ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

大学の先生になるにはどうすればいい!?

      2016/06/21

 - 社会・政治・経済

大学の先生といえば専門職で安定した仕事といったイメージですね。ところで大学の先生になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は大学の先生になる方法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

社会保険の知っとこ!扶養家族が就職したら見るまとめ

「内定ゲット☆就職します!」というお子さん。「今まで子育てを頑張ってきたけど、落ち着いたしこれからはしっかり働きたい!」という奥さん。こういった場合、ご主人またはご両親の扶養から外す手続きが必要になります。その手続きの仕方とともに、注意点やそもそも扶養家族とはどういう条件なのか、平成28年10月の改定についてもまとめました。

仕事を辞めたいと思う30代の男性は多い

仕事を辞めたいと思う30代の男性は結構多いようですね。給料や人間関係に嫌気がさしてしまうのでしょうか。しかし、家庭のことや将来のことを考えると、仕方なく思い留まる人が多いようです。それならば、思い切って考え方の転換をしてみませんか?

宅建は独学で合格を目指そう・ 初心者編

宅建の初心者が独学で頑張る人は多いです。勉強法が大事です。教材も大事です。過去問を解くのも大事です。一発合格を目指すにはどうしたら良いのでしょう?ゲームで学習もせきますよ。合格した人の例を参考に、挑戦してみてください。

ホテルのフロントのバイトはやりがいがある

ホテルの顔といえるフロントの仕事です。お客様からの様々なニーズにこたえなければなりません。観光のお客様はアクセスや意見を求められることも多々あるでしょう。内部の仕事以外に対応しているので、コミュニケーションスキルが磨かれることでしょう。

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどのような仕事をしてるのでしょうか?また准教授になるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は准教授の年齢と年収も調べましたので合わせて紹介します。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出を求められることがあるようです。アルバイトの場合でも源泉徴収票は発行してもらえるのでしょうか?今回はアルバイトの源泉徴収票について調べました。

日本の農業~問題と解決策まとめ~

農業の将来性が不安視される中、今までの仕事を辞めて、新しく農業を始めようとする(就農)人々がいます。今、日本の農業にどのような問題が起こっているのでしょうか。その問題に対して、現在どのような解決策を出そうとしているのでしょうか。気になるポイントをまとめました。

東京へ転職したい!その理由?

地方でずっと働くよりも東京で働きたいと、転職する人は多いようです。なぜ東京での転職を選ぶのでしょうか?今回は東京で転職したい理由と、そのメリット・デメリットを調べました。

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と農協は預けているお金の呼び方が違うようですがなぜなのでしょうか?今回は農協と銀行の違いについて調べました。

退職の挨拶は長くなりすぎず短過ぎず、最適な一言は?

退職の理由は何でしょう?結婚や定年退職の場合はおめでたいので挨拶もしやすいでしょう。トラブルや不仲などで退職する場合もあります。そんな時も、『立つ鳥跡を濁さず』のことわざのように、見苦しくないような挨拶をしましょう。あくまでもネガティブにならない挨拶を一言伝えましょう。

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄せが出ています。企業年金に加入している大企業や共済年金の人は、セレブですね。しかし、批判が多く、共済年金は厚生年金に統合されることになりました。とは言うものの、公務員は新たな制度で守られています。

30歳で年収が200万!?ワーキンプアの実態とは

ワーキングプアという言葉をしっていますか?年収200万円未満の人のことを言い、非正規雇用の人が多いようです。30歳代で年収200万の場合、危機感を抱いていいる人も少なくないようです。今回は年収200万の実態について調べました。

自動車税の納付を忘れた!納付書は期限切れでも使える?

自動車税は自動車を所有している人は必ず払わないといけません。自動車税の納付を忘れた場合はどうすればいいのでしょうか?自動車税の納付書は期限切れでも使えるのでしょうか?

会社の経費はどこまで計上できる?経費の原則とは

会社で使った経費はどこまで計上することができるのでしょうか?会社を経営している場合は経費は節税のためにも大事です。しかし、どんなものでも経費として計上できるわけではないようです。今回は会社の経費について調べました。

高校の体育の先生になるには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があります。大学で高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得します。身分は公務員なので多方面で民間より優遇されています。残業手当はありません。部活顧問にも給料は支払われません。学校選びとそれに合った学力を身に付けて挑戦してください。

郵便局のゆうちょ銀行と他の銀行の違いとは?

郵便局が民営化されて、ゆうちょ銀行が誕生ました。このゆうちょ銀行と一般的な銀行との違いはどこにあるのでしょうか?またどちらの銀行に口座を作るのがいいのでしょうか?

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります。普通徴収の場合は自宅に納付書が届いて支払いをすることになるようですが、納付書はいつ頃届くのでしょうか。今回は住民税の支払いについて調べました。

人気の資格!簿記検定2級3級の合格率は?

簿記の資格は、就職・転職に活かせる資格として人気です。経理や総務の仕事だけでなく、会計士や税理士の仕事をする上では必須の知識だとも言われています。そんな資格検定の難易度や合格率などについてまとめました。

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれの立場があります。お金を頂くことは大変なことです。仕事は楽なものではありません。仕事をさせていただけること自体が有り難いことなのです。入って最初の更新を断る理由は何でしょうか?契約期間が終了と割り切れるものなのでしょうか?今の仕事のシステムはそんなに簡単に雇ったり辞めたりできるのでしょうか?

大学の先生の仕事とは

大学教員の仕事の内容

専門分野を研究し学生に講義する

大学教員には、学長、教授、准教授、講師、助教、助手などがあり、仕事は大きく分けて(1)専門分野の研究、(2)学生への指導、(3)大学の管理・運営の三つがある。専門分野の講義はもちろん、実験・実習などの指導や論文作成の指導も行う。また、専門の研究を論文にまとめて、学会などで発表することも大きな仕事である。

大学には付属の研究所、付属病院、農場や植物園などの施設があり、こうした施設で研究に専念している大学教員もいる。さらに、教授会や入試など、大学運営に関する各種委員会に参加する場合もある。加えて、政府の審議会などにおいて、学識経験者として意見することもある。

大学教員の働き方と生活

受け持つ授業時間は週8~9時間ほど

大学教員は専門分野の研究を行うため、受け持つ授業時間は小・中学校、高校の教員よりも少なく、国立の場合は週8時間、私立の場合は週9時間くらいが多いようである。

夏休みなどの長期休暇中は、海外研修やゼミ合宿の引率、学会への参加などのほか、外部でセミナー等の講師をすることもあるようだ。

引用元-Benesse

スポンサーリンク

  人気記事

大学の先生になるには

大学での先生の採用は、

「公募」という形で、助教、講師、准教授、教授のどれかを採用したい大学が募集します。 それに対し、自分が条件を満たしていて、そこへ行きたいと思えば、必要書類(履歴書・論文別刷など)を送り、応募します。書類選考を経て(大抵の場合は、候補者が何人かに絞られ、面接を受けます)、それで選ばれれば、晴れて、その大学の先生になれるというわけです。

大学院は修士課程2年間、博士課程3年間の計、5年間ある。

(大学によってはそれぞれ前期博士課程、後期博士課程と呼ぶこともあります。)

大体、大学の先生になる人の目安としては、修士の間に、オリジナルの結果を出し、それを研究会で発表し(そこで顔と名前を売る)、それを修士論文にまとめ、それで修士号を取得すると同時に、学術雑誌に投稿し、レフリーの審査を受けて、通れば、掲載され、業績となります。博士課程に進み、研究を続けて、何本か論文を書いて、業績が出来れば、それらをまとめて、学位論文(博士論文)として、審査を受けます。認められれば、学位(博士号)が取得できます。昔は、その前後に、どこかの大学の公募に書類を出し、通れば・・・、というパターンでした。今は、更に、PDや非常勤などで研究・教育の経験を積み、大学の公募に書類を出し、通れば・・・、というパターンです。

引用元-大学の先生になる方法!?

非常勤の場合は厳しい現実が

非常勤講師の場合、90分授業1回あたりの報酬は1~2万円程度。1日2回の授業のために郊外に位置することが多い大学へ長い往復時間かけて通うケースが多く、通勤時間と授業時間、そして授業の準備や試験の採点作業を合計するとかなりの時間が取られてしまい、決して割が良いとは言えない。

年収で見ても1000万円台クラスが当たり前の大学教授に対し、非常勤講師の場合は高学歴でありながら平均年収は300万円程度にとどまっている。教授たちが高齢化するにつれ、大学における人件費は膨れ上がり、一方で給料が格段に安い非常勤講師の待遇は改善されていない。それでいながら彼らの存在で大学経営はなんとか生き長らえているいびつな状況だ。

さらに、これに追い討ちをかけるように一部の大学では人件費のさらなる削減や学生負担の軽減といった目的で、第二外国語を必修から外す動きが出ている。その結果、待ち受けているのは非常勤講師の授業数や採用枠が少なくなり、ますます厳しくなる雇用環境だ。ここから抜け出すには教授になるしかないが、そのためには助手、助教授とピラミッドを登っていかなければならず、それは想像以上に狭い関門だ。

就職活動中の学生に言えることは、研究や教育が好きだという人にとっては大学教授という職業は選択肢のうちの1つになるが、高待遇で自由時間が多いという漠然としたイメージを抱いて安易に目指すべきではない、ということだろう。

引用元-livedoorNEWS

大学の先生から教授になるには

大学教授になるには就職活動が必要

もちろん、博士号を持っていれば、就職先が自動的に決まるというわけではありません。大学教員の求人を探して就職活動をしなくてはならないのです。まずは助手として採用されるところからスタートします。

就職先の大学が決まってもいきなり大学教授になることはできません。優れた研究を続け、論文を書き、学会などで成果が認められれば、助手からステップアップをすることができます。

教授の推薦を受けて、講師、准教授、教授へと長い時間をかけて進みます。定員は少なく非常に狭き門となります。

大学教授に求められる能力

大学教授は研究職であり、成果が求められます。ある特定の分野に強い関心があり、研究することが苦でないタイプでないと大学教授になることは難しいでしょう。当然ながら学術に秀でていることが必要です。

研究はすぐに成果がでるものとは限らないため、忍耐力があり、粘り強い性格が向いていると言えます。

引用元-Career Garden

大学の教授に資格は必要ない

大学教授には博士号を取得している人が多いのですが、博士号は高度な専門的な知識を持っていることを示すもので、国家資格のようなものではありません。

大学教授になるためには、小学校や中学校の先生のように試験や実習を経て教員免許を獲得するといったことや試験を受けて資格を取得しなければならないということはないのです。

では博士号の取得が絶対の条件かというとそのようなこともありません。芸能人やスポーツ選手、または企業の研究員などが大学教授となるケースを見てもわかるように、大学教授になるためには博士号も絶対的な条件ではないのです。

引用元-Career Garden

まとめ
大学の先生になるには長い時間がかかるようです。大学の先生から教授になるのはさらに厳しいようですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済