ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

      2016/06/15

 - 美容・健康

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手術となります。胆嚢を摘出した場合の術後の食事などはどうなるのでしょうか?今回は胆石の治療について調べました。

頭痛は病院の何科にかかる?緊急性の高い症状とは

頭痛にはいろいろな種類がありますね。頻繁にある場合は病院の何科へかかればいいのでしょうか?また緊急性の高い頭痛の症状とはどのようなものなのでしょうか?今回は頭痛の症状について調べました。

手の爪で親指だけがでこぼこに!

爪をよくみてみたら「あれ、親指の爪がでこぼこになっている…」なんて事はありますよね。爪で健康状態がわかるっと聞いたことがありませんか?爪の変化には原因があるようです。

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいですが、豆乳と牛乳って、似ているようで全く違うものなんです!牛乳と豆乳の違いから、カロリー、知って得する豆知識まで。調べてみました。

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの思いで、縮毛矯正をしたものの、その後のケアは、あまりよくわからない人も多いかと思いますが、実は、セルフケア次第で、長持ちさせることができるんです。シャンプーを始め、ゴムで束ねる、ピン止め、耳にかけるのはいつから良いのか?縮毛矯正後の素朴な疑問に答えます。

肩の関節が鳴る原因

肩が凝ったなぁと思い、肩を回すと関節が鳴ることはありませんか?肩の関節が鳴るのは、痛みがある場合とない場合があります。問題があるのは痛みを伴う時。放っておくと、深刻な問題になることもあるのです。ここでは、肩の関節が鳴る原因から、ストレッチまでご紹介します。

胃痛に加えて吐き気まで!病院へはいくべき?

ストレスなどで胃痛を起こした経験がある人は多いのではないでしょうか?胃痛に加えて吐き気がある場合はどのような病気なのでしょうか?また病院へはすぐに行った方がいいのでしょうか?今回は胃痛と吐き気がある場合について調べました。

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

牛乳石鹸での洗顔のみで化粧水をつけない美容法

誰もが見たことある、牛乳石鹸。洗顔だけで化粧水をつけなくてもいいと話題になっているのです。でも牛乳石鹸ってどんな石鹸かよく知らなかったり…。そこで成分や固形石鹸での洗顔方法を調べてみました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

縮毛矯正とパーマは同時にできる!?ストデジとは?

以前は縮毛矯正をするとパーマをかけることができませんでしたが、最近は縮毛矯正とデジタルパーマを同時にかけることも可能なようです。この通称ストデジは、髪が痛むこともあるので注意も必要なようです。

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性がかかるがんでも一番多い病気です。乳がんになってしまった場合の治療はどういったものなのでしょうか。手術をしないで治療をすることはできるのでしょうか。

頭が重い、ふらふらする…原因は?

なんだか、頭が重い…、ふらふらする…。また時折、頭重感が発症することってよくありますよね。この症状には、様々な原因があるそうです。その主な原因を調べてみました。

足が細いのは魅力的?女と男の違い

女の人は細い足に憧れますね。しかし男の人はただ細い足には魅力を感じないようです。魅力的な足とはどのような足なのでしょうか。今回は女と男が魅力的に感じる足の違いについて調べました。

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケンジー氏 により考案されました。椎間板ヘルニアなどの慢性腰痛治療に効果があります。また、、急性の腰痛にも効果があったという報告もあります。マッケンジ法は腰痛持ちの救世主です。

顔が黒いのは日焼けなのか病気なのか要因を探ってみましょう

普段の顔の色とちょっと違って黒いと思った時はどんな時でしょう?日焼けが原因でない場合は病気の可能性もあります。普段の生活習慣や食べ物などに変化はありませんでしたか?病院にかかる前にセルフチェックをしてみましょう。

入院時の食事は痩せる?カロリーはどのくらい?

病院に入院した場合は食事は病院側から提供されます。入院時の食事はとても健康的なイメージですが、カロリーはどのくらいで作られているのでしょうか?また病院の食事は痩せるのでしょうか?

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

砂糖の種類によって差がある!大さじ1のカロリー

・上白糖(9g) 34.2キロカロリー
・グラニュー糖(13g) 50.7キロカロリー
・三温糖(13g)  41.6キロカロリー
・中ざら糖(ざらめ)(15g) 55.5キロカロリー
・黒砂糖(9g) 31.5キロカロリー
・和三盆(9g) 34.2キロカロリー
・甜菜糖(9g) 35.1キロカロリー

驚いたことに、砂糖の勢力図が変わりましたね!一番高いカロリーだったのが、中ざら糖(ざらめ)の55.5キロカロリーで、2位がグラニュー糖の50.7キロカロリー。逆に一番低いのが黒砂糖の31.5キロカロリーで、それに次ぐ底カロリーは同率順位で上白糖と和三盆の34.2キロカロリーでした。砂糖のカロリーを大さじ1杯として換算すると、一番上と下で20キロカロリーも差が出る結果となりました。

引用元-welq

スポンサーリンク

  人気記事

取り過ぎ危険!一日あたりの砂糖摂取の目安

成人一日の摂取量

例:成人1日の摂取平均カロリーが2000kcalの場合
2000kcal×10%=200kcal/日
砂糖1gは約4kcalなので、200kcal÷4cal=50g/日が1日の砂糖摂取目安量となります。砂糖50gとは大さじ3杯と小さじ1杯、大さじ5.5杯が目安と考えて良いでしょう。他に目安となるものがスティックシュガー。これは1本3〜5gぐらいで作られているものが多いですし、角砂糖1つも同様です。

1日50g以下に!

左の例のようなカロリー摂取の場合、砂糖は1日50g以下に抑えなければいけません!!この50gを食事:間食=1:1と考えると、間食で25g以下が望ましいと考えられています。成人でこの量ということは、子供だともっと少ないはず!

引用元-カラダにキクサプリ

砂糖は健康に悪い!?

一部ネットなどで、砂糖を摂るとキレやすくなる、砂糖は虫歯の元、砂糖を摂ると糖尿病になる、ひどいのは漂白されているとか、その他いろいろな情報がとびかっています。

そして中には、砂糖をやめて体調がどう変わるか実験をしている方…
また定期的に歯科に行くと「砂糖は減らしてネ」と言われます…
ということは学者や医者が力説しているとか!?

わたしは聞いたことはないですが様々な意見があります。

漂白って「精製」という言葉から出てきたのでしょうね。精製っていうのは、砂糖以外の成分を取り除き、純粋な砂糖の結晶だけを取り出したものです。

友人にも「家にはグラニュー糖をおいてないし使ってないの!」という人いますが、その友人とランチに出かけたらケーキやパンをしっかり食べます^^(それが悪いと言ってるわけではないです、多分家で使わないようにしているだけでしょう)
砂糖を完全に絶つのは難しいですし、わたし自身はケーキを作るのでグラニュー糖は必要なのです。

引用元-コレエタつ~しん

黒砂糖には健康効果が!

注目の成分フェニルグルコシド – 糖尿病・生活習慣病の予防に効果

黒砂糖は、フェニルグルコシドを含むことが大きな特徴です。フェニルグルコシドは、糖の吸収を抑える働きがあることから糖尿病予防に効果があります。フェニルグルコシドが含まれない上白糖に比べ、黒砂糖は血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。その他、コレステロールの上昇も抑え、生活習慣病の予防にも効果があります。

ラフィノースに注目 – 便秘改善に効果的!

ラフィノースが含まれるのも黒砂糖の特徴です。天然のオリゴ糖の一種であるラフィノースは、腸内で善玉菌を増殖させるため便秘の改善に効果があります。さらに、免疫力アップやアトピー性皮膚炎の改善にも、効果が期待されています

豊富なミネラル – 健康への関心が高まる黒砂糖

黒砂糖はミネラルがとても豊富で、近年の健康志向で黒砂糖を使用する家庭が増えています。黒糖には、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類、さらにビタミンB6やビオチンなども含みます。精製されて栄養分が失われた上白糖と違い、黒砂糖はサトウキビを絞って固めた砂糖なので、栄養分がたっぷり含まれています。

引用元-良好倶楽部

砂糖と蜂蜜、大さじ1のカロリーはどちらが高い?

砂糖は大さじ1杯が9gですが、蜂蜜には21gの重さがあります。これは蜂蜜というものには水分も含まれているからなのですね。つまり1gあたりのカロリーを考えると、蜂蜜の方が低カロリーになるというわけです。

さらに、蜂蜜は甘味が砂糖の約1.3倍もあるということが知られています。少ない量でもしっかりとした甘味を感じやすいので、ダイエット時の甘味料として非常に適していると言うことができます。

こうしてカロリーの面で比較してみても、実は砂糖よりも低いカロリーでしっかりした甘さを楽しめるということが分かる蜂蜜。ですがこれがダイエットに向いていると言われる理由は、カロリーに関する点だけではありません。

この蜂蜜には、砂糖とは比較にならないほど多くの栄養素が含まれています。ビタミンやミネラルが非常に豊富で、これらが体内でしっかり働いて、代謝を高めてくれるのです。

さらにダイエットの大敵であるむくみや便秘にも対策できるということが分かっていますので、上手に活かすことで、ダイエット中の方にとって心強い味方になってくれるというのは、間違いないですね。

引用元-蜂蜜の効能

まとめ
いつも特に考えることもなく使っている砂糖ですが、砂糖によっては、健康効果があるものもありますし、なかなか奥が深いなぁと思いました。上白糖しか使ったことがありませんでしたが、他の砂糖も使ってみようと思います。

twitterの反応

 - 美容・健康