ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

      2016/06/23

 - 美容・健康

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

美容室でトリートメントはする?トリートメントの効果とは

美容室に行くとトリートメントをお願いする人も多いのではないのでしょうか。しかし実際にこのトリートメントにはどのような効果があるのでしょうか?今回は美容室のトリートメントの効果について調べました。

自然でやさしい化粧品を手作りで!安い材料で作れる化粧品

化粧品を使っていると肌に合わないということもありますね。そしてなにより市販の化粧品は値段が結構高いです。今回は自然の安い材料で作れる化粧品を調べましたので紹介します。

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

女性の理想は身長160㎝で体重は何キロ?

女性にはなりたい体型というものがそれぞれありますね。身長160㎝の場合は理想の体重は何キロなのでしょうか?また、男性が理想に思う女性の体型はどのようなものなのでしょうか?今回は女性の理想の体型について調べました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

卵巣の腫れ 発熱を伴うときに考えられること

女性にとってデリケートな、そして大切な問題。卵巣に何かしらの症状があるととても気になりますよね。卵巣の腫れと言っても外からはわからないので、自覚症状としては腹部の痛みや出血等だと思います。今回はそれらの症状に加えて発熱を伴ったときに考えられる病気を調べてみました。

夏風邪に子供がかかってしまった!食事はどうすればいい?

夏風邪は熱や嘔吐下痢などの症状が出て脱水症状に気を付けないといけません。特に子供は注意が必要です。夏風邪にかかった場合の食事はどのようなものがいいのでしょうか?今回は夏風邪の時の食事について調べました。

子供の視力が低下?!スマホが視力に与える影響とは

今の時代はスマホを持っている人がほとんどですね。中には小学生でも持っている人はいるのではないでしょうか。そんなスマホが子供の視力を低下させているという話を知っていますか?今回はスマホが子供の視力に与える影響について調べました。

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのような関係なのでしょうか?血圧が上がると脈拍には影響があるのでしょうか?今回は血圧と脈拍の関係とそのメカニズムについて調べました。

精神科への入院が長引く理由とは?深刻な社会問題

精神科へ入院した場合はどのように過ごすのでしょうか?また精神科への入院は長引いてなかなか退院できない場合もあるようです。入院が長引く理由はどのようなものなのでしょうか?今回は精神科への入院について調べました。

ヨーグルトと牛乳、どちらが高カロリー?健康に良いのは?

朝食として、デザートとして、手軽なおやつとして。毎日牛乳かヨーグルトを摂っている人も多いと思います。この二つ、どちらかカロリーが高いのでしょうか?また、健康のためにはどちらを摂るのが良いのでしょうか?

健康診断の結果をどうみる?!異常なしでも注意すること

会社などで健康診断を受ける機会がある人もいますね。健康診断の結果が異常なしだったからといって安心していませんか?健康診断とはどのようなことを調べているのでしょうか。今回は健康診断の結果について調べました。

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育児を休むわけにはいきませんね。イライラして子供にあたってしまう前に、気分転換をして生理前のイライラを解消する方法を調べました。

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴飲暴食など、食生活にあることが多いです。もし胃のムカムカが続く場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?今回は胃がムカムカする原因について調べました。

手の関節に水泡が!原因と対処法

手や指などの関節に水泡ができたことがある人は多いのではないでしょうか。その原因や対処法は様々です。今回は手やの指の関節に水泡ができた時の原因と対処法を調べました。

スクワットは効果絶大!?ポッコリお腹をへこましたいなら

お腹がポッコリ出ていると気になりますね。そんなお腹のエクササイズにはスクワットが効果的のようです。今回は、お腹に効果的なスクワットのやり方を調べましたので紹介します。

タバコが原因!?女性の肌が荒れるタバコの恐怖と

タバコを吸っている人は女性の中でも多いのではないでしょうか。しかしタバコは吸い続けると肌にかなりの影響があるようです。今回はタバコを吸う女性の肌に現れる症状について調べました。

骨折したらどんな症状が出る?腕を骨折した場合

骨折をするとギブスを使用したり、手術をしないといけません。もしも骨折をしてしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?今回は腕を骨折した場合について調べました。

タバコを禁煙したい!半年吸わないとどうなる?

健康のためにタバコを禁煙したいと思っている人は多いのではないでしょうか。禁煙はなかなか成功しないこともあるようですが半年間吸わなかったら体に変化はあるのでしょうか?今回は禁煙について調べました。

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因の一つです。ただただ顔をマッサージするのではなく、リンパ腺の流れに合わせてマッサージを施すことにより解消できます。顔のリンパマッサージについて調べてみました。

赤ちゃんの頭が大きいと帝王切開になる?

基本的に胎児の頭が大きい場合、分娩時は大丈夫なのかと心配になりますね。頭が大きいせいで、子宮口を通れないのではと考える方もいると思います。その場合に注意してほしいのが、赤ちゃんの頭の大きさだけではなく、ママの骨盤の大きさと形です。

古くから「お尻が大きい妊婦さんは安産型」などといわれますが、これはまんざら嘘でもなくママの骨盤の大きさによって分娩がスムーズに行くかどうかがわかります。いくら頭の小さい赤ちゃんでも、ママの骨盤の幅が狭いと赤ちゃんの頭や肩が引っかかって難産になるケースがあります。つまり、「頭が大きい=難産になる」というわけではありません。頭が大きくてもそれにあわせてママの骨盤が広ければ分娩もスムーズに進みます。ただ、他の赤ちゃん同様に分娩時にトラブルがあれば、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開になる可能性はあります。

胎児の頭が大きい場合も説明がなければ心配ない

赤ちゃんの体格とお母さんの骨盤の大きさがあわないかどうかは妊婦健診でわかります。もし難産が想定されるほどに赤ちゃんの頭が大きい場合は、事前に医師から説明があるものです。帝王切開の可能性を検討するなど、難産のリスクを回避するための準備が進められます。そのため、妊娠後期に入っても分娩について特別な説明がなされていないのであれば、過度に心配する必要はありませんよ。むしろ赤ちゃんがきちんと成長してくれているんだなとポジティブに考えて、安心して残り少ないマタニティライフを楽しんでください。

引用元-こそだてハック

スポンサーリンク

  人気記事

赤ちゃんの頭が大きいと指摘されたら病気の疑いもあります

測り方は、おでこの一番出ている部分と後頭部の一番出ている部分を通るようメジャーで測ります。

下記のサイズ表記は、赤ちゃんの平均的な頭囲のサイズです。

生後0ヶ月:男児 33.5cm、女児 33.1㎝
生後1ヶ月:男児 37.7㎝、女児 36.7㎝
生後6ヶ月:男児 43.9㎝、女児 42.7㎝
   1歳:男児 46.5㎝、女児 45.5㎝

母子手帳にも記載されていますが、頭囲の平均サイズはあくまで目安ですので、これより多少大きかったり小さくても問題ない場合もあります。

頭が大きい原因

赤ちゃんの頭が大きい原因としては、両親のどちらかが大きかったりするなどの遺伝的なこともあります。また、健康な赤ちゃんでも生後1~2年は、脳の液が脳の表面に溜まりやすい時期があるため、頭が大きいからといって必ずしも病気の可能性が高まるという訳ではありません。

頭の大きさからみる病気の可能性

頭囲が平均サイズよりも大きくなると何かの病気なのでは?と心配にもなりますよね。頭が大きいことから考えられる病気は、「大頭症」と呼ばれる病気があります。また、身長や月齢に対して極端に頭が大きい場合には「水頭症」が疑われます。これは、脳の内側に髄液が溜まる病気です。そのほか、ごく稀に脳腫瘍の可能性があります。頭囲が平均よりも大きく病気の可能性を疑う場合には、CTやMRIにて精密検査を要します。

引用元-mamari

赤ちゃんの頭が大きいことで疑われる病気

脳の病気の可能性もあります

月齢に対する成長曲線の最大値から大きく外れるような数値が出た場合、大頭症や水頭症、脳腫瘍などの可能性が疑われ、医師の判断によってはCTやMRIによる脳の検査を行うこともあります。

ただし、成長曲線内におさまっている中で「頭が大きいね」と言われた場合は、あまり不安がる必要はありません。その後の成長経過をしっかりと観察して、成長曲線から大きく逸脱しないようであれば、頭のサイズが大きい子供である、ということになります。

また、頭のサイズは遺伝的な要素もありますので、両親のどちらかの頭が大きければ、赤ちゃんの頭のサイズも大きくなる可能性もあります。頭のサイズが少々大きくても、成長曲線から大きくハズレておらず、成長曲線の目安ラインと変わらないような成長の仕方であれば、あまり問題視しなくてもいいでしょう。

注意したいのは、成長曲線の目安ラインよりも急激に大きくなっていたり、成長曲線の上限より大きく外れているようなときは、一度医師に相談してみるといいでしょう。

検査と治療法

もしも脳の病気を疑われた場合は、まずCTやMRIでの画像検査が行われます。

頭囲が大きい場合に疑われる脳の病気としては
・水頭症
・硬膜下水腫
・硬膜下血腫
・膜嚢胞
・脳腫瘍
・ソトス症候群

以上のような病気の疑いが持たれます。いずれにしてもCTやMRIなどの画像診断で、多くの場合は発見できるものです。治療法に関しては多くの症状が脳外科手術にて直接原因を取り除くこととなりますが、症状によっては経過観察などの場合もあります。

引用元-cuta

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに水頭症があります

乳児期の主な症状

▶頭囲が異常に大きいまたは急に拡大してくる
▶大泉門(額の上部にある骨と骨のつなぎ目)が膨らむ
▶こめかみ当たりの血管が脈をうつ
▶母乳やミルクがむせる、嘔吐
▶首がなかなか座らない
▶落陽現象(黒目が引っ張られるように下まぶたの中に入り込む)
▶不機嫌
▶ぼーっとしたり眠たそうにばかりする

このような症状が見られたら、水頭症の疑いがあります。

ところが頭は成長と共に大きくなり、頭の骨もだんだんと硬くなるため、幼児期~学童期の頭蓋骨も固まってきた頃に発症した場合は、頭蓋骨は赤ちゃんの時のように大きくならずに脳の圧は高くなってきます。

そのため水頭症の症状は年齢によって変わってきます。

幼児期以降の主な症状

▶頭痛
▶嘔吐
▶けいれん、手足の突っ張り、まひ
▶視力低下や物が二重に見れるなどの視力障害
▶イライラ、学力低下、知的障害
▶意識障害

などが見られ、乳児期とは違った症状や障害を伴うこともあります。

ところが症状に気が付かないことがあり、脳圧によって神経が圧迫されるための視力低下や身体の障害として発症し、はじめて水頭症と分かることがあります。

このように水頭症の症状は「年齢と共に変わって来る」ことを知っておく必要があります。

引用元-ミナカラ

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに硬膜下血腫があります

硬膜下血腫とは、脳の表面に血液が溜まる病気です。転んだりして頭をぶつけた時などに、しばらくたってから血腫(血が溜まって腫れあがる状態)ができます。

子供の場合は、視野が狭く転びやすかったり、お友達とぶつかったりと頭を打つケガをよくしますよね。特に2歳以下の幼児の場合、軽く頭をぶつけただけでも硬膜下血腫になりやすいので注意が必要です。乳幼児のケガは家の中で起こることが多いのですが、親も家の中ではついつい目を離してしまいがちですので気を付けましょう。

硬膜下血腫はケガをした直後にはわからず、しばらくして気づくことがあるため、頭を打った後24時間程度は子供の様子を注意深く観察してくださいね。心配な場合は病院を受診しましょう。また、頭のケガで以下のような症状がみられた場合は、すぐに病院を受診してください。

すぐに受診すべき頭のケガ症状

・嘔吐を繰り返す
・泣かずに意識障害がある
・意識障害・けいれんの症状がみられる
・鼻漏や耳漏がある
・呼吸をしていない
ぐったりして顔色が青白い

引用元-マミー

まとめ
赤ちゃんの頭の大きさは両親からの遺伝もあります。むやみに心配することはないでしょう。

twitterの反応

 - 美容・健康