないか調べてみました。

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。そのため子供に勉強を教える時にイライラしてついつい怒っていませんか?今回上手な勉強の教え方について調べました。

グレーゾーンとは?発達障害の診断について

発達障害には様々な種類があり、その正確な診断はなかなか難しいと言われています。その中でグレーゾーンという言葉があります。グレーゾーンとはどのような場合を指すのでしょうか。もしも子供がグレーゾーンであると言われた場合はどうしたらいいのでしょうか。

枝豆のお手軽な茹で方!レンジを使って時短調理

夏になると無性に家でも食べたくなる枝豆。でも、塩もみして鍋にお湯を沸かしてなんて面倒でできない…でも大丈夫。レンジでできる簡単・便利な茹で方がありますよ。しかも栄養素もアップして一石二鳥なのです。

自転車の危険運転14項目

①信号無視
②通行禁止違反
③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
④通行区分違反
⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害
⑥遮断踏切立入り
⑦交差点安全進行義務違反等
⑧交差点優先車妨害等
⑨環状交差点安全進行義務違反等
⑩指定場所一時不停止等
⑪歩道通行時の通行方法違反
⑫制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
⑬酒酔い運転
⑭安全運転義務違反

引用元-一般財団法人 全日本交通安全協会

スポンサーリンク

  人気記事

歩道を運転するときの「自転車マナー」とは?

通行禁止違反(道交法8条1項)

道路標識等で通行禁止されている場所はもちろん通行禁止です。そして、自転車は「車道」を走るのが原則なので、歩道を走行することは原則禁止です。また、自転車の身軽さからしてしまいがちな、進入禁止の表示があるのに入っていったり、一方通行を逆走したりするのも対象になります。今後は自転車の場合も道路標識をよく見て「自転車を除く」という表示の有無を良く確かめなければいけません。

歩行者用道路における徐行違反(道交法9条)

道路標識で自転車の歩道「通行可」とされている場合や、自転車を幼児が運転している場合などは歩道を走ることができますが、我が物顔で歩道の真ん中を走ってはいけません。自転車は歩道の車道寄りを徐行しなければなりません。歩行者の邪魔になるようなら一時停止をしなければいけません。

引用元-クラージュ法律事務所

歩道通行時の通行方法違反(道交法63条の4第2項)

道路標識で自転車の歩道「通行可」とされている場合や、自転車を幼児が運転している場合などは歩道を走ることができますが、我が物顔で歩道の真ん中を走ってはいけません。自転車は歩道の車道寄りを徐行しなければなりません。歩行者の邪魔になるようなら一時停止をしなければいけません。

引用元-クラージュ法律事務所

どうすればマナーを守って歩道を走れるの?

「歩道通行可」の標識がある場合

歩道は原則として歩行者専用ですが、標識などで自転車走行が認められていれば通行できます。

車道の通行がむずかしい場合

車道や交通の状況でやむを得ない場合は、歩道走行が認められます。

【例えば】
■道路工事や縦列駐車車両などで車道の左側の通行が難しいとき。
■交通量がとても多く、車道の幅が狭いため、自動車と接触する危険性があるとき。

13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、体の不自由な方は歩道を通れます

幼児(6歳未満)や児童(6歳以上13歳未満)、高齢者(70歳以上)、内閣府令で定める身体障害者の方などはどの歩道でも自転車で通行できます。

引用元-スマートサイクルライフ北九州

「やっぱり車道は怖いから…」は許される?

歩道を通行することができる条件の一つである「安全のためやむを得ない場合」については、自転車利用者が主観的にそう感じるだけではなく、客観的にもやむを得ないと認められる状況である必要がある。

例えば、車道通行に不慣れな人には、少しでも自動車が通行していれば車道は安全ではないと感じられるかもしれないが、それだけでは歩道通行が安全のためにやむを得ないと客観的にも認められることとはならず、経験不足のみを理由に歩道を通行することは許されない。

引用元-自転車の道路交通法

道路交通法改正で取締りが強化されている!

2015年6月1日に改正道路交通法が施行され、自転車による交通違反がより厳しく取り締まられることになりました。その内容は、14項目設定された危険行為について、3年間に2回以上の取締を受けた場合、自転車運転者講習の受講が義務づけられるというものです(対象は14歳以上)。講習は3時間で、受講料は5,700円と、なかなかバカにならない金額。これを受講しなかった場合は5万円以下の罰金が科せられ、いわゆる「前科者」の扱いになります。

引用元-55ドライブ

まとめ
自転車が歩道を使うときには、厳しいルールがあるようですね。でも、車道を走るのも結構怖いです。もう少し自転車に優しい道路ができると良いですね。

twitterの反応

 - 日常・生活