ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

      2016/06/23

 - 美容・健康

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

風疹は病院で予防接種できる?任意接種の場合

風疹がここ数年は毎年のように流行っていますね。風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに影響があるので注意が必要です。気になる人は病院で予防接種をしましょう。今回は病院で風疹の予防接種を任意で受ける場合を調べました。

偏頭痛の原因はストレス!?心療内科を受診するべき理由

偏頭痛持ちの方、多いですよね。ふとした瞬間に痛み始め、薬を飲んでもイマイチ効かない…。ストレスが原因かも?という方、心療内科を受診したことはありますか?その頭痛、心療内科で治してもらえるかもしれません。偏頭痛と心療内科の関係について調べてみました。

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなりますね。トリートメントは毎日した方がいいのでしょうか?今回は髪のトリートメントの頻度とその効果について調べました。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われていることを知っていますか?なぜ筋トレは精神を鍛えることにも効果的なのでしょうか。今回は筋トレについて調べました。

足の付け根にできものが!その原因と対処法は?

足の付け根には下着がこすれてできもができたりする場合があります。できものができた場合はどのように対処すればいいのでしょうか?今回は足の付け根にできるできものの原因と対処法を症状別に調べました。

リンパ節に転移した場合に余命を伸ばす治療は?

科学技術が発達して、治療法も様々あります。どんな方法が良いのか、あきらめずに医師に相談しましょう。今はがんの余命を宣告しています。いかに充実した日々を過ごせるのがが、大切なことです。プラス思考や笑いを取り入れて、凛として生きましょう。

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです。咳や鼻水、熱といった症状、薬を飲みたいけど赤ちゃんに影響があるのではと心配ですよね。そこで風邪に効果的な食べ物や予防方法を調べてみました。

腹筋を鍛えたい!効果はいつから?

割れてる腹筋って憧れますよね。でも、腹筋を鍛えるトレーニングはなかなか続かなかったりします。そこで、効果的で簡単な腹筋のやり方といつから効果がででくるのか調べてみました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

膝が痛い場合は病院の何科へいけばいい?

運動などをした後に膝が痛くなることがありますね。長引く場合は病院の何科へ行けばいいのでしょうか?また膝が痛い場合はどのような原因でなるのでしょうか?今回は膝の痛みについて調べました。

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていますが実際はどうなのでしょうか?もし重曹で歯石や着色がとれるなら歯医者に行く手間が省けますね!今回は重曹の歯磨きの効果と注意点を調べました。

夜なかなか眠れない!寝れないのが怖い場合の対処法

夜疲れているのになかなか寝れない…といったことはありますね。中には寝ることが怖いと感じている人もいるのではないでしょうか。なぜ怖いと感じてしまうのでしょう。今回は夜寝れないときの対処法を調べました。

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にとれるからといってパンを食べている人も多いのではないでしょうか?しかしダイエットをするならば朝食のパンは要注意のようです。

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。この半月板を損傷した場合は手術になることもあります。半月板損傷手術の場合は麻酔はどうなるのでしょうか?今回は半月板損傷の手術について調べました。

妊娠後期の少量の出血は大丈夫?病院に行くべき症状とは

妊娠8か月を過ぎると妊娠後期という期間に入ります。妊娠後期はまだ出産には早い時期で、少量の出血がある場合もあります。出血が少量でも妊娠後期の場合は注意しないといけません。

夕方に熱が上がるのはどんな病気?

子供は病気になると熱が上がったり下がったりすることがあります。朝下がって夕方上がることが多いですが、大人の場合でもそのような症状が出ることがあります。今回は熱が上がったり下がったりする病気について調べました。

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようです。水でシャワーをするとダイエットだけでなくいろいろな効果もあるといいます。今回は朝に水でシャワーをする効果を調べました。

赤ちゃんの頭が大きいと帝王切開になる?

基本的に胎児の頭が大きい場合、分娩時は大丈夫なのかと心配になりますね。頭が大きいせいで、子宮口を通れないのではと考える方もいると思います。その場合に注意してほしいのが、赤ちゃんの頭の大きさだけではなく、ママの骨盤の大きさと形です。

古くから「お尻が大きい妊婦さんは安産型」などといわれますが、これはまんざら嘘でもなくママの骨盤の大きさによって分娩がスムーズに行くかどうかがわかります。いくら頭の小さい赤ちゃんでも、ママの骨盤の幅が狭いと赤ちゃんの頭や肩が引っかかって難産になるケースがあります。つまり、「頭が大きい=難産になる」というわけではありません。頭が大きくてもそれにあわせてママの骨盤が広ければ分娩もスムーズに進みます。ただ、他の赤ちゃん同様に分娩時にトラブルがあれば、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開になる可能性はあります。

胎児の頭が大きい場合も説明がなければ心配ない

赤ちゃんの体格とお母さんの骨盤の大きさがあわないかどうかは妊婦健診でわかります。もし難産が想定されるほどに赤ちゃんの頭が大きい場合は、事前に医師から説明があるものです。帝王切開の可能性を検討するなど、難産のリスクを回避するための準備が進められます。そのため、妊娠後期に入っても分娩について特別な説明がなされていないのであれば、過度に心配する必要はありませんよ。むしろ赤ちゃんがきちんと成長してくれているんだなとポジティブに考えて、安心して残り少ないマタニティライフを楽しんでください。

引用元-こそだてハック

スポンサーリンク

  人気記事

赤ちゃんの頭が大きいと指摘されたら病気の疑いもあります

測り方は、おでこの一番出ている部分と後頭部の一番出ている部分を通るようメジャーで測ります。

下記のサイズ表記は、赤ちゃんの平均的な頭囲のサイズです。

生後0ヶ月:男児 33.5cm、女児 33.1㎝
生後1ヶ月:男児 37.7㎝、女児 36.7㎝
生後6ヶ月:男児 43.9㎝、女児 42.7㎝
   1歳:男児 46.5㎝、女児 45.5㎝

母子手帳にも記載されていますが、頭囲の平均サイズはあくまで目安ですので、これより多少大きかったり小さくても問題ない場合もあります。

頭が大きい原因

赤ちゃんの頭が大きい原因としては、両親のどちらかが大きかったりするなどの遺伝的なこともあります。また、健康な赤ちゃんでも生後1~2年は、脳の液が脳の表面に溜まりやすい時期があるため、頭が大きいからといって必ずしも病気の可能性が高まるという訳ではありません。

頭の大きさからみる病気の可能性

頭囲が平均サイズよりも大きくなると何かの病気なのでは?と心配にもなりますよね。頭が大きいことから考えられる病気は、「大頭症」と呼ばれる病気があります。また、身長や月齢に対して極端に頭が大きい場合には「水頭症」が疑われます。これは、脳の内側に髄液が溜まる病気です。そのほか、ごく稀に脳腫瘍の可能性があります。頭囲が平均よりも大きく病気の可能性を疑う場合には、CTやMRIにて精密検査を要します。

引用元-mamari

赤ちゃんの頭が大きいことで疑われる病気

脳の病気の可能性もあります

月齢に対する成長曲線の最大値から大きく外れるような数値が出た場合、大頭症や水頭症、脳腫瘍などの可能性が疑われ、医師の判断によってはCTやMRIによる脳の検査を行うこともあります。

ただし、成長曲線内におさまっている中で「頭が大きいね」と言われた場合は、あまり不安がる必要はありません。その後の成長経過をしっかりと観察して、成長曲線から大きく逸脱しないようであれば、頭のサイズが大きい子供である、ということになります。

また、頭のサイズは遺伝的な要素もありますので、両親のどちらかの頭が大きければ、赤ちゃんの頭のサイズも大きくなる可能性もあります。頭のサイズが少々大きくても、成長曲線から大きくハズレておらず、成長曲線の目安ラインと変わらないような成長の仕方であれば、あまり問題視しなくてもいいでしょう。

注意したいのは、成長曲線の目安ラインよりも急激に大きくなっていたり、成長曲線の上限より大きく外れているようなときは、一度医師に相談してみるといいでしょう。

検査と治療法

もしも脳の病気を疑われた場合は、まずCTやMRIでの画像検査が行われます。

頭囲が大きい場合に疑われる脳の病気としては
・水頭症
・硬膜下水腫
・硬膜下血腫
・膜嚢胞
・脳腫瘍
・ソトス症候群

以上のような病気の疑いが持たれます。いずれにしてもCTやMRIなどの画像診断で、多くの場合は発見できるものです。治療法に関しては多くの症状が脳外科手術にて直接原因を取り除くこととなりますが、症状によっては経過観察などの場合もあります。

引用元-cuta

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに水頭症があります

乳児期の主な症状

▶頭囲が異常に大きいまたは急に拡大してくる
▶大泉門(額の上部にある骨と骨のつなぎ目)が膨らむ
▶こめかみ当たりの血管が脈をうつ
▶母乳やミルクがむせる、嘔吐
▶首がなかなか座らない
▶落陽現象(黒目が引っ張られるように下まぶたの中に入り込む)
▶不機嫌
▶ぼーっとしたり眠たそうにばかりする

このような症状が見られたら、水頭症の疑いがあります。

ところが頭は成長と共に大きくなり、頭の骨もだんだんと硬くなるため、幼児期~学童期の頭蓋骨も固まってきた頃に発症した場合は、頭蓋骨は赤ちゃんの時のように大きくならずに脳の圧は高くなってきます。

そのため水頭症の症状は年齢によって変わってきます。

幼児期以降の主な症状

▶頭痛
▶嘔吐
▶けいれん、手足の突っ張り、まひ
▶視力低下や物が二重に見れるなどの視力障害
▶イライラ、学力低下、知的障害
▶意識障害

などが見られ、乳児期とは違った症状や障害を伴うこともあります。

ところが症状に気が付かないことがあり、脳圧によって神経が圧迫されるための視力低下や身体の障害として発症し、はじめて水頭症と分かることがあります。

このように水頭症の症状は「年齢と共に変わって来る」ことを知っておく必要があります。

引用元-ミナカラ

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに硬膜下血腫があります

硬膜下血腫とは、脳の表面に血液が溜まる病気です。転んだりして頭をぶつけた時などに、しばらくたってから血腫(血が溜まって腫れあがる状態)ができます。

子供の場合は、視野が狭く転びやすかったり、お友達とぶつかったりと頭を打つケガをよくしますよね。特に2歳以下の幼児の場合、軽く頭をぶつけただけでも硬膜下血腫になりやすいので注意が必要です。乳幼児のケガは家の中で起こることが多いのですが、親も家の中ではついつい目を離してしまいがちですので気を付けましょう。

硬膜下血腫はケガをした直後にはわからず、しばらくして気づくことがあるため、頭を打った後24時間程度は子供の様子を注意深く観察してくださいね。心配な場合は病院を受診しましょう。また、頭のケガで以下のような症状がみられた場合は、すぐに病院を受診してください。

すぐに受診すべき頭のケガ症状

・嘔吐を繰り返す
・泣かずに意識障害がある
・意識障害・けいれんの症状がみられる
・鼻漏や耳漏がある
・呼吸をしていない
ぐったりして顔色が青白い

引用元-マミー

まとめ
赤ちゃんの頭の大きさは両親からの遺伝もあります。むやみに心配することはないでしょう。

twitterの反応

 - 美容・健康