ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

      2016/06/12

 - 雑学

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています。たまに出てくるだけなら問題ありませんが、なんらかの理由でマットに戻ってくれないことがあるようです。ちゃんと住処を整えてあげたのに、なぜ?

スポンサーリンク

  関連記事

携帯スマホの本体のみを購入!白ロムのメリットとは

携帯電話の通話料を安くするための格安スマホが今は人気が出ていますね。そんな中携帯スマホの本体のみを購入することもできます。携帯スマホ本体を購入するメリットは何なのでしょうか。

iPodのイヤホンはワイヤレスで!ワイヤレスイヤホンのおすすめ

iPodで音楽を聴くならワイヤレスイヤホンが便利です!ワイヤレスイヤホンなら引っかかったりする心配もないのでジョギングなどの運動時にもいいですね。今回はおすすめのワイヤレスイヤホンを調べました。

ホイールのサイズを変更!その違いとは

車のタイヤのホイールのサイズを大きくすることをインチアップといいます。インチアップする前と後ではどんな違いがあるのでしょうか?今回はタイヤのホイールのサイズ変更について調べました。

日本のスポーツの競技人口はどれくらい?

日本のスポーツの競技人口はどのくらいでしょうか?総務省では5年に1回調査をしています。それにより分かったことは、好きなスポーツと自分でするスポーツは違うという事です。気軽に楽しめること、空き時間でできること、1人でもできること、スポーツの概念が変わったことなどが理由のようです。さて、ダントツは何でしょうか?

捕ってきたカニを水槽で飼育するのは可能?

海や川から捕ってきたカニを、水槽などで飼育することは可能なのでしょうか?また、飼育する場合に気を付けることはあるのでしょうか?今回はカニを水槽で飼育する方法を調べました。

水は沸騰を2回させると病気になる?

同じ記事があちらこちらにひとり歩きをしています。元々の報道はイギリスです。ヨーロッパ等では、水が硬質のため水道水をそのまま飲むとお腹を壊します。ミネラルウォーターを飲む理由がこれです。日本の水は軟質です。世界中で水道水がそのまま飲める国です。

飛行機は座席指定して快適な旅をしよう!

現在は飛行機の予約をすると座席指定がインターネットなどからできることを知っていますか?どうせ長時間飛行機に乗るならば快適な空の旅にしたいですね。今回は飛行機の座席指定について調べました。

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる自動巻きのものがあります。そのため、しばらく装着していないと時計は止まってしまいます。そんな時は自動巻き時計を止めずに保管してくれるスタンドを利用するといいようです。今回は自動巻き時計のスタンドについて調べました。

マンションの床の構造は2種類

以前のマンションは家族構成の変化などで買い替えをしていました。ところが、近頃はマンションも終の棲家と考えられるようになりました。そこで、間取りを変えたり、メンテをしたりする必要が出てきました。直貼りの床はそういうことが不可能でした。そこで開発されたのが2重床でした。

電話番号を非通知に!?184って何?

電話を知らない相手にかけるときは自分の番号を通知したくない場合がありますね。そんな時は相手の電話番号の前に184をつけてかけると非通知でかけることができますよ!今回は電話番号を非通知にする方法を調べました。

冷蔵庫が冷えない原因は何?

冷蔵庫が何か変という時、どうなさいますか?すぐに電気屋さんを呼びますか?メーカーに電話しますか?冷蔵庫が冷えない原因は本当に故障でしょうか?意外とそういではないこともあります。使い方が間違っていることもあります。修理を依頼する前にいくつかチェックしてみてください。基本的な使い方を再確認しましょう。

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものまで多種の講座が用意されています。ユーキャンが資格を取得する講座の運営会社として人気が高いのは、自宅で学習できるからです。お忙しい方におすすめです。

車の維持費は年間どのくらい?2000ccの場合は?

車を所有していると乗っていなくても維持費がかかってきます。年間の維持費はどのくらいになるのでしょうか?税金などは排気量によって金額が変わってきますが、2000ccの場合はどうなるのでしょうか?

センター試験は7割必要!?国公立の大学を目指すなら

現在、大学受験にはセンター試験の制度を導入している大学が多いです。国公立の大学を目指すならばセンター試験で7割とらないといけないと言われています。今回はセンター試験について調べました。

子猫の目やにが気になる…病気の可能性は?

おめめぱっちりの子猫はとってもかわいいですね。そんな子猫が目の病気になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?今回は子猫がかかる可能性のある、目の病気について調べました。

極限までかみくだいてみた、地球の中心が熱いワケ

私たちの住む地球は、私たちが住んでいる場所は冷えていて、中心にいくについれて熱いのは皆さんご存じの通り。どうしてそのような構造になっているのかを、今回できるだけわかりやすくご説明しようと思います。

大学院を卒業する年齢はいくつ?

大学を卒業した後に大学院に進学することを考えている人もいるのではないでしょうか。ところで大学院を卒業する年齢はいくつになるのでしょうか。今回は大学院の卒業後についてしらべました。

世界で起きた地震で最大規模は?被害が大きかった歴代の地震

地震は世界の様々な場所で発生しています。その中でも日本は特に地震が多い国ですね。今までで起きた地震で最大規模の地震とは何なのでしょうか。今回は被害が大きかった歴代の地震を調べました。

車のドアが開かない!その原因とは?

最近の車のドアは電子キーなどで鍵穴を使わなくても開けることができますね。その車のドアが突然開かない!となったらどうしたらいいのでしょうか?またその原因は何なのでしょうか。

全商の簿記の検定は履歴書に書いてもイイの?

商業高校時代に取得した全商簿記の検定。卒業後すぐに就職の場合は有利になるでしょう。しかし、すぐに就職しない場合は日商簿記の検定も受けることをお勧めします。同じ1級でもランクが違うことを知っておきましょう。就職試験で資格が選考基準なることも多々あります。

カブトムシの幼虫が出てくる原因は「マットの居心地が悪い」から!

1)まず土が濡れ過ぎている可能性です。水をあげすぎると土が腐って幼虫が顔を出します。じゅくじゅくに湿らせすぎてしまっていたら土はもう腐っているので潜ろうとしません。土を交換して少しだけ湿らせた状態に戻してあげるしかありません。

2)それから土がショップから買ってすぐの(未発酵)状態でしかも乾いているときも同様に地上に出てきます。お店で買った通称「昆虫マット」はかなり乾燥していて土が発酵していないので容器に入れて湿らせるとガス(二酸化炭素)が発生して幼虫が苦しくて上にでてきます。この場合はほうっておけばガスが抜けてまた土の中にもぐっていきますし、出てきていたら霧吹きで少しだけ追加で湿らせてあげると、しばらくして潜っていきます。そのときに土が混ざって発酵していくのでだんだん地上にあがる頻度も少なくなります。

3)あとは、土が糞だらけになって食べる土が少なくなるとキレイ好きな幼虫ほど地上にコンニチハする場合があります。この場合は糞(黒っぽい豆みたいな塊)を、幼虫を傷つけないように100円ショップで売っているようなスコップみたいなもので取り出して捨てたかわりに新しい土を補充して「適度に」湿らせてあげれば、また幼虫は地中に戻っていきます。

原因は基本この3つですが、たまにですが、4)温度が暑くて地上にコンニチハの場合もあります。ひなたにおいたりすると地中の温度が上がりすぎてそうなります(冬に暖房入れると同じ状態になります)。涼しくすると地中に戻っていきます。ただ、寒すぎると餌(土)を食べなくなって、幼虫が大きく成長できず蛹になれずに死んでしまうので、程度問題です。いずれにしても直射日光はNGです。

あと最後の可能性として、5)さなぎになりたがっているが、土がやわらかすぎてさなぎになれないというときがあります。この場合幼虫は白というよりかなり黄色くなっています。容器に高さ10cm以上の土が必要です。足りないときは土を足して適度に湿らせ、そして手で上から土を軽く押し固めてあげると、幼虫は土の中で蛹になる準備を始めます。

いつ見てもずっと地上にいる場合は、4)や5)はすぐ気づくと思いますので、それでなければ3)→1)および2)を疑ってみてください。大変残念ですが、このどれにも当てはまらない場合は病気の可能性もあります・・・(泣)

引用元-トラパパ@TORAPAPA

スポンサーリンク

  人気記事

サナギになる前も要注意

私も去年,ちょうどこの時期に幼虫を貰ってきたのですが,土に潜らず,そのまま羽化させた経験があります。そのゴソゴソしていたのは,幼虫ががマット内で蛹室作りに適した場所を探しているワンダリングという行動だったと思います。それを邪魔してしまったため,多分もう土には潜らないと思います。ですから,これからは決して幼虫に触らないで,静かに見守ってあげてください。うまくいけば,土の上で蛹化するはずです。

土の上では,羽化不全となるので,人工の蛹室をつくり,そこにいれます。人工の蛹室は紙コップで代用します。羽化時に体液が出るので,コップの底に,水抜き用の穴を開けます。コップの壁に直接当たらないように,テッシュを少し詰めます。スプーンなどで,直接触らないようにして,紙コップを横にするなどして,優しく移動させます。コップは倒れないように,少し土に埋めてください。

これで100パーセント大丈夫かは分かりません。羽化率は30パーセント程度らしいです。
がんばってチャレンジしてください。

引用元-発言小町

出てくるからといってさわりすぎるのが一番ダメ

ただ、飼育マットを替えても、何度も上にあがってくる幼虫というのもいます。ただ、そのような場合は、マット替えをした以上、飼育環境的には問題ないと思われますので、そのまま、そっとしておくのが一番いいと思います。そのうち、土にもぐると思います。それに、あまり気にして、飼育ケースをいらい続けるのも、カブトムシ幼虫にとってよくないので・・・。

引用元-かぶとむし騒動記

カブトムシの幼虫にとって居心地の良いマットとは

幼虫は環境が合ってないと上に這い出して来て、脱出しようとします。幼虫が落ち着ける環境にはいくつかの条件があります。

・マットは充分熟成した発酵マットであること
・湿度は乾燥状態に対して10%~15%あること
・マット中に幼虫の共生菌がいること
・温度は27℃以下(冬なら10~20℃でOK)であること

これらすべて大事な要素ですが、それぞれ目安とか、コツがあります。マットは多少値が張っても上等の発酵マットが良いです。市販のものは腐葉土系よりもオガクズ系のものがより安心ですが、いずれにせよ2次発酵はしていないとカブト幼虫には向きません。自分で市販のフレークマットを発酵させるか、そうでなければネット上で有名な業者などを探して信頼出来そうな発酵マットを買った方がいいです。

湿度は、マットを強く握っても水が滴らない程度。

幼虫の共生菌は、マットを分解して食べやすくするものですが、幼虫のフンなどを媒介してマット中に繁殖して行きます。これが無いと幼虫は落ち着きません。マット交換時には注意が必要です。3分の1くらい共生菌の繁殖しているマットを残しておき、加水する時にフンを少し水に溶かしておきます。こうすることで少しでもマット交換のリスクを減らせます。

温度は、完全に冬眠させるなら10℃くらいで。5℃を下回ると致死温度になります。また、20℃以上あると蛹化時期を早めてしまう恐れがあります。一番いいのは15℃~20℃で、蛹化時期を早めることなく少しづつ成長させることが出来ます。日本本土の室内常温なら大体問題ないかと。

引用元-教えて!goo

カブトムシの幼虫を育てるコツ

ここまで一連の流れを説明してきましたが、カブトムシの幼虫を育てる際は、以下の3点が重要なポイントです。

1. マット(土)の管理
2. 水分の管理
3. 幼虫を入れすぎない

この3点さえ押さえていれば、カブトムシの幼虫の飼育はそれほど難しいものではありません。

引用元-青空

まとめ
カブトムシも生き物ですから、家の居心地が悪いと出てきてしまうんですね。カブトムシにとって居心地の良い環境を作ってあげて、立派なカブトムシになるよう応援してあげてください。

twitterの反応

 - 雑学