ひらきら

なるほど!と思える記事をまとめています。

*

肝機能低下は健康診断のどの数値で判断?肝臓と疲労の関係

      2016/06/30

 - 美容・健康

肝臓は人体の中で最大の臓器であり様々な機能があります。肝機能が低下すると体が疲労しやすいと言います。肝機能の低下はどのように判断すればいいのでしょうか。今回は肝機能低下を知るために検査で注目すべき数値について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエットに挑戦されているのではないでしょうか?その中のひとつにヨーグルトダイエットがあります。ダイエットに良いヨーグルトの食べ方や時間の説はいろいろです。研究者の信念が伺えます。実践する者は、賛否両論を踏まえ、自分が摂りやすい方法で試してみてはいかがでしょうか?

紅茶に砂糖を入れないススメ~カロリーゼロでダイエットに!~

紅茶にはダイエット効果があるらしく、飲んでいる人も少なくないと思います。でも、飲み方、飲む量を間違えると、せっかくの健康に良い飲み物が逆効果になることも!紅茶のダイエット効果から、注意点、今流行りの、砂糖の代用品カロリーゼロの「人口甘味料」の危険性まで調べてみました。

腹筋を鍛えたい!効果はいつから?

割れてる腹筋って憧れますよね。でも、腹筋を鍛えるトレーニングはなかなか続かなかったりします。そこで、効果的で簡単な腹筋のやり方といつから効果がででくるのか調べてみました。

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主に口の周りにできたりしますが、痛痒いしみっともないし、イヤですよね。しかも治ってもまた再発するし…なんとかならないの?ということで、当記事では食事によるヘルペスの対処法を調べてみました。

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる?と思いますよね?運動しても、消費されるカロリーはとても少ないのです。それは摂取カロリーの問題です。大切なことは、筋肉量を減らさずに、脂肪を燃焼させること。運動だけでなく、食べるものを気を付けてください。

自然でやさしい化粧品を手作りで!安い材料で作れる化粧品

化粧品を使っていると肌に合わないということもありますね。そしてなにより市販の化粧品は値段が結構高いです。今回は自然の安い材料で作れる化粧品を調べましたので紹介します。

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

介護で腰が痛い!お勧めの腰痛ベルトは?

介護の仕事には腰痛はつきもののようです。腰痛でもう仕事を辞めようと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなときには腰痛ベルトがいいようです。今回は介護で腰が痛い時の腰痛ベルトを調べました。

奥歯の歯茎に穴が!それって親知らずかも・・・

奥歯の歯茎に突然穴が空いてしまった!なんてことになったら不安になりますよね。痛くありませんか?白い歯が見えていませんか?もしかしたら、原因は親知らずかもしれません。

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見つかる場合が多いです。子供が小学校に上がる時にどのようにしたらいいかと悩む人もいるでしょう。今回は発達障害の場合の小学校の選択について調べました。

二重になりたい!アイプチでしわに?

一重がコンプレックスな女性って多いですね。二重に簡単になれるアイプチって使ったことがある人は結構多いでしょう。でもこのアイプチ、トラブルが多く長期間使っているとまぶたにたるみができたりしわになったりするらしいので調べてみました。

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり方によっては毛が濃くなったり肌を傷つけてしまう恐れがあるので気を付けないといけません。今回は自宅で処理をする場合におすすめの道具を調べました。

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ストレートアイロンはまっすぐにするだけでなく、前髪を流すようにセットすることもできます。今回はストレートアイロンでの前髪セットのコツを調べました。

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る病気と言われています。その一つの症状として独り言があります。その人の独り言の内容で病気かどうかを判断できることもあるようです。

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えています。体にいいものもあれば悪い影響を与えるものももあります。ではどのような食事でどのようなものを食べればいいのか基本的なところを調べてみました。

膝が痛い場合は病院の何科へいけばいい?

運動などをした後に膝が痛くなることがありますね。長引く場合は病院の何科へ行けばいいのでしょうか?また膝が痛い場合はどのような原因でなるのでしょうか?今回は膝の痛みについて調べました。

骨折したらどんな症状が出る?腕を骨折した場合

骨折をするとギブスを使用したり、手術をしないといけません。もしも骨折をしてしまったら、どのような症状が出るのでしょうか?今回は腕を骨折した場合について調べました。

女性の理想は身長160㎝で体重は何キロ?

女性にはなりたい体型というものがそれぞれありますね。身長160㎝の場合は理想の体重は何キロなのでしょうか?また、男性が理想に思う女性の体型はどのようなものなのでしょうか?今回は女性の理想の体型について調べました。

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべくストレスを発散したいものですね。しかし最近はリラックスできるはずの家の方がストレスに感じている人も多いようです。今回はストレスについて調べました。

“大さじ1”で見る、砂糖種類別カロリーと豆知識

毎日何気なしに使っている砂糖のこと、知っていますか?砂糖によってカロリーの差があったり、健康効果があったり。大さじ1にスポットを当てつつ、砂糖にまつわる噂や、豆知識まで調べてみました。

肝臓の機能とは

肝臓の機能

[肝臓の機能1]代謝機能

栄養素を分解したり合成したりして身体が利用できる形に作り変えるために、栄養素を分解・合成する機能。
この代謝作用が肝臓機能の中でも最も重要なものです。

(アルコールの分解)
アルコールは、90%以上が肝臓で代謝されます。
そしてアセトアルデヒドに分解され、その後、酢酸、水に変わります。
飲み過ぎ等でアセトアルデヒドが蓄積すると、二日酔い、肝障害などの原因となります。

[肝臓の機能2]解毒作用

食べ物や飲み物の中には、栄養となるもの以外に有毒なものが含まれていることがあり、有害物質の多くは腸から吸収され肝臓に集まってきます。

肝臓は自分の持っている解毒作用の働きによって、これらを無毒化して体外に排出する働きがあります。

[肝臓の機能3]消化

胆汁という消化液を作る機能。肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。

引用元-健康情報なら舶来堂

スポンサーリンク

  人気記事

肝臓と疲労の関係

肝臓と全身の疲れ

肝臓は「アルコールを解毒して分解する」というイメージが強いですが、さらに身近なはたらきとして「エネルギーを生産して貯蔵する」という機能があります。
いろいろな機能を果たす肝臓は大量のエネルギーを作り出して貯えているのです。
したがって肝機能が低下すればエネルギーの生産能力も落ちるため「スタミナ切れ」の状態となり、全身疲労の原因になります。
肝機能障害の初期に「疲れ」や「だるさ」を感じるのは、このためです。
逆に言うと、全身疲労を回復させるためには、低下した肝機能を補ってあげることが大切なのです。
夏バテにも肝臓が関係している
人間の体は暑い夏になると、体温を一定に保とうとして大量のエネルギーを使うため、かなりの負担になります。
この負担が強くなったり長期間続いたりすれば体の調節機能が悲鳴をあげ、たまった熱を放出できなくなって、だるさを感じたり、胃腸機能が低下したりするようになります。
このような状態が、夏バテです。
胃腸機能が低下すると食欲がなくなって、ついつい、さっぱりしたものや冷たいものばかりを食べてしまいますが、そのような食事ではビタミンやミネラル、たんぱく質といった肝臓が元気に働くための十分な栄養が摂取できず、肝機能が衰えてしまいます。
すると胃腸の消化機能もさらに低下し、夏バテの悪循環に陥ってしまうのです。

引用元-くすりの専門薬局 有限会社おき薬局 おき調剤薬局

肝機能が低下する原因とは

肝臓機能が低下する原因はこちらです。
・暴飲暴食
早食いや食べ過ぎで血糖値が急激に上昇し、肝臓に負担をかけます。

・栄養バランスの偏った食事
カップラーメンやファストフードなどの添加物の多い食事は体に有毒な物質が多く含まれています。そのため、解毒作用をする肝臓が酷使されることも。

・運動不足
運動不足になると代謝が悪くなり、有毒な物質がたまりやすくなることで肝臓に負担をかけます。

・睡眠不足やストレス
睡眠不足などでストレスがたまると血管が収縮し、血圧が上昇することで肝臓に負担がかかります。

・喫煙
喫煙によって肝臓に酸素が運ばれにくくなると肝臓の機能が低下します。

・飲酒
肝臓は普段から解毒や代謝で休みなく働いているのですが、アルコールの解毒が加わると負担が増大します。

・ダイエット
肝臓ではたんぱく質と脂肪が結びついて必要なエネルギーになります。過度なダイエットでたんぱく質が減ると肝臓に脂肪だけが蓄積され、肝脂肪を引き起こす原因となります。

・便秘
便が蓄積され、体内の有毒なものが排出されないと肝臓の負担になります。

・薬
体のために飲むはずの薬が肝臓の負担になっていることもあります。副作用として肝機能の低下があげられる薬は多くあります。
肝機能低下の原因でアルコールは知られていますが、その他にもこんなにあるとは驚きました。

ダイエットをしていると便秘になりがちですから、暴飲暴食をしなくても当てはまる女性も多いのではないでしょうか?
私はデスクワークなので運動不足もあてはまります。
そして、とれない疲労感で帰宅後も食事を作る気がしないので偏った食生活をしています(・。・;
「お酒を飲まないから肝臓は大丈夫」と思っていましたが、日常的に肝臓に負担がかかる生活をしていたことに気がつきました。

引用元-あなたのはてな

肝機能低下を知るにはどの数値に注目すべきか

◆注目すべきは『AST』と『ALT』の数値!

検査結果や診断結果をもらった場合に、もらっただけで満足せず、しっかり見直してください。
『AST』と『ALT』の数値は、肝機能に関する数値を示しています。
肝機能に関して、異常の有無を知りたい場合には、このAST数値とALT数値を注目してみると良いです。

◆ASTとALTの数値と肝機能の異常は比例する!

ASTとALTの数値が上がっている場合には、必ず、肝機能に何かしらの原因があると思いましょう。
その数値の値にもよりますが、あまりに高い値を示している場合には、早急に病院で検査をうけ、治療を行う必要があるケース

引用元-カラダノート

肝機能の状態を知る数値の基準値

「ALT(=GPT)」と「AST(=GOT)」

(1)「ALT(=GPT)」と「AST(=GOT)」の働き

ALT(GPT)とAST(GOT)は、主に肝臓の中にある肝細胞で働いている酵素です。
これらは身体に入ってきた栄養素をアミノ酸に変換して、身体を動かすエネルギーを作りだしています。

肝臓が正常な働きをしている間は、このALT(GPT)とAST(GOT)も正常に活動してエネルギー代謝を続けられます。
しかし、そこに何らかの障害(アルコールや過食、ウイルスなど)を受けると肝細胞が傷ついて、ALT(GPT)とAST(GOT)が血液中に流れ出すのです。
その流れ出し数値を把握することが大切です。

(2)基準値は30IU/L以下

血液検査を受けることで、ALTとASTがどのくらい血液中に流れ出しているかを数値で見ることができます。
本来は臓器に留まっているALT(GPT)やAST(GOT)ですが、細胞にトラブルがあると血液中に流れ出します。
この流れ出す量は肝細胞がどのぐらいダメージを受けているかの指標になり、数値が高いほど肝細胞へのダメージが高くなります。

この流れ出す量が基準値である30IU/Lを下回れば、ALT(GPT)とAST(GOT)に関しては問題ないとみていいでしょう。
基準値を上回った時は、注意が必要です。
50IU/Lを越えていると脂肪肝などなんらかの障害が起こっている可能性が高く、100IU/L以上だとウイルス性肝炎や肝硬変の疑いがあります。
ただしAST(GOT)は肝臓以外の臓器にも存在するため、ASTだけが高い場合は、肝臓以外の臓器に異常があることが考えられます。

引用元-ヘルスケア大学

肝機能を回復させて体の疲労を解消しよう

肝臓の機能回復

肝臓機能の低下による疲労が原因の場合、いくつかの方法により肝臓そのものの回復が可能です。
正常な肝臓の場合、3/4を切り取っても残った肝臓が新たに細胞を作り肝臓を再生してくれます。

肝臓に良いものを食べる

破壊された肝臓の機能修復に使われる栄養素を取ったり、肝臓に良いものが効果的です。
肝臓に良いとされる栄養素の一例です。
・アラニン
・オルニチン
・タウリン
・スルフォラファン
・セサミン
・オメガ3脂肪酸
・ビタミンB
また、食品では、スルフォラファンを多く含む「ブロッコリー」や「芽キャベツ」などのアブラナ科の野菜、 肝臓の解毒を助けるアリシンが含まれる「ニンニク」、「玉ねぎ」、 フラボノイド効果やペクチン効果により肝臓の炎症を防いだり、浄化する「りんご」「グレープフルーツ」などが良いとされています。

鉄分、脂質を控える

鉄分は肝臓の機能を弱めます。
鉄分の多い食品を控えることで肝機能が改善することが多数報告されています。
そのため、鉄分が多く含まれる食品は控えた方が良いかもしれません。
また、お茶やコーヒーに含まれるタンニンは鉄分の吸収を阻害してくれるため、 鉄分が多い食事をする場合、お茶やコーヒーと一緒に取るのが効果的です。

禁酒・断酒

アルコールおよびアセトアルデヒドなどお酒の分解は肝臓に過度の負担をかけます。
また、アルコール性肝疾患の行き着く先は「肝硬変」です。

厚生労働省の発表によると、 日本酒で約7合(約1.26L)を毎日10年以上飲み続けた場合約20%、 15年以上飲み続けた場合では約50%に肝硬変が生ずると発表しています。

また、厚生労働省による多量飲酒者の定義は一日あたり「日本酒3合(約540ml)=アルコール約60g」を飲む人としており、 適量を「アルコール約20g以下=日本酒0.9合以下」、最も死亡率が低い人を「アルコール9g以下=日本酒0.4合以下」としています。

上記を鑑みながら、 お酒の量を減らす、回数を減らす、よりアルコール度数の低いお酒に変える、人によっては断酒することは、肝臓の元気を取り戻す非常に効果的な方法です。

減量

太りすぎは肝臓の負担が大きく、肝疾患の発症率を高めます。
そのためダイエットは肝機能回復には効果的なものの、 肝臓を休めることが目的のため、 ささみなどタンパク質が多い食品を用いたダイエットは、 「肝臓が休まらない」、「損傷した肝臓では処理できない」ため、 逆効果になる場合があります。

減量する場合、 運動やタンパク質の制限を設けた減量方法が肝臓には良いようです。

引用元-肝臓機能低下の症状・原因・回復方法

まとめ
肝機能を低下させる原因は飲酒以外に暴飲暴食も含まれます。日頃から健康的に過ごすことで体に疲労を蓄積させないことができるようですね。

twitterの反応

 - 美容・健康