ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

極限までかみくだいてみた、地球の中心が熱いワケ

      2016/06/18

 - 雑学

私たちの住む地球は、私たちが住んでいる場所は冷えていて、中心にいくについれて熱いのは皆さんご存じの通り。どうしてそのような構造になっているのかを、今回できるだけわかりやすくご説明しようと思います。

スポンサーリンク

  関連記事

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのではないでしょうか?簿記に必要な勉強時間は、結構な時間になるようです。集中力を持続させるには、勉強場所はどこがいいのでしょうか?今回は簿記の勉強におすすめの場所を調べました。

車のフロントガラスにひびが入ってしまったらどうしたらいい?

高速道路でよく起こるようです。前の車が跳ね飛ばした小石が原因でしょう。ぶつかった時のキズがは小さいのですが、振動と風圧で見る見るうちに縦横にひびが入ってしまいます。応急処置をするテープを常備していると良いですね。

車のドアが開かない!その原因とは?

最近の車のドアは電子キーなどで鍵穴を使わなくても開けることができますね。その車のドアが突然開かない!となったらどうしたらいいのでしょうか?またその原因は何なのでしょうか。

えっ!メダカの水槽に油膜!

メダカなどの水槽には油膜が発生することがあります。これでは見た目があまりよくありませんね。一体この油膜の発生原因は何なのでしょうか?また、水槽に油膜が発生した場合の対処法も調べましたので紹介します。

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと思います。アスファルトは道路以外ではあまり見かけません。なぜアスファルトは庭に利用されていないのでしょうか?今回はアスファルトとコンクリートについて調べました。

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責保険に加入している必要があります。車検と自賠責保険の期間は同じが良いんでしょうか。

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の子でも、小さいうちは家の中に入れておくことが多いので、やはりトイレを覚えさせる必要がありますね。でも初めからうまくいくものではありませんし、トレーニングを開始しても失敗ばかり…。囲いを付けたら覚えさせられるの?そこで犬のトイレトレーニングの上手な方法と注意点を調べてみました。

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。通帳の場合は窓口で手続きしないとお金をおろすことはできません。しかし通帳だけでATMからお金をおろすことができる銀行もあるようです。

色の組み合わせは絵の具を使って体感しよう

色は三原色からいろいろな色が生み出されます。
実際に絵の具を使って、色の組み合わせの実験をしてみると楽しいですね。
ネットではいろの配分でどんな色ができるのかというフローチャートもあります。
それを参考に、自分で色を作ってみると良いですね。

あさがおの葉が変色!?これってどんな病気?

夏前になると、あさがおを植えて、グリーンカーテンにしている家をよく見かけますね。このあさがおは育てやすい植物ですが、葉っぱが変色することがあるようです。この変色はどんな病気のサインなのでしょうか?

昼間にも月が見える!その名前は?

月は夜になると見えるイメージですが昼間にも見える時期があります。月の満ち欠けで月が見える時期は違いますが昼間に見える月の名前を知っていますか?今回は昼間に見える月について調べました。

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。大学入試と比べて、大学院の試験は専門的な内容が多いようです。どのような勉強をしていれば、試験に受かるのでしょうか?今回は大学院の試験について調べました。

猫が小さいときはトイレがとても大きいと思いますね

初めて子猫を飼った時は、まずトイレのことが頭に浮かびます。トイレはいろいろなタイプがあります。活発な猫の場合は、猫砂がそこら中に散らばり掃除が大変です。また、猫の尿や便の匂いは強いので気になりますね。トイレは最初から大きいものを用意した方が無難です。置く場所や世話をができる状況に合わせってトイレを選んでください。

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたいですね!しかし輸入車は国産車に比べると本体価格も維持費も高いイメージです。実際はどうなのか調べましたので紹介します。

家の電話へ迷惑なワン切りがあるらしいです

家の電話にワン切りがかかったことはありますか?夜中が多いようです。何の目的?詐欺?いろいろ疑問があって調べている人も多いようです。迷惑な行為に対して、利用できるサービスはいくつかありますが、その費用を自分で負担したくないですね。費用を出して安心を買いますか?夜中に電話が鳴っても我慢をしますか?選択するのはあなたです。

長崎の原爆投下の時間に意味はあるの?

夏になると、広島や長崎で平和記念式典がおこなわれます。二都市とも原爆が落とされた時間は午前中、よく晴れた日のことでした。どうしてこの二都市が選ばれたのでしょうか。

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていますか?コーヒー豆の挽き方によって、美味しさや、入れ方が変わってきます。またコーヒー豆は挽きたてが美味しいので、おすすめのミルも紹介します。

東京といえば山手線!乗り放題のおトクな切符3選

東京に住んでいない人でも、名前だけはなぜか知っている。山手線は、東京、品川、渋谷、新宿、池袋、上野などの駅を網羅しており、通勤にも観光にもとても便利なJR東日本の主力路線です。そんな便利な山手線を一日乗り放題にできる、お得な切符を3つご紹介します。

一番人気のミラコスタを予約したい!その裏技とは?

東京ディズニーシーの中にあるホテルミラコスタはナンバー1の人気で予約もなかなか取れません。それでも泊まってみたい!という人のためにミラコスタを予約するための裏技を調べました。

採用の連絡が遅いと不安 落ち着いて待とう

就職試験の結果、採用になるのかどうかの連絡を持つ期間は、とても遅く感じるものです。同時に何社か受けている場合もありますね。落ちた場合の次の試験の準備もありますね。噂で早いとどうだとか、遅いとこうだとか、いろいろ耳に入ります。しかし、いずれも根拠にないことです。連絡はその会社や担当部署の問題です。落ち着いて待ちましょう。

どうして地球の中心は熱いの?

地球のずっとずっと中の方は、何と6000度っていう、すごい熱さなんだ。どうしてそうなったと思う?

大昔の地球は、小さな星同士がたくさんぶつかってできた、ドロドロの熱い塊(かたまり)だった。そのうち重い鉄(てつ)を含(ふく)んだ部分は沈(しず)んでいって、軽い物だけが浮(う)いてきた。地球の熱が冷めてくると、表面が固まって、岩や土の地面ができて、熱いドロドロは地球の中だけに残ったというわけ。

中がそんなに熱いのに、地面はどうして熱くないんだろう? それは、地面の下にはマントルという土や岩のとても分厚(あつ)い壁(かべ)があって、熱を伝えにくくしているからなんだよ。

引用元-Panasonic

スポンサーリンク

  人気記事

今もまだ熱いのは余熱があるからだった

主な熱源は、衝突エネルギーと放射性核種の崩壊熱ですね。

ただ、放射性核種は、ウランなどの微量元素ではなく、太陽系形成時はもっとあらゆる放射性元素がもっと大量にありました。しかし、それらも何度もの半減期を経て、46億年近くたった今はほとんど安定化しきってるため、今はほとんど崩壊熱による発熱はないですね。(月も地殻にウランが存在することは科学的観測からわかってますよ。)

地球が今も中心部を熱く保っていられるのは、地殻などで放熱が抑えられてるから。おっしゃるとおり余熱で維持しています。

かつては月も中心部に熱い核を持っていましたが、天体が小さく地球より冷めるのが早いため、いまは完全に冷え固まってしまってます。

引用元-yahoo!知恵袋

地球の中心は熱がさめにくい構造をしている

地球の構造はゆで卵にたとえられます。黄身に当たるのが地球の「核」と呼ばれる部分で、白身は「マントル」、殻は地面である「地殻」です。 マントルや地殻は岩石からできていますが、核は鉄からできています。核の温度は、約6000度もあります。

46億年前、地球には宇宙からたくさんの小天体が降ってきていて、熱くどろどろに溶けていました。その後地球は冷えて、表面には厚い岩の層(地殻+マントル)、中心には鉄の核ができました。核が熱いのは、こうした地球誕生直後の熱く溶けていたころの名残です。そしていまも熱いのは、二つの理由があります。

一つは中心核が、マントルという岩の厚い層で保護されていること。マントルはまさに、マントという意味です。地面を触ってもあまり熱くないのは、岩は鉄などに比べて熱を伝えにくいからです。

もう一つの理由は、中心核自身に温度を下げない仕組みがあることです。中心核は、内核(固体の鉄)と外核(溶けた鉄)に分かれています。核から熱が奪われると、溶けた鉄が固体に変わります。このとき鉄は熱を出すので、温度が下がらないのです。この熱を難しい言葉で※「潜熱」といいます。

引用元-美味しい知識の収集屋

これから地球の熱さはどうなる?

45臆年前の火の玉だったころからすれば、随分冷めているけど、冷めきっていないとも言えるようですね。太陽は核融合をしながら年々熱く大きくなっていきますが、地球は自転の速度も遅くなりつつあり、このまま冷めていくのでしょう。恒星(太陽)は光輝く星であり、惑星(地球)はその光を反射する星である違いなのでしょうか!

引用元-☆maguma.info

地球の熱は私たちの生活に関係していた!

地熱発電とは、地中深くから得られた蒸気で直接タービンを回し発電するものです。地球は、地中深くなるにつれて温度が上がり、一般に深さ30~50kmで1千度程度と考えられています。いわばひとつの大きな熱の貯蔵庫といえます。しかし、この熱源はあまりにも深部に存在するため、現在の技術でこれをエネルギー資源として利用することはまず不可能です。ただ、火山や天然の噴気孔、温泉、変質岩などがある、いわゆる地熱地帯と呼ばれる地域では、深さ数kmの比較的浅いところに1千度前後のマグマ溜りがあります。そして地中に浸透した雨水などがマグマ溜りによって加熱されて、地熱貯留層を形成することがあります。このような地点に貯えられた熱を直接、エネルギー源として利用するのが地熱発電なのです。

引用元-日本の地熱エネルギー

まとめ
地球は46億年も昔に生まれたのに、その余熱ですらまだ6,000度もあるなんて驚きですね。

twitterの反応

 - 雑学